サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    klopp-500x308



    ボルシア・ドルトムントは16日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第1節でアーセナルに2-0と勝利を収めた。
    ユルゲン・クロップ監督は満足感をあらわにしている。

    前半終了間際にFWチーロ・インモービレのゴールで先制したドルトムントは、
    後半の立ち上がりにもFWピエール=エメリク・オーバメヤンが追加点。強敵相手の開幕戦で白星発進に成功した。

    クロップ監督は試合後、ドイツ『スカイ』で次のように話している。

    「今日は“プレッシング・マシーン”としてプレーしたかった。それを完璧に近い形で表現できたと思う。
    プレスや“ゲーゲンプレッシング”をかけたいくつかの場面を、私は長く覚えているだろう。私が好むサッカーをできたんだ」

    「スペースを見つけ、それを利用した。我々は相手にとって嫌な相手となり、決心を持ちながらプレーしたんだ。
    すべてを出し切る姿勢で挑んだよ。それらすべてに満足している。今日のゲームは、私にとって永久保存版としてとって置きたい試合だ」

    インモービレは移籍してから公式戦で初のゴールだ。クロップ監督はこう称賛している。

    「先週代表でゴールを決めてから、チーロは気持ちを入れ替えたようだね。誰かにリラックスするように言われたのかもしれない。
    通常、ドルトムントの新しいストライカーは馴染むまでに時間がかかるとね。彼は明確に前進したと思うよ」

    「彼は週末の試合で数分間しかプレーしていないから、疲れもなかった。そして、先制点をどうしても決めようと思っていたようだね」

    そのインモービレとオーバメヤンが高い位置でプレスをかけ続けたことが、勝利につながったと見ているようだ。

    「アーセナルがプレーを組み立てようとするときに、チーロとオーバ(オーバメヤン)が見せたプレーが、この試合を決定づけたね。
    (ローラン・)コシールニーや(ペア・)メルテザッカーらに、後ろからパスを出させていない。
    (ジャック・)ウィルシャーや(ミケル)・アルテタも封じたため、彼らのプランどおりにプレーさせなかった」

    負傷者8人のドルトムント。クロップ監督は離脱者の早期復帰を望んでいることを強調した。

    「もちろん、彼らがいないのは望ましくない。やはり、多くの選手を欠いていると、毎日の練習やそのほか様々なところで困るからね。
    試合になれば、そこにいない選手のことは一切考えない。考えるのは実際プレーできる選手たちだけとなるからだ」

    「でもこれから、16、17日間で5試合が我々を待っている。まったくオプションがないわけではないが、多くの選択技を残しているわけでもない。
    だから今は、みんなが戻るまで、何とか戦い抜くことになる」

    復帰戦で脚をつったMF香川真司も、ベンチ入りはしたが出場しなかった。

    「フライブルク戦のあと、我々がシンジを欠くことはできないと思っていた人もいたかもしれない。彼の良いプレーには、もちろん喜んでいる。
    でも、彼が出場できなくても、我々が良い試合を見せられることにも喜んでいるんだ」

    「今日は良い形でCLに入ることができた。アーセナルは簡単に勝てる相手ではない。だが我々は、その彼らを相手に全力で戦い、妥当な勝利を手にしたんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140917-00000002-goal-socc

    続きを読む

    no title


    ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、MF香川真司がマンチェスター・ユナイテッドで成功できなかった理由を、
    アレックス・ファーガソン元監督の勇退から始まった度重なる監督交代にあったと指摘した。FIFA公式サイトが報じている。

    香川はスコットランド人の名将に請われ、2012年シーズンに1200万ポンドの移籍金でドルトムントを去った。
    そして、2年後に半額の600万ポンドの移籍金で古巣へと戻ってきた。

    復帰初戦の13日のフライブルク戦ではゴールを決めるなどの活躍で、マンチェスター・U時代には見せることが少なかった輝きを放った。

    「私にはカガワが移籍マーケットに出ていたことが驚きだった」
    移籍市場閉幕直前でマンチェスター・Uとの交渉を成功させ、買い物上手をアピールしたクロップ監督はそう語った。

    一方で、まな弟子がオールド・トラッフォードでポジションを確保できなかった理由についても口を開いた。

    「彼のマンチェスター・Uでの1年目はサー・アレックス・ファーガソンの監督として最後のシーズンだったので、選手を育成する時ではなかったということ。
    (監督のキャリアの中で)そのステージで求めるものは結果とタイトルだけになる」

    プレミア優勝を花道にチームを去った名将だが、やはり指導者としてのラストイヤーはタイトルにこだわるもの。
    精緻な連動性を武器にしたドルトムントから、フィジカルコンタクトが激しく、コンビネーションよりも個での打開能力を要求されるプレミアリーグへと移った。

    さらに、独特なスタイルのリーグに適応する必要があった香川を先発で起用しながら、成熟を待つ余裕が当時のマンチェスター・Uにはなかったのかもしれない。
    「2年目は新監督の1年目だった。これも結果が全てだ。そして、成功に関する哲学を持った3人目の監督がやってきた。われわれは香川と契約するチャンスをうかがっていた。
    そして、それをものにした。香川はフライブルク戦でセンセーショナルだったよ」

    昨季デイビッド・モイーズ氏が監督に就任すると、マンチェスター・Uはロングボールとクロスを前面に押し出すスタイルに転換した。
    その2人目の指揮官は、クラブ側から長期政権を約束されながらも、やはり結果を欲した。

    今季監督に就任したルイス・ファン・ハール氏は、リーグ開幕戦のホームゲームで1972年以来の敗北を喫し、リーグカップで3部MKドンズに0-4で惨敗するに至ると、
    急に大ナタを振るい始めた。香川ら余剰戦力と見なした選手を次々に放出。移籍市場では1億5000万ポンドも投じ、ビッグネームを次々に獲得した。
    金に糸目をつけずに、結果が欲しかったことは間違いない。

    クロップ監督は08年シーズンからドルトムントにおいて長期政権を築いている。
    クラブの継続性と強化の一貫性、政権の安定性は香川復活を後押しする大きな要因なのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 9月16日(火)11時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140916-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title


    今夏の移籍市場でマンチェスター・UからQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)へ移籍した
    元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが、自伝「#2Sides」 の中で昨シーズンの不振について言及し、
    マンチェスター・U前監督のデイヴィッド・モイーズ氏を痛烈に批判した。15日にイギリスメディアが報じている。

     10月2日発売予定の同書は現在、イギリス大衆紙『サン』が小出しに連載しているが、その中で
    ファーディナンドは昨シーズン、8カ月で幕を下ろしたモイーズ前体制の戦術について、「アマチュアっぽくて恥ずかしかった」
    と述べており、次のように非難している。

    「モイーズは自らの構想をチームに植え付けようとしていたが、それが何だったのか最後まであやふやだったように思う。
    チームはファーギー(アレックス・ファーガソン元監督)体制では積極的だったけど、モイーズは無意識に消極的な
    雰囲気を作っていた。彼は次第に選手たちの信頼を失っていたし、僕自身、彼の下ではプレーを楽しめなかった」

    「モイーズの戦術はチームを消極的にさせ、混乱させた。戦術は常に相手をどう止めるかだったし、モイーズは
    チームを負けないように仕向けていた」

    「最も混乱したのは、どうやってボールを前に運ぶかということだった。よく彼はロングボールを使えと言い、
    ほとんどの選手が自身のキャリアで最もロングボールを蹴っていたと感じていただろう。時にチーム戦術は
    ロングボールを中心としたクロス主体だった。恥ずかしかったし、フラムとのホームゲームで僕らは81本のクロスを記録した。
    なんでこんなことをしているのかと思っていた」

    「彼の矛盾した言葉はさらにひどかった。時に彼はボールを回せと言い、別の日にはボールを回すなと言っていた。
    一体チームに何をしろと? 彼はある時、『今日は600回パスを回してほしい。先週は400回しか回せなかったから』
    と言っていた。誰がそんなことを気にする? 僕はむしろ10回のパスで5点決めたかった」

     さらに、マンチェスター・Uが国内で不振に喘いだ中、8強まで進出したチャンピオンズリーグについても、
    モイーズ氏が珍行動を起こし、ファーディナンド自身に最悪な瞬間を与えたことを明かしている。

    「(CL準々決勝第2戦の)バイエルン戦の前に普通の公園でセットプレーの練習をした時はおかしいと思ったし、
    アマチュアっぽかった。あんなことをするくらいなら、バイエルンにメールするかDVDを送った方がまだましだった」

    「みんなの前で先発落ちを発表された時は本当に嫌だったし、叫んで胸ぐらをつかんでやりたい気持ちだった。
    でも僕はチームを尊重する選手だから黙って聞いていた。あれはおそらく僕のユナイテッドのキャリアにおいて最悪な瞬間だった」

    http://soccerking.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2014/09/manu-500x464.jpg
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20140916/232945.html

    続きを読む

    e13ac1cf-s
    欧州チャンピオンズリーグ本戦が16日(日本時間17日)に開幕する。
    16日は1次リーグ8試合が行われる。ドイツ紙「キッカー(電子版)」が各チームの予想スタメンを掲載。

    1次リーグD組のドルトムント(ドイツ)はアーセナル(イングランド)と対戦するが、
    日本代表MF香川真司(25)がスタメンと予想されている。

    ドルトムント―アーセナルの予想スタメンは以下の通り。

     ☆ドルトムント
     ▽GK バイデンフェラー
     ▽DF ピシュチェク、スボティッチ、パパスタトプロス、ドゥルム
     ▽MF ベンダー、ケール、ムヒタリヤン、香川、グロスクロイツ
     ▽FW ラモス

     ☆アーセナル
     ▽GK シュチェスニー
     ▽DF チャンバース、メルテザッカー、コシェルニー、ギブス
     ▽MF ラムジー、アルテタ、サンチェス、ウィルシャー、エジル
     ▽FW ウェルベック

    スポーツ報知 9月16日(火)21時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140916-00000207-sph-socc

    スポーツナビ UEFAチャンピオンズリーグ
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41

    UEFA日本語公式 プレビュー ドルトムント―アーセナル
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/round=2000548/match=2014322/prematch/preview/index.html

    ●実況はサッカーchでお願いします。
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    a609-m


    マンUとコラボの「カップヌードル」&「日清焼そば U.F.O.」発売が決定

    日清食品株式会社は16日、マンチェスター・Uとのコラボレーション商品である
    「カップヌードル RED DEVIL ビッグ」、「日清焼そば U.F.O. RED DEVIL ビッグ」を22日から全国で発売すると発表した。
    日清食品グループは、アスリートやスポーツチームとのコラボレーションによる新プロジェクト「HUNGRY to WIN」の一環として、
    マンチェスター・Uとのグローバル・キャンペーンを世界各国でスタートさせる。
    日本では、同社を代表するブランド「カップヌードル」と「日清焼そば U.F.O.」とのコラボレーション商品を数量限定で発売。
    マンチェスター・Uの愛称である「RED DEVIL」をイメージし、スパイシーで刺激的な味わいに仕上げ、パッケージはクラブカラーである赤を基調に、
    クラブのクレスト(紋章)や所属する選手の写真を組み合わせ、コラボレーション商品にふさわしいインパクトのある
    デザインに仕上げられている。
    日清食品グループはマンチェスター・Uと3年間にわたるグローバル・パートナーシップ契約を7月1日に締結。グローバル展開を加速させるべく、
    言語を超えたブランドコミュニケーションの実現を目指しており、今回のグローバル・キャンペーンでは、
    世界8カ国(日本、香港、シンガポール、ベトナム、タイ、インド、メキシコ、ケニア)でコラボレーション商品を発売するほか、
    選手を起用したビジュアルや映像の制作や、さまざまなプレゼントキャンペーンなどを実施していく予定となっている。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140916-00232884-soccerk-socc

    新発売のご案内
    https://www.nissin.com/jp/news/3738

    続きを読む

    54e2023ec7


    アーセナルは16日、チャンピオンズリーグのグループD第1節でMF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。
    アーセン・ヴェンゲル監督が前日会見に臨み、ドルトムント戦に向けた意気込みを語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

    グループDに所属するアーセナルは、ドルトムント、ガラタサライ、アンデルレヒトと同居。
    初戦の相手、ドルトムントとの対戦はこの4シーズンで3度目となる。ヴェンゲル監督は、ドルトムントの強さを称え、警戒が必要だと語った。

    「我々にはドイツ人選手が3名(メスト・エジル、ペア・メルテザッカー、ルーカス・ポドルスキ)いる。
    しかし彼らを起用することでアドバンテージを得るとは思っていない。我々は誰もがドルトムントのことを知っているからね。彼らとは毎年戦っているよ」

    「今のCLを引っ張っているのは、ドイツやスペインのクラブだ。バイエルンが決勝に進んだ回数を見れば誰もが納得するだろう。
    だからと言って、他のチームが決勝に進めないというわけではない。ドルトムントもその力を持っているチームだ。さらにバルセロナやレアル・マドリーもその力を持っている」

    SOCCER KING 9月16日(火)14時9分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140916-00232713-soccerk-socc

    実況はサッカーchでお願いします。
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    453988_heroa

    元マンチェスター・ユナイテッドDFギャリー・ネヴィル氏は、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドがユナイテッドに復帰する可能性は、以前より高くなったと見ているようだ。

    一部のイギリスメディアは、この夏MFアンヘル・ディ・マリアやMFシャビ・アロンソを放出したクラブの方針に不満を抱くC・ロナウドが、古巣ユナイテッドに復帰を望んでいると報じている。

    ネヴィル氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で、C・ロナウドがユナイテッドに復帰する可能性について次のように話している。

    「去年の彼ら(マドリー)はチャンピオンズリーグで優勝した。彼はマドリッドで成し遂げたいと思っていたことを達成したということだろうか? 狙っていたことをやり遂げたということだろうか? それが問題だ」

    「彼はマンチェスターを、ユナイテッドを愛しているか? これは絶対にイエスだ。彼はこの12カ月や18カ月で、何度もいかにオールド・トラフォードが恋しいかを口にしてきた。彼ほど歓迎され、あのようにファンにリアクションされる選手を、私はそうそう見ていない。エリック・カントナと彼は毎週ファンから素晴らしい反応を受けていたんだ」

    ネヴィル氏は、ユナイテッドがディ・マリアやFWラダメル・ファルカオを獲得したことで、可能性は以前と比べて高くなっているとの見解を示している。

    「ディ・マリアとファルカオの獲得で、(C・ロナウド復帰は)よりあり得ることだと言わなければいけないだろう。そうあるべきだ。ユナイテッドは本物のワールドクラスを獲得し、その意図を示したのだからね」

    「3、4カ月前、我々はユナイテッドがワールドクラスのタレントを惹きつけるかどうかを話していた。彼らがその疑問を払しょくしたことは確かだね。それに、彼(C・ロナウド)を獲得すれば…」

    一方で、ネヴィル氏は、ユナイテッドに必要なのは守備の強化だとも話している。

    「ところで、彼らはセンターバックを必要としている。彼(C・ロナウド)はセンターバックとしてプレーできるのかな?」
    続きを読む

    BxlLoeKCAAEo24T
    続きを読む

    no title


     元マンチェスターU監督のデービッド・モイズ氏(51)が、プレミアリーグの監督に復帰する!? 15日付の英ミラー紙が報じた。

     プレミア最下位のニューカッスルの次期監督候補として、モイズ氏の名前が挙がっているという。開幕から4戦勝ち無しで最下位に沈んでおり、パーデュー監督が退団に追い込まれている。

     モイズ氏の監督就任は、ブックメーカーでもオッズが1・75倍と1番人気になっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140915-00000089-nksports-socc

    続きを読む

    455367_heroa


     ドルトムントは16日ホームで、チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節アーセナル戦に臨む。この試合に向けてMF香川真司がインタビューに応えた。15日付のドイツ紙『ビルト』がコメントを伝えている。

     13日に行われたブンデスリーガ第3節フライブルク戦でゴールを決め、鮮烈なドルトムント再デビューを飾った香川。この試合について香川は「特にチームで勝てたことが嬉しかった。この勝利は必ず次の試合に勢いを与えてくれる」と自身の活躍だけでなく、チームが一体となって勝利をつかんだことを語った。

     現在のコンディションについて問われると「数字では示せないけど、どんどん良くなっているように感じている。もし今日のプレーが僕のベストだったら、それはあんまりよくないこと」と答え、コンディションが上がれば、さらにいいプレーを披露できることを示唆した。

     最後にCLでの戦いについて「全てのことが順調に進んでいる。アーセナル戦にもフィット出来ると思う」とアーセナル戦にも良いコンディションで臨めるであろうことを話した。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/09/15/096/ 
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ