サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1756677_w2-1196e

    続きを読む

    197163hp2

    ギネス杯決勝前日練習でマンU・香川に大音量の「シンジコール」 ファンハール監督から熱血指導も受ける

    日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッドが3日(日本時間4日)、
    ギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップ(ギネス杯)決勝リバプール戦の前日練習を行った。
    香川は決戦会場のフロリダ州マイアミのサンライフスタジアムに詰めかけた約500人の観衆から
    「シンジコール」を受けるなど、今季初得点に向けて大きな後押しを受けた。
    あの一本のクロスが、白い巨人相手に見せた輝けるプレーが、マンUファンの中で香川の立ち位置を変えたのだろうか。
    前日の2日、ミシガンに11万観衆の集結したレアル・マドリード戦では、後半35分に3点目をアシスト。
    勝利に貢献した香川がこの日、前日練習を終えてピッチを後にしようとした瞬間だった。
    スタンドから巨大な「シンジコール」が巻き起こった。雨上がりで湿度の高いサンライフスタジアムに
    サポーターからの香川に対する愛情があふれた。
    レアル戦翌日の練習で先発組はクールダウンとなったが、後半16分から途中出場した香川は
    ルイス・ファンハール監督が腕組みする中、親善試合の中日、しかも、決勝前日とは思えないほどハードな練習を課された。
    ポゼッションやプレシング、連動性を高めるメニューで汗を流した。
    途中にはファンハール監督から2度マンツーマン指導を受けるなど、指揮官の日本人プレーメーカーに対する期待も伝わってきた。

    チーム内の序列を打ち破るべく着実にアピールしている香川

    香川の去就問題はマンUの注目事項となっている。イングランドとスペインメディアは
    アトレチコ・マドリードがマンUに香川に対する身分照会を済ませ、1400万ポンド(約24億円)
    の移籍金を用意していると報じられている。
    その一方で、ファンハール監督は「10番タイプの選手が多過ぎる」と選手構成に不満を漏らし、
    トップ下を本職とする香川もボランチでテストしていた。だが、ギネス杯2戦目のインテル戦後半から香川に
    「やっと自分のポジションでプレーできるね」と2トップの下で起用すると、香川は本来の輝きを放ち始めた。
    そして、昨季の欧州チャンピオンズリーグ覇者レアル戦では相手の息の根を止める絶妙なクロスを
    FWハビエル・エルナンデスの頭に合わせて、3点目を完璧に演出した。
    記者会見では香川の去就に対する質問がファンハール監督に寄せられ、
    「私は分からない。監督なので……。いつものうわさかもしれない」と煙に巻く一幕もあった。
    スペイン代表MFファン・マタがトップ下の先発候補だが、その序列を打ち破るべく香川は着実にアピールし、
    評価を上げている。
    去就が注目される中での「シンジコール」とファンハール監督による熱のこもったマンツーマン指導。
    ブラジルワールドカップでの不振とデイビッド・モイーズ元監督の昨季の冷遇により、
    地元メディアでリストラ候補にも挙げられた香川だが、サポーターと指揮官がマンUの主力として期待しているようにも見えた。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140804-00010000-soccermzw-socc#!buXZTa

    続きを読む

    037d49d0

    アーセナルのFW宮市亮(21)は、試練の日々が続く。

    3月15日に21歳以下の育成カップ戦で右太もも裏を痛め、昨季は公式戦出場5試合のみ。
    オフに帰国したが、治療とコンディション調整に専念した。

    それでも、1日に会見したベンゲル監督は「まだ体調が整っていない」
    と2、3日に予定されている練習試合の欠場を明かした。

    期限付き移籍については明言せず
    「本人にとって最高なのは、再び準備できた時に試合に出場することだ」と話した。

    8月3日8時11分
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140803-1344894.html

    続きを読む

    no title
    香川アシストで株上昇「新監督の財産に」

    英デーリーメール紙(電子版)は3日、プレシーズン戦4戦(MLSギャラクシー、ローマ、インテルミラノ、Rマドリード)
    を終えた時点でのマンチェスターU各選手の評価を発表。シーズン開幕時の立場を予想し、
    「スタメン確実」「スタメン(の見通し)」「メンバー入り」「期限付き移籍」「放出」の5つに分類した。

    英メディアで移籍のうわさが取り上げられることの多かった日本代表MF香川真司(25)は「メンバー入り」に分類され、
    今季もマンUでプレーすると予想された。

    香川について同紙は「モイズ前監督に干され、香川は必死になって持ち前の優れた能力を示そうとしてきた。
    (国際チャンピオンズ杯での)エルナンデスへのアシストで、その能力を垣間見せた。
    香川の万能性はファンハール監督の財産に成りうる」などと記した。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140804-1345313.html

    続きを読む

    続きを読む




    ◇ギネス杯・A組 マンチェスターU3―1レアル・マドリード(2014年8月2日 ミシガン)

     米国遠征中のマンチェスターUは2日(日本時間3日)、親善大会ギネス杯でレアル・マドリードと対戦、3―1で勝ち、
     A組1位で決勝に駒を進めた。日本代表FW香川真司(25)は後半途中から出場、同35分にチームの3点目をアシストする活躍を見せた。

     試合は前半21分、マンUが右の展開からパスをつないで、逆サイドでボールを受けたMFヤングが右足で決めて先制。
     レアルはMFベイルがペナルティーエリア左で倒されてPKを得ると、27分にベイル自身が決めてすぐさま追いついた。

     37分には再びマンUのヤングが左サイドを上がり、FWルーニーにクロスを放つと、ルーニーの頭をかすめてこの日2点目のゴールとなった。

     香川は後半途中からトップ下で出場、ゴール前へのパス、左足でのシュートを放つなど積極的なプレーを見せ、
     35分にFWエルナンデスにペナルティーエリア目前の右サイドから絶妙のクロスを出し、ヘッドでの3点目をアシストした。

     レアルはC・ロナウドが後半30分過ぎに出場したが無得点に終わった。
     マンチェスターUは勝ち点8としてA組1位となり、4日にマイアミで行われる決勝に進出した。

    スポニチアネックス 8月3日(日)7時1分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00000052-spnannex-socc

    途中出場の香川が3点目をアシスト…マンUがレアルに快勝、決勝進出
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00217539-soccerk-socc

    スコア
    http://www.espnfc.com/gamecast/398569/gamecast.html

    続きを読む

    393E383A5E383BC

     マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファンハール監督が今季さらなる新戦力の補強について、凍結する可能性も示した。

    ギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップ(ギネス杯)3戦目のレアル・マドリード戦前日会見に出席した指揮官は、
    プレミアリーグ開幕まで2週間と迫った状況でこう語った。

    「私のアプローチとしては、まずは手元にある現有戦力を見極めたい。マンチェスターには最高の宝石も存在する。
    マーケットの終了まで1カ月だが、もしかすると新しい選手は必要ないかもしれない」

    昨季7位と低迷した名門は、今季に向けてアトレチコ・ビルバオからMFアンデル・エレーラ、サウサンプトンからイングランド代表DFルーク・ショーを獲得した。
    ユベントスのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル獲得で合意に達しているとチリメディアは報道しているが、クラブは沈黙を守っている。

    8月16日に迫ったプレミアリーグ開幕戦のホーム、スウォンジー戦まで2週間となったが、今季ヨーロッパのカップ戦に出場権を持たないため、
    現状では余剰戦力の整理も進めなければいけない。

    ベルギー代表MFフェライニは戦力外状態で、セリエAナポリなどが獲得に乗り出している。
    オランダ人指揮官は、今回の米国遠征で選手に対する最終的な評価を決めることになるもようだ。

    移籍市場は8月いっぱいまで開いているが、この間の選手のパフォーマンス次第では夏の市場での新たな補強を凍結する意向を示した。
    アトレチコ・マドリードへの移籍話が浮上しているMF香川真司もしっかりとアピールできれば、出場機会を増やすことも可能かもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140802-00010004-soccermzw-socc#!btIkCu

    続きを読む


    197163hp2

    米国遠征中のマンチェスター・ユナイテッドは2日(日本時間3日)、
    親善大会ギネス杯でレアル・マドリードと対戦する。

    7月29日のインテル・ミラノ戦でトップ下として存在感を示した日本代表FW香川真司(25)にとって、
    11万人近い大観衆が見込まれる大一番はこの上ないアピールの場。先発抜てきの可能性もある中で香川が生き残りを図る。

    生き残りを懸けた香川のアピールにふさわしい舞台が用意された。相手は昨季欧州CLを制したレアル・マドリード。
    世界最高の名門が相手でエースのC・ロナウドは出場が有力視されている。

    10万9000人を収容するミシガン大学のアメリカンフットボール競技場「ミシガン・スタジアム」の入場券も完売済みだ。
    香川は「なかなか11万人も入るスタジアムでやることも今後の人生を考えてもそうない。10万人以上の観客の中でやることも初めて。
    自分にとっても良い経験になる」とクラブ公式サイトでコメント。

    観衆が8万人を超えた7月23日のロサンゼルス戦後も「良い雰囲気だった」と振り返り、
    ファンの熱狂ぶりを実感しながらプレーできる環境は大きな発奮材料になる。

    香川にとっては大一番になる。ファンハール監督は今回の米国遠征で戦力を見極める意向。
    今大会は各組首位が決勝進出で2位以下に順位決定戦は用意されていない。勝てば4日の決勝でさらなるアピールも可能になるが、
    敗れれば残されたプレシーズンマッチは12日のバレンシア戦(マンチェスター)のみ。
    16日にスウォンジーとのリーグ開幕戦が控える状況ではバレンシア戦の前に戦力構想が固まる可能性もある。
    7月29日の英紙マンチェスター・イブニング・ニュースは指揮官が香川に移籍勧告を出すと伝え同31日の英紙デーリー・エクスプレスはAマドリードが香川獲得を検討と報道。
    シメオネ監督が高く評価していると伝えられたがマンUでの定位置奪取を目指す香川は目に見える結果で周囲を黙らせるしかない。

    今遠征のマンUは好プレーを見せた選手が次戦で先発する傾向がある。
    インテル・ミラノとの前戦、トップ下で好感触を得た香川が先発する可能性もあるが
    「一試合一試合が勝負になる」と悲壮な覚悟を込めた日本代表に残された時間は多くはない。

    8月2日(土)6時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000007-spnannex-socc

    続きを読む

    197163hp2

    香川真司インタビュー「サッカーの神様が自分をへし折ってくれた」

    ゲキサカ 8月1日(金)13時8分配信
    香川真司インタビュー「サッカーの神様が自分をへし折ってくれた」

    画像: Yuji ARAKAWA (ゲキサカ)

     マンチェスター・ユナイテッドで3シーズン目を迎える日本代表MF香川真司。12-13シーズンは
    アレックス・ファーガソン、13-14シーズンはデイビッド・モイーズ、そして今季はブラジルW杯で
    オランダ代表を3位に導いたルイス・ファン・ハール新監督の下でプレーすることになる。ブラジル
    W杯で味わった悔しさをバネに、日本の10番はどう這い上がろうとしているのか。ゲキサカが直撃
    インタビュー――。

    ―いよいよマンチェスター・ユナイテッドでの3シーズン目が始まります。今、どんな思いがありますか?
    「まずはW杯のことを切り替えていかなきゃいけないと思っています。正直、まだまだ心の隅に
    悔しさが残っています。なかなか消え去るものではないんだなと。ただ、そういうものと向き合い
    ながら、次の一歩を踏み出さないといけない。そのための覚悟であったり、情熱であったり、
    そういうものをしっかり持つことが次につながるのではないかと思います」

    ―ブラジルでも課題として挙げていた「自分に勝つ」ということ。そのためにどうしていきたいと
    考えているのでしょうか?
    「やはり、その場だけで勝つというのは難しい。日ごろの戦いが大事になってくるのではないかと
    思います。日ごろ、どれだけ自分と向き合っていくか。自分と向き合うのは本当に難しいんですけど、
    そういうところから逃げずにやることが、自分のメンタルを鍛える一つの方法だと思います」

    ―自分に向き合うというのは苦しみを伴う作業でもあります。
    「うまくいかないときというのは、どうしてもその現実から目を背けてしまいがちですが、
    そういうときに自分自身と向き合って、『何が悪いのか』『なぜ結果が出なかったのか』を考える
    必要があると思います。向き合っていくしかないのかなと思うんです。その後は行動に移していくこと。
    『練習が足りなかったのではないか』とか、『厳しい戦いの中で勝つための情熱が足りなかったのでは
    ないか』とか、そういう細かいところが勝敗を分けるのではないかと思っています」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00137775-gekisaka-socc

    続きを読む

    ROONEYiseki

    香川獲得にリーガ王者アトレティコが再び関心? 英紙報道

    イギリス紙『デイリー・エクスプレス』は、マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司の獲得に、
    アトレティコ・マドリードが関心を示していると報じた。

    同紙は、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、フランス代表MFアントワーヌ・グリーズマンといった
    前線の選手を獲得したアトレティコだが、ディエゴ・シメオネ監督がさらなる補強に熱心で、
    香川の獲得を検討していると伝えた。

    ルイス・ファン・ハール新監督が就任したマンチェスター・Uで、香川はボランチでの起用機会が増え、
    新シーズンの選手序列も不透明。そのため、移籍の噂が度々浮上し、
    先日もイギリスメディアが古巣であるドルトムントへの復帰の可能性を報じたが、
    ドイツ誌『キッカー』は「ドルトムントは検討していない」と伝えていた。

    アトレティコの香川への関心は昨シーズンの冬の移籍期間中などにも報じられていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9102999/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ