サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: プエルトリコ ★@ 2017/09/27(水) 21:02:43.68 ID:CAP_USER9
    DILBeCjV0AAh06e


    『Express』は25日、「解説者のジェイミー・キャラガー氏は、プレミアの4名の

    ストライカーについて話した」と報じた。

    現在6ゴールでランキングトップに並ぶアルバロ・モラタ、ロメル・ルカク、セルヒオ・アグエロ、そして4ゴールのハリー・ケイン。

    プレミアリーグではこの4名が最高のストライカーといえるラインナップである。

    かつてリヴァプールでセンターバック、サイドバックとして活躍したキャラガーは、誰との対戦が最も厳しいと思っているのだろうか?

    ジェイミー・キャラガー

    「対戦するなら誰か?4人の中で選ぶとすれば、語弊があるかもしれないがセルヒオ・アグエロだね。

    私がルカクのような選手と対戦したら、ぶっ飛ばされて、走り負けてしまうだろう。あのフィジカルとスピードには対処できない。とても難しい試合になるだろう。

    ハリー・ケインも体の強さがある。アルバロ・モラタは先週末に見たとおり、かなり速さがある。

    アグエロはそこまで試合に関与してこない。まあ、彼はもちろんプレミアの歴史上でも最高の点取り屋だ。ただ、90分を通して悪夢になるかというと、ケイン、モラタ、ルカクになるだろうな」

    http://qoly.jp/2017/09/27/carragher-talked-about-4-strikers-in-pl-kgn-1

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@ 2017/09/24(日) 02:59:52.05 ID:Z9WjjulO0

    20316_ext_04_1


    レスター戦3-2wwwww
    おもろすぎるわw

    続きを読む

    1: 動物園φ  2017/09/24(日) 03:27:35.02 ID:CAP_USER9
    9/24(日) 3:24配信
    DKbOUpCWkAATutd

    岡崎慎司が今季3点目も…(Getty Images)
    [9.23 プレミアリーグ第6節 レスター・シティ2-3リバプール]

     プレミアリーグ第6節が23日に行われた。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでリバプールと対戦し、2-3で敗れた。リーグ戦3試合ぶりの先発出場を果たした岡崎は、前半アディショナルタイムに今季3点目を奪取。後半30分までプレーしたが、勝利に結びつかなかった。

     19日のカラバオ杯3回戦で対戦した両クラブが再びキングパワー・スタジアムで相まみえる。その試合を岡崎とFWイスラム・スリマニのゴールで2-0と快勝したレスターは、DFウェズ・モーガンとDFベン・チルウェル、MFマーク・オルブライトンを除く8人を変更。FWジェイミー・バーディやMFリヤド・マフレズらがスターティングメンバーに名を連ねた。

     中3日でのリベンジを狙うリバプールは、その試合からDFジョー・ゴメスとMFジョーダン・ヘンダーソン、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFコウチーニョを除く7人を入れ替え、FWロベルト・フィルミーノやFWモハメド・サラー、MFエムレ・カンらがスタメン起用された。

     リバプール連破を狙うレスターは前半6分、岡崎のスルーパスからバーディが左サイドを突破。PA左深くから放った左足シュートはGKシモン・ミニョレに防がれ、こぼれ球にマフレズが詰めたが、右足シュートは枠の上に外し、先制点とはならなかった。

     対するリバプールは前半13分、サラーのパスを受けたMFエムレ・カンがPA手前から右足を一閃。地を這うようなミドルシュートが左ポストを叩き、跳ね返りをサラーが左足で合わせたが、ゴール右に外してしまう。それでも15分、左サイドからコウチーニョが鋭いクロスをファーサイドに走り込んだサラーがヘッド。角度はなかったが、GKカスパー・シュマイケルの手を弾いて先制のゴールネットを揺らした。

     さらにリバプールは前半23分、ゴールほぼ正面の絶好の位置でFKを獲得。キッカーのコウチーニョが右足を振り抜くと、弧を描きながら落ちたシュートがゴール左隅に突き刺さり、2-0。リバプールの10番が今季初ゴールを決めた。

     前半のうちに1点でも返しておきたいレスター。前半40分、オルブライトンのFKからDFハリー・マグワイアがヘッドで裏のスペースに送り、これに反応した岡崎が右足でゴールネットを揺らしたが、マグワイアの時点でオフサイド。アディショナルタイム3分にも、オルブライトンのFKからバーディが放ったヘディングシュートはGKミニョレの好セーブに阻まれた。だが、直後のCKから得点が生まれた。

     前半アディショナルタイム3分、オルブライトンの左CKからマグワイアに当たってこぼれたボールに岡崎が反応。GKミニョレにユニフォームを引っ張られながらも右足を懸命に伸ばして押し込み、1-2。レスターが後半に望みをつないだ。

     後半もリバプールのペースで試合は進む。23分、カウンターから途中出場のFWダニエル・スターリッジがボールを運び、PA手前から左にラストパス。ゴール前に挙がっていたヘンダーソンが右足シュートを沈め、3-1とリードを広げる。だが、レスターもすぐさま1点差に戻す。24分、PA右から途中出場のMFデマライ・グレイが右足ボレー。GKミニョレが弾いたボールが中央に流れ、バーディがヘッドで無人のゴールに押し込んだ。

     さらにレスターに同点のチャンスが訪れる。後半27分、相手の裏に出たパスに反応したバーディがPA内でGKミニョレに倒されてPKを獲得。キッカーのバーディが豪快に右足を振り抜くと、ど真ん中に飛んだシュートをGKミニョレに止められてしまい、絶好のチャンスを逃した。

     後半35分にはスリマニを入れ、最後まで同点を目指したレスターだったが、その後はGKシュマイケルや守備陣の活躍が目立つ状況となり、そのまま2-3でタイムアップ。レスターはリバプールとの接戦を制することができなかった。一方のリバプールは3試合ぶりの白星を飾っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-01644397-gekisaka-socc

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    1: pathos ★ 2017/09/23(土) 14:25:21.04 ID:CAP_USER9

    no title


    あの荒々しいプレイを見られないのは寂しいか

    昨季リーグ制覇に貢献しながら、今夏に指揮官アントニオ・コンテから構想外とされたFWジエゴ・コスタがアトレティコ・マドリード復帰で基本合意に達した。チェルシーはすでに後釜のアルバロ・モラタが結果を出しており、ここまでコスタ不在を感じさせるケースはあまりなかった。チェルシーとしては前線を上手く補強したと言えるのかもしれない。

    エジルはホームでのみプレイすれば良し ウィルキンス氏「アウェイでは戦わないといけない」

    しかし英『sky SPORTS』によると、エヴァートンなどで活躍したフィル・ネビル氏は、モラタよりもコスタの方が嫌なFWだと語っており、プレミアリーグのスタイルにはコスタの方が合っていると考えているようだ。

    「現時点だと私ならモラタよりコスタをチームに置きたいね。コスタの方がイングランドのサッカーに合っていると思う。モラタも優れたポテンシャルがあるけど、私が対戦相手の指揮官ならコスタよりはモラタと対戦したいね」

    モラタはプレミアリーグでもフィジカル勝負を挑めることを証明しており、ここまでの得点は全てヘディング弾となっている。しかしコスタに比べてモラタはスマートな選手で、あまり感情を表に出す方ではない。コスタは相手を挑発するなどイライラしやすいところもあったが、そうした性格もプレミアに合っていたのかもしれない。

    コスタはこれまでアーセナル戦で相手選手を退場に追い込むなど、問題視される行動も多かった。しかしそれが試合を盛り上げている部分もあり、そうした姿をプレミアリーグの舞台で見ることができないのは少しばかり寂しいか。

    http://www.theworldmagazine.jp/

    続きを読む

    pathos ★@\(^o^)/ [sageteoff] 2017/09/22(金) 19:47:40.43 ID:CAP_USER9.net

    20316_ext_04_1



    U-17欧州選手権にも出場 

    今季のプレミアリーグ第5節終了時点で、2勝2分1敗の8位に留まっているリヴァプール。直近の公式戦4試合で10失点(4試合連続失点)を喫するなど、脆弱な守備を露呈している。 

    守備の改善が急務な状況のなか、同クラブが現ライプツィヒ所属DFダヨ・ウパメカノ(18歳)の獲得を検討していることが、英『Mirror』や独『Bild』で明らかに。しかし、他クラブによる引き抜き行為を警戒したライプツィヒが2021年6月30日までの現行契約を改変し、1億ユーロ(約133億円)の契約解除金を新たに設定する動きを見せていることが両メディアで明かされるなど、交渉の長期化が予想されている。 

    今年1月にライプツィヒに加入したウパメカノ。各年代のフランス代表の肩書やU-17欧州選手権への出場歴を有するほか、今季のブンデスリーガ開幕4試合連続で先発出場を果たすなど、着実に成長を遂げている。ライプツィヒが必死の抵抗を見せるなか、リヴァプールが今後も交渉を継続するのか否かが焦点となるだろう。 

    http://www.theworldmagazine.jp/

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し^^ 2017/09/22(金) 09:18:17.16 ID:gLBYiES90
    33577957



    キープできない
    すぐ転ぶ
    脚遅い
    ドリブル下手
    ショートパス下手
    クロス下手
    左足使えない

    うーん…

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ