サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: 大翔 ★@^^ 2017/03/31(金) 08:12:57.07 ID:CAP_USER9
    news_174143_1

     
    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00010024-soccermzw-socc

    英地元紙、香川とクロップ監督がリバプールで運命の再会を果たす可能性を報じる

     ドルトムントの日本代表MF香川真司は2018年6月に契約満了となる。その去就問題に注目が集まるなか、英メディアはプレミアリーグ強豪リバプールの来季補強特集を展開。香川はバルセロナの天才司令塔アンドレス・イニエスタ、アーセナルのチリ代表MFアレクシス・サンチェスら世界屈指の名手と並び、堂々の選出。恩師ユルゲン・クロップ監督と運命の再会を果たす可能性が報じられている。

     「ゴールスコアラー、レフトバック、獲得困難な選手たち、リバプールが今夏に安値で獲得できる可能性がある25選手」という補強特集を展開したのは英地元紙「リバプール・エコー」だ。

     法外な移籍金がかからない補強選手をリストアップ。現在セントラルハーフを本職とするイングランド代表MFジェームス・ミルナーがレギュラーを務めている左サイドバックには、PSVのオランダ代表DFジェトロ・ウィレムス、ハル・シティDFアンドリュー・ロバートソン、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショー、ナポリのアルジェリア代表DFファウジ・グラム、ACミランのイタリア代表DFマッティア・デシリオらが候補に挙がっている。

     その一方、「獲得困難」というカテゴリーで数々の世界的な名手が候補に並ぶなか、ここにクロップの愛息子が登場する。「何人かの世界屈指のビッグネームは、この夏に契約問題からこう着状態に陥る可能性がある。リバプールが彼らを獲得する希望はほぼ厳しいが、夢見て何が悪い」と特集では紹介している。

     筆頭に登場するのはパリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだ。

     「ウルグアイ人ストライカーは激アツなゴール記録を誇っている。28試合で27得点を叩き出している。30歳にして、獲得のチャンスはないかもしれない。年俸の要求もあまりに高いが、彼には明確な格というものが存在する」とリストアップされている。

     PSGからはフランス代表MFブラジエ・マテュイディも選ばれた。「そのエネルギーとパスを狙う眼、ピッチの高い位置までボールを運ぶ能力は中盤全域で完璧な補強になる。フランス代表選手は昨夏ユベントス移籍を望んでおり、アンフィールドに迎えるには説得が大変だ」と人気銘柄のダイナモは獲得困難と位置付けた。

     バルサの至宝イニエスタも登場している。「想像してもらいたい。16年間カンプ・ノウで過ごし、今32歳。彼はもしかすると環境変えたいと思うかもしれない。マージーサイド(リバプールを中心都市とする州)が意中の新天地であるということは想像困難だが……」と悲観的に報じた。

     レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコも登場する。「最近、バルセロナ移籍話が浮上しているスペイン代表は、マラガからベルナベウに3000万ユーロ(約36億円)で移籍した時の好調さを取り戻すことができていない。まだ24歳で、彼の格というものは明確だ。前線を大幅に向上させるだろう」としている。

    サンチェスに55億円でオファー?

     そして、アーセナルのエースFWサンチェスの名前も挙がった。「2014年に獲得を失敗しており、リバプールがチリ人にとって理想的な目的地ではなさそうだ。サンチェスはエミレーツで不幸せで、どこに行こうがチームを向上させる存在だ。ユベントスが最有力候補と見られている。もしかすると(オーナーの)ジョン・W・ヘンリーが4000万ポンド(約55億円)でオファーする?」とレポートしている。

     14年にアーセナルとのサンチェス争奪戦で敗れたリバプールだが、2014年にバルセロナに移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスへのアーセナルからの“どケチオファー”を蒸し返し、オーナーのヘンリー氏がリベンジオファーを出す可能性を指摘している。

     続いてACミランGKジャンルイジ・ドンナルンマが登場。「衝撃的なゴールキーパーだ。わずか18歳のイタリア人はフル代表のメンバー入りを果たしている。キャリア20年目のオーラを漂わせている。ペナルティー(PK)もセーブできるぞ」と、メガクラブが付け狙う若き守護神もリストアップしている。

     リーダー役でバーンリーのイングランド代表DFマイケル・キーン、アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス、アウクスブルクのオーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガーらがリストアップされている。

    続きを読む

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★@^^©2ch.net 2017/03/26(日) 15:24:35.37 ID:CAP_USER9

    CqGLreXUIAA7v7r

     
    チェルシー、ネイマール獲得でバルサと合意へ 移籍金215億円と伊紙

    theWORLD(ザ・ワールド) 3/26(日) 14:20配信

    破格の移籍金が成立か

    イングランドプレミアリーグのチェルシーは今夏、大物を招き入れることになるかもしれない。
    同クラブのロシア人オーナー、ロマン・アブラモビッチがバルセロナとブラジル代表FWネイマールの獲得で口頭合意に達したという。

    世紀のビッグディールの合意を報じたのは伊紙『Tuttosport』だ。
    同紙は、石油王のアブラモビッチ氏がバルサとネイマールの移籍に関する“口約束”を取り付けたとし、電撃移籍成立の可能性を伝えている。
    曰く、チェルシーは25歳のブラジル人ドリブラー獲得に1億8000万ユーロ(約215億円)を支払う覚悟があり、
    仮に実現すれば現在のサッカー界における移籍金記録を当然ながら更新することになる。

    しかしながらこの衝撃的な契約成立に“待った”をかけているのが、絶好調のチェルシーを指揮するアントニオ・コンテだという。
    同監督は新たな選手を加入させる前に、まずはチームから放出する選手を決めたい方針を示しており、
    これが“ネイマール獲得”を妨害している状況だと同紙は伝えている。

    バルセロナではリオネル・メッシに勝るとも劣らない活躍ぶりでチームの攻撃を牽引する存在にまで急成長を果たしたネイマール。
    先日はプレミアリーグでのプレイを望むコメントも残しており、今後の動向には多くの注目が集まることだろう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00010010-theworld-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/03/21(火) 16:19:08.40 ID:CAP_USER9

    2608404597_f18ecd59d1_z

     
    マンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)が、
    米MLSシカゴ・ファイヤーへの移籍が完了したと、21日付の米シカゴ・トリビューン電子版が報じた。

    【写真】ドイツ代表の選手たちに胴上げされるシュバインシュタイガー

     15年夏にバイエルン・ミュンヘンから加入したシュバインシュタイガーは今季、
    モウリーニョ監督の下、リーグ戦では出場機会を得られず。
    FA杯2試合、リーグ杯1試合、欧州リーグ1試合の計4試合の出場にとどまっている。
    ベンチ入りですらできない現状が続いている同選手は移籍について
    「自分のキャリアを一貫して、常にポジティブなインパクトを得られる機会や、
    偉大なことを達成に向けて、手助けできる機会を探してきた。今回のシカゴ・ファイヤーへの移籍も同様です。
    ロドリゲスGMや、パウノビッチ監督との話し合いで、私はクラブのビジョンや哲学を確信している。
    私は彼らのプロジェクトを助けたいと思っています」と話したという。契約は1年契約。
    来週にビザの申請とメディカルチェックを行うと報じた。

     また、ロドリゲスGMはシュバインシュタイガーの獲得について
    「ありとあらゆるすべてのレベルで勝利してきた選手を獲得した。
    それに我々の価値観と一致している選手をね」と歓迎した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01795610-nksports-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/03/21(火) 16:55:55.17 ID:CAP_USER9
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的にプレミアリーグのクラブでプレーすることを希望しているようだ。
    イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。

     ネイマールは昨年10月、バルセロナとの契約を2021年6月30日まで延長した。
    当面は同クラブでのプレーを続けると見られているが、
    将来的にはプレミアリーグのクラブへ移籍する可能性があるかもしれない。

     同紙によると、ネイマールはイギリス紙『ザ・サン』に対して
    「プレミアリーグは自分を驚かせてくれる大会だ。
    プレースタイルも好きだし、いつか自分を試してみたいと思っているんだよ」とコメント。
    プレミアリーグのクラブでプレーする願望があることを明かした。

    「マンチェスター・Uやチェルシー、アーセナル、リヴァプールといったクラブを称賛しているんだ。
    これらのチームは常に戦っているね」

     将来、イングランドでプレーするネイマールの姿を見ることはあるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00565175-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/03/20(月) 01:19:00.17 ID:CAP_USER9

    225635hp2

     
    決勝点となるPKを決めたデレ・アリ [写真]=Getty Images
    サッカーキング編集部
    サッカー総合情報サイト

     プレミアリーグ第29節が19日に行われ、トッテナムと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。

     トッテナムはハリー・ケインが負傷のため欠場。ソン・フンミンが1トップに入り、クリスティアン・エリクセンとデレ・アリがシャドーの位置に入った。一方のサウサンプトンは、今冬の加入ながらすでに4得点を記録しているマノーロ・ガッビアディーニの1トップ。吉田はリーグ戦9試合連続のスタメンとなった。

     13分、ムサ・デンベレからのパスを受けたエリクセンがドリブルから左足を振り抜き、トッテナムが早い時間帯に先制点を奪う。29分、追いかける展開となったサウサンプトンにアクシデント。ガッビアディーニが内転筋を痛め、シェーン・ロングとの交代を余儀なくされる。すると33分、アリがエリア内で倒されPKを獲得。このPKをアリが落ち着いて決め、2点のリードで前半を折り返す。

    先制点を決めたエリクセン[写真]=Getty Images

     後半に入り52分、左サイドを駆け上がったライアン・バートランドのクロスに、イングランド代表に初選出されたジェームズ・ウォード・プラウズが合わせて1点を返す。その後はソフィアン・ブファル、ジェイ・ロドリゲスと攻撃的な選手を投入し、サウサンプトンが同点弾を狙いに行ったものの、試合は2-1でタイムアップ。

    今季3得点目を挙げたウォード・プラウズ [写真]=Getty Images

     首位チェルシーを追走するトッテナムが、サウサンプトンに競り勝ち3ポイントを獲得。リーグ戦3連勝、さらにホーム10連勝を達成した。

     次節、トッテナムはアウェイでバーンリー、サウサンプトンはアウェイでボーンマスと対戦する。

    【スコア】
    トッテナム 2-1 サウサンプトン

    【得点者】
    1-0 14分 クリスティアン・エリクセン(トッテナム)
    2-0 33分 デレ・アリ(トッテナム)
    2-1 52分 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20170320/564872.html

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@無断転載は禁止 2017/03/20(月) 03:50:29.43 ID:CAP_USER9
    プレミアリーグ第29節が19日に行われ、マンチェスター・Cとリヴァプールが対戦した。

     ジョゼップ・グアルディオラ監督率いる3位マンCが、ユルゲン・クロップ監督率いる
    4位リヴァプールをホームに迎えての上位対決。
    前回の対戦は、昨年12月の第19節でリヴァプールがホームで1-0の勝利を収めていた。

     勝ち点差わずか「1」で負けられない両チームの対決は徐々に激しさを増していった。
    マンチェスター・Cは20分、ダビド・シルバがエリア内中央でセカンドボールに反応し、
    ダイレクトで左足ボレーを放つが、シュートはわずかに枠の左に外れた。
    リヴァプールは35分、エリア内左でパスを受けたフィリペ・コウチーニョが中央に切り込んで右足を振り抜くが、
    シュートは枠を捉えられない。

     マンチェスター・Cは39分、エリア内左に抜け出したシルバがグラウンダーのクロスを供給。
    中央に走り込んだセルヒオ・アグエロとラヒーム・スターリングは潰され、
    ファーサイドでフリーのフェルナンジーニョが体勢を崩しながら右足で合わせるが、シュートは枠の右に外れた。
    リヴァプールは直後の40分、ロベルト・フィルミーノ、アダム・ララーナが立て続けに枠内シュートを放つが、
    GKウィリー・カバジェロの好セーブに阻まれた。

     試合はスコアレスで折り返し、後半立ち上がりに動いた。
    リヴァプールは49分、フィルミーノが相手エリア内でガエル・クリシーからファールを受けてPKを獲得。
    51分、キッカーのジェームズ・ミルナーがGKの逆を突いてゴール左隅に沈めた。

     だが、マンCも黙ってはいない。
    69分、ケヴィン・デ・ブライネが右サイドから相手GKとDFの間に鋭いグラウンダーのクロスを入れる。
    ニアサイドに走り込んだアグエロが右足で流し込み、同点に追いついた。

     逆転を狙うマンCは76分、デ・ブライネがエリア内中央での混戦のこぼれ球に反応し、
    左足シュートを放つが、右ポスト直撃。
    リヴァプールも80分、エリア内左に抜け出したフィルミーノがダイレクトで折り返し。
    中央でフリーのララーナが右足で合わせにいくが、しっかりミートせずシュートミスに終わった。

     マンCは後半アディショナルタイム1分、右サイドのデ・ブライネからのクロスに、
    ファーサイドでフリーのアグエロが右足ボレーを放つが、シュートはクロスバー上に大きく外れた。
    両チームとも最後まで勝ち越しを狙ったが、このままタイムアップ。
    1-1の引き分けで勝ち点1を分け合う結果となった。

     マンチェスター・Cは次節、4月2日にアウェイでアーセナルと対戦。
    リヴァプールは同1日にエヴァートンをホームに迎え、“マージーサイド・ダービー”に臨む。

    【スコア】
    マンチェスター・C 1-1 リヴァプール

    【得点者】
    0-1 51分 ジェームズ・ミルナー(PK)(リヴァプール)
    1-1 69分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00564907-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@ 2017/03/19(日) 17:25:35.11 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリーがレスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの獲得を検討していると
    スペインメディア『ドン・バロン』が報じた。

    同チームは現在所属のGKケイラー・ナバスに信頼を寄せておらず、
    今夏の移籍市場に向けて有力なGKをリストアップしているのは周知のとおりだが、
    ここに来てシュマイケルの獲得に本腰を入れたようだ。

    シュマイケルと言えば、先日行われたチャンピオンズリーグのラウンド16、第2戦のレスターvsセビージャで、
    相手のPKをストップする活躍でチームのベスト8進出に貢献。
    また、昨季はシーズンを通して高いパフォーマンスを披露し、レスターをプレミア制覇に導いたことは記憶に新しい。

    レアル・マドリーが狙っているのはティボー・クルトゥワ、ダビド・デ・ヘアが本命のようだが、
    この2名はそれぞれのクラブが放出を拒否する不動の守護神として活躍。
    そこで、前者2名よりも獲得のハードルが低いとされる、シュマイケルを獲得候補に加えた見通し。

    レスターは今シーズン、残留争いを余儀なくされており、来シーズンの欧州カップ戦出場権獲得さえも危うい状態。
    クラブは資金確保のためシュマイケル売却に踏み切る可能性も高く、
    シュマイケル本人もレアル・マドリーからのオファーとなれば耳を傾けざるを得ない状況となっている。

    果たして、レスターの歴史的偉業に貢献したシュマイケルはスペイン行きを決断するのか、
    今夏の移籍市場ではGKの玉突き移籍が起こることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000016-goal-socc

    続きを読む

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★2ch.net 2017/03/19(日) 14:45:23.82 ID:CAP_USER9
    Cs0fdedUsAEQsuZ
    レスター岡崎無得点にも、監督「チームで一番重要」
    [2017年3月19日13時29分]

    <プレミアリーグ:ウエストハム2-3レスター>◇18日◇ロンドン


    レスターの日本代表FW岡崎慎司(30)がアウェーのウェストハムで、攻守に渡る泥臭いプレーでチームの3連勝に貢献した。

    岡崎はシェークスピア監督が指揮を執って以降、欧州チャンピオンズリーグのセビリア(スペイン)戦を含む4試合連続での先発出場。
    前半5分にMFマレズの得点で先制したレスターは、その2分後に岡崎がペナルティーエリア近くで倒されて得たFKから追加点。
    同31分には左クロスに頭から飛び込んだが触れず、GKにキャッチされた。
    結局、得点を奪えないまま後半31分に退いた。それでも攻守に渡って懸命に走り、体を張ったプレーは光った。

    チームは3-2と逃げ切り、今季初のリーグ戦3連勝で15位に浮上した。
    岡崎は試合後、自らのプレーについてあらためてこう話した。

    「僕は、言われなくてもメッセージがあれば、それに全力で応える気持ちはあるし、監督が今何を求めているか、チームが何を求めているかで、
    俺はやれることがあると思っているんで。
    今のこのチームで勝つためには、僕のやることっていうのは、みんなが出来ない分、そういうところをやらないといけないし。
    やった上で、ゴールを狙うっていうのが、今の僕の目標なんで、どっちもおろそかにはできない」。

    そんな岡崎に対し、指揮官も厚い信頼を寄せている。
    シェークスピア監督は記者会見で、4試合連続で先発しながらも無得点だった岡崎について質問されると
    「チームとして、彼は重要だよ。得点者やセーブしたGKに賛辞が集まることが多いが、チームパフォーマンスにおいて、
    チームが一番重要だと私たちは分かっている」と、きっぱりそう話した。

    そして次は日本代表として、W杯アジア最終予選(UAE戦・23日=日本時間24日、タイ戦・28日)に向かう。
    岡崎は「毎試合が勝負なので。日本代表は日本代表でまた全然違う監督の要求なので。
    またチームのスタイルも異なるし、新鮮な気持ちでもう一度日本代表に行ってガムシャラにチームに貢献したいと思う」と意欲満々。
    さらに「僕は監督からここをやれといわれたら、前の4つのポジションだったらどこでもできると思っている。
    ただ監督としたら前しかないと思うので。ただ大迫だったり、久保だったり、いろいろなチョイスがある中で、
    自分もそこで結果出せるように準備したい」。レスターでの勝利に貢献した男は、次は日の丸を背負っての全力プレーを誓った。
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1794581.html

    続きを読む

    1: 動物園φ 2017/03/18(土) 23:26:20.54 ID:CAP_USER9

    C7NSLYEU0AAEqjJ

     
    3/18 12:30K.O.(日本時間21:30)

    ウェスト・ブロムウィッチ 3-1 アーセナル

    12' 1-0 ドーソン
    15' 1-1 A・サンチェス
    55' 2-1 ロブソン・カヌ
    75' 3-1 ドーソン

    http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?engpl&1617&170318#289
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/west-bromwich-albion-vs-arsenal/1-2252470/

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ