サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/06/24(水) 00:09:32.20 ID:???*.net

    f929f8fe

     
    マンチェスター・ユナイテッドがスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに
    3000万ユーロ(約42億円)の移籍金を加え、レアル・マドリードの
    スペイン代表DFセルヒオ・ラモス獲得のオファーを出したと、スペイン地元紙「アス」が報じている。

    マンUは、2年連続でファン選出の年間MVPにも輝いた守護神の放出危機に反転攻勢を仕掛け、課題の最終ラインの補強に打って出た。
    年俸交渉をめぐってレアル幹部と関係を悪化させているラモスをデ・ヘア放出の条件として突きつけたようだ。

    クラブは契約期間をあと1年残したデ・ヘアに加え、約42億円の移籍金を提示。アンダルシア出身のストッパーに
    現在レアルで手にしている年俸の2倍となる1200万ユーロ(約16億8000万円)という巨額の年俸も提示しているという。

    昨年、英国史上最高額となる100億円超の移籍金でレアルからアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを獲得した。
    2年連続で白い巨人から大型補強を展開しようとしている。

    マンUの動きが表面化したのは最近だが、すでに水面下でラモスの兄で代理人でもあるレネ・ラモスと
    ロンドンで会談を済ませ、マンUが獲得に興味を持っていることを伝えていたという。

    昨夏は巨額の移籍金を投入してディ・マリアらワールドクラスの選手を補強し、
    マーケットを制したユナイテッドだが、今年も移籍市場の主役となりそうだ。

    Soccer Magazine ZONE web 6月23日(火)23時10分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150623-00010017-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 16:48:00.70 ID:???*.net

    20140921034601s

     
    ロシアW杯アジア2次予選シンガポール戦(16日、埼玉)に臨む日本代表FW岡崎慎司(29)の去就問題が急展開だ。
    イングランドやドイツなど複数のクラブで争奪戦に発展。
    所属のマインツ(ドイツ)は戦力ダウンを懸念し残留させる方針に傾いたが、来季の新戦力にメドが立ったことで放出への動きが加速している。
    イングランド・プレミアリーグのレスター入りが濃厚となってきた。

    ロシアW杯へ向けて岡崎は「2次予選から厳しさを求めていきたい。
    どれだけゴール前で存在感を出していけるかだと思う」と気を引き締めた。
    国際Aマッチ44得点で歴代ランキング3位。
    W杯アジア2次予選の相手は格下ばかりだけに、年内にも同2位で55ゴールのFW三浦知良(48=J2横浜FC)超えを果たしそうだ。

    ストライカーとして今まさに脂が乗っているが、ピッチ外では今オフの去就が注目されている。

    マインツとの契約が残り1年になり、レスターやボルシアMG(ドイツ)による争奪戦が勃発。
    マインツのクリスチャン・ハイデルGMはドイツ誌「キッカー」に対し「岡崎にはまだオファーは届いていない」と話していたが、ここにきて事態が急展開した。

    欧州事情に精通する代理人事務所の関係者は「マインツはレスターと本格的な交渉に入った。
    他のクラブとは(交渉を)行っていないようで、そのまま決まる可能性が高いのではないか」と指摘。
    水面下でクラブ間交渉が行われており、岡崎のレスター移籍がカウントダウンに入ったという。

    かねて熱心に調査を進めてきたレスターに対し、
    マインツは2季連続で2桁得点を挙げたストライカーが抜ければ大幅な戦力ダウンになると交渉をちゅうちょしていた。
    だが来季に向け日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)を獲得。
    さらに12日には争奪戦になっていたハイデンハイム(ドイツ)の有望株FWフローリアン・ニーダーレヒナー(24)の入団が決定した。
    戦力補強に成功し、岡崎を放出しても問題ない状況になってきた。

    そうしたチーム事情に加え、岡崎も29歳。世界最高峰リーグに挑戦できるラストチャンスとなるため「どうしても岡崎はプレミアでやりたいようだ」(関係者)。
    本人の強い意向もあって一気に移籍話が進展したようだ。

    岡崎は今回の代表合宿中に来季の去就について「どうでしょうね。
    そのへんはいろいろと難しいことがあると思うんで…」と言葉を濁しているが、念願のイングランド移籍がついに視界に入ってきた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00000028-tospoweb-socc
    東スポWeb 6月16日(火)16時30分配信

    http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/06/b6000df2a49b2d19950b3a3d1e06076d.jpg

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 10:43:21.20 ID:???*.net

    a3ec7c0e

     
    ボルシア・ドルトムントMF香川真司に、エヴァートンが関心を寄せているようだ。イギリスメディアが14日に報じた。

    『タイムズ』の報道として『デイリー・スター』が伝えたところによると、ドルトムントのユルゲン・クロップ前監督が退任したことで香川が「幸せではない」という。

    また『デイリー・スター』は、香川がドルトムントに復帰してから「輝きの一部」を示しており、「クリエイティブなMFというエヴァートンの必要性にマッチするだろう」伝えた。

    同メディアは、エヴァートンの希望がかなうかどうかは、香川の残留を望むであろうドルトムントのトーマス・トゥヘル新監督次第だと報じている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000002-goal-socc
    GOAL 6月15日(月)9時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150615-00000002-goal-socc.view-000

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 23:46:16.04 ID:???*.net

    miyaichi1

     
    イングランド・プレミアリーグは10日、2014-15シーズン終了後の各クラブに所属する選手の契約状況を公表し、
    今季限りで契約満了を迎えるアーセナルのFW宮市亮は放出リストに名前が記載された。

     22歳の宮市は、高校時代にアーセナルの練習に参加すると、クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督から高い評価を受け、5年契約を結ぶ。
    しかし、英国の就労ビザ発行の基準を満たしておらず、オランダのフェイエノールトに期限付き移籍。
    2011年2月のフィテッセ戦にて18歳1ヶ月23日での公式戦デビューを果たし、森本貴幸(現千葉)を抜いて欧州主要リーグの日本人最年少出場記録を作った。

     その後、プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズやウィガン・アスレティックにローン移籍を繰り返すも、
    度重なる怪我の影響で十分な活躍を見せることができず、アーセナルのトップチームに定着できないまま、
    契約最終年もオランダのトゥウェンテでプレーすることを余儀なくされた。

     なお、アーセナルとの契約延長に至らなかった宮市は、今夏にフリートランスファーとなり、国内外のあらゆるクラブと交渉することができる。

    http://www.footballchannel.jp/2015/06/10/post92160/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 13:49:11.99 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
    チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督がイギリス『サンデー・タイムズ』でのインタビューで、自身のサッカー哲学について語った。

    ポルトガル人指揮官は自チームのパフォーマンスを退屈とする意見に真っ向から反論。サッカーにおいて重要なのが「勝利する」ことであり、ポゼッションなどに執着する必要性を否定している。

    「一つのアイデアを有した人々が存在する。カウンターなど使うことなく、後方から攻撃を構築して良質なポゼッションにを実践するというね」

    「カウンターを使わなければ愚か者だ。それはライバルのバランスが崩れているときに使用する武器であり、得点を決める可能性を生み出せる。サッカーが変化することは決してない。サッカーは勝つものなんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00000033-goal-socc

    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 00:29:46.56 ID:???*.net

    images

     
    元イングランド代表のフィル・ネビル氏は、6日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦った
    バルセロナとユヴェントスを称賛し、敗れたユヴェントスもプレミアリーグに入れば優勝できる力があると語った。

    2007年から2009年にかけては3シーズン連続でCL4強のうち3チームを占めたイングランド勢だが、
    近年はトーンダウン。今季は準々決勝に1チームも残ることができなかった。

    元プレミアリーグのユヴェントスDFパトリス・エブラ、MFポール・ポグバ、FWカルロス・テベス、
    バルセロナDFジェラール・ピケ、MFハビエル・マスチェラーノ、FWルイス・スアレスらが決勝のピッチに立ったことも踏まえ、
    P・ネビル氏はイギリス『BBC』で次のように語った。

    「彼ら(ユヴェントス)のクオリティーやプレーのスピードを考えれば、
     我々のリーグで優勝できるだろうね。最高の選手たちをプレミアリーグに連れ戻すことが必要だ。
     今日のピッチ上には(イングランドを)去った選手が6人いた」

    「そういう選手たちをプレミアリーグに戻して、3年前や4年前のイングランドのクラブのような
     スピードでプレーし始めることが必要だ。我々が欧州を支配していた頃だ」

    ユーヴェを破って3冠を達成したバルサは現在最高のチームだとしてたたえた。

    「バルセロナは欧州で最高のチームだよ。レアル・マドリーより上だし、
     バイエルン・ミュンヘンよりもチェルシーよりも上だ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150607-00000027-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 21:42:57.07 ID:???*.net

    no title
     
    ソシエダ会長「彼はイングランド復帰の可能性をほのめかしたこともない」

    レアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督はプレミア複数クラブから関心を持たれていると伝えられているが、
    どうやら来季もスペインに留まることになりそうだ。英地元紙「テレグラフ」が報じている。

    モイーズ監督は2014年4月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任。その後、同年11月にソシエダの監督に就任していた。

    スペインでの指揮で評価を高めたスコットランド人監督に対し、現在はニューカッスル、サンダーランド、ウェストハム
    というプレミアクラブが招聘を望んでいると伝えられている。しかし、ソシエダのジョキン・アペリベイ会長はモイーズ監督の退任を否定しているいるという。

    「モイーズはこのこと(プレミアからの関心)について何も話してこない。メディア発信の噂は聞いているが、彼はイングランド復帰の可能性をほのめかしたこともない」

    モイーズ監督は就任時に2016年6月までの契約を結んだ。アペリベイ会長も「我々が昨年デイビッド・モイーズを連れてきたのは、
    チームの構造上において重要な決断だった。彼も、1月から来季についてのプランを持っている」と語っており、当初の契約を全うすることになりそうだ。

    モイーズ監督はユナイテッド時代に失いかけた自信と名声を、スペインで着実に取り戻しつつある。
    シーズン途中からの指揮でチームを残留に導いたその手腕で、来季はさらなる飛躍を目指す。

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 22:09:58.93 ID:???*.net
    スターリング獲得に本腰

    マンチェスター・ユナイテッドが、リバプールのMFラヒーム・スターリングに
    2500万ポンド(約47億5000万円)を提示する方針だと、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じた。

    スターリングは2016年にクラブとの契約満了を迎えるものの、
    リバプールからの新契約を2度固辞し、退団の意志を表明していた。

    この状況を受けてアーセナルや、チェルシー、マンチェスター・シティ、
    国外からはレアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンなど、多くのビッグクラブが獲得に強い関心を示していた。

    その中で、マンUも宿敵のエースに熱視線を送り、獲得交渉を申し 出ていた。だが、これをリバプールに拒否された。

    しかし、ルイス・ファン・ハール監督は若きイングランド人アタッカーの獲得を諦めておらず、
    47億5000万円で正式オファーを提示する方針にあるという。

    一方、隣人のマンチェスター・シティはスターリング獲得に4000万ポンド(約76億円)から5000万ポンド(約95億円)を準備すると伝えられているため、
    マンUが宿敵からエースを引き抜く場合は先手を打つ必要性がありそうだ。

    2015/06/04 12:15
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/10276

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 08:30:34.31 ID:???*.net
    チームメートに移籍のススメ

    マンチェスター・ユナイテッドのMFマルアン・フェライニが、チームメートのMFアンヘル・ディ・マリアに
    フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)移籍を勧めるような発言をし、物議を醸している。

    地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は「フェライニがディ・マリアのPSG移籍を示唆」と報じている。

    ベルギーの誇る巨漢は、フランスのサッカー番組「テレフット」に出演。
    そこで昨年の英国史上最高額の移籍金6000万ポンド(108億円)でレアル・マドリードからやってきたウインガーについてコメントした。

    そこでPSGにディ・マリア獲得を 勧めるような発言をフェライニは残したという。

    「アンヘル・ディ・マリアはPSGにとってすごく良い補強になる。彼はワールドクラスのプレーヤーだ」

    ディ・マリアは昨夏PSG移籍寸前だったが、PSGはファイナンシャルフェアプレーに抵触し、
    巨額の罰金をUEFAに支払った影響で獲得を断念した。そして、ユナイテッド移籍が決まった。

    シーズン中にはディ・マリア自身もパリ移籍に前向きな発言を残していた。
    マンチェスター生活では、自宅に強盗が侵入を試みるなどの恐怖体験を受けた影響もあり、
    去就問題は大きな注目を集めていた。

    このタイミングで飛び出したフェライニ発言で、ディ・マリアのPSG移籍に向けた動きが加速するかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 6月1日(月)7時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150601-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ