サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: 動物園φ ★@ 2017/05/09(火) 08:38:09.51 ID:CAP_USER9
    GOAL 5/9(火) 5:56配信

    優勝目前に迫ったチェルシー (C)Getty Images

    ■プレミア第36節 チェルシー 3-0 ミドルズブラ

    チェルシー:D・コスタ(23分)、M・アロンソ(34分)、マティッチ(65分)

    ミドルズブラ:なし

    プレミアリーグ第36節が8日に行われ、チェルシーとミドルズブラが対戦した。試合はホームのチェルシーが3-0で勝利している。

    首位を走るチェルシーと19位に沈むミドルズブラの対戦となったが、序盤から順位を反映した形で試合は進んでいく。チェルシーが次から次へとチャンスを作っていく一方で、ミドルズブラはボールを持ってもチャンスに繋げられない。

    すると23分に先制点が生まれた。ペドロ・ロドリゲスが右サイドでボールを保持。中央やや右ゴール前30m地点で待つセスク・ファブレガスへパスを送る。ファブレガスがフリーでボールを受けると同時にジエゴ・コスタがディフェンスラインの裏、ゴール前左へと走り出した。そこへ浮き球のパスが送られ、ゴールキーパーと1対1。D・コスタが冷静に流し込み1-0となった。

    追加点も似たような形だった。34分、左サイドからボールが展開され、中央やや右でセサル・アスピリクエタがボールを持つ。ミドルズブラのプレッシャーは緩く、ディフェンスラインの裏、ゴールエリア左に抜け出たマルコス・アロンソへ簡単にパスを通されてしまう。M・アロンソがダイレクトで放ったシュートはGKブラッド・グザンの足に当たって、ゴールに吸い込まれた。

    ゲームは2-0で折り返したが、それ以上に力の差が見て取れる前半となった。ミドルズブラはシュート1本、枠内シュートゼロ。守っては、中盤へのプレッシャーが緩く自由にパスを出させてしまった。

    負ければ降格が決定してしまうミドルズブラだが、後半もなかなかチャンスを作ることができない。47分に2人を投入し、改善を図るも戦況は大きく変わらない。それどころか追加点を許してしまう。

    65分、チェルシーのコーナーキックからの流れだった。エリア内右で、エデン・アザール、ダビド・ルイス、ファブレガスがボールを回し、最後はファブレガスから浮き球のパスを受けたネマニャ・マティッチが豪快に蹴り込み3-0となった。

    その後も流れが変わることなく、チェルシーがミドルズブラを圧倒。優勝に王手をかけた。一方のミドルズブラは2試合を残して降格が決定した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000031-goal-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/05/08(月) 18:20:46.14 ID:CAP_USER9

    C2yEqA0UoAIAkBc

     
    サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は敵地で0―0と引き分けたリバプール戦にフル出場した。シュートを17本打たれるなど終始守勢でボール保持率は35%も、後半21分には味方GKがPKをセーブするなど堅守で勝ち点1をもぎ取った。

     吉田に聞く

     ―101試合目のリーグ戦出場。リバプールを完封しました。

     「そうですね、101試合目ですね」

     ―(リーグ杯準決勝第2戦でも無失点で)リバプールには良いイメージがある?

     「いや、ないですねぇ(笑)。ないというか、このスタジアム(アンフィールド)は雰囲気が独特なので、いつもやりづらいです」

     ―今日は本当によく守っていた。

     「80分くらい守っていたんじゃないかな(苦笑)」

     ―跳ね返す力というか、吉田選手を中心に良い守りができていた。

     「勝ち点1は取れてよかったですけど、今は勝ち点3を必要としていると思うので。まだ4試合残っているし、強い相手や残留争いしている相手ともやらないといけない。非常に難しい試合が続くので、順位を一つでも上げて終わらないといけない。クリーンシート(無失点)をしたのは僕にとっても、ディフェンス陣にとっても大きいかなと思います」

     ―サウサンプトンは毎年選手が離れて戦力ダウンしながらも、欧州リーグを狙っていくような雰囲気を放っている。その秘訣(ひけつ)は?

     「分かりません(笑)。何なんですかね。でもおっしゃる通り、毎シーズン3人くらい本当に中心の選手を引き抜かれるんで。かなり苦しいスタートになるんですけど、よく毎度毎度みんなが一人一人成長していくなって思う。トップではないけど、セミトップには毎年食い込めるような地力がついてきてるんじゃないかなと思います。欧州リーグとか出たり、カップ戦も上まで行ったりっていうのはなかなか今までなかったことだし、チームも選手たちも成長してるなと思います」

     ―リバプールも4位(欧州CL出場権)がかかってるから本気モードだったと思うが、吉田選手はすごい落ち着いてるように見えた。

     「何試合もやっているからね(4戦で2勝2分け)。相手の戦い方も理解しているし、いい試合の入り方が前半も後半もできた」

     ―かなり引いて守っていたが、あれはゲームプラン?

     「まあブロックつくってカウンター。ボール奪えたときはプレスに行こうっていう話はしてたんですけど、彼らもすごくうまいんでね。(特に)最初のプレスをかいくぐるのは本当にうまいと思いましたね」

     ―危ないシーン、決定機はほとんど作らせなかったと思うが?

     「まあPKくらいかな。よくGKが止めてくれたなって感じかな」

     ―サウサンプトンは残り4試合あるが、今季の目標は?

     「上も(8位の)Wブロミッジのところまでは行けると思うし、下は詰まっているんで。今節でレスターにも抜かれたんで。だから一歩間違えば13、14位に落ちるし、頑張れば8位にもなれる。できるだけ勝ち点を取って、いい形でシーズンを終わりたいです」

     ―今日はビシビシ跳ね返してすごかった

     「最後は死ぬかと思った(笑)」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000150-sph-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/05/07(日) 18:26:38.30 ID:CAP_USER9

    no title


    ◆プレミアリーグ レスター3―0ワトフォード(6日、キング・パワー・スタジアム)

     日本代表FW岡崎慎司のレスターはホームでワトフォードを3―0で下して暫定9位に浮上、残り2試合の18位ハル・シティに勝ち点9差をつけてプレミア残留を決めた。先発した岡崎は無得点で、後半18分に退いた。

     岡崎に聞く

     ―今日の勝利でプレミアの残留が決まった

     「怒とうの2、3カ月だったな、という気がします」

     ―シェークスピア監督が率いてから7勝2敗1分け。(過去10戦だけを見たら)欧州チャンピオンズリーグに行けるペースだよね?

     「レスターは後半戦に強い、というのが、あるかもしれないですね。あの危機的な状況のときには、自分自身も(試合に)出られるとは思っていなかった。チームも最後まで(残留争いで)もつれる、と思っていたけど…。(ラニエリ)監督もどうしたらいいのか悩んでいた部分が、選手に露骨に伝わっていたと思う。それがフロントが、(監督を)変えなきゃいけないと思った一因だと思う。ひとつの起爆剤になったと思う。これで降格していたら何も言えないですけど、自分たちは降格しなかったんで、胸を張っていいんじゃないかと思う」

     ―今日の試合では岡崎選手が交代のとき、スタンディングオベーションが起こった。パフォーマンス的なものはどうだった?

     「なんか、満足っていうか、もう変えることがないっていうか、プレーしていても、何度もボールを追いかけるしか、やることがないっていうか…。これでいいのかな、と思ってしまうことが多々ある。このまま何もないまま、(ボールを)追いかけ回して45分が終わったら、たぶん交代だろうな、とか考えてしまうんで…。もちろん、やることは変えないつもりですけど、ただゴール前に入っていく回数をなるべく多くして…。自分のタイミングでボールが来れば、間違いなく、いい状態でゴールには行けるんですけど、やっぱりワンテンポ、自分が早いのか、味方が遅いのか。(パスが)通るか、通らないか、というよりは、あぁ行ける、行けるっていう、そういう確認が…。ただ、今日に関しては、なかなかチャンスはなかったんで…」

     ―またアシストがつくようなプレーはひとつあった。ゴール前に飛び込んで、ブロックされたけど、惜しいチャンスがあった

     「そうですね、激しくプレーしながら、決める瞬間にスッと入っていくことは、間違いなくできてきてる。相手が降格圏から脱出しているチームで、どちらかといえばメリハリがなかった。ボールを取られても、(守りに)帰っては来るけど、最後の失点とかも、4、5人いてあんなに釣られるかっていうぐらい(笑)。それはないだろってくらいの守備だった。やっぱり(今季の目標がなく)シーズンが終わっているチームの戦い方だなと思いました」

     ―そういう意味(シーズンが終わっているという意味)ではレスターも同じだと思うが?

     「まあそうですね。やっぱり前半の、1点を取るまではタイトな試合になるんですよね、レスターってチームは。でもそこから(先制点から)自信を得ていくというか、昨季もそうでしたけど。ボーナスタイムに入ったら、もうイケイケ状態で、(パスも)バシバシ通るみたいな。(今日は)そんな感じの展開になった。あのセットプレー(先制点の起点になったCK)までは、点が入るような感じじゃなかった。Wブロミッジの時もそうでしたけど、やっぱ1点入ると変わるなって」

     ―あのセットプレーの前(コーナーの前のフリーキック)は岡崎選手の体を張ったプレーで取ったものだった。そういう意味ではもう一歩のところの状態が続いている?

     「結果が出れば、僕もなんとでも言えるんですけど、結果が出ていないんで。岡崎、得点感覚がなくなっているんじゃないかみたいに言われてもしょうがないと思いますけど、自分の中では本当に、限界とまでは言わないが、今できる最大の飛び込みはしているつもり。何かもう一つ越えられればというところで、別に昔と比べてどうということじゃなくて、現状で自分にもう一つ上積みされたら、多分何か、解放されるんじゃないかなと思っている」

    続きを読む

    1: @Egg ★@2017/05/07(日) 01:32:47.26 ID:CAP_USER9
    【スコア】
    レスター 3-0 ワトフォード

    【得点者】
    1-0 38分 ウィルフレッド・エンディディ(レスター)
    2-0 58分 リヤド・マフレズ(レスター)
    3-0 90+3分 マーク・オルブライトン(レスター)  

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927938

    プレミアリーグは6日、第36節を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームでワトフォードと対戦し、
    3-0で勝利した。先発出場した岡崎は、後半17分にピッチを後にした。

    4月29日のWBA戦と同じ11人で臨んだレスターは、前半18分にゴール正面右あたりでFKを獲得すると、MFリヤド・マフレズがPA内にグラウンダーのパスを送る。
    これに反応したFWジェイミー・バーディが中央に折り返し、岡崎が飛び込んだが、目の前で相手DFにカットされ、右ポストを叩く。

    さらにDFクリスティアン・フクスの鋭いクロスからあわやオウンゴールという場面を作ったが、ゴールネットを揺らすには至らない。

    すると、ワトフォードは前半29分、相手のクリアミスからFWステファーノ・オカカが右足ボレーも、GKカスパー・シュマイケルがセーブ。
    36分には、左サイドからDFダリル・ヤンマートが折り返し、こぼれ球をMFトム・クレバリーがPA手前から右足一閃。強烈なシュートが枠を捉えたが、これもGKシュマイケルに阻まれてしまう。

    互いにゴールに迫りながらもゴールネットを揺らせないでいたが、試合は前半38分に動く。

    レスターは右CKからMFマーク・オルブライトンがPA右にグラウンダーのパスを送り、MFダニー・ドリンクウォーターが右足でゴール前に放り込む。
    すると、相手のトラップが大きくなかったところをMFウィルフレッド・エンディディが右足で押し込み、レスターが先制に成功した。

    追加点を狙いにいくレスターは後半4分、岡崎のスルーパスからバーディが左足を振り抜くが、GKエウレーリョ・ゴメスのセーブに遭う。
    それでも13分、自陣でのFKでGKシュマイケルが大きく前方に蹴り出し、右サイドでバーディがフリックしたボールをDFエイドリアン・マリアッパがコントロールミス。

    これを見逃さなかったマフレズがボールを奪ってライン際から中央にカットインし、相手のスライディングより一瞬早く左足を振り抜く。
    角度はなかったが、ゴールに吸い込まれ、レスターが2-0とリードを広げた。

    岡崎は後半18分にFWイスラム・スリマニと交代。22分にはドリンクウォーターを下げてMFアンディ・キングを入れる。

    直後の23分には、左サイドでパスを受けたバーディがカットインし、切り返しで相手のマークを剥がして右足を振り抜くが、
    GKゴメスのセーブに阻まれる。それでもアディショナルタイム3分にカウンターからバーディのパスをオルブライトンが右足でゴール右隅に決め、3-0とした。

    試合は3-0でレスターが勝利。これにより、勝ち点を『43』に伸ばしたレスターは、残り3試合で降格圏18位スウォンジー(勝ち点32)との勝ち点差が『11』に広がり、今季のプレミア残留が決定した。

    昨季王者がチャンピオンズリーグ(欧州CL)を戦いながらとはいえ、開幕から10試合でわずか2勝、今年に入ってからは5連敗を喫するなど、
    苦戦を強いられ、2月に成績不振によりクラウディオ・ラニエリ前監督を解任。

    それでもコーチから昇格したクレイグ・シェイクスピア監督がチームを立て直し、就任直後から5連勝を記録するなど、なんとか3試合を残して残留を決めることができた。

    ゲキサカ 5/7(日) 0:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-01639452-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: @Egg ★ 2017/05/04(木) 19:36:51.62 ID:CAP_USER9
    アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマンが
    マンチェスター・ユナイテッドと週給28万ポンド(約4058万円)の5年契約で合意に達したようだ。英『ザ・サン』が報じている。

    ユナイテッドはアトレティコに8900万ポンド(約129億円)の違約金を準備しており、
    週給とボーナスを合算して総額1億7000万ポンド(約246億円)を支払うと見られている。

    チーム再建を図るジョゼ・モウリーニョ監督は、これまでフランス代表ストライカーの獲得を熱望してきた。

    一方、アトレティコはエース流出に備え、
    アーセナルのFWアレクシス・サンチェスとリヨンのFWアレクサンドル・ラカゼットの獲得に動いていると同紙では伝えている。

    ゲキサカ 5/4(木) 19:22配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-01639402-gekisaka-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: @Egg  2017/05/01(月) 21:12:37.47 ID:CAP_USER9
    ■FAカップ準決勝で際立ったアザールのスキル

    4月22日に行われたFAカップ準決勝、チェルシーvsトッテナムは4-2でチェルシーが勝利を収めた。

    トッテナムのFAカップ制覇の夢を打ち砕いたのは、チェルシーのエデン・アザールだった。
    61分からの途中出場ながら、アザールが決めたゴールと、アシストによる鮮烈な活躍により、チェルシーはFAカップ決勝進出を決めた。

    ウェンブリーでのビッグマッチで、チェルシーは攻撃の要とも言えるジエゴ・コスタとアザールを先発で起用せず、
    代わりにミッチー・バチュアイとウィリアンを先発させたことはリスキーな選択だと思われた。しかし、試合が終わる頃にはまたひとつ指揮官アントニオ・コンテの天才的な采配ぶりが示されることとなった。

    75分のアザールのゴールは、彼が何もないところからまるで魔法のように何かを生み出すことができる好例を示したものである。
    CKからのこぼれ球をペナルティーエリア端で拾い、フリーな状態から放たれたシュートはまるでレーザービームのような弾道でウーゴ・ロリスが守るゴールを破った。

    トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、FWのソン・フンミンを不慣れなウイングバックに置くという奇妙な采配を見せたが、選手交代により修正を図り、
    ようやくトッテナムが押し込み始めていた状況でのゴールであり、試合を支配され始めていたチェルシーにとっては貴重な一発であった。

    ウィリアンは前半に2ゴールを決めたにも関わらずアザールに代わって下げられ、彼にとってはシビアな途中交代となった。
    しかし、誰がチェルシーのナンバー1アタッカーであるかは、ブラジル代表アタッカーもよくわかっていることだろう。

    事実、アザールはプレミアリーグで最高の選手である。

    前半にハリー・ケインのゴールでトッテナムは同点に追いつき、一度は突き放されたものの、後半開始早々に生まれたデレ・アリのビューティフルゴールで2-2に追いついた。
    これでスパーズが盛り返すきっかけになるかと思われたが、試合を手中に収めたのはチェルシーであり、アザールであった

    バチュアイはD・コスタが7試合ゴールなしという状況で、自らの存在価値を示す絶好の機会であったにも関わらず、先発でピッチに登場しただけで、結果を残すことは出来なかった。
    バチュアイの先発出場は1月以来のことで、いくつか良いプレーは見せたものの、全般的には試合勘のなさが垣間見られている。

    アザールがコンテ率いるチームに必要とされる活躍を残した一方で、同じく途中出場のD・コスタはあまり良い出来ではなかった。
    シーズンも終わりが近づき、アザールの勢いは増すばかりだ。もしアザールがここまでクオリティーの高いプレーをする選手でなければ、トッテナムが2冠獲得に向けて邁進するところを、今頃目にしていた可能性も否めない。

    アザールはこの日の短時間のプレーをネマニャ・マティッチによる4点目へのアシストで締めくくった。試合を決定付けたマティッチのゴールは、今シーズン最も強烈な一撃のひとつと言えるほどのファインゴールであった。

    >>2以降につづく

    GOAL 5/1(月) 18:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000018-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/05/01(月) 22:41:32.23 ID:CAP_USER9
    C3ndnHxVYAAm1Qe


    スウォンジー相手に1-1と引き分け無敗継続も、今季14引き分け目

    マンチェスター・ユナイテッドは、30日のスウォンジー戦に(1-1)で引き分けたことにより、プレミアリーグで6カ月以上無敗をキープしている。しかし、ここまでリーグ最多の14引き分けと勝ち切れない試合も多く、現チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は過去40年で本拠地での勝率が最も低い指揮官だということが分かった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

     ユナイテッドは34試合を消化し、勝点65で5位につけている。3敗はトットナムと並ぶリーグ最少である一方、14引き分けはリーグ最多。最後にリーグ戦で敗れたのは昨年10月23日のチェルシー戦(0-4)で、25試合無敗というクラブレコードを樹立したものの、勝率は決して高くないのが実情だ。

     記事によれば、リーグ戦のホームゲームにおけるモウリーニョ体制の勝率はわずか39%(18試合/7勝10分1敗)。これは過去40年間で指揮を執った監督のなかで、最低の数字だという。

    ◆モイーズ体制の44%も下回る

     2013年まで27年間に渡ってチームを率いたアレックス・ファーガソン氏が72%でトップ。昨季まで2シーズン指揮を執ったルイス・ファン・ハール氏が68%で2位だった。以下、ロン・アトキンソン氏が58%、デイブ・セクストン氏で52%、デイビッド・モイーズ氏が44%(14年に暫定監督を務めたライアン・ギグス氏は含まず)。モウリーニョ監督のホーム勝率は、1年も持たずに解任されたモイーズ氏よりも低いことが明らかとなっている。

     負けはしないが、勝ち切れない。ポルトガル人指揮官はチームに漂う停滞感を払拭し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位以内に食い込むことができるだろうか。

    Football ZONE web 5/1(月) 22:02配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010020-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: ranran roo ★ 2017/05/01(月) 02:40:59.18 ID:CAP_USER9

    Cvw0C-ZUkAAxSGg
     
    プレミアリーグ第35節、マンチェスター・Uvsスウォンジーの一戦は、ルーニーのPKでマンチェスター・Uが先制したが後半スウォンジーに追いつかれ、1-1のドローに終わっている。

    ■プレミアリーグ第35節
    マンチェスター・ユナイテッド 1-1 スウォンジー

    ■得点者
    マンチェスター・U:ルーニー(45分/PK)
    スウォンジー:シグルドソン(79分)


    プレミアリーグ第35節、マンチェスター・Uvsスウォンジーの一戦が行われた。

    この試合では序盤の9分でマンチェスター・UのDFルーク・ショーが負傷交代。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合の立ち上がりでいきなり1枚の交代カードを使うことを余儀なくされる。

    その後も敵地に乗り込んだスウォンジーが何度となくマンチェスター・Uのゴールを脅かし、前半はボール支配率、シュート本数ともにアウェーのスウォンジーが上回る形で試合は進んだ。

    スコアレスでハーフタイム突入かと思われた45分、マーカス・ラッシュフォードがエリア内でルカシュ・ファビアンスキに倒されたとして、マンチェスター・UにPKが与えられる。このチャンスをウェイン・ルーニーが冷静に決め、マンチェスター・Uが1点を先行して前半終了となった。

    後半に入っても一進一退の攻防が続く中、両チームともなかなかゴールを決めることができずに試合は進んだ。

    すると79分、スウォンジーがペナルティーエリア外でFKのチャンスを得ると、ギルフィ・シグルドソンが右足で直接FKを叩き込んで、スウォンジーが同点に追いつく。

    チャンピオンズリーグ出場圏内の争いに向けて負けられないマンチェスター・Uはこの後、猛攻を仕掛けるものの最後までスウォンジーから2点目を奪うことができず、1-1で試合終了となった。

    この結果、5位のマンチェスター・Uは暫定で4位マンチェスター・Cと勝ち点65で並んだものの、ライバルのシティはまだ試合を消化していないため、勝ち点で離される可能性も。

    一方のスウォンジーは勝ち点を32に伸ばしたが18位のままで、降格圏脱出とはならなかった。

    http://www.goal.com/jp/match/%E3%9E%E3%B3%E3%81%E3%A7%E3%B9%E3%BF%E3%BC%E3%A6%E3%8A%E3%A4%E3%86%E3%83%E3%89-vs-%E3%B9%E3%A6%E3%A9%E3%B3%E3%B8%E3%BC%E3%B7%E3%86%E3%A3/2242101/report

    続きを読む

    1: 動物園φ 2017/04/30(日) 23:57:33.47 ID:CAP_USER9
    エヴァートン 0-3 チェルシー

    66' ペドロ・ロドリゲス
    79' ガリー・ケーヒル
    87' ウィリアン

    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/everton-vs-chelsea/1-2252523/

    続きを読む

    1: 動物園φ  2017/04/30(日) 19:33:27.46 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ 4/30(日) 18:59配信

    ウェイン・ルーニー(撮影・PIKO=2014年4月10日)

     マンチェスターUのウェイン・ルーニー(31)は、27日のマンチェスターダービーに向けて備えていたことをツイートした数時間後に、チェスターのパブで泥酔している姿が目撃されたと、30日の英紙サンが報じた。

     目撃者によると、ベルギー産ビール「ステラ・アルトワ」を少なくとも5パイント(1パイント=586ml)を明け方3時まで飲んでいたという。「ステラを何杯か飲んで酩酊(めいてい)していた。少なくとも5杯だね。プロサッカー選手としては、相当な量だよ」と目撃者がコメントした。

     マンUのモウリーニョ監督は厳しい管理でも知られており、今回のことで激怒する可能性もある。飲酒が習慣となっているルーニーに対して、同監督は過去にも忠告を送っていた。

     この目撃者は「ルーニーのマンUでのキャリアは、徐々に最後に向かっているだろうね。(23日の)バーンリー戦で素晴らしいプレーを見せて、2ゴールを挙げた。でも回復は睡眠で取るべきだったよ。外出するのではなくてね。彼の酔っぱらったお祝いの仕方はプレミアリーグ選手ではなくて、素人の日曜リーグのやり方だよ」と続けたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-01815937-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ