サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 21:13:13.14 ID:CAP_USER*.net

    CY7yLzMUkAA9xwX

     
    MLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーする
    元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、マンチェスター・U所属の
    FWウェイン・ルーニーを同国代表から外すべきだという論調を批判した。イギリスメディア『FourFourTwo』が報じている。

     現在マンチェスター・Uで大きなケガに苦しんでいるルーニー。
    ひざの問題が長引いており、ユーロ2016まで2カ月あまりという状況でまだ復帰できていない。

     先日行われた親善試合ではFWハリー・ケイン(トッテナム)やジェイミー・ヴァーディ(レスター)が活躍したこともあって、
    イングランドではルーニーを外してもいいのではないかという主張もある。

     しかし、かつてイングランド代表で同選手とともに戦っていたジェラードは、
    イギリス紙『テレグラフ』のコラムで以下のように書き、ルーニーを追い出そうとするのは間違っていると述べた。

    「ウェインがマンチェスター・Uで調子を落としていると言う人々がいる。
    そして、ウェインもそれを認める最初の一人だろう。しかし、彼はまだトップクラスの国際的なサッカー選手であり、
    (ユーロ開催地の)フランスで勝者になれる男だ。我々はそこで彼を必要としている。
    僕はそこにリスペクトの問題があると思っているよ」

    「この10年間、ウェインはイングランドのファンを楽しませてきた。そして、最も多く得点をとった男にもなった。
    『NEXTルーニー』はいつ来るのか? という話があったのも、そう昔のことじゃない。
    ウェインはまだここで多くのものを提供することができるよ。我々にとってのワールドクラスの選手について話すとすれば、
    ウェインは何年もの間輝かしい人物の一人だった」

    「現在、彼を追い出したいと思っている人々がいる。イングランドの歴史上で最も偉大な選手に対しての
    忠義はどこに行ってしまったんだ? なぜこれだけ多くの人々が彼を終わらせようとするのだ? 
    このようなことは他の国では見られないだろう。ルーニーはもう重要な役割を担えず、
    代表から出て行けなどということは言わないでほしい」

    「僕がそうだったように、彼はまだ挑戦を楽しんでいる。何かを達成できると証明するためにね。
    プレッシャーを受けるとき、ベストプレーヤーはむしろ奮起するものだ」

    「ジェイミー・ヴァーディはチームに入れておくべきだね。彼はこの2試合で自分自身を証明した。
    彼のスピードは大きな得物だよ。ハリー・ケインもそこにいるべきだ。
    そして先ほど言ったように、ルーニーはキャプテンとして残らなければならない。そこに議論の余地はない。
    ほかの者にもまだやるべき仕事がある。僕は、ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)がケガなく
    多くのゴールを決めてシーズンを終えるところを見てみたいね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00427591-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 12:38:51.00 ID:CAP_USER*.net
    レスター・シティFWジェイミー・バーディーとフィアンセが、『ツイッター』で非道な脅迫を受けていたことを明かした。

    バーディーはインターナショナルウィークでイングランド代表初ゴールを含む2得点を挙げ、3日のプレミアリーグ第32節サウサンプトン戦でも勝利し、2位トッテナムとの勝ち点差を7に広げた。代表でもクラブでも最高の時期を謳歌している。

    だが、そんなバーディーの心を暗くさせる出来事が起きてしまった。4日、バーディーは自身の『ツイッター』で、フィアンセのアカウントに届いたツイートのスクリーンショットを公開。「ショッキングだし下品だ」と嘆いている。

    フィアンセのアカウントに寄せられたツイートは、「MUFCの旗と一緒にお前の小さな娘をレイプしてやる」といった非道な脅迫だった。発信したユーザーは「LvGUnitedArmy」。マンチェスター・ユナイテッドのサポーターか、それを装った人物のようだ。

    フィアンセは「あんたのような人間に話すことはない。捕まるべきよ」と激怒。現在、「LvGUnitedArmy」のアカウントは削除されている。

    http://www.goal.com/jp/news/4726/1/2016/04/05/22030972/%E3%90%E3%BC%E3%87%E3%A3%E3%BC%E3%A8%E3%95%E3%A3%E3%A2%E3%B3%E3%BB%E3%AB%E5%8D%E5%8A%A3%E3%AA%E8%85%E8%BF%AB-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E3%8C%E6%8D%9C%E6%9F%BB

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 21:52:56.25 ID:CAP_USER*.net
    レスター・シティはプレミアリーグ第32節、DFウェス・モーガンの決勝点で勝ち点3を積み上げた。
    このキャプテンの決勝ゴールには、ある秘話が隠されていた。

    首位のレスターは、ホームにサウサンプトンを迎えていた。簡単な試合ではなかったが、
    38分に左クロスにモーガンが飛び込み、ヘディングでゴールを挙げた。結局、これが決勝点になった。

    殊勲のキャプテンは試合後、率直に喜びを語った。

    「僕らは(前日に行われていた)トッテナムの試合を見ていた。チャンスを最大限に生かしたかったんだ。
    今日は本当に勝ちたかったんだ」

    実は、コンディションは最悪だったようだ。モーガンがジャマイカ代表から戻ってきたのは、試合の3日前。
    とても寒い日だった。

    モーガンは疲れ切っており、風邪もひいていたという。だが、出場を希望した。

    「昨日はかなり具合が悪かったんだ。でも、試合に出たかったんだよ」

    「チームメートには、シーズン通じてまだ得点がないと、ずいぶんからかわれていたんだ。
    だから、あいつらを黙らせられて最高だね」

    モーガンはシーズン前、ジャマイカ代表としてコパ・アメリカとゴールドカップに出場した。
    だが、レスターのフィールドプレーヤーではFWジェイミー・バーディーと2人だけとなるリーグ戦全試合先発を続けている。

    これには、クラウディオ・ラニエリ監督も驚嘆している。シーズン前にほとんど休みがなかったにもかかわらず、
    全力疾走を続けるDFに称賛を惜しまない。

    「あらゆる選手にとっての良い見本だ。彼が口を開くと、誰もが耳を傾ける」

    モーガンは、優勝チームのキャプテンとしてトロフィーを掲げることができるのか。プレミアリーグは、残り6試合。
    レスターは2位トッテナムに勝ち点7差をつけている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000022-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:34:44.64 ID:CAP_USER*.net
    70e1hhhgcx9cz2tg
    レスター・シティは3日、プレミアリーグ第32節でサウサンプトンをホームに迎え、1?0の勝利を収めた。
    クラウディオ・ラニエリ監督は、優勝に一歩前進したチームの頑張りを称賛している。

    前日の試合で、2位トッテナムがリヴァプールと引き分けていたプレミアリーグ。
    首位を走るレスターにとっては、優勝に近づく大きなチャンスだった。
    サウサンプトン側からは判定に対する不満も声が出ているが、レスターは大きな勝ち点3を手にしている。

    ラニエリ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でこのように話した。

    「サウサンプトンはリヴァプールを下して、自信を持ってこの試合に入った。素晴らしい頑張りだったと思う。
    彼らは5人のDFと3人のMFでよくスペースを消した。こちらは良いスタートを切ったから、早く先制したかった。
    だが、相手がボールをキープし出して、厳しくなったね」

    「先制した後も、1、2回のチャンスがあった。だが1?0で問題ない。クリーンシートで勝ち点3を得たことは、大きな前進だ」

    ロナルド・クーマン監督は、ダニー・シンプソンのプレーでサウサンプトンにPKが与えられるべきだったと主張していた。

    「シンプソンはボールと至近距離だった。彼の腕に当たっていなければ、横腹に当たっていただろう。
    彼の腕は体から大きく離れていたわけじゃない。至近距離だったんだよ」

    これでトッテナムとの勝ち点差は7。レスターは夢に一歩前進している。

    「一歩ずつ進んでいくことが大事で、次の試合に集中しなければいけない。落ち着きを保つことが大事だね。
    地に足をつけて練習に励み、試合に集中していく」

    レスターは次節、敵地でサンダーランドと対戦する。
    .
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160404-00000041-goal-socc

    続きを読む

    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 11:15:17.82 ID:CAP_USER*.net
    British doctor at centre of doping scandal sacked because he doesn't have licence to practise in UK

    16:39, 3 Apr 2016
    Updated 16:49, 3 Apr 2016
    By Mirror Sport

    Dr Mark Bonar was recorded by undercover reporters claiming he had prescribed performance-enhancing drugs to sports stars including Premier League footballers

    Sacked: Mark Bonar has had his contract terminated

    The doctor at the centre of the doping scandal has been dismissed after it was revealed he does not have the licence to practise in the UK.

    http://www.mirror.co.uk/sport/football/news/british-doctor-centre-doping-scandal-7682595

    続きを読む

    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:50:29.77 ID:CAP_USER*.net
    スポーツ報知 4月3日(日)23時25分配信

    レスター岡崎、“生尻”ポロリも連勝。2位に7差広げた

    ユニホームとスパッツが破れ生尻をポロリした岡崎(ロイター)

    ◆プレミアリーグ レスター1-0サウサンプトン (3日・キングパワースタジアム)

     イングランド・プレミアリーグで、首位を走るレスターのFW岡崎慎司(29)が、3日のサウサンプトン戦で3試合連続スタメン出場。1-0で勝ち2連勝とし、2位トットナムとの勝ち点差を「7」に広げた。

     レスターは前半37分、MFフクスの左クロスにDFモーガンがヘディングシュート。大型DFの今季初ゴールで先制に成功した。

     前節まで勝ち点5差だったトットナムが2日にリバプールと1-1で引き分け。勝てば7差に広げることができる大事な一戦で最高の白星を手にした。ホームでは12戦連続負けなし。リーグ戦は残り6試合。悲願の初優勝がさらに現実味を帯びてきた。

     岡崎はロシアW杯アジア2次予選合流前の先月14日にオーバーヘッド弾で今季5点目をゲット。悲願の初優勝が見えかけてきた勝負所の終盤戦で勢いはさらに増している。

     岡崎はパンツとスパッツが破れて“生尻”が一部あらわになるアクシデントがありながら、後半19分に途中交代するまで代表戦2試合に出場した疲れを押して献身的にチームに貢献した。

     サウサンプトンの同代表DF吉田麻也(27)はベンチスタートで出場機会はなく、日本人対決は実現しなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160403-00000189-sph-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:24:29.84 ID:CAP_USER*.net
    2016年4月3日(日)キックオフ:21:30 / 試合会場:キングパワー・スタジアム

    no title


    レスター・シティ 1-0 サウザンプトン

    得点
    ウェス・モーガン(前半38分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784861

    後半19分 岡崎 → ウジョア

    続きを読む

    続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 15:30:08.09 ID:CAP_USER*.net
    Soccer Magazine ZONE web  4月3日(日)13時47分配信

    CaS1XZBUUAAubTs

     シーズンの佳境を迎えているプレミアリーグに衝撃が走った。リーグ首位を走るレスター・シティ、昨季王者チェルシー、アーセナル、バーミンガムの所属選手にドーピング疑惑が浮上している。英紙「サンデー・タイムズ」がおとり取材により報じている。

    英紙選定の「プレミアで最もダーティーな20人」 香川の元同僚が”反則王”に認定

     英メディアお得意のおとり取材の対象となったのは、ロンドン市内のナイトブリッジ地区の開業医マーク・ボナー氏。
    オリンピックを目指す有望アスリートと称した記者を派遣したところ、ボナー医師はパフォーマンス向上にエリスロポエチンなどの禁止薬物の服用を勧めたという。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:Yahoo!ニュース http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160403-00010007-soccermzw-socc


    ※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ