サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 17:53:31.69 ID:CAP_USER*.net

     2003700_w2
    あと7アシストでレジェンドと並ぶエジル

    13日のアストン・ヴィラ戦では、同僚のFWオリヴィエ・ジルーがクラブ史上3番目の速さで
    プレミアリーグ50得点を達成したことが話題となったが、アーセナルMFメスト・エジルも偉大な記録へ
    近づくアシストを決めていた。

    エジルはこの試合の前半38分にチーム2点目となるアーロン・ラムジーの得点をアシスト。
    これで今季のアシスト数を13に伸ばし、7アシストを決めているエヴァートンMFジェラール・デウロフェウに
    6本差をつけてアシストランク首位に立っている。

    英『スカイ・スポーツ』が期待するのはプレミアリーグ最多アシスト記録の更新だ。
    過去に記録された1シーズンの最多アシストは、2002-03に元アーセナルFWティエリ・アンリが
    記録した20アシストだ。それに次いで昨季18アシストを達成したチェルシーMFセスク・ファブレガス、
    2004-05に同じく18アシストを決めた元チェルシーMFフランク・ランパード、16アシストのエリック・カントナ、
    15アシストのデイビッド・ベッカム、ダビド・シルバと続いていく。

    エジルは前半戦の段階で13アシストをマークしており、シーズン終盤までフル稼働を続けることができれば
    アンリの記録を超えられるかもしれない。移籍当初はプレミアリーグ特有のハードスケジュールに
    ガス欠を起こす場面もあったが、それに慣れた今季であればどんどん数字を伸ばしていけるはずだ。
    アシスト記録は常に得点記録に隠れがちだが、エジルは 自身の所属するクラブのレジェンドの記録を
    超える偉業にチャレンジしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00010001-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 16:29:37.40 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s


    ◇プレミアリーグ チェルシー1―2レスター(2015年12月14日)

     チェルシーはレスターに勢いの差を見せつけられ、首位と勝ち点差20の16位へ転落。

     連覇どころか来季欧州CL出場圏内の4位とも14点差の現状に、
    モウリーニョ監督は「4位はもう無理。こんな順位は恥だ」と白旗を揚げ、
    2失点について「裏切られた」と選手を批判した。不振のMFアザール
    とレアル・マドリードのMFハメス・ロドリゲスの
    「背番号10」同士のトレードが報じられるなど浮上の兆しは見えない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00000058-spnannex-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 13:31:21.34 ID:CAP_USER*.net
    今季序盤はチチャリートのPK失敗に呆れていたファン・ハール

    今季始まって間もなくの8月26日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとクラブ・ブルージュの一戦で、
    まだマンUに残っていたチチャリートことFWハビエル・エルナンデスがPKを外したシーンを覚えているだろうか。
    この試合は大勝を収めたが、チチャリートのPK失敗に指揮官のファン・ハールとアシスタントコーチの
    ライアン・ギグスが思わず顔を見合わせる印象的なシーンがあった。これがチチャリート放出に
    直接繋がったとは言い切れないが、ファン・ハールの中でチチャリートに対するイメージが悪くなったのは確かだ。

    その後ファン・ハールはチチャリートをレヴァークーゼンへ放出したが、今では放出を悔やまない日はないだろう。
    チチャリートは最近12試合でとんでもないスタッツを記録している。得点数は15で、67分に1得点奪ってい
    る計算になる。枠内シュート率は69%、シュート決定率は49%だ。これに対してマンUの成績は酷い。
    ここ12試合の得点数は10、枠内シュート率は43%、シュート決定率は9%、現在111分に1得点の得点率となっている。

    マンUはチーム全員が束になってかかってもチチャリートの得点数、シュート精度を超えられず、
    今頃はこのスタッツの差にチチャリートが驚いていることだろう。ブルージュ戦でのPK失敗は
    確かにイメージを悪くしたが、あのようなミスで使えないFWとの烙印を押して放出してしまうのは
    早計すぎたのかもしれない。

    今季のマンUは序盤戦から首位争いに絡み、ファン・ハールの哲学も結果が出ている間は認められていた。
    その哲学も徐々に崩れ、今夏の補強にミスがあったと追及される日々が続いている。
    やはりスタッツで比較してもチチャリートの放出は失敗だったと言えるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00010001-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 18:46:25.43 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    [12.14 プレミアリーグ第16節 レスター・シティ2-1チェルシー]

     プレミアリーグ第16節の1試合が14日に行われ、チェルシーは敵地でレスター・シティと対戦し、1-2で敗れた。
    0-2の後半32分にFWロイク・レミーが1点を返すも、後が続かなかった。

     この試合でチェルシーのFWジエゴ・コスタが見せたジェスチャーが話題を呼んでいる。
    英『デイリーメール』などが伝えた。試合中には相手FWジェイミー・バーディと口論もしていたD・コスタ。
    相手選手だけでなく、チームメイトのことも皮肉っていたようだ。

     前半34分にチェルシーは失点。右クロスに合わせ、中央から斜めに走り込んできたバーディに
    右足シュートを決められ、先制点を奪われた。その直後にD・コスタはDFクル・ズマと
    DFブラニスラフ・イバノビッチの元へ寄ると、両手を合わせて耳の横に当てる“居眠りポーズ”。
    失点直後の守備陣に対して「寝ていたのか?」と皮肉るようなポーズだった。

     この仕草がカメラに捉えられたことでD・コスタは批判の対象となった。
    自身は不発に終わりながらもチームメイトを厳しく批判したD・コスタに対して、
    ジェイミー・キャラガー氏は「D・コスタはピッチの反対側での仕事に専念するべき」と皮肉を口にしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-01480098-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 22:11:20.03 ID:CAP_USER*.net

    441180_heroa


    レヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデスが、キャリア初期やマンチェスター・ユナイテッドからの退団を振り返っている。

    チチャリートは2006年にメキシコのチーバス・グアダラハラでトップデビュー。
    2010年にユナイテッドに移籍を果たし、レアル・マドリーへのレンタル移籍を経て、今夏レヴァークーゼンに加入した。

    チチャリートは『モビスタル・プルス』のインタビューで、これまでのキャリアについて話している。

    「僕のデビューは18歳のときで、最愛のクラブのひとつであるチーバスでゴールを決めた。
    素晴らしいデビュー戦だったよ。だけど、そこからの2年半まったく試合に出られなかったんだ。
    僕は自分に疑いを持ち始めた。それでもトレーニングを続けて、最終的にはすべてがうまく行ったけれどね」

    ユナイテッド移籍に際しては、サー・アレックス・ファーガソン元監督に感謝の気持ちを述べた。

    「ユナイテッドという欧州最高峰のクラブに最初のメキシコ人として入団したことには、大きな運命を感じていた。
    僕はユナイテッド加入直後からすごくチャンスをもらって、素晴らしい時間を過ごした。
    徐々にチャンスは減っていて、最後は苦しかったね」

    「僕はファーガソンに感謝している。選手管理の面など、彼こそが歴史上最高の監督だと思っているよ。
    彼はすべての選手に居場所を与えていたんだ。構想外に見られた選手ですら、シーズンで15試合には
    出場していた。彼が僕への扉を開けてくれたおかげで、プレミアリーグのタイトルを2度獲得できたよ」

    2013年夏にルイス・ファン・ハール監督が就任したことで、ユナイテッドで出場機会が少なくなると感じたようだ。

    「監督からポジションを争わなければいけないと言われた。その一方でオファーが来たら、受けるべきだとも
    言われた。そして、レアル・マドリーがオファーをくれたんだ。難しい決断ではなかったよ」

    「マドリーでの時代は2つに分けられると思う。最初の頃はベンチに座っていた。チームは強かったけれど、
    それは試合に出ている選手たちのおかげだった。幸運にも、アトレティコ・マドリー戦でチャンスがきた。
    あの試合は僕のキャリアの中でも最高の試合の一つだよ。マドリーのサポーターは僕がもっと
    試合に出るべきだと言ってくれた。そういった声を心に留めておくよ」

    チチャリートは今季、ブンデスリーガで13試合10得点と絶好調だ。

    「ファン・ハールと話をして、ポジションを争える可能性は1%しかないと言われた。
    だからレヴァークーゼンへの移籍を決めたんだ。最初の日から信頼されていると思った。
    自分が重要な存在だと感じているよ。ゴールに限らず、すべての試合で先発で使ってくれると思えるからね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00000031-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 19:29:50.46 ID:CAP_USER*.net

    2013

     
     チェルシーが、同クラブ所属のベルギー代表MFエデン・アザールとレアル・マドリード所属の
    コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスとのトレード移籍を画策しているようだ。スペインメディア『ドン・バロン』が報じ、
    イギリス紙の『メトロ』や『テレグラフ』など複数メディアが14日に伝えた。

     チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督との不和が報じられ、移籍が噂されているアザール。
    一方のJ・ロドリゲスもレアル・マドリードを率いるラファエル・ベニテス監督に不満を持っているとされており、
    他クラブへ移籍する可能性があるという。

     J・ロドリゲスの推定移籍金は5800万ポンド(約106億円)で、アザールの推定移籍金7500万ポンド(約137億円)
    より少ない見込みだが、それでもチェルシーはトレード移籍を望んでいる模様。

     ただ、レアル・マドリード側はJ・ロドリゲス放出に消極的で、
    代わりにスペイン代表DFダニエル・カルバハルをトレード要員として提案しているという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00379986-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 12:35:43.19 ID:CAP_USER*.net

    442142_heroa

    12日に昇格組のボーンマスに1-2で敗れたマンチェスター・ユナイテッドは、5試合未勝利と最悪の時期を過ごしている。特にボーンマス戦ではコーナーキックから直接ゴールを許すなど、あってはならないミスもあった。英『デイリー・メール』によると、解説者のジェイミー・レドナップ氏はマンUの試合を見始めてから最悪の試合だったと切り捨てている。

    この試合ではアントニー・マルシャルはもちろん、ギジェルモ・バレラ、キャメロン・ボースウィック=ジャクソンら若手選手がスタメンに名を連ねた。交代で出場したのも21歳のニック・パウエル、19歳のアンドレアス・ペレイラと若く、負傷者の影響でまともなメンバーを組むことができなかった。しかし同氏はここ2年で2億5000万ポンドを補強に使っておいて選手が足りないという言い訳は通用しないとファン・ハールを厳しく批判しており、今のままではメンフィス・デパイらも良い若手選手だったと過去形で終わってしまうと危機感を募らせている。

    同氏はボーンマス戦のようなパフォーマンスを毎週続けていたらマンUは降格圏に沈むとまで断言していて、今季不調に喘いでいるチェルシーを笑うことはできない。少なくとも負傷者が多いだけが5試合未勝利の理由ではなく、ファン・ハールはチームスタイルに問題があることを見直すべきだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00010002-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 12:14:05.92 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    現地時間14日に行なわれたイングランド・プレミアリーグで、首位レスターに1対2と敗れたチェルシー。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、選手たちがベストを尽くそうとしなかったと非難し、「裏切られた」と述べている。

     昨季は3試合を残してプレミア制覇を決めたチェルシーだが、未曾有の低迷に喘ぐ今季は、16試合で9敗。首位レスターとは勝ち点20差と大きく水をあけられ、降格圏とわずか1ポイント差の16位という体たらくだ。モウリーニョ監督は試合後、「もし私が選手だったなら、もっと多くのものを捧げた」と、チームへの不満をあらわにした。

     また、「昨季の私は素晴らしい仕事をし、彼らを本来のレベル以上のところへ引き上げた」と話し、失点シーンの守備について「私の仕事が裏切られたと感じている」と述べ、酷評した。

     来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得はまだ可能かと問われると、「トップ4でのフィニッシュは不可能だ。だが、6位以内で終えることはまだ可能だ。多くのチームが勝ち点を落としているからね。しかし、現在はこの位置におり、私はそれを恥じている」と続けた。

     去就については「唯一言えることは、私はここの監督でありたいということだけだ。疑いはない。私が大きな挑戦を恐れない人間だということは、あなた方メディアもよく知っているはずだ。

    今の状況は、本当に大きな挑戦だ」「私は残りたい。(オーナーのロマン・)アブラモヴィッチ氏と取締役会が私の続投を望むことを願っている」と、辞任は考えていないことを強調している。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00000011-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 00:57:16.89 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    セスクを含む4人の主力選手

    昨季のプレミア王者チェルシーは今季の国内リーグ15試合を終えて14位に沈み、前代未聞のスランプに陥っている。
    指揮官のジョゼ・モウリーニョにとっては解任の噂が何度も流れる屈辱的なシーズンとなっているが、なんとかロマン・アブラモビッチ会長からの信頼は継続しているようだ。

    そんなモウリーニョ監督が、昨季に比べて大きくパフォーマンスを落としたチェルシーの選手として4人の名前を挙げた。英『ミラー』が同監督のコメントを伝えている。

    「昨季セスクはこのチームのクオリティを支えるとても大きな役割を果たし、すべてにおいて軸となる存在だった。だが今季はチームの不調と同じくして、良いプレイをするのに特に手こずっている。
    他にもブラニスラフ・イバノビッチやギャリー・ケイヒル、ジョン・テリーらは去年はファンタスティックだった。でも今季彼らを素晴らしいと言うのは難しいね」

    セスクを筆頭に今季不調に陥る選手を挙げたモウリーニョだが、同時にセスクへの信頼がなくなったわけではないことも付け加えた。

    「セスクに対する見方が変わったということはないが、私が求めるのは試合中どの時間帯であっても全力を尽くしているかどうかだ。セスクはボールを持つことを恐れないし、ミスを犯すことも恐れない。私は彼を信頼している」

    もちろん名前を挙げられてしまった選手らは複雑な心境だろう。だが同監督がセスクに対する変わらぬ信頼を述べたように、他の選手にもこれからの活躍次第では名誉挽回となるチャンスはありそうだ。

    なおチェルシーは14日のプレミアリーグで現在首位の岡崎慎司擁するレスター・シティと対戦する。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12月13日(日)20時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00010016-theworld-socc

    12月14日(月)

    29:00 レスター・シティ - チェルシー
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=52

    【実況】サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 06:55:37.53 ID:CAP_USER*.net

    1847052_heroa

     
    キックオフ:29:00 / 試合会場:キングパワー・スタジアム

    レスター・シティ 2-1 チェルシー

    1-0 ジェイミー・ヴァーディ(前半34分)
    2-0 リヤド・マレズ(後半3分)
    2-1 ロイク・レミー(後半32分)

    後半43分 ジェイミー・ヴァーディ → 岡崎慎司
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784701

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ