サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: YG防衛軍  2016/05/19(木) 20:30:06.14 ID:CAP_USER9
    リーグ戦49得点に終わったマンU
    441180_heroa



    今季リーグ戦5位に終わったマンチェスター・ユナイテッドは、あまりにも得点が少なすぎた。
    優勝したレスター・シティが68得点稼いでいるのに対し、マンUは49得点と得点力不足だったのは明らかだ。

    それに対し、ファン・ハール政権になってから放出された選手たちは好調だ。
    英『The Sun』は、マンUがファン・ハール政権になって放出した選手の今季リーグ戦での得点数を紹介。
    昨夏に放出されたレヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデスは17得点、
    フェネルバフチェFWロビン・ファン・ペルシーは14得点、パリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアは10得点、
    そして2014年夏にドルトムント復帰を果たした日本代表MF香川真司が9得点をマークしている。

    この4人の得点を合わせるとちょうど50点になり、何とこの4人だけで今季のマンUの総得点を超えてしまった。
    その他にもフェネルバフチェMFナニが7得点、アーセナルFWダニー・ウェルベックが
    4得点とマンUにとっては悔やまれる内容となっている。

    中でも1番の衝撃はチチャリートことハビエル・エルナンデスで、彼がロベルト・レヴァンドフスキ、
    ピエール・エメリク・オバメヤン、トーマス・ミュラーに次ぐ17得点を稼ぎ出すと予想した人がどれだけいただろうか。
    少なくともファン・ハールは想像していなかったはずだ。

    ファン・ハール政権が続く限りこの放出された選手のデータは紹介され、得点力不足の話題も続くだろう。
    それほど彼ら放出組が今季残したインパクトは大きく、マンUにとっては後悔の残る選択となってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00010015-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg  2016/05/17(火) 13:09:29.88 ID:CAP_USER9

    CfaBoSiUMAAZ_T9

     
    ■争奪戦となっている”カリスマ”だが、19億円の年俸を払えるのはマンUのみ?

    3季連続でリーグ優勝を逃しているマンチェスター・ユナイテッドが、覇権奪還の切り札としてパリ・サンジェルマン(PSG)と契約満了となったスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得に向けて、1年の延長オプションを付けた1年契約を用意し、正式オファーを送っているという。 

    仏地元ラジオ局「RMC」が報じている。

     イブラヒモビッチは4年間プレーしたPSGから今季限りで離れることを、すでに明言している。リーグアンで38得点を挙げるなど衰え知らずの34歳には、プレミア勢をはじめ、古巣ミランや米MLSなど複数クラブが獲得に乗り出していた。

     レポートによれば、“赤い悪魔”と呼ばれる名門クラブは獲得に向けた動きを強めているという。すでに1年契約で公式に打診していると言われ、そこには成果次第で1年の延長オプションが付けられるという。

    イブラ獲得に手を挙げるクラブは多いものの、PSGで受け取っていた1500万ユーロ(約19億円)ほどの年俸を支払えるのは、絶大な資金力を持つユナイテッドくらいしかないと、金銭面の問題から”赤い悪魔”が有利との見方もある。

    ■モウリーニョ政権誕生が最後の決め手か

     その一方で、今のイブラヒモビッチにとっては、お金はそれほど大きな問題ではないのではとも推測されている。スウェーデン代表FWは2008-09年にインテルで指導を受けたジョゼ・モウリーニョ氏との再会に興味を示しているという。

     そのポルトガル人指揮官は、来季のユナイテッドの新監督候補になっている。監督人事が、イブラヒモビッチという最終兵器獲得に向けたキーファクターとなる可能性も高い。

     英紙「ガーディアン」によれば、イブラヒモビッチの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、オファーの存在を否定している。しかし、13年のアレックス・ファーガソン元監督の退任後、リーグ優勝から遠ざかっているユナイテッドはタイトルの奪還を切望している。

    これまでアヤックス、ユベントス(カルチョ・スキャンダルで剥奪)、インテル、バルセロナ、ミラン、PSGと4カ国で所属してきたクラブを次々とリーグ制覇に導いてきた“優勝請負人”こそ、ユナイテッドが求めている救世主なのかもしれない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160517-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/20(金) 15:53:33.18 ID:CAP_USER9
    CL出場権を逃すも、クラブ首脳からの信頼が厚いオランダ人指揮官


    9cbc2ddc-s

     
    今季リーグ戦5位に終わったマンチェスター・ユナイテッドは、辞任の意向をまったく見せないルイス・ファン・ハール監督に対し、
    異例の強化部長への配置換えを画策。ジョゼ・モウリーニョ新監督を招聘する衝撃の二頭体制を計画していると、英紙「ザ・サン」が報じている。

    ユナイテッドは21日にクリスタル・パレスとのFA杯決勝戦を控えており、2012-13シーズンのリーグ優勝以来となるタイトルを目指しているが、
    ファン・ハール監督にはすでに「失格」の烙印を押されているようだ。2年間で500億円もの資金を費やしてタレントをかき集めたが、
    チームは5位に終わり、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃している。

    本拠地オールド・トラッフォードで行われたリーグ最終節ボーンマス戦でのファン・ハール監督のスピーチでは、ブーイングも起こった。

    地元メディアもバッシングを続けているが、来季3年契約の最終年となるオランダ人指揮官は一歩も引く様子がない。
    「来年も私は監督だ!」「(続投を)確信している」と断言するなど、逆風の中でも”鋼のメンタル”を見せている。

    クラブ首脳陣も、エキセントリックな指揮官をいまだに評価しているという。

    記事では「酷いシーズンにもかかわらず、ファン・ハールはエド・ウッドワード副会長から信頼を得ており、
    クラブで豊かなフットボールに対する知識を活用してもらいたいと願っている」とレポートされている。

    バルサ時代のコンビが再結成か
     
    そこで現在、ウッドワード副会長が兼任している強化部長の座をファン・ハール監督に用意。
    来季新監督としてモウリーニョ氏を迎え入れる算段を進めていると、レポートされている。

    ファン・ハール監督とモウリーニョ氏はバルセロナ時代に監督とコーチの間柄で、いまだに関係は良好のようだ。
    どちらも歯に衣着せぬ物言いで暴走した過去もあるが、実現すればフットボール界で最も話題を呼ぶコンビになりそうだ。

    Soccer Magazine ZONE web 5月20日(金)10時16分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160520-00010003-soccermzw-socc

    【サッカー】<ファン・ハール監督>改めて続投に意欲「今季は運がなかった」c2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1463543140/

    【サッカー】<マンチェスター・U>香川、チチャリートらがいれば…ファン・ハール監督が放出した選手を英紙が紹介!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1463639371/

    続きを読む

    1: Egg ★@©2ch.net 2016/05/20(金) 11:32:49.85 ID:CAP_USER9

    1409793866

     
    マンチェスター・シティは、カリスマ指揮官の就任で大きな変化を迎えることになるかもしれない。

    シティは昨年夏、補強資金として2億370万ユーロ(約248億円)を費やした。これは数多のビッグクラブを抑え、世界一の投資額となった。

    だが、シティは今夏それを上回る補強を行う可能性がある。バルセロナやバイエルン・ミュンヘンで成功を収めたジョゼップ・グアルディオラ監督の就任が決定しているからだ。

    グアルディオラ監督はどのようなチーム作りをイメージしているのだろうか。スペイン『マルカ』によると、現在の先発メンバーを5人ほど入れ替える考えがあるという。同監督が獲得を望んでいるのはGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)、DFアイメリック・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ)、ジョン・ストーンズ(エヴァートン)、MFイルカイ・ギュンドアン(ボルシア・ドルトムント)、FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)だと伝えられている。

    ほかにも、獲得が噂される選手は存在する。バイエルン監督就任時に獲得を要望したMFチアゴ・アルカンタラ、バルセロナ時代に指導したアーセナルFWアレクシス・サンチェス、トッテナムMFダニー・ローズらが候補だとされる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000025-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/05/19(木) 21:25:59.08 ID:CAP_USER9

    33577957

     
    長い順番待ちを経て、ようやくレスターをプレミアリーグ優勝に導いた旧知のクラウディオ・ラニエリのインタビューが実現した。
    だが、私には優勝後のお決まりの儀礼的質問をするつもりはなかった。
    たずねたかったのは、日本代表の岡崎慎司選手との関係だった。
    奇跡の優勝を飾ったレスターの中で岡崎が果たした貢献は称賛に値すると思うからだ。
    そして、もうひとつ、日本についての印象も聞いた。

     ―岡崎がチームに果たした貢献について。

     「岡崎は、最高の選手というだけでなく、人間としても素晴らしい男です。
    ロッカールームでいつも見せてくれた彼のあの冷静さには、私たち全員が感謝しなければいけない。
    あの向こうっ気の強いアルゼンチン人、ウジョアとの交代を私はたびたび岡崎に告げましたが、
    彼はいつでも笑顔で受け入れてくれた。私はこれまで、そんな経験をしたことがなかった。
    しかし、常に走り続ける彼のプレーは、チームの勝利への切り札のひとつでした。
    もちろん、ニューキャッスル戦で決めた、あのすばらしいオーバーヘッドゴールもそうですが」

     ―岡崎をご覧になっていて、日本のサッカー選手がヨーロッパのリーグで主役になるため、
    準備することやアドバイスはありますか?

     「まずアドバイスしておきたいのは、言葉ですね。実際、「オカ」に動きを説明しているとき、
    彼は笑って「OK」と言うのですが、実は全然わかっていなくて、その動きを私がやってみせなければならないことが
    よくありましたからね。言葉の習得はチームや自分が暮らす町に溶け込むうえでも役立つでしょう。
    相手の言うことを理解し、自分の考えを伝えることは、サッカー選手に限らず、
    国際的な舞台で活躍する人々のどんな活動においても、その重要性はますます高まっています」

     1995年、フィオレンティーナを率いていたラニエリは、清水とG大阪と親善試合をするため来日した。
    この試合をコーディネートしたのが私だった。
    短い滞在期間だったがラニエリは、日本、そしてJリーグにとても興味を抱いた。
    「Jリーグが始まったきっかけは?」「数年間に失敗した北米プロリーグと何が違う」。
    そこで、私はラニエリを監督として迎え入れるJリーグのクラブを探したが、結局、彼が日本に来ることはなかった。
     ―来日翌年の1996年、あなたにとっては幸運なことに、私はあなたを起用するJリーグのチームを
    見つけることができなかった。
    今から思えば、もし見つけていれば、あなたの素晴らしいキャリアにつけ加えたくなるような経験になったのでは?

     「あの頃のことはよく覚えていますが、私はまだ、移住する決意がついていませんでした。
    フィオレンティーナはかなり好調でしたし、翌年、コッパ・イタリアでも優勝を果たしました。
    さらにいえば、日本のJリーグはまだ今ほど安定しておらず、不安材料はたくさんありました。
    けれども最大の理由は、自分はまだイタリアでいい仕事ができるという自信があったからです」

     ―レスターで書き上げたおとぎ話の後、日本チームの監督に就任する可能性は?

     「もう少し、この途方もない勝利の余韻を味わわせてほしいですね。
    まだ実感のわかないこの勝利については、あと数週間もしたら、もっと詳しくお話できるでしょう。
    日本代表チームの監督ですか? オファーがあれば今度は本気で検討しますが、少なくとも2年は先の話ですね。
    まずはチャンピオンズリーグを戦わせて欲しい。それに私もいい年ですから、
    介護士を付けてまで日本で監督はしたくはない…。
    いや、これは半分冗談ですが、いずれにしても、日本にはワールドカップの常連として
    2018年ロシア大会での活躍を祈ります。過去にアジアカップを優勝するなど、
    これほど短期間に素晴らしい躍進を遂げた日本サッカーについては、その成長ぶりを讃えたい。本当に素晴らしい」

     ラニエリにとっても、レスターにとっても、レスター市にとっても、
    ほどなく最も困難な課題が突きつけられることになるだろう。誰もが予想だにしなかったこの飛躍をどう維持していくのか?
     スターチームのサッカーには、ときには冷徹非情な姿勢や行動をともなう運営が必要となる。
    なぜなら大切なものはただひとつ、ビジネスだから。謙虚なプロレタリアートのチームというイメージを守りながら、
    これからも勝ち続けることができれば、また一つ、すばらしいおとぎ話が生まれるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000113-sph-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/05/19(木) 16:57:17.84 ID:CAP_USER9

    12918e50-s

     
     レアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、
    仮にクラブを離れることになった場合にはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を希望しているという。
    『ESPN』が伝えている。

     J・ロドリゲスは2014年ブラジルW杯後にモナコからレアルへ加入した。
    しかし故障の影響などにより、思うような結果を残すことはできず。
    出場機会も限られる中、クラブは今夏の売却を考えていると噂されている。

     レアル関係者が『ESPN』に語った内容によると、ジネディーヌ・ジダン監督はJ・ロドリゲスについて、
    選手としての能力は評価しているものの、現在の4-3-3というフォーメーションでは居場所はないと考えているという。
    加えてハメス自身はレアルから出て行くことになった場合は、ユナイテッドへの移籍を望んでいるようだ。

     とはいえ、マンチェスター・Uは誰が来年の監督になるのか不透明。
    FA杯の決勝の後、ジョゼ・モウリーニョ監督が監督に就任することが有力視されてはいるものの、
    まだ契約には至っていない状況だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-01627433-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/19(木) 07:41:15.31 ID:CAP_USER9

    380346_heroa

     
    プレミアリーグ最終節、ボーンマスとの試合を3-1で勝利し、今シーズンを締めくくったマンチェスター・ユナイテッド。今シーズン5位で終了しヨーロッパリーグ出場権こそ確保したものの、チャンピオンズリーグ出場権を逃している。

    試合終了後も一部ファンからブーイングを受けていたルイス・ファン・ハール監督だが、FA杯決勝があるため、まだタイトル獲得のチャンスは残っている。だが、かつてはチャンピオンズリーグの常連だっただけに、ファン・ハール監督にとってファンからの要求は厳しすぎるように映っているようだ。

    「今は変化の時だ。それは就任当初から言っている。それをもっと強調しなければいけないのかもしれない」と『スカイスポーツ』にファン・ハール監督は語っている。

    また、当初の目標よりも後退していることを認めている。

    「3年目までの目標はチャンピオンズリーグに出場することだった。マンチェスター・ユナイテッドぐらいのクラブなら出場していなければならないが、同様にそう思うクラブが増えたことは間違いない」

    「もちろん、私自身高いレベルの結果を期待しているが、ファンも色々期待しているようだ。だが、少し期待が高すぎないかとも思っている」

    ファン・ハール監督はこれまでも強気な発言を繰り返したり、メディアやファンに対して苦言を呈したりして波紋を呼んできた。当初から目標としていたCL出場権を獲得できなかった上での発言ということで、またも物議を醸すことになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00010000-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/05/18(水) 20:33:14.62 ID:CAP_USER9

    GettyImages-549400331-500x324

     
     5月18日、スイスのバーゼルにあるスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」で行なわれる
    UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝戦は、例年以上に注目を浴びる一戦となっている。

     3年連続で決勝に駒を進めたセビージャ(スペイン)にとっては、前人未踏の「EL3連覇」という偉業がかかった大一番。
    一方、ユルゲン・クロップ監督率いるリバプール(イングランド)としては、
    クラブ史上通算4度目のEL優勝(UEFAカップ時代含む)、そしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した
    2004-2005シーズン以来となる国際タイトル獲得なるか、という大事な一戦だ。

     また、昨季からEL優勝チームには来季のCL出場権が与えられることになったため、
    国内リーグの成績でそれを逃している両チームにとって、ELは是が非でも手にしたいタイトル。
    お互いが全エネルギーを注ぎ込む総力戦になることは間違いない。

     とりわけ、序盤の成績不振でブレンダン・ロジャーズ前監督を解任し、
    昨年10月からクロップ監督にチーム改革を託した名門リバプールにとっては、
    このタイトルが新しい歴史の始まりを意味する、いわば“改革の旗印”となる可能性は高い。
    国内リーグでは8位の成績に終わったものの、すでにクロップ就任によって新風が吹き始めていることはたしかで、
    仮にEL優勝を果たせば、クロップのサッカーは今後さらに勢いを増して浸透していくはず。
    つまり、来季以降のリバプールの行方を占う意味でも、極めて重要な試合なのだ。

     振り返れば就任以来、ドルトムント時代に実践していた激しいプレッシングと素早いショートカウンターを
    封印したクロップは、まず前任者ロジャーズの“つなぐサッカー”を踏襲した。
    そのなかで、ドルトムント時代のような攻守におけるスピード感を選手たちに植え付け、
    いずれ自らのスタイルを実現するための下地を整えたというのが、チーム作りの現在地だ。

     見方によってはドルトムント時代と比べて、中途半端な印象を受けるかもしれない。
    だが、それでも低迷していた名門にふたたび情熱を呼び覚まし、チームの雰囲気をガラリと変えた功績は大きい。
    それこそが改革の第一歩であり、クロップがサポーターから支持され、また期待される理由でもある。

     もっとも選手起用については、就任当初から“クロップ色”を打ち出しているのも事実だ。
    たとえば、中盤の底にそれまで複数のポジションをこなしていたエムレ・カン(ドイツ)を固定。
    若くて運動量があり、それでいてしっかりとした技術と戦術眼を持つカンを“へそ”に置いたことで、
    チームの機動力は確実にアップした。

     また、アタック陣ではロジャーズ前監督に重用されていたクリスティアン・ベンテケ(ベルギー)から、
    ロベルト・フィルミーノ(ブラジル)や21歳のディボック・オリジ(ベルギー)にシフトチェンジ。
    特にドイツ・ホッフェンハイム時代のフィルミーノをよく知るクロップは、
    抜群のテクニックとシュート精度を誇るフィルミーノに全幅の信頼を寄せ、本職のトップ下のみならず、
    1トップで起用することもあった。

    続きは↓の記事から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160518-00010002-sportiva-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/05/18(水) 16:19:11.02 ID:CAP_USER9


     岡崎の新書「未到 ~奇跡の一年~」が6月上旬にKKベストセラーズ社から発売されることが17日、分かった。

     独・マインツからプレミア挑戦を決断した際の心境や、優勝を勝ち取るまでの一年を振り返る内容で本体価格は780円。
    岡崎は事務所を通じ「この企画を聞いた時には、まさか優勝するなんて思ってもいませんでした。
    シーズンが終わってみれば特別な一年で、その時をつづった特別な本になりました」とPRした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00000143-sph-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/05/18(水) 16:13:50.32 ID:CAP_USER9

    CEUDj1jWYAA_7jT

     
    ユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝では
    レアル・マドリーの優位が予想されるとしながらも、アトレティコ・マドリーが優勝しても驚かないと語った。
    夏に開催されるEURO2016に向けた展望も語っている。

    今月28日にミラノで開催されるCL決勝は、2年前と同じくマドリッドダービー。
    前回は後半アディショナルタイムに同点に追いついたレアル・マドリーが、延長戦で3点を奪って勝利を収める結果となった。

    10日後に迫った欧州の頂上決戦に向けて、ブッフォンはスペイン『コペ』に次のように話している。

    「レアル・マドリーの方がこういう試合でプレーすることに慣れている。有利なのは確かだろうね。
    (だが)アトレティコは、プレースタイルやプレーの組織や激しさを考えれば、倒すのが最も難しいチームだと思う。
    アトレティコが勝ったとしても驚かないよ」

    「前回の決勝でのアトレティコの負け方はすごく残念なものだった。運に恵まれなかったね。
    もう勝てたと思えた試合で93分にゴールを許してしまったんだから。
    アトレティコは間違いなく牙を研いでいるだろうし、レアル・マドリーが勝つためには必死の戦いが必要だと思う」

    夏にはフランスでEURO2016が開催され、ブッフォンもイタリア代表として出場することになる。
    優勝候補だと考えられるのはどのチームだろうか。

    「スペイン、ドイツ、フランスの3チームが間違いなく優勝候補だと思う。それから、サプライズとしてベルギーだ。
    すごく才能ある選手たちが今の世代に揃っているから、十分に注目すべきチームだよ」

    イタリア代表は優勝候補の一角から外しながらも、苦戦が予想されるときこそ
    何かを起こすことができるチームだとブッフォンは主張した。

    「僕らは少し困難な状況で大会を迎えることになる。
    代表チームやイタリアサッカーにとってあまり良い時期ではないし、(クラウディオ・)マルキージオと
    (マルコ・)ヴェッラッティという重要な2人を負傷で欠いているからね」

    「イタリアはいつも困難なときにこそ反発し、本当に大きなことを成し遂げてきた。だから自信がないということはない。
    僕らには素晴らしい監督がいて、強い誇りがあって、このEUROで優勝したいという意欲があるからね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000008-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ