サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 06:20:19.84 ID:???*.net
     
    FC東京の日本代表FW武藤嘉紀(22)が、イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーから正式オファーを受けたことが8日、明らかになった。
    チェルシーは武藤の将来性を含めた実力を高く評価。今夏の獲得に向け、FC東京に条件面を含めた獲得オファーを出した。
    関係者によれば、移籍金の提示額はJリーグから海外に渡った日本人選手では過去最高額とみられる。

    チェルシーはベルギー代表MFアザール、スペイン代表FWジエゴ・コスタら各国の代表が集結するスター軍団。
    武藤獲得には複数の欧州クラブも興味を示し、今後さらにオファーが舞い込む可能性がある。
    定位置確保が簡単ではないチェルシーからは他クラブへのレンタル移籍も含めた提案があるといい、
    武藤は「自分自身はまだ何も決めていない」と強調した上で「素晴らしいチームからオファーを頂いたことは光栄に思います」。
    そして「一つのオファーに絞るわけでもないし、幅広い目線で、この先進むキャリア、
    成長、試合に出られるかどうか冷静に判断したい」と慎重に話した。

    ▽チェルシーFC 1905年創設。西ロンドンを本拠地とし、フルハム(現2部)との「ウエストロンドンダービー」が有名。
    何度も財政難に苦しんだが、03年にロシア人のアブラモビッチ・オーナーが就任してビッグクラブに変身。
    04~07年にチームを欧州屈指の強豪へ育てたポルトガル人のジョゼ・モウリーニョ監督が昨季復帰した。
    優勝はプレミアリーグ4回、FA杯7回、イングランドリーグ杯5回、欧州CL1回、欧州リーグ1回。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/09/kiji/K20150409010138910.html
    2015年4月9日 05:35

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/09/gazo/G20150409010136670.html
    チェルシーから正式オファーを受けたFC東京の武藤

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 09:42:18.96 ID:???*.net

    E3839AE383ABE382B7E381BEE38181E381BEE38181

     
    マンチェスター・Uは、同クラブに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを放出し、
    パリ・サンジェルマンに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを獲得する方針にあるという。7日付のイギリス紙『テレグラフ』が報じている。

    ファン・ペルシーは2012年の8月にマンチェスター・Uへ加入。初年度にプレミアゴールで26ゴールを挙げてチームの優勝に貢献し、自身も得点王に輝いた。

    しかし、2月21日に行われたリーグ戦第26節のスウォンジー戦で足首を負傷したことにより、ここ6週間は出場ができない状態にある。
    マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハールは、ファン・ペルシーを長い目で見ての戦力としては計算しておらず、今夏の放出に踏み切るという。

    一方、後釜候補としてファン・ハール監督のトップターゲットに挙げられたのはカバーニ。同選手の移籍金は4000万ポンド(約72億円)とされているが、
    ファン・ペルシー放出で得た利益を、カバーニ獲得の1部に充てるだろうと、同紙は伝えている。

    SOCCER KING 4月8日(水)2時29分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150408-00299683-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2015/04/06(月) 12:51:44.65 ID:UBqZUaf00.net 

    07315568

    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    日本サッカー界で最も熱い若手有望株

    ある情報源によると、FC東京がFW武藤嘉紀のチェルシー移籍で合意したという。香川真司を含め、
    これまで数人の日本人選手が苦戦を強いられてきたプレミアリーグで自らの力を証明することができるだろうか。

    ------------------------------

     プレミアリーグのチェルシーは、FC東京に所属する日本代表FW武藤嘉紀とクラブ間で合意したようだ。
    日本の若手スターは夏にスタンフォード・ブリッジに移籍する見通しとなる。

     情報筋によると、移籍金はまだ公になっていないが、
    これまで欧州に移ったアジア人選手の歴代最高額をはるかに超えるものになる見込みだという。

     この契約によって武藤はチェルシー史上初のアジア人プレーヤーとなる(オーストラリア出身選手ではGKマーク・シュウォーツァーらが過去に在籍)。
    武藤は昨季、Jリーグにデビューし、すぐさまハビエル・アギーレ前監督が率いていた日本代表に招集された。

     22歳の武藤は、マッシモ・フィッカデンティ監督が率いるチームの新発見となった。
    J1で新人ながら13ゴールを挙げ、日本サッカー界で最も熱い若手有望株に成長した。

    同選手は、プレミアリーグやチャンピオンズリーグといった最高レベルの舞台で自身の力を証明するため、
    ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるロンドンのクラブに入団する可能性が高まっている。

    ショーン・キャロル

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150406-00010010-footballc-socc 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)

    続きを読む

    1: 真っ赤なキャベツ ★@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 03:51:41.95 ID:???*.net

    zltn

     
     不名誉な1位にバロテッリが選ばれる、「ピッチ外の愚行で新聞の見出し飾る」

     リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリがサッカー史上ナンバーワンの過大評価選手という不名誉
    な評価を下されている。イングランド地元紙「デイリー・テレグラフ」が過大評価選手20選手を特集したもの。

     1位に選ばれたバロテッリは寸評で「この移り気の激しいストライカーになぜ計5900万ポンドもの移籍金が費
    やされてきたのか謎のままだ。インテル、マンチェスター・シティ、ACミラン、そして、リバプール。バロテッリは
    ポテンシャルを満たすことに完全に失敗し、ピッチ上でのパフォーマンスよりも、ピッチ外の愚行で新聞の見出
    しを飾っている」と酷評されている。リバプールでは今季1得点と不発だ。

     2位はACミランからブラジル強豪サントスに期限付き移籍中のブラジル代表FWロビーニョが選出されている。
    寸評では「巨額な移籍金を必要としたが、期待されたキャリア序盤の活躍を見せないもう1人の選手。ブラジル
    人は2008年9月に3200万ポンドの移籍金でマンチェスター・シティにやってきた。スタートは良かったが、不調で
    消え、サントスに送還された。ミランの数シーズンで活躍できずに、再びサントスに期限付き移籍で戻った」と手
    厳しく批判されている。昨年ACミランに所属した2人が皮肉にもワンツーフィニッシュを飾ってしまったあたりにも、
    ミラン凋落を感じさせる。

     3位に入っているのはマンチェスター・ユナイテッドのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオだ。寸評では「ファ
    ルカオはマンチェスター・ユナイテッドで酷すぎるパフォーマンスを見せたので、モナコに送還されそうな気配だ。
    ルイス・ファン・ハールの下で22試合出場でたった4得点。昨年フランスリーグでは20試合11得点。ファルカオは
    衰えている選手に思える」と手厳しく批判されている。

     4位に選出されたはパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。寸評では「常軌を
    逸したほどの自己評価通り、彼の素晴らしすぎる価値を誰も否定できないが、彼が思うほど本当に優秀なのか。
    チャンピオンズリーグの優勝経験はない。2010年8月にバルセロナからミランに移籍以来、欧州のトップ3リーグ
    でプレーしていないことが、彼が言うほどの怪物ではないということかもしれない」と指摘している。

     5位には元コロンビア代表FWのファウスティーノ・アスプリージャ氏が入っている。寸評では「疑いなく最高に才
    能に恵まれたFWだが、チームの助けよりも邪魔になることが多かった。ニューカッスル時代の欧州CLバルセロナ
    戦のハットトリックは忘れることをできないし、最高のスキルで印象強い瞬間もあったが、しばしピッチ上をブラブ
    ラしていた」と指摘。パルマ時代に強力なカウンター攻撃の主役となった黒豹だが、ニューカッスル時代は気まぐ
    れなプレーが目立ったようだ。

     残りのランキングは以下の通りとなっている。

     6位はパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFダビド・ルイス。

     7位はパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ。

     8位はガラタサライのオランダ代表MFウェズリー・スナイデル。

     9位はレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。

     10位はアーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー。
    続きは:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150404-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/04(土) 20:07:33.83 ID:???*.net

    soccer120523_1_title

     
    元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は、
    バルセロナFWリオネル・メッシとレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに続く
    サッカー界のスター選手が誰になるのかは現時点でまだ予想できないと考えているようだ。

    過去7年間のFIFAバロンドールを2人で独占するなど、スペイン2強のエースはサッカー界を代表する選手として君臨し続けている。
    いつか両者が衰えるときが来るとすれば、その後に続いてトップに立つ選手が誰になるのかも注目されるところだ。

    メッシとチームメートのFWネイマールはその候補の一人かもしれないが、ファーガソン氏はどう見ているのだろうか。
    『SiriusXM FC』によるインタビューで次のように語ったとしてイギリス複数メディアが伝えている。

    「そういう選手を生み出すチームとしては、いつもバイエルン・ミュンヘンやバルセロナ、レアル・マドリー、
    マンチェスター・ユナイテッドなどのようなクラブに目が向けられるものだ。だが正直に言って、今は突出した選手がいるのかどうか定かではない」

    「ネイマールはポテンシャルがあるとして盛んに騒がれているが、まだ分からないと思う。まだ存分に力を発揮したわけではない。
    もちろん、誰と話をしてもほとんどは彼のことを高く評価しているがね。我々が今メッシやロナウドを見ているように、次に才能を発揮してくれる選手になることを期待しているよ」

    一方でファーガソン氏は、ここ最近のチームの不調で立場が危うくなりつつあるとも言われるマドリーのカルロ・アンチェロッティ監督を擁護している。

    「カルロはトップレベルの男だ。シャルケとの試合を見に行ったが、彼は素晴らしかったよ。私が今まで会った中で最高の監督の一人であり、
    最大の敵の一人でもあった。彼の未来についてはまったく心配していないよ」

    GOAL 4月3日(金)17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000018-goal-socc

    続きを読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/
    2015/04/03(金) 08:25:11.71 ID:???*.net



    スポーツ報知 4月3日 7時56分配信

     アーセナル(イングランド)が今夏、イタリア代表FWステファン・エルシャラウィ(22)=ACミラン(イタリア)=の獲得に乗りだそうとしている。英紙「メトロ」が2日、報じた。

     アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(65)は近年、エルシャラウィに注目しており、今回獲得に乗り出すタイミングが来たと判断したようだ。今季、ACミランではリーグ戦15試合出場1得点。
    レギュラーをつかめておらず、ミランサイドも放出する意志を持っている。移籍金は1810万ポンド(約32億1700万円)。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000067-sph-socc

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 07:04:40.53 ID:???*.net
    イギリスのサッカー専門誌『ワールドサッカー』が、最も重要かつ"報道価値"のある世界のベストプレーヤー500人を選出した。

    日本人選手からはミラン所属のFW本田圭佑やドルトムント所属のMF香川真司、マインツ所属のFW岡崎慎司、
    フランクフルト所属のMF乾貴士、シャルケ所属のDF内田篤人が選ばれ、Jリーグ所属選手ではFC東京のFW武藤嘉紀が唯一の選出となった。

    同誌は、本田を「フリーキックのスペシャリストで、日本サッカーのトップスター。イタリアに移籍した最初のシーズンは苦戦したが、
    フィリッポ・インザーギ監督の下で今シーズンは輝いている」と高く評価。

    香川については「彼は才能あるサッカー選手」、岡崎については「欧州クラブで最も成功した日本人FWで、
    彼はブンデスリーガで通算30ゴール以上を記録している」と絶賛している。

    また「日本代表において攻撃的MFや司令塔など、ますます重要な役割を担っている」と乾を評価すると、
    内田に関しては「ダイナミックな右SBは、けがでアジアカップ出場を逃したが、
    2008年に10代でA代表デビューを飾って以来、日本にとっては重要な選手である」と記している。

    先日、慶應義塾大学を卒業したばかりの武藤については、「Jリーグで最も輝く期待の選手」と注目している。

    SOCCER KING 3月30日(月)15時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00296884-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/24(火) 09:09:37.27 ID:???*.net




    リヴァプールFWマリオ・バロテッリが、22日のマンチェスター・ユナイテッド戦で自らをたしなめたファンに感謝している。

    バロテッリは1-2と1点差を追っていた79分、ユナイテッドDFクリス・スモーリングのチャージを受けてピッチ横に追い出された際に、怒りを見せた。
    だが、スモーリングに向かおうとしたバロテッリを、ピッチ横で観戦していたファンが押さえつけ、トラブルには発展しなかった。

    バロテッリはすでにイエローカードをもらっていたため、スモーリングに「反撃」した場合、退場になっていた可能性もある。
    リヴァプールは後半から投入されたMFスティーブン・ジェラードが、出場からわずか40秒弱で退場となっており、
    すでに数的不利に陥っていた。

    ファンによる「ファインプレー」に、バロテッリは感謝しているようだ。自身の『フェイスブック』で、
    ファンが自らをなだめた場面の写真を掲載し、次のようにコメントしている。

    「全力を尽くしたが、試合は僕らのものにならなかった。だけど、本当にはっきりしていることが一つあったね。
    僕はピッチで一人じゃなかったんだ。YNWA」

    リヴァプールは1-2で試合に敗れ、4位ユナイテッドとの勝ち点差は5に広がっている。
    次節は4月4日、アウェーでアーセナルと対戦だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000048-goal-socc
    GOAL 3月24日(火)9時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000048-goal-socc.view-000
    'バロテッリがファンに感謝'

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/03/23(月) 00:32:32.80 ID:???*.net
    ジェラード、自身最後のナショナル・ダービーに途中出場も40秒で退場

    フットボールチャンネル 3月23日(月)0時22分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150323-00010001-footballc-socc.view-000
    交代直後の反則でレッドカードを提示されるMFジェラード

     プレミアリーグ第30節が現地22日に行われ、リバプールはマンチェスター・ユナイテッドとの
    “ナショナル・ダービー”に臨んだ。

     負傷明けでベンチスタートとなったリバプールのスティーブン・ジェラードは、後半開始から
    アダム・ララーナと交代でピッチに立った。

     そして後半が始まると、まずは挨拶がわりとばかりにファン・マタへハードタックルを見舞う。
    その直後、今度はアンデル・エレーラと接触すると、事件は起きた。

     スライディングを受けたジェラードは、倒れたエレーラの脛をスパイクで踏みつけていた。
    主審はそのシーンを見逃しておらず、笛を吹くと、ポケットから取り出したのはレッドカードだった。

     ここまでで後半開始から約40秒。ジェラードにとって最後のダービーで、まさかの退場劇に揺
    れたリバプールは1-2で敗戦した。

    フットボールチャンネル編集部
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150323-00010001-footballc-socc

    続きを読む

    285011_heroa


    苦悩のストライカーが親友に告白

    マンチェスター・ユナイテッドのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、イングランドの名門での苦境と不振の日々に涙しているという。
    母国コロンビアの地元紙「AS」が報じている。

    ファルカオの以前の代理人で、親友というシルバーノ・エスピンドーラ氏は取材に応じ、こう明かした。

    「私は彼がマンチェスターで幸せを感じているとは言えない。なぜなら、それは事実ではないからだ。
    我々は何度も話し合い、ともに涙した。選手は試合に出たいし、ストライカーはゴールを奪いたいから今は簡単な状況ではない」

    ファルカオはFAカップ準々決勝アーセナル戦(1-2で敗戦)でベンチを温め続けると、
    翌日、ルイス・ファン・ハール監督からトットナムU-21との試合に先発出場するように言い渡された。

    「我々はよく話している」と語る同氏は、3月9日、その試合会場に向かう途中のファルカオから電話を受けた。
    苦悩のストライカーは旧友に「こんなことは自分の人生で起きたことはなかった。
    この状況にどう対処したらいいかわからない。すごく変なんだ」と嘆いていたという。

    さらに元代理人は「彼はユースチームや下部リーグとの試合を怖がっていた。
    こういう相手はフィジカルコンタクトがすごくハードになる。
    彼は4部のチーム相手にフランスで大けがしていた」とも語っていた。

    今季モナコから1年間の期限付き移籍でマンチェスター・ユナイテッドに加入したが、4得点となかなか結果を出せていない。
    適応に苦しみ、マンUも買い取りオプションを行使しない方針だと仏メディアなどが報じている。

    サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150321-00010004-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 3月21日(土)15時7分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150321-00010004-soccermzw-socc.view-000
    ベンチを温め続けるファルカオ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ