サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: pathos ★ 2017/09/30(土) 01:45:22.35 ID:CAP_USER9


    wilshere_18s7orcuqzdxj1nxuoz0phz4mh


    ELで驚異のパフォーマンス
    昨季トップ4を逃したアーセナルは、今季チャンピオンズリーグではなくヨーロッパリーグを戦っている。チャンピオンズリーグ出場権を逃したのは残念だが、英『Daily Mirror』は「悪いことばかりではない」と伝えている。なぜならヨーロッパリーグのグループステージでは格下相手の戦いで若手にチャンスを与えることができるからだ。

    アーセナルは28日にBATEボリソフと対戦し、4-2で勝利を収めた。この試合ではMFジョセフ・ウィルコックやレイス・ネルソンといった若手を先発させ、さらに負傷離脱を続けていたジャック・ウィルシャーも先発出場。若い選手に経験を積ませるのはもちろん、ウィルシャーのコンディション調整の場と出来たのは大きい。

    しかもそのウィルシャーは期待に応えて天才的なプレイを連発。細かいワンツーや、前半には柔らかいクロスからテオ・ウォルコットのゴールもアシストした。以前からウィルシャーは天才と言われていたが、その通りのパフォーマンスを見せてくれた。

    同メディアによると、このパフォーマンスにサポーターも興奮しているという。攻撃陣を巧みなパスで操ったウィルシャーについてサポーターは、

    「ジャック・ウィルシャーFCじゃないか」

    「ウィルシャーはフットボーラーではない。アーティストだ」

    「これこそウィルシャーの世界で、彼がチームの一部であることに感謝すべき」

    と絶賛する意見が相次いでいる。イングランド国内では最高の才能と言われるだけに、本来であればフル稼働してほしい選手だ。今回の一戦でサポーターは改めて天才と認識したはずで、リーグ戦でも先発出場することが期待される。

    http://www.theworldmagazine.jp/

    続きを読む

    1: Egg ★©2ch.net 2017/09/30(土) 00:11:39.47 ID:CAP_USER9
    イングランドサッカー協会が28日、ロシアW杯欧州予選に向けた同国代表メンバーを発表した。

    現在ヨーロッパ予選8試合を戦い、6勝2分で首位に君臨する強豪イングランド代表は、来月5日にホームでスロベニアと、続く8日にはアウェイでリトアニアと激突。ここまで同予選で無敗をキープする“スリーライオンズ”の指揮官ガレス・サウスゲイトが選んだメンバーリストには、アーセナルFWダニー・ウェルベックやレスターFWジェイミー・バーディらの名前は無く、一方でマンチェスター・シティのハードワーカー、ファビアン・デルフをおよそ2年ぶりに招集している。また、サウサンプトンのGKフレイザー・フォースターもGKトム・ヒートンの負傷により代表復帰を果たす格好となった。

    欧州予選に臨むイングランド代表メンバーは次の通り。

    GK
    ジョー・ハート(ウェストハム)
    ジャック・バートランド(ストーク)
    フレイザー・フォースター(サウサンプトン)
    ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)

    DF
    ハリー・マグワイア(レスター)
    キーラン・トリッピアー(トッテナム)
    マイケル・キーン(エヴァートン)
    ライアン・バートランド(サウサンプトン)
    アーロン・クレスウェル(ウェストハム)
    カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
    ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
    フィル・ジョーンズ(マンチェスター・ユナイテッド)
    クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
    ガリー・ケイヒル(チェルシー)

    MF
    デル・アリ(トッテナム)
    エリック・ダイアー(トッテナム)
    ジェイク・リヴァモア(ウェスト・ブロムウィッチ)
    ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
    ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
    アレックス・チェンバレン(リヴァプール)
    ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
    ファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)

    FW
    ハリー・ケイン(トッテナム)
    マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
    ジャーメイン・デフォー(ボーンマス)
    ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)

    9/29(金) 16:33配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010010-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: プエルトリコ ★2017/09/29(金) 23:17:07.35 ID:CAP_USER9

    DIWti95VAAAYCpd


    アーセナルは28日、クラブの経常利益を公表した。

     5月31日付で終了した前年度の税引き前利益が4億2280万ポンド(約640億円)を記録しており、4億ポンド(約600億円)を上回る収益はクラブ史上初だという。一昨年度からプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)の放映権料が5800万ポンド(約87億円)増加している。

     また、広告収入が10パーセントも増加しているが、移籍金の支出や選手への賃金支払い等は膨らんだ。その額は1億9940万ポンド(約300億円)と発表されている。

     イギリス紙『イブニング・スタンダード』によると、会長のサー・チップス・ケズウィック氏は「チームは13回目のFAカップ優勝を果たしたが、20年ぶりにプレミアリーグでトップ4に入ることはできなかった。今夏の移籍市場では、今シーズンが素晴らしくなるよう新戦力の確保に勤しんだ」と語っている。

     CEOであるイヴァン・ガジディス氏は「トップ争いをするために、競争力を上げていかなければいけない。これまでクラブをより良い方向へ導くために、数々の投資をしてきた。さらなるトップチームのスケールアップが必要不可欠だ。故に、過去3シーズンで2億300万ポンド(約307億円)の資金を移籍市場に投下している」とクラブの方針について述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00649159-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 数の子 ★2017/09/29(金) 19:56:07.47 ID:CAP_USER9
    DIMlJUOUEAA3kP8


    プレミアリーグは世界中から名手が集まってくる競争の激しいリーグだが、そこで2人の日本人選手が印象的な活躍を見せている。サウサンプトンDF吉田麻也、レスター・シティFW岡崎慎司だ。吉田は昨季からポジションを掴み、その評価はどんどん高まっている。岡崎も今季は開幕戦からゴールを積み重ねており、献身性に加えて得点力があることも証明。昨季から明らかに進化している。

    その2人は今やプレミアリーグの顔と呼べる存在と言っていいかもしれない。米『Bleacher Report』はポジション別に選手をランキング化しているが、センターバック部門で吉田は16位、岡崎はセンターフォワード部門で驚きの8位にランクインしている。

    この順位は今季のパフォーマンスから選出されているが、センターバックではマンチェスター・ユナイテッドのエリック・バイリーが1位、その後もチェルシーのセサル・アスピリクエタやマンチェスター・シティのジョン・ストーンズなど実力者が続く。吉田はそこで16位に入っており、現時点ではアーセナルDFローラン・コシェルニー(19位)よりも上だ。

    岡崎の場合はさらに凄い。センターフォワード部門は最も競争が激しいポジションで、1位はチェルシーのアルバロ・モラタ、2位はマンCのセルヒオ・アグエロ、3位マンUのロメル・ルカク、4位マンCのガブリエウ・ジェズス、5位トッテナムのハリー・ケイン、6位アーセナルのアレクサンドル・ラカゼット、7位レスターのジェイミー・バーディ、そして8位が岡崎だ。岡崎はここまでリーグ戦で3得点挙げており、今季のスタートは完璧だ。現時点でリヴァプールのロベルト・フィルミーノ(9位)より上と判断されているのも凄いことだ。

    日本人選手はプレミアで活躍しにくい。岡崎と吉田の活躍はそうしたイメージを払拭するものになっていると言えるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010020-theworld-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@^^2017/09/29(金) 16:52:20.91 ID:CAP_USER9
    9/29(金) 12:29配信
    SOCCER KING

    http://www.telegraph.co.uk/content/dam/football/2017/09/29/TELEMMGLPICT000142176221_trans_NvBQzQNjv4Bq6844extr6dIv-d8O8PIpPgCEHDW0sRYS-ijm8he9f1E.jpeg?imwidth=1400

     アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが交通事故に遭い、負傷した。

     イギリスメディア『エクスプレス』によると、コロンビア人歌手マルマのコンサートの帰り道にタクシーを使ったアグエロだったが、乗車したタクシーが空港へ向かう道中に電柱に衝突したという。なお、同メディアによると全治まで2カ月ほどかかる見込みである。

     プレミアリーグで首位につけるマンチェスター・Cでエースの役割を全うしているアグエロは今シーズン、公式戦8試合出場7ゴール3アシストを記録している。クラブ通算最多ゴールに王手をかけているが、長期離脱を強いられてしまった。

     2018 FIFAワールドカップロシア・南米予選で5位につけるアルゼンチン代表にとっても痛すぎる事故となっている。

     アグエロが離脱したマンチェスター・Cは10月1日、昨シーズンのプレミアリーグ王者チェルシーとホームで対戦予定だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00649134-soccerk-socc

    続きを読む

    名無しさん@恐縮です@^^ 2017/09/28(木) 23:41:08.32 ID:zUBRRpJa0

    Ancelotti-500x333


    チェルシー→今最も完成度の高い3バック 
    トッテナム→イングリッシュフットボールの進化系 
    シティ→世界最高の攻撃力のポゼッションサッカー 
    リバプール→強豪を粉砕するハイプレスサッカー 
    ユナイテッド→フィジカルエリートによる堅守速攻 

    アンチェロッティよエバートンに来い 
    世界最強リーグプレミアでビッグ6を作ろう
    続きを読む

    1: プエルトリコ ★@ 2017/09/27(水) 21:02:43.68 ID:CAP_USER9
    DILBeCjV0AAh06e


    『Express』は25日、「解説者のジェイミー・キャラガー氏は、プレミアの4名の

    ストライカーについて話した」と報じた。

    現在6ゴールでランキングトップに並ぶアルバロ・モラタ、ロメル・ルカク、セルヒオ・アグエロ、そして4ゴールのハリー・ケイン。

    プレミアリーグではこの4名が最高のストライカーといえるラインナップである。

    かつてリヴァプールでセンターバック、サイドバックとして活躍したキャラガーは、誰との対戦が最も厳しいと思っているのだろうか?

    ジェイミー・キャラガー

    「対戦するなら誰か?4人の中で選ぶとすれば、語弊があるかもしれないがセルヒオ・アグエロだね。

    私がルカクのような選手と対戦したら、ぶっ飛ばされて、走り負けてしまうだろう。あのフィジカルとスピードには対処できない。とても難しい試合になるだろう。

    ハリー・ケインも体の強さがある。アルバロ・モラタは先週末に見たとおり、かなり速さがある。

    アグエロはそこまで試合に関与してこない。まあ、彼はもちろんプレミアの歴史上でも最高の点取り屋だ。ただ、90分を通して悪夢になるかというと、ケイン、モラタ、ルカクになるだろうな」

    http://qoly.jp/2017/09/27/carragher-talked-about-4-strikers-in-pl-kgn-1

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/09/25(月) 09:10:03.65 ID:RZSgDown0
    ええんか?
    no title

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@ 2017/09/24(日) 02:59:52.05 ID:Z9WjjulO0

    20316_ext_04_1


    レスター戦3-2wwwww
    おもろすぎるわw

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/09/24(日) 12:24:30.44 ID:sUn3E23/r
    no title
    日本で歴代ナンバーワンやろ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ