サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 12:07:17.18 ID:CAP_USER*.net

    442142_heroa

     
    問われる460億円補強の是非、「より悪くなった」

    マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は8日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ最終戦のヴォルフスブルク戦で2-3の逆転負けを喫した。
    試合前まで3位に位置していたPSVがCSKAモスクワに2-1で勝利したために、順位を3位に下げてヨーロッパリーグに回ることとなった。

    英紙が「マンU史上最悪の獲得選手20人」を発表 そこに香川の名前は?

    2季ぶりのCLの舞台だったが、決勝トーナメント進出を逃すという失態にクラブOB陣も落胆しているようだ。
    英衛星放送局「BTスポーツ」の番組に出演したリオ・ファーディナンド、ポール・スコールズ、マイケル・オーウェンの3人は
    「ユナイテッドは2億5000万ポンド(約460億円)を費やしながらより悪くなった」と、ルイス・ファン・ハール監督就任2シーズン目となった今季のチームを批判した。
     
    2009年から12年までマンUに所属し、背番号「7」を背負ったオーウェン氏は現有戦力が、ここ数年と比べて弱体化していると指摘。
    ファン・ハール監督体制での18カ月で、放出すべきでなかった選手が多くいたと主張した。

    そこでDFラファエル(リヨン)、DFネマニャ・ヴィディッチ(インテル)、ジョニー・エヴァンズ(WBA)、ナニ(フェネルバフチェ)、
    香川真司(ドルトムント)、ティム・クレバリー(エバートン)、ロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)、チチャリート(レバークーゼン)など、
    オランダ人指揮官に冷遇されたスターの名前を次々に挙げた。ファーディナンド氏も「彼らは今日のチームに入れただろう」とオーウェン氏に同調した。

    魅力に欠けるスタイル
     現在のマンUの中でワールドクラスはいるかという話題について、オーウェン氏は「GKダビド・デ・ヘアは確実」と語ったものの、
    その他はトップフォームであることを前提に主将FWウェイン・ルーニー以外にはいないと語っている。

    そう口にした同氏は、09年のヴォルフスブルク戦で見事復活。ハットトリックの活躍でマンUを勝利に導いた。
    この白星でCLのグループBで首位をつかみ、逆に敗れたヴォルフスブルクは敗退が決定していた。それだけに、逆転した姿に肩を落とすしかなかったのだろう。

    ファン・ハール監督就任から2季連続で大型補強を敢行。今季も新たに「7」番を背負う期待のFWメンフィス・デパイや19歳の逸材FWアンソニー・マルシアル、
    MFモルガン・シュナイデルラン、MFバスティアン・シュバインシュタイガーなどスターを次々と手にしたが、CL敗退だけでなく、魅力にかけるフットボールスタイルに度々批判が集まっている。

    クラブOBも現在のチームには大きな不満を抱えているようだ。

    Soccer Magazine ZONE web 12月9日(水)11時53分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151209-00010006-soccermzw-socc

    【サッカー】敗退決定に落胆も…強がるファン・ハール監督「昨季よりはいい結果、それが答え」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1449627354/

    【サッカー】<UEFAチャンピオンズリーグ>ボルフス、PSVが決勝Tへ…マンUやセビージャがELへ…グループリーグ第6節1日目★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1449628282/

    続きを読む

    919: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/12/09(水) 07:51:31.37 ID:oyXB9k0X.net

    no title

     
    英国のBTスポーツにて元ユナイテッドの3人(オーウェン、スコールズ、ファーディナンド)がチームの現状を分析。 
    「香川やチチャリートなど、ファン・ハールの放出した選手からチームを組んでみれば、 
    今日のヴォルフスブルク戦に出たユナイテッドには絶対勝つだろう。」 

    http://twitter.com/...s/674355160559124480 (動画付き)

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 15:50:06.64 ID:CAP_USER*.net

    CQ3yY1wUwAAuXlO

     
     元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、リバプールのユルゲン・クロップ監督に
    ついて「恐れを感じている」と、その衝撃を認めた。ロンドンで行われたイベントで語ったコメントを
    英紙『ミラー』が伝えている。

     6日のニューカッスル戦に0-2で敗れ、就任後2敗目を喫したクロップ監督だが、10月の監督就任後、
    チェルシー、マンチェスター・シティを下すなど、見事に立て直しに成功した。

     15節終了時点で8位に付けているリバプールだが、トップ4に食い込む実力は十分にあると見られており、
    タイトルを獲得するのではないかと予想する声もあるほどだ。

     ファーガソン氏は「クロップ監督については恐れを感じているよ。マンチェスター・ユナイテッドとしては
    リバプールに上回られたくないからね」と、かつての“ライバル”をV字回復させた手腕に感嘆。
    そのパーソナリティーも称賛している。

    「彼には素晴らしい人間性が備わっており、常に大きな白い歯を見せて笑っている。
    ニューカッスル戦で2点目を奪われ、敗れたときですら、彼はニューカッスルの
    スティーブ・マクラーレン監督のもとに行って賞賛の言葉を口にしていた。ドルトムントでもそうだったが、
    彼は飛び抜けているよ」

    「彼のことはコーチング・セミナーの頃からよく知っている。あの人間性、躍動感、知識を持ってくれば、
    リバプールに違いをもたらすことができるだろう」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-01449780-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 22:06:11.05 ID:CAP_USER*.net
    クロップ監督、ドルトムント時代の教え子獲得を熱望。冬の移籍市場で打診も?


     リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、トルコ1部のガラタサライに練習参加している
    MFケビン・グロスクロイツの獲得を熱望しているようだ。7日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

     同紙によると、今夏の移籍市場でドルトムントからガラタサライに移籍したものの、
    書類上の不備により公式戦出場が来年1月以降となっているグロスクロイツに対して、
    クロップ監督が熱視線を送っているとのこと。冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。

     昨季までドルトムントを率いていたクロップ監督はグロスクロイツを指導した経験があり、
    同選手の特徴をよく知っている。2010/2011シーズンではリーグ戦34試合に出場し8得点を決め、
    ドルトムントのブンデスリーガ優勝に貢献していた。

     2011/2012シーズンもドルトムントの主力として活躍し、リーグ戦31試合出場で7得点を記録。
    ブンデスリーガ連覇を成し遂げている。現在は冬の移籍市場が開くまでガラタサライに練習参加しているという形だが、
    来年1月に正式に加入することになっている。だが、リバプールが獲得に乗り出すことがあれば、
    恩師の待つクラブに移籍する可能性もあるだろう。

    http://www.footballchannel.jp/2015/12/08/post124982/
    グロスクロイツ(左)とクロップ監督(右)
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 16:10:58.50 ID:CAP_USER*.net

    よりポゼッションする時間を作るべきと主張

    ユルゲン・クロップの下で徐々に順位を上げていたリヴァプールは、6日のニューカッスル戦で
    0-2と敗れてしまった。まだまだチームが完成したわけではなく、不安定な面も多い。
    この敗戦をリヴァプールサポーターはどう感じているのだろうか。

    クロップが推し進める強烈なプレスでマンチェスター・シティを圧倒した姿を見ているサポーターからすれば、
    ニューカッスル戦でも同様に相手を圧倒するハードなサッカーができればと考えた人も多いのではないか。
    しかし、選手の中には走り続けることが間違いだと考えている選手も存在する。

    英紙『デイリー・メール』によると、今季からリヴァプールに加入したMFジェームズ・ミルナーは
    成功を掴むために走る量を減らすべきだと主張している。

    「もし僕たちがボールを素早く奪い、それをキープできる時間を作れれば走る量は減るよね。
    それが正しいやり方だよ。僕は常に素早く、そしてハードに90分間プレイしている。
    だけど、チームとして連動しないといけないんだ。プレスにいくときなのか、落ち着くべきなのかをね」

    現在のリヴァプールは走行距離に注目が集まっているが、ミルナーは無駄に走っている部分も多いと感じている。
    チームとして連動して走行距離を落とすことで、次にプレスをかけるときの強度が増すとの考えだ。
    その方がスタミナも持続し、シーズン終盤のガス欠も起こりにくくなる。

    もっと走るのではなく、もっとゲームをコントロールすること。これがニューカッスル戦のような
    取りこぼしを減らす条件であり、チームがさらに上へ行くためのカギとなる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00010008-theworld-socc

    続きを読む

    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 14:56:23.75 ID:CAP_USER*.net



    クロップ監督、GKの強化にミランで出場機会を失う元守護神を狙う? 

     リバプールの指揮官であるユルゲン・クロップ監督は、GKの強化として
    ミランの"元守護神"獲得を願っているようだ。7日、英紙『デイリー・ミラー』が報じた。

     クロップ監督が獲得を狙うのはミランのGKディエゴ・ロペス。
    昨季レアル・マドリーからミランに移籍した34歳のGKはその後同クラブの守護神を務めていたが、
    今季GKジャンルイジ・ドンナルンマの台頭により出場機会を失っている。

     リバプールの正GKを務めるシモン・ミニョレはヨーロッパリーグ(EL)ボルドー戦で
    6秒以上ボールを保持したことで相手にPKを与えるミスを犯すなどパフォーマンスが安定していない。
    クロップ監督が就任し急速にチームが成長しているリバプールだが、後方の守りを固めることはできるのだろうか。

    http://www.footballchannel.jp/2015/12/08/post125118/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 22:02:46.65 ID:CAP_USER*.net

    B1bGJ-HCMAAWJqH

     
    最も点が入らないサッカー

    5日のウエストハム戦を0-0で終えたマンチェスター・ユナイテッドは、ここ9試合で5度目のスコアレスドローだ。
    上位には食らいついているものの、現在のサッカーが退屈と感じているサポーターは多い。

    そんな中、英紙『メトロ』はファン・ハール政権のサッカーが最も退屈なものだと決定づけるデータを紹介した。
    そのデータとは、無得点で終えた試合の割合だ。ファン・ハールはここまでリーグ戦53試合のうち無得点に
    終わった試合は13.2%あり、これはマンUの歴代指揮官の中でも最悪の数字だ。

    ファン・ハールに続くのは10.3%のジャック・ロブソン、9.5%のデーブ・セクストン、9.2%のジョン・チャップマン
    となっており、13%のファン・ハールは突出している。ちなみにサー・アレックス・ファーガソンは
    その半分程度の6.9%となっており、やはりファン・ハールのサッカーは退屈だ。

    そんな状況にあるにもかかわらずFWジェームズ・ウィルソンをブライトンにレンタル移籍させ、
    そのウィルソンは先日のチャールトン戦で見事な個人技から得点を挙げている。
    得点力不足に悩むマンUにとって放出すべきではない人材だった。

    退屈なサッカーを続けるマンUは、今季成功を収められるのか。
    8日にはチャンピオンズリーグで絶対に勝たなければならないヴォルフスブルク戦を迎える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151207-00010016-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 18:46:51.26 ID:CAP_USER*.net
    バーディら3選手は1月にチームを去る?

    プレミアリーグ第15節でスウォンジーに3-0のスコアで勝利したレスターは、2位につけるアーセナルに
    勝点2差をつけて首位に立つ。この試合でFWジェレミー・バーディの得点記録は11試合で止まるも、
    MFリヤド・マフレズがハットトリックと爆発した。

    試合後、元イングランド代表で現在は『スカイスポーツ』で解説を務めるポール・マーソン氏が
    レスターの展望を予想した。

    好調を維持するレスターが、シーズンを終えた時点で6位以内に入ることができるかと問われると
    「現時点での彼らは印象的なプレイを見せているが、シーズン終了まではまだ長い道のりがある。
    トップ6で終えられるとは思わない」とコメントした。

    そしてその主な要因として、ビッグクラブが1月の移籍市場でFWジェレミー・バーディ、MFリヤド・マフレズ、
    MFダニー・ドリンクウォーターの3選手が狙われていると指摘し「ドリンクウォーターはとても良い選手。
    ビッグクラブが獲得しても私は驚かないだろう。彼らが抜けた場合、現時点で彼らより優れた選手が
    見当たらない」と付け加えた。

    バーディに対してはレアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーやリヴァプールなどが
    関心を示していると伝えられる。指揮官のクラウディオ・ラニエリは3選手の残留を希望しているが、
    果たしてマーソン氏の予想を覆す結果を残すことができるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151207-00010004-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 16:58:02.79 ID:CAP_USER*.net

    380346_heroa

     
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、現在のチームにはチャンピオンズリーグ(CL)で
    優勝できるだけの力はないと感じていることを認めている。

    過去に3度の欧州制覇を成し遂げ、毎年のようにCL優勝候補の一角として戦ってきたユナイテッド。
    だがサー・アレックス・ファーガソン氏引退後の低迷を経て、まだトップレベルへの完全復活を果たしたとは
    言えないかもしれない。

    就任1年目でCL復帰の目標は成し遂げたファン・ハール監督だが、欧州の頂点を狙うためにはまだ
    補強が必要だと語った。イギリスメディアが同監督のコメントを伝えている。

    「我々が今CLで優勝することができるとは思わないよ。メンバーをもう一度強化して、
    来年にはもしかするかもしれないね」

    「私は今のメンバーに満足しているが、まだいくつかのポジションを強化することは可能だ。
    たとえば、左サイドバックのポジションはあまり十分にカバーできていない」

    現在の戦力を現実的に考えれば、バルセロナやバイエルン・ミュンヘンなどの優勝候補とは
    差が感じられることは否めないようだ。

    「今は、自分たちの最大限の力を出せなければならない。そうすればどんな相手にも勝てる
    可能性があるのは確かだと思う。そのことはプレミアリーグでもすでに証明してきた」

    「だが基本的には、我々にはCLで優勝できるだけの力はない。可能性はあるかもしれないし、
    大会にいる限りは全力を尽くしてトライしなければならないが、現実的になることも必要だ」

    可能性を信じて戦いを続けるため、まずはグループステージを突破しなければならない。
    ユナイテッドが自力で決勝トーナメント進出を決めるためには、8日のヴォルフスブルク戦で
    敵地での勝利が必要となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000023-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ