サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 22:45:50.93 ID:CAP_USER*.net

    CU7AuuFUwAAf8g3

    ラニエリを称賛

    ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプールは、26日に開催されるプレミアリーグで首位のレスター・シティと
    対戦する。ここまで素晴らしい攻撃サッカーを貫き、イングランドを席巻しているレスターには警戒を強めているようだ。

    レスターは17試合を終えた現時点で勝ち点38を稼ぎ、2位アーセナルに勝ち点2差をつけて首位に君臨。
    残留争いをしていた昨季が嘘のような活躍ぶりである。クロップ監督はそんな“奇跡のチーム”レスターの
    カウンター戦術に感銘を受けているようだ。記者会見で次のように語っている。

    「レスターが見せているカウンター攻撃は寸分の狂いもない完璧な連携だ。とても素早く、鋭いよ。
    そのサッカーを作り上げたラニエリのことはものすごく尊敬している。もちろんレスターの選手やチーム自体にも
    リスペクトを持っている」

    「彼らはゴールを決めるまでにそれほど多くの手数を必要としない。素晴らしい運動量を見せて、
    負傷することもなく、毎週のように動き続けられる。とてもスタミナのある強力なFWが2人いるね。
    体力の回復なども含めた、きちんとしたトレーニングを行っているのだろう」

    10月よりリヴァプールを率いている新監督クロップだが、リーグ戦ではここ3試合勝利から見放されている。
    年内最後となるレスターとの一戦で久しぶりの勝利をあげたいところだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00010040-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 06:32:07.36 ID:CAP_USER*.net

    1351842_heroa

     
    昨季は中位だったのに今季は首位なんてことも

    選手の移籍が成功するかどうかは個人の技量によるところもあるが、移籍先のチームが組織として
    機能しているかが大きなポイントとなる。いくら優秀な選手でも、機能不全に陥っているチームを
    1人で生まれ変わらせるのは不可能だ。今夏も世界をにぎわす移籍があったが、英『Squawka』は
    移籍を選択したことを後悔しているであろう選手を5名紹介した。

    1.ペドロ・ロドリゲス(バルセロナ→チェルシー)

    バルセロナで出場機会が与えられないことに不満を抱いたペドロは、バルセロナへの愛を胸に
    プレミアリーグへ挑戦した。昨季王者のチェルシーは正しい移籍先にも思えたが、
    チームは降格圏内ギリギリのところまで落ち込んでいる。それに引き替えバルセロナは
    順当にクラブワールドカップも制し、充実のシーズンを送っている。

    2.エステバン・カンビアッソ(レスター・シティ→オリンピアコス)

    いったいレスターに何が起きたのかと不思議に思っていることだろう。残留が第1条件だった
    チームが首位を走っており、優勝が期待されるようになっている。レスターに残る判断を下していれば
    今頃世界中を興奮させるサプライズを経験することができていた。

    3.マテオ・コバチッチ(インテル→レアル・マドリード)

    昨季まで中位をさまよっていたインテルを抜け出し、レアルへのステップアップを果たした
    コバチッチは正しいキャリアを歩んでいるはずだった。ところがレアルはラファエル・ベニテスの下で
    混乱に陥り、インテルはスクデット争いをリードする存在となっている。

    4.フローラン・トヴァン(マルセイユ→ニューカッスル)

    フランスからイングランドへ参戦するケースは多いが、トヴァンは移籍先を間違えてしまった。
    チームは17位と低迷しており、自身も今季リーグ戦で無得点と苦しんでいる。
    これならフランスでプレイしていた方がよかったか。

    5.スティーブン・ジェラード(リヴァプール→LAギャラクシー)

    後悔とは少し違うかもしれないが、ユルゲン・ クロップのサッカーを体験してみたいという
    気持ちは少なからずあるだろう。今のところクロップのサッカーが成績を飛躍的に上げたわけではないが、
    あと1,2年残る判断を下していれば念願のリーグ制覇も叶ったかもしれない。

    上記5名は少なくとも1度は残留しておけばと思ったのではなかろうか。特にカンビアッソやコバチッチのように、
    前所属のチームが昨季とは全く違うサッカーを展開している場合は後悔も大きいはずだ。
    ペドロのように全く予想できなかったケースもあるが、移籍は慎重におこなわなくてはならない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00010019-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 06:29:19.25 ID:CAP_USER*.net

    ozil-500x333



     
    レアル・マドリーが来夏、2013年にアーセナルに放出したMFメスト・エジルの復帰に向けてオファーを出す
    可能性があると報じられているが、エジルはこれを否定している。スペイン『スポルト』が報じた。

     エジルは13年9月にレアルからクラブ最高額ともいわれる移籍金でアーセナルへ電撃移籍。
    加入後、コンスタントに出場しているが、今季は特にめざましい活躍を見せており、
    ここまでプレミアリーグ16試合に出場し、15アシストを記録。2002-03に元アーセナルFWティエリ・アンリが
    記録した20アシストを越えるのは時間の問題とみられている。

     チームも首位レスター・シティと勝ち点2差の2位につけており、エジルの復活が“ガナーズ”の
    好調につながっている。この状況にレアルもエジルの復帰を狙っていると報じられたが、
    「僕が言えることは、ロンドンで本当にハッピーだということだ。レアル・マドリーを離れて
    アーセナルを選択した決断は正しかった」とエジルは復帰を否定。アーセナルでのプレーに集中しているようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-01521732-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 01:03:08.67 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    口撃を繰り返してきた背景には……

    これまでジョゼ・モウリーニョとクラウディオ・ラニエリの間には何度か舌戦があった。
    犬猿の仲とも言われる2人だが、チェルシーで苦しんでいたモウリーニョに止めを刺したのも
    レスター・シティを率いるラニエリだった。それでもラニエリはモウリーニョに復讐したとは思っていないようで、
    モウリーニョが口撃を仕掛けてくるのは自身のことを怖がっていたからだと語っている。
    ラニエリのコメントを伊『フットボールイタリア』が伝えた。

    「モウリーニョと私の真実を知りたいか? 私はモウリーニョの解任を残念に思っているよ。
    彼が私を口撃してきたのは、すべて私を恐れていたからだ。これは彼が敵を倒すために使う
    メソッドのようなものなんだよ。私がレスターにやってきたとき、最初にウェルカムメッセージをくれたのも
    モウリーニョだったんだ。先日の試合でも終了後に彼と抱き合った私は誠実だったさ」

    「今我々は異常なポジションにいる。ビッグクラブが不甲斐ないプレイをしているおかげで首位に立っているが、
    これは長く続かない。私はチェルシーがすぐに上がってくると思うし、私の友人であるアーセン・ヴェンゲルにも
    感銘を受けているよ」

    モウリーニョはこれまでも数名の指揮官と激しい舌戦を繰り広げてきたが、ラニエリ曰くあれは
    恐怖を跳ね除けるためにやっている行為のようだ。それで結果を残してきたのだから、
    知らず知らずモウリーニョのペースにはまっていたのかもしれない。結果的にモウリーニョは恐れていた
    ラニエリに追い出される格好となってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00010000-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 19:23:41.19 ID:CAP_USER*.net
    英紙は皮肉たっぷりの特集を組んで応戦
    B1bGJ-HCMAAWJqH

     マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が英国メディアの凄まじい解任報道に激怒し、
    記者会見を4分58秒という異例のスピードで切り上げる抗議行動に出た。チェルシーの
    ジョゼ・モウリーニョ前監督が、自らの後任としてユナイテッドの指揮を執るなどの記事を報じ続ける
    メディアに激怒し、「申し訳ないと思わないのか?」などとぶちまけたオランダ人監督の、
    前代未聞の記者会見は波紋を広げている。

    26日に行われるストーク・シティ戦に向けた会見は、実に衝撃的だった。「この部屋にいる人たちで、
    申し訳ないという気持ちはないのかね。私に対してだ。誰も感じないのか? それが今の悩みだ」とぶちまけると、
    バッシングを加熱させるメディアへの恨み節と、「解任などない」という主張を4分58秒間展開。
    「ワインとミンス・パイを楽しんで。グッバイ」と、クリスマス時期にイングランド人が楽しむパイとワインで
    年末の挨拶を済ませると、そのまま退席した。

     地元紙「サン」は、早速特集で反撃している。「LVG(ルイス・ファン・ハールの略称)が謝罪を求めているので…
    申し訳ない」と大見出しで報じているが、全く謝罪する意向は見せていない。

    「お前が6試合勝てずに、申し訳ない」「1位から5位に転落して、申し訳ない」「UEFAチャンピオンズリーグから
    敗退して申し訳ない」「お前のサッカーが退屈すぎて、ファンが涙を流すほどで申し訳ない」「2億5000万ポンドを
    つぎ込んで、こんな体たらくで申し訳ない」「我々は本当にユナイテッドのファンに気の毒に思う。
    彼が留任することがね」
    .
    ストーク戦の結果次第で「解任の嵐」にも…

     就任わずか2年目で総額460億円をつぎ込みながら、ファン・ハール政権の不振ぶりを嫌味たっぷりに展開。
    最後にはいまだ解任されないことから、オールド・トラッフォードのファンに対する同情で締めくくっている。
    英メディアと全面対決となっている戦略家だが、彼を支持する人も存在する。

     アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、メディアのファン・ハール解任報道を「敬意に欠いている」と主張。
    元リバプールのイングランド代表DFで解説者を務めるジェイミー・キャラガー氏は、ツイッターで
    「LVG愛してる! ワイン、ミンス・パイ、グッバイ!!」と、かつてのライバルクラブを指揮する男の会見を
    すっかり気に入った様子だった。

     守備的と批判される戦術と、ボールポゼッションを大事にし、ボールロストを嫌う独特の哲学で、
    勝っても負けても物議を醸すファン・ハール流。今季16失点と堅守を誇る26日のストーク戦に勝てなければ、
    指揮官に対する逆風は「解任の嵐」に変わる予感をはらんでいる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151224-00010011-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 01:36:36.32 ID:CAP_USER*.net
    1409793866
    kickerが信頼性のある英国の情報源より得た情報によれば、ペップ・グアルディオラ氏は来季より、マンチェスター・シティにて指揮を執ることになる模様だ。

    グアルディオラ監督とマンチェスター・シティとのつながりは長期間指摘されてきたが、バルセロナ時代に共に戦ったソリアーノ氏やベギリスタイン氏がいることからも、このことについて決して驚く必要はないだろう。

    同監督にはこれまで、パリSGやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドといった、欧州のトップクラブからの関心が伝えられてきた。

    なお現在マンチェスター・シティで指揮を執るペジェグリーニ監督との契約は2017年まで。

    http://www.kicker-japan.com/2015/12/guardiola-wird-trainer-bei-manchester-city..html?m=1

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 21:31:47.05 ID:CAP_USER*.net

    GKの補強は特に噂されるが

    シモン・ミニョレとアダム・ボグダンのパフォーマンスが安定しないことから、この冬新たなGKを
    獲得するのではないかと噂されるリヴァプール。GKの補強だけでなく、ユルゲン・クロップ監督は
    1月の移籍市場でどのような補強をするのだろうか。

    英『スカイ・スポーツ』で解説を務めるジェイミー・キャラガー氏はリヴァプールの補強ポイントを
    次のように指摘した。

    「ワトフォード戦(0-3)のような結果とパフォーマンスでは、クロップも補強を考えなければならないだろう。
    もし私がリヴァプールの監督だとしたら、GKと2人のセンターバック。そして守備的な中盤が必要だと思う」
    と最終ラインを含めた後方の主軸の強化が必要だと語った。

    リヴァプールは15節のニューカッスル戦以降、4試合勝ち星を掴めておらず、年内のあと2試合では
    首位に立つレスター・シティとの対戦も控えている。シャルケに所属するカメルーン代表DFジョエル・マティプの
    獲得に動くと噂されるが、指摘されたポジションで望むような補強を済ませ、チームを立て直すことができるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00010032-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 21:48:03.63 ID:CAP_USER*.net

    51NGAI5asDL


    現代サッカーに近づけなかったファーガソン

    6試合連続勝ち星なしと絶不調にあるマンチェスター・ユナイテッドは、指揮官ファン・ハールに批判が集中している。勝利した時にも守備的でつまらないと言われるのだから、マンUの指揮官は大変な職業だ。最近の成績からファン・ハールは無能な指揮官と言われているが、英『デイリー・メール』はファン・ハールだけが悪いと言い切るのはナンセンスと主張している。

    同メディアはマンUでの仕事が非常に特殊だと指摘した。アレックス・ファーガソンが長期政権を築き、彼の後任に就いたデイビッド・モイーズとファン・ハールはどうしても偉大なファーガソンと比較されてしまう。しかし、思い返せば勇退する2012-13シーズンはリーグ制覇を達成したものの、ファーガソンはほとんど遺産を残せなかった。

    ファーガソンは現代サッカーに歩み寄ることができず、ファーガソン流と呼ばれる独特なスタイルを残してクラブを去った。モイーズもファン・ハールもその独特なスタイルからの脱却に苦労しており、今の苦戦はファーガソンにも多少の非はある。過去に香川真司を獲得してスモールエリアを崩す現代サッカーに歩み寄ろうとはしたものの、結局香川を活かすスタイルは見つけられなかった。

    悪く言えば古臭かったファーガソンのサッカーからの脱却を目指すファン・ハールは、かなり難しい仕事に直面している。それもモイーズが引っ掻き回した後ということもあって難しさは倍増していると言えるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010029-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 15:43:03.73 ID:CAP_USER*.net
     日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに対して、
    マンチェスター・Uが移籍金2900万ポンド(約52億2400万円)を準備しているという。
    イギリス紙『エクスプレス』やイギリスメディア『スカイスポーツ』など複数メディアが21日付で報じている。

     公式戦6試合未勝利、リーグ戦3連敗と不振にあえいでいるマンチェスター・Uは、得点力アップのために
    今冬の移籍市場で新たなアタッカーの獲得を目指しているようだ。そこで、現在リーグ戦16試合出場で
    13ゴールを決めて得点ランキングで2位タイにいるマフレズを獲得することができれば、
    同クラブの得点力不足を解消することができるとみられている。

     しかし、トッテナムなどからの興味も報じられているマフレズ本人は、
    「僕は現状に満足しているし、ここを離れることはないだろう。当然だけど周囲に雑音はある。
    自分に興味を持っているクラブがあるのは嬉しいが、今はレスターで気持ち良く過ごせている。
    1月に退団するなんて馬鹿げてるよ。チームがリーグ1位にいるなら尚更ね」と述べ、
    プレミアリーグ首位を走るレスターを離れる意思はないと強調。

     また、同選手の代理人も『スカイスポーツ』のインタビューに対し、
    「レスターが彼を売却するとは考えにくい。彼は目の前のことに集中しているし、
    1月の移籍市場でもここを動かないだろう」とコメントし、移籍の可能性を否定している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00382221-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 22:48:19.63 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    チェルシーのスペイン代表コンビと昨季MVPに向けられた非難の嵐
     
    チェルシーのスペイン代表コンビが、3-1で勝利した19日の本拠地サンダーランド戦でサポーターから大ブーイングを受けた。

    成績不振で解任されたジョゼ・モウリーニョ前監督に対する支持を前面に押し出したサポーターは「ネズミ」「ユダ」など辛辣な表現で、モウリーニョ政権の崩壊を加速させた“戦犯”を吊るし上げた。

     衝撃的な光景だった。スタンフォード・ブリッジで迎えた試合前の選手紹介で、異変が起きた。MFセスク・ファブレガスとFWジエゴ・コスタの名前が呼ばれた際、巨大なブーイングが巻き起こった。

    2人が途中交代する時にも、ブーイングや野次が巻き起こり、その後にモウの愛称で知られたポルトガル人指揮官を讃える大合唱が起きた。

     セスクとコスタは昨季優勝の原動力となったが、今季は低調なプレーに終始していた。コスタは控え起用に怒り、ビブスを前監督に投げつけるなど、チェルシー不和の象徴となっていた。

     女性サポーターは「3匹のネズミがいる。10番と4番と19番 アザールとセスク、コスタだ」という過激なフラッグを掲げた。

    昨季のリーグMVPで、モウリーニョ前監督との確執からレアル・マドリード移籍の可能性も取り沙汰されているベルギー代表MFエデン・アザールは、この日メンバー外となっていたが、スペイン代表コンビと共に解任された指揮官を支えなかった裏切り者として糾弾されている。

    いまだ衰えぬ”スペシャル・ワン”への支持

     一方、今季孤軍奮闘の活躍を続けてきたブラジル代表MFウィリアンは、サポーターから温かい拍手を受けていた。

     「選手こそがユダ(裏切り者)対我らのレジェンド、ジョゼ いつも心の中に」とのバナーを掲出しているサポーターたち。

    今季序盤から成績不振に陥っても、チェルシーに数々のタイトルをもたらしてきたモウリーニョ人気はいまだ絶大だ。解任前に「裏切られた」と本人が語っていたこともあり、裏切り者の候補者に対してはスタンドから厳しい視線が注がれている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151221-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ