サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 13:06:40.49 ID:CAP_USER*.net
     
    今夏にPSVからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したばかりのオランダ代表ウィンガー、メンフィス・デパイに早くも退団の噂が浮上している。

    ユナイテッドがおよそ60億円もの大金を費やして獲得したデパイだが、PSVで披露していたようなキレのあるドリブルや得点感覚は鳴りを潜めている。

    昨季はエールディビジで22ゴールを挙げ、得点王にも輝いたものの、ユナイテッドでの今季はゴールを量産するどころかポジションすら失いかけている状態だ。

    だが英『メトロ』によれば、そんな悩めるドリブラー、デパイに対してリヴァプールとトッテナムが獲得のオファーを出しているようだ。

    リヴァプールは10月よりユルゲン・クロップ新監督がチームを率いており、冬に大幅なメンバーの入れ替えがあるのではないかと噂されている。また同メディアはトッテナム指揮官マウリシオ・ポチェッティーノもこの若きドリブラーの獲得を熱望しているという。

    マンチェスター・ユナイテッド伝統の背番号7を纏っているデパイだが、ここ数年においてはこの背番号を付けた選手の不調が目立っている。

    元イングランド代表のマイケル・オーウェンやアンヘル・ディ・マリアなどが7番を背負ってきたが、いずれも満足のいくパフォーマンスを見せたとは言いがたい。

    そんな“呪われた背番号7”を選んでしまったデパイも彼らのように不甲斐ない成績で終わってしまうのだろうか。今後のデパイの巻き返しに期待したいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00010043-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 13:02:05.38 ID:CAP_USER*.net

    1409793866

     
    今季限りでバイエルン・ミュンヘンの監督を退任するすると発表したジョゼップ・グアルディオラ。彼を招聘しようとマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーなどプレミアリーグのクラブが躍起になっている。

    一部報道では来季マンチェスター・シティ行きで合意に至ったと報じられている。だが英紙『デイリー・スター』はグアルディオラが親しい友人に「シティは野心的なクラブだが、ユナイテッドの方が魅力的」だと明かしたと報じ、このニュースはシティのオーナーであるシェイク・マンスールをショックで気絶させるだろうと伝えている。

    同紙によるとグアルディオラは、アレックス・ファーガソンと親しい友人関係を築いており、ユナイテッドが持つ伝統と威信に惹かれているという。ユナイテッドは現在、ファン・ハール監督がチームを率いているが、低調なパフォーマンスを続けファンから信頼を得られていない。今後の対応をユナイテッドの上層部は迫られているが、チェルシーと契約を解除したジョゼ・モウリーニョにすげ替えるか、夏までグアルディオラを待つという選択肢も浮上したようだ。

    ユナイテッドはグアルディオラを待ちながら、チャンピオンズリーグ出場圏までチームを立て直すことができるだろうか。またファン・ハールの去就にも注目が集まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00010004-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 12:46:45.78 ID:CAP_USER*.net
    no title


    54年ぶりの公式戦4連敗となれば、いよいよ立場が危うくなるのは当然だ。だが、マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、クラブから解任されるのではなく、自ら辞する可能性もあると述べた。イギリスメディアが報じている。

    ユナイテッドは26日、プレミアリーグ第18節でストーク・シティに0-2と敗れた。公式戦では7試合白星なしの4連敗。1シーズンのうちにユナイテッドが公式戦で4連敗するのは、1961年11月以来のことだそうだ。

    これまでも解任の危機が騒がれていたファン・ハール監督だが、ベンチはますます揺らいでいる。試合後、クラブ上層部からの信頼があると感じるか問われると、ファン・ハール監督は次のように答えた。『BBC』や『スカイ・スポーツ』などイギリスメディアが伝えている。

    「それは君らではなく、エド・ウッドワード(CEO)と話すことだ。常にクラブが私を解任するとは限らない。私自身がそうすることもある。だが、私が話したいのはユナイテッド経営陣であり、スタッフであり、選手たちであって、君たちメディアではない」

    「私はずっと(クラブから信頼)されてきた。だが、我々はそれを失った。だから、新たな状況だ。選手たちと経営陣は私をサポートしてくれていると感じている。ファンは落胆しているだろう。だが、4連敗すれば当然だ」

    ファン・ハール監督は、自身がユナイテッドのために適した人物かを問われると、次のように答え、チームが周囲からのプレッシャーに影響されていると続けた。

    「より難しくなっている。4連敗の(責任の)一部は私にもあるからだ。だから、人々は私を見ている。そして私はそれに対応しなければいけない」

    「だがもっと大事なのは、選手たちがそれに対応しなければいけないことだ。彼らは良いパフォーマンスをしなければいけないからね。(プレッシャーは)今は大きな問題だ。私はすべてを試みている。だが、試合のたびにプレッシャーは大きくなっている。我々はその問題を解決しなければ」

    ファン・ハール監督はミッドウィークの会見を5分で打ち切ったことが騒がれた。

    「傷ついたわけじゃない。君らは私のメッセージを理解していないね。私のメッセージは、ユナイテッドで起きていると確認されていないことをメディアが報じているということだ。それが私のメッセージであり、傷ついてはいない。私は慣れているからね」

    「(去就に関する決定は)また別の状況だ。我々は4連敗した。だから、様子を見なければいけない」

    ファン・ハール監督はFWウェイン・ルーニーを先発から外している。戦術的な選択と説明した。

    「もちろん、戦術的な選択だ。ルーニーではなく(アンデル・)エレーラにするのが良いプランだと考えた。ドラスティックな対策ではない。ゲームプランだ。それが正しい決定だと思った。そうじゃなければやっていない」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000000-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 06:40:46.98 ID:CAP_USER*.net

    54e2023ec7

     
    【サウサンプトン 4-0 アーセナル プレミアリーグ 第18節】

     イングランド・プレミアリーグ第18節が現地時間の26日に行なわれ、アーセナルはアウェイで
    日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦した。

     同日開催されたリバプール対レスター・シティでリバプールが勝利したことで、勝てば首位浮上のアーセナル
    。しかし、先制点を奪ったのはサウサンプトンだった。19分、マルティナがバイタルエリアから美しい
    アウトサイドでのミドルシュートを突き刺した。

     後半に入ってもサウサンプトンの優勢が続く。55分、69分に追加点を奪い、リードを3点に広げる。
    アーセナルはフラミニ、ウォルコット、キャンベルに替えて、チェンバレン、チャンバース、イウォビを投入。
    しかし、試合終了間際にロングが再びゴールを決め、サウサンプトンが4-0で大勝を収めた。

     アーセナルは首位浮上のチャンスを逃し、3位マンチェスター・シティとの勝点差を1に縮められている。
    サウサンプトンの吉田は出番なしに終わった。

    【得点者】
    19分 1-0 マルティナ(サウサンプトン)
    55分 2-0 ロング(サウサンプトン)
    69分 3-0 フォンテ(サウサンプトン)
    90分 4-0 ロング(サウサンプトン)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151227-00010003-footballc-socc

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 17:09:51.63 ID:CAP_USER*.net

    img_2079621995797d36e0b3579d2804f5ad97437

     
    英紙『デイリー・スター』など複数メディアは25日、マンチェスター・ユナイテッドがマインツの日本代表FW武藤嘉紀獲得に動いていると報じた。

     イングランドの名門は2019年までマインツとの契約を残す武藤に対し、移籍金1500万ポンド(約27億円)を提示して1月にも引き抜く方針だとしている。
    また英紙『ガーディアン』などは移籍金は1000万ポンド(約18億円)と伝えた。

     いずれにしろ武藤の市場価値は渡欧から半年で一気に跳ね上がったことになる。
    大手選手データベース『transfermarkt』によればマインツがFC東京に支払った移籍金はおよそ200万ポンド(約3億6000万円)で、
    ユナイテッドが用意している額は報道が正しければ当時の5倍以上だ。

     さらに香川真司がドルトムントからユナイテッドへ移籍した際の違約金は1120万ポンド(約20億円)とされており、
    武藤は半年間に挙げた7得点でこの額に並ぶか上回る計算になる。

     ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン元監督が武藤のことを気に入っており、
    すでに数回スカウトをマインツの試合に派遣して調査も開始されているという。
    深刻な得点力不足に悩む”赤い悪魔”はノリに乗っている日本代表ストライカーへの投資を後半戦の起爆剤にしようと考えているようだ。

    http://www.footballchannel.jp/2015/12/26/post129378/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 02:03:40.01 ID:CAP_USER*.net

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    【スコア】
    リヴァプール 1-0 レスター

    【得点者】
    1-0 63分 クリスティアン・ベンテケ(リヴァプール)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784721
    http://www.bbc.com/sport/0/football/35140035

    プレミアリーグ第18節が26日に行われ、リヴァプールと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。岡崎は2トップの一角で2試合連続の先発出場を果たしている。

    前節、レスターはエヴァートンに3-2で勝利を収めた。これでリーグ戦10試合無敗とし、
    首位を走るレスターは、クリスマス翌日の祝日「ボクシング・デー」に行われる伝統の一戦で、9位リヴァプールとのアウェーゲームに臨んだ。

    序盤から積極的に攻めたのはリヴァプール。3分、エリア手前左でパスを受けたフィリペ・コウチーニョが右足シュートを放ったが、
    ここは枠の右に外れてしまった。さらに16分、ジョーダン・ヘンダーソンから浮き玉のパスを受けたアダム・ララーナがエリア内右から右足シュートを放ったが、ここはわずかに右のサイドネットに外れてしまった。

    その後もリヴァプールがチャンスを作る。25分、再びヘンダーソンが中盤からパスを出すと、ディヴォック・オリジがこれを左サイドで受ける。
    自らエリア内に持ち込み、エリア内左から右足でシュートを狙ったが、ここはGKカスパー・シュマイケルがビッグセーブを見せて、なんとか防いだ。

    リヴァプールにアクシデントが発生する。38分、太ももを痛めたディヴォック・オリジを下げ、クリスティアン・ベンテケを投入した。
    なかなかチャンスを作れないでいたレスター。40分、エリア手前でパスを受けたリヤド・マフレズが右足シュートを放ったが、ここはGKシモン・ミニョレに防がれてしまった。このままスコアレスで前半終了を迎えた。

    リヴァプールは後半立ち上がりもチャンスを作ったが、なかなかゴールを奪うことができない。0-0のまま迎えた63分、ついに得点が動く。
    リヴァプールは左サイドからのスローインの流れからロベルト・フィルミーノがボールを持つと、エリア左横から速いクロスを入れる。これをベンテケが倒れ込みながら右足ボレーで合わせた。
    これがゴール右下に決まり、ホームのリヴァプールが先制した。

    リードを許したレスターは69分に2トップを入れ替える。ジェイミー・ヴァーディと岡崎を下げ、レオナルド・ウジョアとネイサン・ダイアーを投入した。
    74分、左サイドのクリスティアン・フクスが低いアーリークロスを入れると、ニアに飛び込んだダイアーがダイレクトで合わせたが、GKミニョレがなんとか防いだ。

    89分、レスターはゴール前のクロスからアンディ・キングが右足ダイレクトでシュートを放った。しかし、ここはエムレ・ジャンが身体を張って守り、同点ゴールを許さない。
    逃げ切りを図るリヴァプールは、後半アディショナルタイム1分にコウチーニョを下げ、ルーカス・レイヴァを投入し、守備を固めに出る。

    後半アディショナルタイム5分には、レスターのGKシュマイケルが前線に上がったが、得点につながらず。逆にカウンターからベンテケがビッグチャンスを迎えたが、
    無人のゴールに決めることはできずにウェス・モーガンのブロックにあってしまった。

    レスターは最後まで決定機を作ることができず、0-1でリヴァプールに敗れた。レスターにとっては第7節のアーセナル戦以来11戦ぶりの黒星。
    2位アーセナルがサウサンプトンに勝利を収めると、首位が入れ替わる。なお、岡崎は69分までプレーした。

    次節、リヴァプールは敵地でサンダーランドと、レスターはホームでマンチェスター・Cと対戦する。

    SOCCER KING 12月27日(日)1時54分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00383287-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 23:37:28.27 ID:CAP_USER*.net
    no title


     
    キックオフ:21:45 / 試合会場:ブリタニア・スタジアム

    ストーク・シティ 2-0 マンチェスター・ユナイテッド

    得点
    ボージャン・クルキッチ(前半19分)
    マルコ・アルナウトヴィッチ(前半26分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784725

    プレミアリーグ最新の結果+順位表
    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/

    続きを読む

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 17:52:30.72 ID:CAP_USER*.net
    no title

     
    武藤はマンUに行くべき? チェルシー行きは断ったが……

    マンチェスター・ユナイテッドが1月にマインツ所属の日本代表FW武藤嘉紀を狙っているという報道は
    日本のサッカーファンを驚かせたことだろう。チェルシーに続いてビッグクラブが武藤に興味を示すこととなったが、
    果たして武藤はマンUへ行くべきだろうか。

    米『ESPN』はマンUの指揮官にセンターフォワードの選択肢が増えることになるかもしれないと述べており、
    不調のウェイン・ルーニー、若いアントニー・マルシャルに次いで武藤を1トップに指名することができる。
    現在のマンUに絶対的なストライカーがいないことを考えると、武藤にとってセンターフォワードの
    レギュラーポジションを掴むチャンスになるかもしれない。

    しかし武藤は今夏に自身のレベルに合わないとの考えからチェルシー行きを断り、ドイツの中堅クラブである
    マインツを選択した経緯がある。結果的にチェルシーは降格圏内付近まで落ち込み、
    武藤もマインツでしっかりレギュラーポジションを掴み、武藤の選択は正しいものとなった。
    その賢明な選択からまだ半年しか経っておらず、思いきってマンU行きを選択するとは考えづらい。
    しかし同メディアは、マンU移籍のチャンスをみすみす逃すのは愚かだと伝えており、武藤の移籍を期待している。

    恐らく今の武藤ならマンUである程度の出場機会を与えられるだろう。今のマンUの前線に絶対外せない選手は
    マルシャルくらいで、武藤はセンターフォワードでもサイドでもプレイできる。
    チェルシーより成功する可能性は高いように思えるが、武藤はこのチャンスを活かすべきだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00010013-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 21:38:34.74 ID:CAP_USER*.net

    G20150626010614420_view

     
     日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターは、26日に行われるプレミアリーグ第18節で、
    リヴァプールと対戦する。イギリス紙『ガーディアン』が同試合の予想先発メンバーを掲載した。

     10試合無敗で首位を走るレスターは、クリスマス翌日の祝日「ボクシング・デー」に行われる伝統の一戦で、
    9位リヴァプールとのアウェーゲームに臨む。前節、敵地でエヴァートンに3-2で勝利したレスターは、
    マージーサイドでの2連戦で4連勝を狙う。エヴァートン戦で今シーズン3得点目を決めた岡崎は、
    予想先発メンバー入りで、2試合連続ゴールに期待がかかかる。また、2トップの相棒には15ゴールで
    得点ランクトップに立つイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが予想され、13ゴールの
    アルジェリア代表MFリヤド・マフレズらもメンバーに名を連ねた。

     対するリヴァプールは、ここ3試合で1分け2敗。絶好調のレスターをホームに迎え、4試合ぶりの白星を目指す。
    1トップはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョで、2列目にイングランド代表MFアダム・ララーナと
    ベルギー代表FWディヴォック・オリジが入る模様。センターバックは、ハムストリングを負傷した
    スロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルが欠場するため、ひざを負傷していた
    クロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが復帰すると予想されている。

    『ガーディアン』紙の予想先発メンバーは以下のとおり。

    ■リヴァプール
    ▼GK
    シモン・ミニョレ

    ▼DF
    ナサニエル・クライン
    デヤン・ロヴレン
    ママドゥ・サコ
    アルベルト・モレノ

    ▼MF
    ジョーダン・ヘンダーソン
    ルーカス・レイヴァ
    エムレ・ジャン
    アダム・ララーナ
    ディヴォック・オリジ

    ▼FW
    フィリペ・コウチーニョ

    □レスター
    ▽GK
    カスパー・シュマイケル

    ▽DF
    ダニー・シンプソン
    ウェズ・モーガン
    ロベルト・フート
    クリスティアン・フクス

    ▽MF
    リヤド・マフレズ
    ギョクハン・インレル
    エンゴロ・カンテ
    マーク・オルブライトン

    ▽FW
    岡崎慎司
    ジェイミー・ヴァーディ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00383236-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ