サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 23:28:12.29 ID:???*.net
    吉田は途中出場=イングランド・サッカー

    時事通信 5月16日(土)22時49分配信

     【サウサンプトン(英国)時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグは16日、各地で行われ、
    吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでアストンビラに6―1で大勝した。吉田は後半27分から出場した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150516-00000128-jij-spo

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2015/05/15(金) 14:42:37.84 ID:5aeyCUW10.net BE:606593752-2BP(1000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_marara03.gif
    <サッカー>孫興民、英誌「アジア最高のサッカー選手」1位

    中央日報日本語版 5月15日(金)13時19分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00000028-cnippou-kr

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/15(金) 03:47:43.25 ID:???*.net

    20140921034601s

     
    スポーツ報知 5月15日(金)1時48分配信

     イングランド・プレミアリーグのレスターが日本代表FW岡崎慎司(29)=マインツ(ドイツ)=の
    獲得に再び動くようだ。英メディアが14日、報じた。

     レスターは移籍金1200万ユーロ(約16億3000万円)を用意し、交渉する構え。今年1月に
    オファーした際は1000万ユーロ(約13億6000万円)だった。岡崎とマインツとの契約は2016年夏まで。

     マインツのクリスティアン・ハイデル・ディレクターは「例え2016年に契約が切れるとしても、
    経済的に(他チームに)売却しなければならない理由はない」と話している。マインツは移籍させる際には
    1500万ユーロ(約20億4000万円)の移籍金を要求するようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00000151-spnannex-spo

    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 18:41:16.32 ID:???*.net

    1c749a52

    英紙『フォー・フォー・トゥー』は13日、「ベストアジア人選手トップ50」を発表した。
     1位にはブンデスリーガのレバークーゼンで11得点を挙げ、1月のアジア杯で母国を準優勝に導いた韓国代表FWソン・フンミンが選出。
    その他、トップ10にはアジア杯でPK戦の末日本を敗ったUAEから2選手、自国開催で優勝を果たしたオーストラリアから3選手が選ばれた。

     日本人選手からは全体で11人がランクインし、トップ10には岡崎慎司と本田圭佑が名を連ねた。
    同紙は岡崎選出の理由を「ヨーロッパでプレーしている他の日本人選手よりも常に結果を出し続けており、代表でもマインツでも得点を挙げている。
    “サムライブルー”にとっては、彼よりも頼れる選手はいない」としている。

     上位10選手とランクインした日本人選手は以下の通り。
    ▽上位10選手
    1位 ソン・フンミン(韓国/レバークーゼン)
    2位 岡崎慎司(日本/マインツ)
    3位 キ・ソンヨン(韓国/スウォンジー)
    4位 ティム・ケーヒル(オーストラリア/上海申花)
    5位 オマール・アブドゥルラフマン(UAE/アル・アイン)
    6位 ミル・ジェディナク(オーストラリア/クリスタル・パレス)
    7位 ナセル・アル・シャムラニ(サウジアラビア/アル・ヒラル)
    8位 マシュー・ライアン(オーストラリア/クラブ・ブルージュ)
    9位 本田圭佑(日本/ミラン)
    10位 アリ・マブコート(UAE/アル・ジャジーラ)

    ▽トップ50に選ばれた日本人選手
    17位 吉田麻也(サウサンプトン)
    19位 武藤嘉紀(FC東京)
    21位 遠藤保仁(ガンバ大阪)
    28位 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
    29位 長友佑都(インテル)
    32位 長谷部誠(フランクフルト)
    36位 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
    41位 内田篤人(シャルケ)
    44位 香川真司(ドルトムント)

    http://news.livedoor.com/article/detail/10111753/

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/05/13(水) 21:59:32.53 ID:???*.net

    現在オランダ2部のFCトゥウェンテに所属している宮市亮の来シーズンの去就が注目されている。
    現在22歳の宮市は、財政難のトゥウェンテとは今シーズン終了を持って契約を更新しない模様だ。

    宮市はアーセナルからレンタル移籍したトゥウェンテでも出場機会を失うなど低迷していたが、
    最近になり持ち前のスピードを取り戻しつつある。そんな中、アーセナルのサポーター・フォーラムでは宮市のプレーに再び注目が集まっており、
    今後のキャリアについても議論されている。

    宮市は一時ケガで精彩を欠いていたが復調しつつあり、好プレーを見せている。
    そんな宮市には、アーセナル・サポーターも「生き生きとしてるな」
    「ウォルコットの再来と思わせるプレイ」など絶賛の声も寄せられている。

    また「アーセナルで彼の未来はあるだろうか?」と古巣復帰の可能性をも議論されているが、
    復帰の可能性については厳しい声が多い。中には「可能性はないね」「プレミアでプレーするほど成長しているとは思えない」
    「ケガ人が多くてチームが打撃を受けていないと呼ばれないだろう。
    その可能性は無いに等しい」といったかなり辛口な声もある。

    ただ、アーセナル以外での活躍を期待する声もあり「たとえアーセナルじゃなくても、
    宮市が成功しているのを見たいよ。彼は終っていないと思う」「適切なタイミングであるべき場所にいる運が必要だ」など、
    彼を応援しているサポーターも少なくないようだ。

    あるサポーターは22歳の時にフランス3部リーグでプレーしていたオリヴィエ・ジルーを引き合いに出し、
    「一部で遅咲きの選手はいる。ジルーの登場でチームが有望な若手選手を無駄にする考えを改めてほしいと願っている」
    とビッククラブの姿勢に苦言を呈している。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10106770/

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:11:25.35 ID:???*.net

    CB4OmEbUIAEZMgP


    日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)に正式オファーを出しているイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーが異例の“VIP待遇”を用意している。
    0―1と敗れた10日の鹿島戦で、武藤はノーゴールに終わった。注目の去就決断も“答え”が出ないままだったが、
    名門クラブは煮えきらない武藤に対して破格の好条件で決着をつける構えだ。

     3試合連続ゴールを逃し、チームも痛恨の黒星を喫した武藤は「ゴールが生まれなかったのが一番の反省。
    今日は運も味方しなかった」と悔しさをあらわにした。チェルシーへの回答も、当初は連戦が終わるこの日をメドにしていたが「まだ考えていない。
    焦ることはないし、特にこの1週間で何かを決めることはないし、そういう決まりもない」と結論を“先送り”した。

    FC東京の立石敬之GM(45)は、チェルシーへの返答について「そろそろ決めないといけない」としながらも「まだちょっとタイミングが早い。
    欧州はこれから監督が代わったりして編成も動いたりしていくから。代表(合宿)に行っちゃうんで、
    帰ってきてから」と拙速に決断を求めない方針。また、非公式ながら武藤獲得に興味を示す海外クラブが「結構ある」とし、
    かねて指摘されている通りドイツのマインツなどを含めて争奪戦に発展する雲行きだ。

    一方で、獲得に向け先手を打ちながら待たされ続けているチェルシーは、早期決着を図るべく異例の好待遇を用意している。
    欧州事情に詳しい代理人事務所の関係者によれば「チェルシーの武藤への高い評価は確かなもので、
    レンタルに出すにしても二流クラブではないようだ。他のリーグの強豪とか、日本人がいて環境的に溶け込みやすいクラブなど、
    早い成長が見込めるクラブをいくつも選択肢として用意していると聞く」。

    武藤がチェルシー移籍を決断した場合は、レンタルに出されることが確実。これまでオランダのフィテッセなどが“レンタル先”に挙がったが、
    本人が望むリーグやクラブでプレーできるように配慮する。候補には現在チェルシーが選手をレンタル移籍させているイタリアのフィオレンティナやACミランをはじめ、
    スペインやフランス、ベルギーのクラブから日本代表MF長谷部誠(31)とMF乾貴士(26)が所属するドイツのEフランクフルトも浮上。
    ビッグクラブならではのツテで多くの選択肢を用意し、武藤の希望を聞くというのは獲得への本気度がうかがえる。

    当初は査証取得や出場機会を考慮してチェルシー移籍に消極的だった武藤だが、名門クラブの熱意に心を動かされるかもしれない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/398473/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:44:23.87 ID:???*.net

    1752684_w2

     
    ペップ監督がプレミアリーグ参戦?マンCと仮契約報道

    2015年5月10日 18時52分デイリースポーツ

     プレミアリーグで指揮を執る可能性が報じられたグアルディオラ監督

     サッカードイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンのジョセプ・グアルディオラ監督が現チームを離れ、
    来季からマンチェスター・シティー(イングランド)で指揮を取る可能性が10日、浮上した。

     テレビ局Beinスポーツが伝えたところではグアルディオラ監督はマンチェスター・Cと年棒
    2200万ユーロ(約29億5000万円)の仮契約を結んだという。

     バイエルン・ミュンヘンは国内カップ戦で敗退したほか欧州チャンピオンズリーグ準決勝の第1戦で
    バルセロナに3-0と敗れ決勝進出が難しい状況。グアルディオラ監督自身はあと1年残っているドイツ
    クラブでの契約を全うする姿勢をこれまで何度も示している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10096046/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 18:05:48.02 ID:???*.net
     
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称え、驚かせている。
    スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。

    チェルシーは、10日に行われるプレミアリーグ第36節でリヴァプールをホームに迎えて対戦する。

    モウリーニョ監督は同試合に向けた会見で、
    6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグのバイエルン戦で、2得点を決めたメッシについてコメントした。

    「メッシは唯一だ。いつも違いを生み出す。彼といっしょならば、どんな偉大なチームもチャンピオンズリーグに勝つことができる」

    かつてレアル・マドリードの指揮官として、バルセロナ、そしてメッシと対戦し、敵対していたモウリーニョ監督。時が経ったとはいえ、
    最大のライバルを同監督が称えるとは、誰も想像していないことだった。

    「メッシは私が相手にした最も危険なライバルだった。彼と対峙する度に、何時間も何時間もどうコレクティブに彼を封じるかを考えていた。
    もう彼をマンマークすることは不可能だったんだ」

    モウリーニョ監督はレアル・マドリードの退団時にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの不仲がささやかれていた。
    その影響もあり、今シーズンのプレミアリーグを制した同監督は、メッシを称えたのかもしれない。

    2015.05.09. 13:37
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150509/310722.html

    no title

    続きを読む

    1351842_heroa
    チェルシーは10日、プレミアリーグ第36節でリヴァプールとホームで対戦する。ジョゼ・モウリーニョ監督にとって、プレミアリーグでMFスティーブン・ジェラードと対戦するのはこれが最後だ。チェルシーの指揮官はリヴァプールのキャプテンに賛辞を送った。

    シーズン後のロサンゼルス・ギャラクシー移籍が決まっているジェラードとの最後のプレミアでの対戦を前に、モウリーニョ監督は次のように語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    「ジェラードが私の大好きな敵の一人だったことは確かだ。私をより優れた監督にしてくれた選手の一人であることは間違いない。彼を止めること、止めようとすることは、とても、とても難しかったからね」

    モウリーニョ監督は前回チェルシーを率いていた際にジェラードの獲得を狙ったが、インテルやレアル・マドリーでも同選手を欲しがったと認めている。

    「私はチェルシーに彼を加えようと試みた。インテルでも、マドリーでもね。だが、彼はずっと私の大好きな敵だった」

    「彼らのフィーリングは永遠に続くと思う。いつか、リヴァプールの監督になったスティーブンと私が対戦するかもしれないね」

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ