サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 18:20:53.91 ID:???*.net
    フィジカルゲームを好まないシャビが選んだのは……

    バルセロナの心臓とも呼ばれたMFシャビ・エルナンデスは、とにかくボールテクニックに優れた選手を好む。
    世界一巧みにボールを扱うバルセロナならではの発想で、シャビはあまりフィジカルゲームを好んでいない。
    そんなシャビがイングランド人選手で最も優れた選手を挙げた。

    英紙『デイリー・メール』によると、シャビが挙げたのはアーセナルMFジャック・ウィルシャーだ。
    シャビは2011年にチャンピオンズリーグで対戦した時の衝撃が忘れられないと語っており、
    イングランドから出てきた若い才能に驚いたと語っている。

    「彼は2011年に僕たちに対して素晴らしいプレイを見せた。当時彼は20歳か21歳だったと思うけど、
    それを忘れないようにしないとね。ただ、彼が過去2年間に何度も怪我をしているのは残念だよ。
    彼が継続性を手にした時、アーセナルとイングランド代表で違いを作ることができる。彼は他の
    イングランド人選手とは異なるタイプだ。彼はフィジカルタイプの選手を養う環境で育ったにも関わらず、
    イングランド人選手ではないように思える」

    確かにウィルシャーがバルサ戦で見せたパフォーマンスは圧巻で、今でも当時ほどのプレイを見た記憶はない。
    バルサのプレッシャーにチームメイトが怯む中、ウィルシャーは攻撃的にパスを繋ぎ、何度も味方との
    ワンツーでバルサの守備陣を慌てさせていた。いかにもシャビが好みそうなテクニシャンで、
    ボールを扱うことにおいてはイングランド人選手の中でもトップレベルのものを持っている。

    しかしこれまで何度も負傷に悩まされており、同メディアによるとウィルシャーは2009年10月から細かい
    負傷も合わせて13度離脱している。シャビの指摘通り負傷が減ればクラブでも代表でも絶対的な
    タレントになる素質を持っているだけに、実にもったいない。ウィルシャーは順調に回復へ向かっていると
    強調しているが、やはり1度負傷すると負傷前の状態に戻るのは難しい。シャビもボールから
    離れるべきではないと語っているが、少なくとも1シーズンは離脱せずにプレイを続けたいところだ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00010010-theworld-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/30(金) 08:28:55.70 ID:???*.net

    598_m2

     
    香川の美技を英メディアが紹介

    ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、28日に行われたDFBポカール2回戦SCパーダーボルン戦で見事なゴールを決めた。
    このゴールはドイツだけでなく、古巣マンチェスター・ユナイテッドのサポーターの目にも留まったようだ。

    英紙『メトロ』は香川のシュートが美しすぎると伝えており、みんなで香川のゴールシーンを見ようと題して動画と共に紹介。
    改めて香川のクオリティに驚いている。同メディアはマンUが香川を放出したのは失敗だったのではないかと伝えており、
    起用法を間違えなければマンUでも同様のパフォーマンスを見せてくれたはずだと悔やんでいる。

    同メディアが行ったアンケートでは91%の人が香川の放出を失敗だったと答えており、もっと多くの出場機会を与えるべきだったとの意見だ。
    香川はマンUで本職のトップ下だけでなく、サイドハーフとしてプレイすることもあった。
    その光景をドイツから見ていた現リヴァプール指揮官のユルゲン・クロップもマンUの起用法が間違っていると感じ、次のように述べていた。

    「香川は世界で最高の選手の1人だが、彼はマンUで左サイドハーフとして20分足らずしか出ていない。
    私の心は壊れそうだよ。涙が出るね。香川のベストポジションは中央だよ」

    ドルトムント復帰後も全盛期のプレイを見せていたわけではないが、トーマス・トゥヘルの下で再び才能が開花したようにも見える。
    チ ームメイトとのワンツーにも鋭さがあり、ゴール前での落ち着きもドルトムント加入当時の姿を見ているようだ。

    香川を放出していなければ……。イングランドでの日本代表MFに対する評価は、ここにきて変わってきている。

    www.theworldmagazine.jp

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00010001-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 10月30日(金)8時10分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00010001-theworld-socc.view-000

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 18:53:12.27 ID:???*.net

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    27日、『Football Transfer Tavern』は「1月のマーケットで、ジェイミー・ヴァーディに続いて
    リヴァプールに加入するかもしれない5選手」という記事を掲載した。
    今季のプレミアリーグでもっともブレイクしたと言えるジェイミー・ヴァーディ。アマチュア出身
    であることでも有名であり、様々なクラブが狙っていると言われる。
    現在前線の怪我人に苦しめられているリヴァプールもその一つで、出来れば1月に獲得したいという
    希望を持っているとも。

    別にヴァーディが既にリヴァプールに来ることが決まっているわけでも何でもないわけだが、
    『Football Transfer Tavern』はヴァーディを上回るスピードで時間を追い越していったようだ。

    ジェイミー・ヴァーディに続いて1月にアンフィールドへと来るかもしれない5選手とは?

    クリストフェル・エンクンク(PSG)
    リヴァプールはこれまでチームをランキングの上位に運んでくれる選手を探しているわけだが、
    明日のスターとして獲得しようと考えているのが、パリ・サンジェルマンのユースで育成されている
    17歳のセンターハーフ、クリストフェル・エンクンクである。
    また、リヴァプールは同じチームに所属しているラミヌ・バにも興味を示していると言われている。
    レッズのスカウトはUEFAユースリーグでのレアル・マドリーをくまなくチェックしたようだ。
    エンクンクとバは高いレベルを持ったペアであり、彼らをパルク・デ・プランスから連れてくるためには
    かなりの金銭的負担に直面するかもしれない。
    エンクンクは今夏のプレシーズンマッチでマンチェスター・ユナイテッドと対戦した際に出場しており、
    クラブの未来であるとも言われている。

    ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
    リヴァプールはこれまでイタリア人ストライカーでは間違いを犯し続けてきた。ファビオ・ボリーニ、
    そしてマリオ・バロテッリが、アンフィールドで調子を崩した。
    そして彼らは次にサッスオーロで活躍するドメニコ・ベラルディに注目しているようだ。
    『Metro』によれば、ユルゲン・クロップのチームはこのイタリアU-21代表MFに対してオファーを送ることを検討しているという。
    サッスオーロは今夏ユヴェントスから720万ポンドで彼の権利を買い取っているが、それを超える額を提示することは可能だろう。
    しかし現在、サッスオーロのマネージングディレクターを務めている
    ジョヴァンニ・カルネヴァッリ氏はこのように語り、移籍に関してはよそよそしい。
    「私は1月に取り引きは行わないと宣言できる。それは会社のポリシーではないからだ」

    マリオ・スアレス(フィオレンティーナ)
    今夏アトレティコ・マドリーからフィオレンティーナに入ったばかりであるが、マリオ・スアレスがリヴァプールと
    接触しているというのは、ファンにとってはいくつかの驚きになったかもしれない。
    『Daily Star』は、マリオ・スアレスがフィオレンティーナで継続的な出番を獲得出来ておらず、
    それに対して不満を抱いていると主張している。
    アトレティコ・マドリーではディエゴ・シメオネの下で中心的な存在となり、彼がトップクラスの選手であることを証明している。
    28歳になったルーカス・レイヴァ、そしてジェームズ・ミルナーに次ぐオプションが必要であると誰もが考えている。
    リヴァプールでは、マリオ・スアレスの状況をうまく利用しなければならないだろう。

    アンドレア・ラノッキア(インテル)
    マリオ・スアレスだけでなく、リヴァプールが興味を示しているイタリア・セリエAのスターは、
    インテルのセンターバックであるアンドレア・ラノッキアだと『Talksport』が伝えている。
    以前、ユルゲン・クロップ監督が獲得したいと考えているのは、ボルシア・ドルトムントのネヴェン・スボティッチであると報じられた。
    しかしながら、クロップはこれほどまでに早く古巣から選手を引き抜くことはしたくないとのことで、迅速に代替案が必要になる。
    ラノッキアは非常に経験豊富なDFであり、しかもキャプテンでありながら、
    マンチーニ監督のインテルではほとんどのコンペティションで出番を得られていない。
    それはリヴァプールにとって、適切な価格で彼の獲得が可能であるということを意味している。
    クロップはマルティン・シュクルテルとデヤン・ロヴレンがいるセンターバックに戦力を追加する必要があり、
    ラノッキアのような選手は必要かもしれない。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 18:16:12.44 ID:???*.net


    2013

     今夏、下部組織から長年プレーしたバルセロナからチェルシーへ移籍したFWペドロ・ロドリゲスが早くも
    その移籍を後悔しているようだ。スペイン紙『フィチャヘス』が報じている。

     ペドロは昨季、FWルイス・スアレスが加入したことで出場機会が激減。リーガでは35試合に出場したが、
    先発は15試合に終わり、6得点にとどまった。これにより、出場機会を求めて移籍を決断し、ロンドンへと渡った。
    加入から3日後に行われたプレミアリーグ第3節WBA戦でデビューを果たすと、いきなり1ゴール1アシストと
    結果を残した。

     その後も先発出場が続いたが、得点を挙げることができず、チームの低迷とともに調子を落としていったペドロ。
    さらに直近2試合ではベンチメンバーからも外れており、不満にさらなる拍車をかけたのか、
    親友でチームメイトのMFセスク・ファブレガスに、バルサを離れたことへの後悔と、戻りたいとの
    “愚痴”をこぼしているという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-01276818-gekisaka-socc


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 08:10:31.60 ID:???*.net
    サウサンプトン 2-1 アストン・ヴィラ リーグ杯4回戦】

    サウサンプトンは現地時間28日、キャピタル・ワン・カップ(リーグ杯)4回戦でアストン・ヴィラと対戦した。

    その他の写真付き記事『サウサンプトン吉田、今季初ゴール!』

    この試合で日本代表DF吉田麻也が今季公式戦初ゴールを挙げた。
    右サイトバックとして先発出場した吉田は51分、ガストン・ラミレスとのワンツーでゴールに迫ると、左足で強烈なミドルシュートを叩き込んでサウサンプトンが先制した。

    吉田は今季の公式戦13試合目で初ゴール。サウサンプトン移籍4シーズン目となるが、通算84試合で4得点目となった。

    サウサンプトンはイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレも得点を挙げて勝利し、準々決勝に進出した。準決勝進出を懸けてリバプールと対戦する。

    リーグ戦ではここ数試合で出場機会を徐々に減らしているが、このゴールをきっかけにポジションを奪い返すことはできだろうか。

    【得点者】
    1-0 51分 吉田(サウサンプトン)
    2-0 77分 ペッレ(サウサンプトン)
    2-1 93分 シンクレア(アストン・ヴィラ)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10月29日(木)7時52分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151029-00010003-footballc-socc.view-000
    リーグ杯で今季初ゴールを挙げたサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/28(水) 15:44:28.88 ID:???*.net
    442142_heroa


     
    マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーがチームメイトのフランス代表
    FWアントニー・マルシャルとオランダ代表FWメンフィス・デパイを称えた。26日付のイギリス紙
    『スカイスポーツ』が伝えている。

     今夏、10代史上最高額の移籍金3600万ポンド(約66億7000万円)でモナコからマンチェスター・U に
    加入したマルシャル。19歳ながら、9月にはプレミアリーグの月間最優秀選手に選出されるなど、
    加入早々に物凄いインパクトを与えている。

     ルーニーは、マルシャルについて、「彼が見せたユナイテッドでのスタートは信じられないよ」と、
    いきなりの活躍に驚いている様子。さらに、「僕たちにとってシーズン終了まで重要になる選手だ。
    彼ほど速い選手は、クラブにもリーグにもいないよ」と話し、スピードを生かしたプレーを称賛した。

     また、マルシャルと同じく今夏、PSVから加入したデパイ。ルーニーはデパイとマルシャルについて
    「確かに彼らは才能と高い能力を持った選手だね」と、2人のポテンシャルを認めた。

     今後については、「より多くを学んで成長を続ければ、クリスティアーノ・ロナウドと僕が見せたように
    プレーできるかもしれない。もしそうなれば、チームにとっては素晴らしいことだ」と語り、
    かつてのパートナーの名前を出して、2人への期待を口にした。

     最後に、「ルイス・ファン・ハール監督の下で多くを学べば、彼らが世界のトッププレイヤーになると
    僕は確信しているよ」と話し、2人が世界レベルのプレーヤーになる素質があると明言した。

     マンチェスター・U は28日にFAカップ4回戦でミドルスブラと対戦。31日にはプレミアリーグ第11節の
    クリスタル・パレス戦を敵地で迎える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00363964-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/28(水) 17:45:30.03 ID:???*.net
    27日、イングランドではキャピタル・ワンカップの4回戦が行われ、アーセナルは2部に在籍する
    シェフィールド・ウェンズデイと対戦した。

    試合はシェフィールドのホームで行われた。『BBC』によれば、この日のシェフィールドの気温はおよそ10℃ほど。

    現地時間午後7時45分にキックオフということで、気温以上に冷え込んだのだろうか。
    アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はベンチコートを用意していた。

    試合はシェフィールドに2-0とリードされる苦しい展開であり、ヴェンゲル監督も険しい表情を見せていた。
    そして、用意していたベンチコートを羽織ろうとしていたその瞬間、ちょっとした“奇跡”が起きた。

    コートを着ようとするも、なかなか上手く着られないヴェンゲル監督。

    一度立ってコートを羽織ろうとしたのだが…次の瞬間、フードがヴェンゲル監督の頭にスポッ!これはミラクル!

    フードを被ることまではさすがに意図していなかったのか、ヴェンゲル監督はこの後すぐにフードを外す仕草を見せている。

    ヴェンゲル監督といえばベンチコートのファスナーと格闘を続けるなど、コートとは切っても切り離せない
    関係なのだが、また新たなエピソードが加えられた形である。

    ベンチコートを着ても険しい顔のヴェンゲル監督…。

    結局試合は3-0と敗れ、リーグカップで早くも敗退。さらには開始4分に
    アレックス・オックスレイド=チェンバレンが負傷交代し、セオ・ウォルコットが出場。
    しかしそのウォルコットも直後に怪我で交代するなど散々な結果となっている。

    https://vine.co/v/eYvFpld5L6V

    http://qoly.jp/2015/10/28/arsene-wenger-coat

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/28(水) 16:36:06.87 ID:???*.net

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    サッカーの名門リバプール(イングランド)を指揮するユルゲン・クロップ監督(48)がACミラン(イタリア)に
    レンタル移籍中の悪童ストライカー、マリオ・バロテッリ(25)の獲得に乗り出した。
    英紙「デーリー・スター」によると同選手を呼び戻すため、代理人と会談の場を設定したい考えだという。

     バロテッリは昨季リバプールで16試合1得点という不振に加えて、遅刻などの問題行動も多く
    前監督ブレンダン・ロジャーズ氏(42)から構想外とされて今季から古巣に条件付きで復帰。
    再び日本代表FW本田圭佑(29)と同僚になるも体調が上がらず、リーグ戦4試合1得点と
    輝きは取り戻せていない。

     しかし抜群の身体能力は健在で名将もそこに注目した模様。リバプール監督に就任したときから、
    昨季まで指揮を執ったドルトムント(ドイツ)で絶好調の日本代表MF香川真司(26)をはじめ主力選手を
    引き抜くと見られていた。だが、クロップ監督は、愛弟子たちよりも悪童ストライカーにご執心なようだ。

     ただバロテッリの周辺では騒動が絶えない。スピード違反で警察に免許を剥奪されたのをはじめ、
    レアル・マドリード(スペイン)を侮辱する内容をツイートしたり、肉体関係を持った40代の女性の
    私的な写真をSNSに投稿。削除要請を無視し、プライバシー侵害で訴えを起こされている。

     悪童ストライカーを引き受けるには相当な覚悟が必要だが、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」も
    リバプールのサポーターから復帰の待望論が出ているとし「クロップ監督ならば問題児を使いこなせるはず」
    と報じるなど、来年1月にもイングランドに舞い戻る可能性がありそうだ。
    .
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00000008-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 17:40:23.79 ID:???*.net
     
    マンチェスター・ユナイテッドGKビクトール・バルデスは、1月の移籍を希望している。
    スペイン人守護神は、プレミアリーグでのプレーを望んでいるようだ。

    ルイス・ファン・ハール監督との関係に問題があり、ユナイテッドで出場機会がないV・バルデスは、
    夏の移籍が実現しなかった。しかし、1月こそ新しいクラブを見つけるつもりだ。

    同選手の代理人であるヒネス・カルバハル氏が、スペイン『スポルト』でこのように話している。

    「マンチェスター・ユナイテッドが、ビクトールの移籍を認めてくれることを願っている。
    彼は完全にイングランドに適応した。よって、バルデスはプレミアリーグにとどまることを望んでいる。
    ただ、我々はほかのオプションに扉を閉ざしてはいない」

    「移籍市場が開くまで、あと2カ月ある。具体的なことはまだない。
    だが、マンチェスター・ユナイテッドを離れることを優先に考えている」

    1月に34歳になるV・バルデス。プレミアリーグでプレーする日は訪れるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000036-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ