サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/05/11(月) 18:11:25.35 ID:???*.net

    CB4OmEbUIAEZMgP


    日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)に正式オファーを出しているイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーが異例の“VIP待遇”を用意している。
    0―1と敗れた10日の鹿島戦で、武藤はノーゴールに終わった。注目の去就決断も“答え”が出ないままだったが、
    名門クラブは煮えきらない武藤に対して破格の好条件で決着をつける構えだ。

     3試合連続ゴールを逃し、チームも痛恨の黒星を喫した武藤は「ゴールが生まれなかったのが一番の反省。
    今日は運も味方しなかった」と悔しさをあらわにした。チェルシーへの回答も、当初は連戦が終わるこの日をメドにしていたが「まだ考えていない。
    焦ることはないし、特にこの1週間で何かを決めることはないし、そういう決まりもない」と結論を“先送り”した。

    FC東京の立石敬之GM(45)は、チェルシーへの返答について「そろそろ決めないといけない」としながらも「まだちょっとタイミングが早い。
    欧州はこれから監督が代わったりして編成も動いたりしていくから。代表(合宿)に行っちゃうんで、
    帰ってきてから」と拙速に決断を求めない方針。また、非公式ながら武藤獲得に興味を示す海外クラブが「結構ある」とし、
    かねて指摘されている通りドイツのマインツなどを含めて争奪戦に発展する雲行きだ。

    一方で、獲得に向け先手を打ちながら待たされ続けているチェルシーは、早期決着を図るべく異例の好待遇を用意している。
    欧州事情に詳しい代理人事務所の関係者によれば「チェルシーの武藤への高い評価は確かなもので、
    レンタルに出すにしても二流クラブではないようだ。他のリーグの強豪とか、日本人がいて環境的に溶け込みやすいクラブなど、
    早い成長が見込めるクラブをいくつも選択肢として用意していると聞く」。

    武藤がチェルシー移籍を決断した場合は、レンタルに出されることが確実。これまでオランダのフィテッセなどが“レンタル先”に挙がったが、
    本人が望むリーグやクラブでプレーできるように配慮する。候補には現在チェルシーが選手をレンタル移籍させているイタリアのフィオレンティナやACミランをはじめ、
    スペインやフランス、ベルギーのクラブから日本代表MF長谷部誠(31)とMF乾貴士(26)が所属するドイツのEフランクフルトも浮上。
    ビッグクラブならではのツテで多くの選択肢を用意し、武藤の希望を聞くというのは獲得への本気度がうかがえる。

    当初は査証取得や出場機会を考慮してチェルシー移籍に消極的だった武藤だが、名門クラブの熱意に心を動かされるかもしれない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/398473/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:44:23.87 ID:???*.net

    1752684_w2

     
    ペップ監督がプレミアリーグ参戦?マンCと仮契約報道

    2015年5月10日 18時52分デイリースポーツ

     プレミアリーグで指揮を執る可能性が報じられたグアルディオラ監督

     サッカードイツ1部リーグ、バイエルン・ミュンヘンのジョセプ・グアルディオラ監督が現チームを離れ、
    来季からマンチェスター・シティー(イングランド)で指揮を取る可能性が10日、浮上した。

     テレビ局Beinスポーツが伝えたところではグアルディオラ監督はマンチェスター・Cと年棒
    2200万ユーロ(約29億5000万円)の仮契約を結んだという。

     バイエルン・ミュンヘンは国内カップ戦で敗退したほか欧州チャンピオンズリーグ準決勝の第1戦で
    バルセロナに3-0と敗れ決勝進出が難しい状況。グアルディオラ監督自身はあと1年残っているドイツ
    クラブでの契約を全うする姿勢をこれまで何度も示している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/10096046/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 18:05:48.02 ID:???*.net
     
    チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称え、驚かせている。
    スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。

    チェルシーは、10日に行われるプレミアリーグ第36節でリヴァプールをホームに迎えて対戦する。

    モウリーニョ監督は同試合に向けた会見で、
    6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグのバイエルン戦で、2得点を決めたメッシについてコメントした。

    「メッシは唯一だ。いつも違いを生み出す。彼といっしょならば、どんな偉大なチームもチャンピオンズリーグに勝つことができる」

    かつてレアル・マドリードの指揮官として、バルセロナ、そしてメッシと対戦し、敵対していたモウリーニョ監督。時が経ったとはいえ、
    最大のライバルを同監督が称えるとは、誰も想像していないことだった。

    「メッシは私が相手にした最も危険なライバルだった。彼と対峙する度に、何時間も何時間もどうコレクティブに彼を封じるかを考えていた。
    もう彼をマンマークすることは不可能だったんだ」

    モウリーニョ監督はレアル・マドリードの退団時にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの不仲がささやかれていた。
    その影響もあり、今シーズンのプレミアリーグを制した同監督は、メッシを称えたのかもしれない。

    2015.05.09. 13:37
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150509/310722.html

    no title

    続きを読む

    1351842_heroa
    チェルシーは10日、プレミアリーグ第36節でリヴァプールとホームで対戦する。ジョゼ・モウリーニョ監督にとって、プレミアリーグでMFスティーブン・ジェラードと対戦するのはこれが最後だ。チェルシーの指揮官はリヴァプールのキャプテンに賛辞を送った。

    シーズン後のロサンゼルス・ギャラクシー移籍が決まっているジェラードとの最後のプレミアでの対戦を前に、モウリーニョ監督は次のように語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    「ジェラードが私の大好きな敵の一人だったことは確かだ。私をより優れた監督にしてくれた選手の一人であることは間違いない。彼を止めること、止めようとすることは、とても、とても難しかったからね」

    モウリーニョ監督は前回チェルシーを率いていた際にジェラードの獲得を狙ったが、インテルやレアル・マドリーでも同選手を欲しがったと認めている。

    「私はチェルシーに彼を加えようと試みた。インテルでも、マドリーでもね。だが、彼はずっと私の大好きな敵だった」

    「彼らのフィーリングは永遠に続くと思う。いつか、リヴァプールの監督になったスティーブンと私が対戦するかもしれないね」

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 13:52:07.86 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニは、
    元監督のデイビッド・モイーズ氏が解任されたときに涙を流したと明かしている。

    エヴァートンでモイーズ氏の指導を受けたフェライニは、2013年夏にユナイテッドに加入した。
    アレックス・ファーガソン氏の引退でユナイテッドの指揮官に就任した恩師を追ったフェライニだが、
    ユナイテッドは低迷し、モイーズ氏はシーズン終了を待たずして解任の憂き目に遭っている。

    フェライニは『So Foot』の中で、恩師の解任に心を痛めたと明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    「彼が去ったときは悲しかった。エヴァートンに敗れた後、僕らはメディアで(モイーズ氏の解任の噂を)耳にしていたんだ。
    事実どうか分からなかった。そして次の日、練習場で彼がジャージじゃなく、スーツを着ていたのを見て思ったんだ。終わりだ、とね」

    「おかしな感じだったよ。食事をしてから、監督は僕をオフィスに呼んで、(解任を)知らせてきた。これがサッカーなんだ。
    泣いたよ。普通のことだ。僕は人間なんだよ。彼と6年仕事をしてきたんだ。彼は2番目の父親というわけじゃない。でも、それに近いものだ。すごく助けてくれた人なんだよ」

    モイーズ氏と同じように、フェライニもユナイテッドでの1年目は苦しみ、批判を浴びせられた。

    「チームも良いパフォーマンスをしておらず、僕はスケープゴートにされた。すべてがフェライニの責任だったんだ。
    そういう(批判の)すべてに気を配ると、沈んでしまう。あらゆる面で壊された」

    昨年夏に移籍が取りざたされたフェライニだが、最終的にはルイス・ファン・ハール監督が率いるチームに残った。

    「(ファン・ハール)監督が来たときに、難しくなることは分かっていた。昨季の僕はスケープゴートにされていたからね。
    でも、言い聞かせたんだ。失うものは何もないとね」

    「ワールドカップが終わって、今季の最初に監督と話した。僕のポジションには多くの選手がおり、自分を証明できるかどうかは自分次第だと言われたよ。
    でも、何度か練習してから、僕はうまくいくと感じていたんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000007-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/08(金) 08:13:17.45 ID:???*.net

    E383A9

     
    FC東京の武藤嘉紀が、イングランド・プレミアリーグのビッグクラブ、チェルシーからのオファーを見送る方針を固めたことがわかった。
    武藤獲得には、ドイツ・ブンデスリーガのマインツなども本格参戦していると報じられており、海外のサッカーファンも関心を寄せている。

    海外のフォーラムでは当初より、名門チェルシーへの移籍には「出場機会に恵まれないのでは?」との意見が多かった。
    そのため、チェルシーからのオファーを断った武藤には「賢い選択」「彼にとっても良い決定だ、

    成長中の選手がチェルシーのベンチウォーマーになるのは残念だからね。成長が止まってしまう」
    「ビッククラブにはヨーロッパで地位を確立してからでも遅くない」「とにかくこれ以上才能ある選手がチェルシーのベンチで腐るのは見たくないんだ」などと、

    彼の選択を支持する意見が圧倒的だった。

    一方、マインツとの交渉が始まったとする報道には、「マインツには岡崎やク・ジャチョルのようなアジアの選手が活躍している。
    武藤を獲っても驚かない」「チェルシーを蹴ってマインツというのはいい度胸だ。幸運を期待するよ」「ドイツで上手く行きそうな選手だね」

    「自分の運命をコントロールできているね。ずっとレンタル生活になるよりいいと思う」「本当にキャリアを考えた武藤の選択は論理的だよ」
    などと支持する声が多く寄せられた。

    ブンデスリーガでは、これまでにも多くの日本人選手が参戦し活躍してきた。
    そうした過去の実績から、武藤もブンデスリーガに移籍したほうが活躍できる、との考えが大勢を占めているようだ。

    2015年5月7日 21時35分
    http://news.livedoor.com/article/detail/10087276/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/07(木) 20:33:11.89 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドは7日、
    来季に向けて、PSVのオランダ代表FWメンフィス・デパイを獲得したと発表した。
    今夏の移籍市場が開き、メディカルチェック終了後に移籍成立となる。

    PSVユース出身のデパイは2011年にトップチームに昇格し、2012年2月にプロデビュー。
    ここまで、公式戦122試合に出場し、49得点を挙げ、今季は7年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。

    ゲキサカ 5月7日(木)20時27分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150507-00515571-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:18:23.01 ID:???*.net

    441125_heroa
     
    チェルシーは今季のプレミアリーグで優勝を確定させた。

    イングランドに戻った初年度でリーグを制したMFセスク・ファブレガスは、
    ジョゼ・モウリーニョこそが今までともに働いた監督の中でナンバーワンだと話している。

    チェルシーは先週末のプレミアリーグで、クリスタル・パレスに1-0で勝利。3試合を残して優勝を決めた。
    この優勝に貢献したのが、今季からチームに加わったセスクだ。ここまでリーグ戦32試合に出場と、チームを支えてきた。

    バルセロナ退団が噂されていた昨夏には、古巣のアーセナルに戻るのではないかと言われていた。
    だが、アーセン・ヴェンゲル監督が獲得に動くことはなく、同じロンドンのライバルの青いユニフォームに袖を通すことになった。

    イングランドのほか、リーガエスパニョーラでも栄光を味わったセスクは、指揮官の力量を強く感じている。イギリス『ミラー』が、セスクのコメントを伝えている。

    「モウリーニョはとにかく勝つことが好きなんだ。一緒にプレーしてきた他の監督がそうではないとは言わないけれど、僕が一緒に働いてきた他の誰をも上回る鋭さがある」

    ヴェンゲルのほか、バルサではペップ・グアルディオラ現バイエルン監督とともにタイトルを獲得してきたが、彼らとはまた違うものをモウリーニョから感じているようだ。

    「毎回の練習や試合で、気持ちが表に出る。彼がこれまでのキャリアでどうして勝ってこられたのか、今なら理解できる」

    「モウリーニョは100%間違いなく魔法のタッチを持っている。どうやってチームをマネジメントすればいいか知っているし、
    どうやって選手のベストを引き出せばいいかが分かっている。それこそ監督に求められることだ。100%の監督だね」

    チェルシーは現在、3位アーセナルに勝ち点13差をつけている。

    GOAL 5月5日(火)16時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000013-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 22:59:48.20 ID:???*.net
    チェルシー、マンC、PSGが本腰

     ユベントスのMFポール・ポグバの移籍先はチェルシー、
     マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンの3つに絞られたと、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じた。

     ポグバは、今夏の移籍市場で注目を集める一人だ。
     移籍金は130億円以上と見られ、現地では「1億ユーロの男」と表現されることも多い。

     しかし、その卓越したスキルから、いまや世界最高のミッドフィルダーとの呼び声も高く、多くのビッグクラブが獲得に強い関心を寄せていた。

     ユベントスは、2日に行われたリーグ戦第34節サンプドリア戦で1-0の勝利を収め、セリエA4連覇を決めた。
     5日にUEFAチャン ピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリード戦を控えているが、リーグ戦が一段落したことで再びスポットはポグバの去就に当てられているという。

     今夏での移籍先は、3つに絞られたと伝えられている。1つ目のクラブは3日に5季ぶりのリーグ優勝を成し遂げたチェルシー。
     シーズン後半戦は、要のMFセスク・ファブレガスをトップ下で起用する機会が増加し、ボランチに据えるワールドクラスを探し求めてきた。
     そのプレミア王者は、ポグバに焦点を定めているという。

     2つ目のクラブはマンC。今年に入って大失速を喫した昨季プレミア王者は、来季に向けて大改革に着手するという。
     これまで中盤で確固たる地位を築いていたMFヤヤ・トゥーレの退団が濃厚視されている。
     その後任としてセリエAのス ーパースターの獲得に乗り出すと、言われている。

     そして、3つ目のクラブはPSG。CL準々決勝でチェルシーを撃破するも、準決勝でバルセロナに完敗。
     悲願の欧州制覇を実現させるべく、ポグバに対し、他クラブ以上の巨額投資に踏み切るもようだ。
     一部のメディアでは既にユベントスに7500万(約135億円)でオファーを提示済みとも報じられている。

     全世界が注目する22歳のフランス人が、今夏の移籍市場において主役となることは間違いないだろう。

    Soccer Magazine ZONE web 5月4日(月)10時27分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150504-00010002-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ