サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    449775_heroa


    スペイン、リーガ・エスパニョーラのRマドリードが今季終了後に
    アルゼンチン代表MFアンヘル・ディマリア(26)=マンチェスターU(イングランド)=を復帰させたい意向を持っているようだ。

    英紙「デイリー・エクスプレス」が6日、報じた。

     レアルのアンチェロッティ監督はウェールズ代表MFガレス・ベイル(25)を放出するプランがあり、
    同じポジションにディマリアを呼び戻そうとしているという。

    また、マンチェスターUは守備陣の補強が急務で、
    オランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディ(22)=ポルト(ポルトガル)=の獲得を狙っているという。」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000200-sph-socc

    続きを読む

    no title



    イングランド・プレミアリーグのマンチェスターCはドイツ代表MFマルコ・ロイス(25)=ドルトムント(ドイツ)=にメガオファーを提示しそうだ。ドイツ紙「ビルト」が4日、報じた。

     少なくとも2500万ユーロ(約35億5200万円)以上の移籍金を提示する予定。

    ロイスには今夏にリバプール、マンチェスターU(ともにイングランド)、バイエルン(ドイツ)、バルセロナ(スペイン)など欧州の名門クラブが獲得に興味を示していた。

    そこにマンCも参戦するという意志を見せるようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000076-sph-socc

    続きを読む

    B1bGJ-HCMAAWJqH


    プレミアリーグ第10節マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドは
    現地時間の2日行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。
    ユナイテッドは、この敗戦で今季3勝4分け3敗、勝ち点は13とし、9位に順位を落とした。

    批判の多かった昨季のデイビッド・モイーズ体制の同時期と比べると、
    モイーズ・ユナイテッドは5勝2分け3敗の勝ち点17。
    実は現体制よりも結果を出していた。

    MFアンヘル・ディ・マリア、DFルーク・ショーら、100億円を超える大型補強に乗り出したユナイテッドだったが、
    ここまでは完全に期待を裏切る結果となっている。

    このスロースタートはアレックス・ファーガソン体制が始まった1986年に次ぐ悪い成績。
    1986-1987シーズンは2勝2分け6敗、現在の勝ち点に換算すると8だった。

    さらに屈辱はこれだけで終わらない。この敗戦でマンチェスター・ダービーはシティに4連敗。
    これは1970年以来44年振りの出来事だ。

    ルイス・ファン・ハール監督もいよいよ尻に火がつき始めるか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9426149/

    ファン・ハール監督が今夏の“270億円補強”も戦力に不満 「まだバランスが取れていない」
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140914-00010002-soccermzw-socc

    関連スレ
    [転載禁止] 【サッカー/プレミア】第10節 マンチェスターダービーはアグエロ弾でシティ制す 
    ユナイテッド、スモーリング背信退場[11/02](c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1414942086/

    続きを読む

    p32a


    ■「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない」

    監督の成功には、チームの主力と共にスタッフの活躍が付き物。「スペシャル」が代名詞のジョゼ・モウリーニョも例外ではない。
    昨夏に復帰を果たしたチェルシーには、母国ポルトガル時代からの忠誠心旺盛なチームスタッフ2名が帯同している。

    GK担当のシルビーノ・ロウロと、フィットネス担当のルイ・ファリアだ。
    彼らの肩書きが、前回チェルシー時代の「GKコーチ」と「フィットネス・コーチ」ではなく「アシスタント・コーチ」である事実からは、
    再招聘されたモウリーニョの発言権と、両者に対する指揮官の敬意が窺える。

    特にファリアは、モウリーニョの信頼が最も厚い補佐役だ。監督とスタッフとしての始動開始は、ロウロのポルト時代よりも古いウニオン・レイリア時代に遡る。
    2001年以来の「片腕」を、モウリーニョは「メソドロジー(方法論)のスペシャリスト」と呼ぶ。

    ここで言う「方法」とは「モウリーニョ流」に他ならない。その1つが、「ボールありき」の練習法。
    モウリーニョ語録の中には、「ピアノの名手は練習でピアノの周りを走ったりはしない。腕を磨くためにはピアノを弾く。

    同じく、サッカーの名手になるための最善の練習方法はサッカーをすることだ」という発言があるが、
    これはモウリーニョのポリシーであると同時にファリアの持論でもある。ファリア自身は次のように表現している。

    「私が指導するのはサッカー選手であって、マラソン選手ではない。だから、同じペースで2時間走り続けるような練習メニューなど必要ないんだ。
    彼らに求められるのは、必要な時にボールをコントロール下に置きながら走ることさ」

    またモウリーニョは、対戦相手に応じて綿密に組まれた練習メニューを「言われたからこなすのではなく、最適なメニューだと選手に自覚してもらった上で消化させる」
    ことを基本とする。この点に関してもファリアは貢献する。

    ■フィットネス指導の域を越える“スペシャル・ツー”

    チェルシーでの前回モウリーニョ体制当時、クラブの歴史を知る元選手として助監督を任されたスティーブ・クラークは、
    「短時間だが高密度の練習メニューを熱烈に指導するポルトガル人スタッフの姿勢に目を見張った」と言っていた。

    勝利にこだわる指揮官が次の試合に勝つために組んだメニューを、「勝つためには次のセッション、次のエクササイズをこなすことが不可欠だ」と、
    選手たちに説きながら指導していたスタッフの代表格が、当時はまだ29歳のファリアだった。

    過去には、「モウリーニョ流」での勝利に懸けるファリアの情熱が、試合会場でオーバーヒートしてしまったこともある。
    昨季終盤のサンダーランド戦、モウリーニョに抑えられていなければ、審判に飛びかからんばかりの勢いで判定に激怒した姿は記憶に新しい。

    04年からのモウリーニョ体制プレミアリーグ戦ホームゲーム無敗が途絶え、昨季の優勝争いで手痛い敗北を味わった一戦での暴走だった。
    今季も、アーセン・ヴェンゲル監督がモウリーニョに手を出した先のアーセナル戦で、敵軍助監督のスティーブ・ボールドと口頭で激しくやり合っている。

    誉められた行動ではないが、共に闘い、仲間のためには危険を顧みない12歳年下の「アシスタント」に、モウリーニョはかつての自分と同じ匂いを嗅ぎ取っているのだろう。
    実際、ファリアは指揮官と最も密なチームスタッフだ。対戦相手の偵察や、レンタル移籍中の若手の観察に赴く際には、往々にしてスタンドの隣席にファリアの姿がある。
    運転手を兼ねて帯同することさえある。

    チェルシー帰還後のモウリーニョは、本職であるフィットネス指導の域を越えて貢献し続けるファリアを、「スタッフの中でもやはり特別な存在だ」と認めている。
    そして、「我がメソッドの完璧な理解者であり、彼の協力があるからこそ私なりの練習メニューがある」と評価している。

    ビッグゲームでの様々な局面でさえも、練習で“リハーサル済み”であることが多い“スペシャル・ワン”。
    頼れる補佐役であり続けるファリアは、差し詰め“スペシャル・ツー”といったところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141031-00010009-footballc-socc

    続きを読む

    544041_heroa


    プレミアリーグ(イングランド)第10節
    2014年11月2日(日)
    キックオフ:22:30 / 試合会場:エティハド・スタジアム

    マンチェスター・シティ 1-0 マンチェスター・ユナイテッド
    (前半0-0)

     得点者(マンチェスター・シティ):
      セルヒオ・アグエロ(後半18分)

    ※前半39分 累積警告の為退場:クリス・スモーリング

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625853

    続きを読む

    720p-185472516
    総額約150億円の大型補強をしながら、3勝5分け1敗の5位とスタートダッシュに
    失敗したアーセナルの周辺が騒がしい。

     英タブロイド紙が報じているのは、今シーズン終了後の政権交代の可能性で、
    アーセン・ヴェンゲル監督に代わる後任監督の具体的な名前も伝えている。

     無冠に終わり、かつチャンピオンズ・リーグの出場権(4位以内)も逃した場合、ヴェンゲルは辞任。
    現在、カルロ・アンチェロッティ監督の下でレアル・マドリーのアシスタントコーチを務める
    ポール・クレメントに指揮権を譲ることで、ヴェンゲルも合意したという。

     イングランド人のクレメントは、チェルシーの育成部門でコーチのキャリアを始めた人物で、
    アンチェロッティがチェルシーのトップチームを率いた時にアシスタントコーチに抜擢され、
    以後、パリSG、R・マドリーとイタリア人指揮官に従い補佐官を務めている。

     一方、約60億円の移籍金で加入した今シーズンの補強の目玉、アレクシス・サンチェスが
    チームに対して不満を募らせていると伝えたのは、チリの『ラ・テルセラ』紙だ。
    チームメイト、とくにメスト・エジルの貢献度の低さに苛立っているという。

     17年連続チャンピオンズ・リーグ出場中と、最後にはきっちりと帳尻を合わせるのが
    ヴェンゲルの真骨頂だが、19年目を迎えた長期政権の行く末が気になるところだ。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=6020

    続きを読む


    日本が最多の9社…マンUのスポンサー企業30社が明らかに

    2010年11月にスポンサー契約を締結したエプソンの碓井社長と当時の監督であるファーガソン [写真]=Getty Images
    no title


     イギリス紙『メトロ』は、マンチェスター・Uを支援するスポンサー企業のうち、30社のリストを明らかにした。

     全世界的に人気があるマンチェスター・U。そのため、欧州だけでなくアジアや、
    チームの代表であるグレーザー・ファミリーの母国であるアメリカなど、
    多くの国の企業から支援を受けている。中でも日本は最多で、
    約3分の1となる9社が名前を連ねた。『メトロ』が伝えたスポンサー企業30社は、以下のとおり。

    ■グローバル・スポンサー
    アベンゴア(スペイン/エネルギー、通信等)
    アエロフロート(ロシア/航空)
    Aon(アメリカ/保険)
    ブローバ(アメリカ/時計)
    Bwin(ジブラルタル/ブックメーカー)
    カンパリ(イタリア/酒造、販売)
    シボレー(アメリカ/自動車)
    コンチャ・イ・トロ(チリ/ワイン製造)
    DHL(ドイツ/運輸)
    エプソン(日本/電気機器)
    関西ペイント(日本/塗料製造、販売)
    ナイキ(アメリカ/スポーツ用品)
    日清食品(日本/食品加工)
    シンハ(タイ/酒造、販売)
    東芝メディカルシステムズ(日本/医療機器)
    ヤンマー(日本/発動機・船舶等製造、販売)

    ■地域スポンサー
    アポロ(インド/タイヤ)
    チョア製薬(韓国/製薬)
    ユーロフード(イタリア/食品)
    フェデラル(台湾/タイヤ)
    グループス(日本/ソーシャルゲーム開発)
    本田技研工業(日本/自動車・バイク製造、販売等)
    香港ジョッキークラブ(香港/競馬競技団体)
    カゴメ(日本/飲料・食品等)
    万田発酵(日本/健康食品)
    ムルティストラーダ(インドネシア/タイヤ)
    オットゥギ(韓国/食品)
    ペプシコーラ(アメリカ/飲料)
    ユニリーバ(オランダ、イギリス/家庭用品)
    ワハハ(中国/飲料)

    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20141030/246158.html

    続きを読む

    no title


    リバプールは、ボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイス獲得に迫っている。英現地紙「メトロ」が報じた。

    リバプールは、これまでも度々、ロイスへの関心を示してきた。このドイツ代表がドルトムントとの契約延長を拒否したことで、獲得に本腰を入れているというのだ。

    ロイスは2カ月前にも新契約を拒んでいたが、ドルトムントはこの才能あふれるウインガーの心変わりを期待し、説得を試みていた。
    しかし、その試みは失敗に終わったと言われており、ドイツ代表MFがチームを去ることは確実視されている。

    このニュースにいち早く反応したのが、リバプールだった。ロイスを補強ターゲットの最上位として獲得レースに参戦していたレッズは、
    3200万ポンド(約55億円)を準備していると伝えられている。このアタッカーを確保するための移籍金としては十分だが、
    選手サイドは週給18万ポンド(約3096万円)の高額年俸を要求しているとも言われている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141030-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ