サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    393E383A5E383BC

    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、
    昨シーズン低迷したユナイテッドはバランスの悪いチームになっており、引き継ぐのは簡単なことではないと主張している。

    26年間にわたる長期政権で大きな成功を収めたサー・アレックス・ファーガソン元監督が昨年夏に勇退し、
    デイビッド・モイーズ氏が新監督に就任。ファーガソン氏の後を継ぐのは非常に難しい仕事だと予想されたが、
    その通り苦戦を強いられたモイーズ氏は、成績不振のためシーズン最後の4試合を残して解任される結果に終わった。

    モイーズ氏からチームを引き継ぐのは、ファーガソン氏から引き継ぐのに比べれば容易なのではないかとの会見での質問に、
    ファン・ハール監督は次のように答えたとイギリス複数メディアが伝えている。

    「いや、それは同意できない。私はバルセロナでボビー・ロブソンが3つのタイトルを獲得した後を継がなければならなかったが、問題はなかった」

    「成功を収めたときには、非常に良いメンバーがそろっているということだ。今私が引き継がなければならないチームは壊れていたと思う」

    現在のチームには「10番」が多すぎるとも先日コメントしており、MF香川真司らの放出を考えているのではないかとも報じられるファン・ハール監督。
    現在のチームはバランスが取れていないと改めて語った。

    「チームを見てみればクオリティーは十分にある。(ウェイン・)ルーニーや(ロビン・)ファン・ペルシ、
    (ハビエル・)エルナンデスや(ダニー・)ウェルベックがいるが、ほかにもフアン・マタや(マルアン・)フェライニも、(アンデル・)エレーラもいる」

    「同じポジションでプレーできる選手が大勢いるということだ。
    バランスは取れていない。素晴らしい状況のチームを引き継ぐよりも、難しい状況を引き継ぐ方が難しいものだ」

    GOAL 7月29日(火)16時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000018-goal-socc

    続きを読む

    no title

    フェライニがナポリと接触、交渉開始へ…マンUは約48億円要求か

    日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニがナポリと接触し、
    移籍に向けた会談の場を持った。イギリス紙『デイリーメール』が28日に報じている。

    同紙は、フェライニがナポリの代表者と会談したと報道。
    マンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督がフェライニの売却を希望していることに言及したうえで、
    暫定的な移籍交渉が始まっていると報じた。

    報道では、マンチェスター・Uは移籍金2750万ポンド(約47億6000万円)での売却を希望しているものの、
    ナポリ側はレンタル移籍での獲得の可能性も見出したい意向だと伝えられている。

    フェライニは1987年生まれの26歳。2008年から2013年までエヴァートンでプレーし、
    2013-2014シーズンからマンチェスター・Uに所属している。
    同シーズンは、プレミアリーグで19試合に出場して無得点に終わった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00215743-soccerk-socc

    続きを読む

    757c282a-s

    長友所属のインテル戦は、香川のユナイテッド残留を賭けた一戦に
    14/7/29 10:41

     英紙『THE INDEPENDENT』は29日、マンチェスター・ユナイテッドがベルギー代表MFマルアン・
    フェライニと日本代表MF香川真司が、ルイス・ファン・ハール監督から余剰戦力とみなされていることを指摘した。

     ファン・ハールは、フェライニをナポリに放出する可能性が高いと報じている。また、香川に
    ついては、古巣であるドイツのドルトムントが獲得に乗り出すとしており、今夏にもオールド・
    トラフォードを去る可能性が指摘されている。

     今シーズン、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を逃しているユナイテッドは、この夏中に
    チームを縮小するようだ。ファン・ハール監督は、LAギャラクシー戦後に「我々には10番が多す
    ぎる」と話しており、トップ下は人員整理の対象となっている。その中で、香川はプレシーズン
    マッチではボランチで起用されており、2列目の戦力として計算されていない。

    『THE INDEPENDENT』紙は「香川は最初の2試合で、即座に存在感を示すことはできなかった。
    その中で、第3戦目となるインテル戦を火曜日の夜に迎える」と、日本代表DF長友佑都の
    所属するインテル戦がチーム残留のカギを握ると指摘している。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?144038-144038-fl

    続きを読む

    ROONEYiseki

    ファンハール監督、香川をパサーで評価…視野の広さを披露

    ギネス杯・A組 マンチェスターU3―2ローマ (7月26日 米コロラド州デンバー)
    ローマ戦で攻め込むマンチェスター・ユナイテッドの香川(左)

     マンチェスターUのファンハール監督は香川をパサーとして評価した。

     気温30度以上のコンディションに不満を示した上で「マタやエレーラ、香川はチームの
    ベストパサーだが、この日は悪かった。気温のせいだろう」と話した。ライバルのマタは
    左足で技ありの2点目を決め、エレーラは3点目のPKを誘うパスを披露。香川も後半
    15分に左サイドでパスを受けると反転してドリブル。逆サイドのヤングにロングパスを
    配球する視野の広さを見せた。英紙デーリー・メールの採点はマタが7点、エレーラと
    香川は6点だった。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/07/28/kiji/K20140728008645600.html

    続きを読む

    757c282a-s
    ルイ・ファン・ハール新体制となったマンチェスター・ユナイテッドにおいて、
    ロサンゼルス・ギャラクシー戦、ローマ戦と2試合連続ボランチでの途中出場となった香川真司。
    不慣れなポジションでの起用はどんな意味を持つのか――。

    27日放送、日本テレビ「Going! Sports&News」では「香川ピンチ!マンU戦力外!? W杯後初試合でまさか・・・」と題し、
    現地メディアの報道ではクラブ放出の可能性すら伝えられている香川の現状について、
    香川在籍時のセレッソ大阪で監督を務めた都並敏史氏がコメントを寄せた。

    ギャラクシー戦ではペナルティエリア内でトラップミスを。
    ローマ戦では相手選手の突破を許すなど、不本意なプレーが続いた香川に、都並氏は開口一番

    「ボランチではちょっと難しいかなと僕は思います。守備力が足りな過ぎる」とキッパリ。

    すると「移籍すればいい、何も恥ずかしいことはない」と香川の移籍を勧めた都並氏。
    「別に香川が悪いわけではないんですよ」と前置きすると、
    「香川がボランチで勝負したら、ボランチではもっといい選手が沢山いますから。
    そんな勝負する必要ないから」と、その真意を述べると

    「香川が輝ける場所に行けばいいだけで自信をもって行動すればいい。
    それが日本のためになる」と悩める日本のエースにエールを送った。

    2014年07月28日18時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9088635/

    続きを読む

    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 22:16:07.86 ID:???0.net
    香川はパワーヒッター!?同僚とMLB観戦


    マンU公式ツイッターにアップされた香川らの写真
    no title


    欧州クラブによる「国際チャンピオンズ杯」で米国に遠征中のマンチェスターUの日本代表FW香川真司(25)が26日、
    同僚ヤングらとメジャーリーグの球場を訪れた。

    同日、マンUはローマとの試合に3-1で勝ち、香川も後半に途中出場した。
    試合後の時間を利用し、近くのロッキーズの本拠地クアーズフィールドを訪れた画像が、
    マンUとロッキーズの公式ツイッター(短文投稿サイト)にアップされている。

    香川はベンチに座ったり、フィールド上でオッタビーノ投手とユニホームを交換したようだ。
    さらには、選手ロッカーにも行ったようで、ヤングと2人が黒いバットを構える画像もアップされている。

    香川はしっかり脇を締め、あごを引いて構えている。
    バットをグリップエンドいっぱいまで長く握っているあたりから、パワーヒッターにも見える。
    少なくとも、写真から判断するとヤングよりは打撃センスがありそうだ。

    香川が訪れたクアーズフィールドといえば標高が高く打球が飛びやすいため、投手不利といわれてきた球場。
    そんな厳しい条件下で、96年に野茂英雄(当時ドジャース)がノーヒットノーランの偉業を達成している、思い出の地でもある。

    [2014年7月27日20時35分]
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140727-1341607.html

    続きを読む

    757c282a-s
    ファンハール監督がローマ戦で後半から出場の香川を評価 「いいパスを出していた」

    「マタとエレーラはベストなプレー。同様に香川もいいプレーを見せた」
     マンチェスターUのルイス・ファンハール監督は26日(日本時間27日)の
    親善試合ギネス・インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ギネス杯)
    のASローマ戦で後半開始からボランチで出場した日本代表MF香川真司のパフォーマンスを評価した。
    「マタとエレーラはベストなプレーをした。同様に香川もいいプレーを見せてくれた。いいパスを出していた」
    3-2でイタリアの強豪を下した指揮官は試合後、こう語った。
    前半で交代となったスペイン代表MFファン・マタは1得点1アシストと活躍。
    香川と交代で下がるまで左ボランチでプレーした新加入MFアンデル・エレーラも順調な適応を見せている。

    本来はトップ下が適職の香川だが、今季ファンハール監督から2試合連続でボランチで起用されており
    、縦パスなど攻撃面で評価をされている。

    ブラジルワールドカップでは期待された活躍を見せられず、
    地元メディアからも放出の可能性を報じられるなど苦境に直面しているが、
    今は与えられたポジションで結果を出していくしかない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140727-00010001-soccermzw-socc#!bnpkku

    続きを読む

    757c282a-s

    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、
    日本代表MF香川真司の放出を本格的に考えているのかもしれない。

    ファン・ハール監督は23日のLAギャラクシー戦後の会見で
    「我々には10番が多すぎる」と発言。このことが、香川を放出するのではという憶測に拍車をかけている。

    『talksport』は候補はMF香川真司とMFフアン・マタだとし、
    「どちらを売るべきか」との見出しを付けて報道。

    2人を比較した記事では、昨年1月に加入したマタは15試合で6得点を記録。
    対する香川は昨季は悲惨なシーズンに終わったとし、厳しい立場にあるとしている。

    ゲキサカ 7月26日(土)12時36分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-00137600-gekisaka-socc

    続きを読む

    159894644-500x332

    ドログバ、チェルシー加入決定
    GOAL 7月26日(土)6時45分配信

    チェルシーは25日、FWディディエ・ドログバ(36)と1年契約を交わしたことを発表した。

    2012年にチェルシーを去ったドログバは、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ優勝に貢献するなどして、
    ファンの記憶に残っている。そのレジェンドが再びチームに戻ってくることになった。

    2013ー14シーズン終了をもってガラタサライを退団したドログバは、ユヴェントス加入などが取りざたされていたが、
    古巣に戻ることが決まっている。

    クラブの公式サイトで、ドログバが次のように話した。

    「簡単な決断だった。もう一度、ジョゼ(・モウリーニョ監督)とともに働く機会を逃すことはできなかったね。
    このクラブとの関係が特別だということはみんな知っている。ずっと我が家のように感じてきたよ」

    「勝利への欲求はまだ同じだ。チームを助ける機会を楽しみにしている。キャリアの新しい章にわくわくしているんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-00000035-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ