サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 18:58:25.60 ID:???*.net

    no title

     
    いきなり波乱が起こったプレミアリーグ開幕戦。優勝候補アーセナルを敵地で2-0と敗ったのは、伏兵ウェストハムだった。

    ヨーロッパリーグ予選に参加した関係で始動が早く、すでにコンディションができあがっていたとはいえ、スラベン・ビリッチ新監督が率いたウェストハムの戦いぶりは見事のひと言だった。

     そして、そんなチームでひときわ高く評価されたのが、中盤のアンカーマンとしてプレミア初出場を飾ったリース・オックスフォード。

    この日、16歳237日というクラブ史上最年少デビュー記録を打ち立てた同選手は、なんと1998年12月16日生まれ。

    ビリッチ監督がハマーズのDFとしてカルト的な人気を博した時期(1996~97年)や、クロアチア代表の一員として活躍した1998年フランス・ワールドカップの頃には、まだ生まれてもいなかったのだから驚きだ。

     U-17イングランド代表のオックスフォードはウェストハムのアカデミー出身で、「リオ・ファーディナンドの再来」と呼び声が高いセンターバック。

    マンチェスター・Uやチェルシー、それこそデビュー戦の相手だったアーセナルも引き抜きを狙い、成長を見守っているとされる逸材だ。

     ビリッチ監督はプレミアリーグ開幕前のEL予選ですでにオックスフォードを試していたが、それで手応えを感じたのだろう。

    この日もアーセナルの強力な攻撃陣を抑えるべく、「4バックの前に“第3のCB”を置きたかった」という理由で同選手を開幕スタメンに大抜擢した。

     この起用が大当たりだった。オックスフォードは若さをまったく感じさせない落ち着きぶりで、マッチアップしたドイツ代表MFメスト・エジルにまったく仕事をさせなかった。   

    イギリス紙の『デイリーメール』や『デイリーミラー』などは、攻撃の中心として輝いたディミトリ・ペイェと並んでオックスフォードに軒並み高採点を付けている。

    さらに、イギリスメディア『BBC』はオックスフォードのパス成功率がピッチ上で最高の95パーセントで、ボールロストもわずか1回だけだったというデータを示し、マン・オブ・ザ・マッチに選出。

    同選手は守備面だけに留まらず、指揮官が期待した以上の大仕事をやってのけたのだ。

     試合後、ワールドカップ王者の司令塔をシャットアウトした16歳の少年について、ビリッチ監督は上機嫌でこう語った。

    「もしメッシが私の前にいたら、私はリースよりも慌ててしまうだろうね」

     たとえリオネル・メッシが相手でも、落ち着いてプレーできる-。この上ない賛辞だろう。

     ウェストハムは現在、昨シーズンにローンで獲得して大活躍したMFアレックス・ソングを再度バルセロナから獲得しようと動いている。だが、もしソング獲得に失敗したとしてもオックスフォードが穴を埋め、このまま中盤の底に居座るかもしれない。

     次節、ウェストハムがホーム開幕戦で迎える相手はレスターである。長身で、屈強で、冷静沈着な“驚異の16歳”は、岡崎慎司にとってもなかなか厄介な相手になりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150810-00339129-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 01:09:11.10 ID:???*.net

    aefaefee0307

     
    8日に行われたチェルシーVSスウォンジーの一戦。ジョゼ・モウリーニョ監督がMFエデン・アザールの治療に向かったメディカルスタッフのエヴァ・カルネイロに苦言を呈した問題で、多くのサポーターはモウリーニョが間違っていると考えているようだ。

    モウリーニョはアザールが重傷ではなく、疲れていただけだと発言。クルトワの退場で10人だったことを考えても、カルネイロは治療に行くべきではなかったと考えている。しかし、チェルシーサポーターからはカルネイロを擁護する発言が出ているようだ。

    『デイリー・ミラー』によると、サポーターはモウリーニョの判断が間違っていたと考えており、カルネイロのFacebookに次のような励ましの言葉を送っている。

    「ジョゼは医者ではない。アザールをサポートするためにも、正しい判断だった。チェルシーのサポーターはあなたを愛している。モウリーニョに代わって謝るよ。申し訳なかった」

    また、QPRなどで長くメディカルスタッフを務めるブライアン・モリス氏も、カルネイロの行動を支持している。

    「彼女はプロ以外の何物でもないよ。彼女の対応は非常に丁寧だった。メディカルスタッフの仕事は非常に難しく、常に選手と監督の間に立って行わなければならないんだ。

    人々は興奮しながらゲームを見ているが、我々は別の視点で見つめ、相手のタックルで転がったボールではなく、選手がどういった反応をするかを見ている。

    周囲がゲームの緊張やストレスを感じている場合でも冷静さを保ち、時に選手の負傷はゲーム展開よりも重要なものになるんだ」

    まさに同氏が指摘するようにモウリーニョは試合展開にストレスを感じていたが、今回はカルネイロの判断が正しかったということか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00010022-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 14:59:16.95 ID:???*.net


     
    チェルシーが女性チームドクターのエヴァ・カルネイロ氏に降格処分を通達し、16日に敵地で行われるマンチェスター・Cとの大一番に帯同させないことが明らかとなった。

    11日のイギリス紙『テレグラフ』などが報じた。

     カルネイロ氏は8日にホームで行われたプレミアリーグ開幕節のスウォンジー戦にて、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにベルギー代表MFエデン・アザールが負傷したため、同じチームドクターのジョン・ファーン氏とともにピッチに入り治療を施していた。

    だが、医療チームがピッチに入った直後に、ジョゼ・モウリーニョ監督が激昂する姿をテレビカメラに収められていた。

     試合後の会見でもモウリーニョ監督は「私はチームドクターが取った行動に不満だった。彼らは直情的で未熟な行動をとった。

    チームのキット係であれ、ドクターであれ、秘書であれ、ベンチに座る以上、試合を理解しなければならない」と痛烈に批判した。

     チェルシーは同試合で後半の52分にベルギー代表GKティボー・クルトワが退場。後半ロスタイムの同場面では、チームドクターがピッチに入ったことにより、アザールは一度ピッチ外へ出なければならず、9人の状態で戦っていた。

     同紙によると、カルネイロ氏はファーストチームのドクターとしての役割は継続するものの、今後の活動範囲は練習場のみに制限され、試合日や遠征には帯同しないとされている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00339605-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 20:57:11.05 ID:???*.net

    469718110-500x352

     
    アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、レアル・マドリードに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマを獲得するために、クラブ史上最高額となる移籍金と週給を支払うことを許可されたという。 

    イギリス紙『デイリーメール』が8日に報じた。

     ヴェンゲル監督にとっては、ジグソーパズルの最後の1ピーズがベンゼマなのである。ベンゼマを獲得できれば、優勝争いに絡んでいけると確信している。

     現在はドイツ代表MFメスト・エジルがアーセナル最高額の週給15万ポンド(約2800万円)を得ているが、その額を超える週給をベンゼマに出すという。

    また、2013年にエジルを獲得した時のクラブ史上最高額4250万ポンド(約81億円)を超える移籍金を投じることにしたようだ。

     しかし、レアル・マドリードはベンゼマ売却に断固として反対している。アーセナルとしては、レアル・マドリードがベンゼマを手放してもよいと思わせるものを出す必要がある。  
    したがって、高額な移籍金を提示することで、レアル・マドリードを交渉の席につかせたいと願っているのだろう。

     今夏の初めにアーセナルが出したオファーを、レアル・マドリードが拒否したという経緯がある。しかし、ヴェンゲル監督はレアル・マドリードを説得できれば、ベンゼマはアーセナルに加入すると確信している。

     レアル・マドリードとしては、ベンゼマを放出するのであれば彼と同等の実力の持ち主を獲得したいところ。  
    以前からマンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの名前が挙がっているが、現時点でマンチェスター・Cがエースを売却することはない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150809-00338712-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 9be0-44wM) 2015/08/11(火) 19:32:13.98 

    546351_heroa


    トッテナム、ミラン本田に正式オファー。岡崎&吉田と日本人対決も?
    プレミアリーグのトッテナムが、ミランに所属する日本代表MF本田圭佑の獲得に向けてオファーを提示した。
    引用元
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150811-00010021-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 13:31:58.12 ID:???*.net
     
    苦境にあるFWマリオ・バロテッリを、同じイタリア人でプレミアリーグと縁の深いパオロ・ディ・カーニオ氏が批判した。

    リヴァプールで構想外となり、移籍先を見つけようにもビッグクラブと交渉にすら至っていないと言われるバロテッリ。ディ・カーニオ氏はイギリス『トークスポーツ』で、ビッグクラブを率いていたらバロテッリを獲得するかと聞かれ、次のように答えている。

    「ノーだ。私のサッカーの見方では、選手はチームメートと一緒に、チームメートのためにプレーするのだと理解していなければいけない」

    「良い瞬間も悪い瞬間も、仲間と共有する必要があるんだ。今の彼はそれをしていないと思う」

    ディ・カーニオ氏は、ロベルト・マンチーニ監督やジョゼ・モウリーニョ監督など、多くの優れた指揮官でもバロテッリを変えることができなかったと指摘している。

    「多くの監督が彼を変えようとした。マンチーニはサッカーにおける彼の父親だが、そのマンチーニもインテルにバロテッリを戻すことを望んでいない」

    「モウリーニョは最初から分かっていたね。彼は選手たちをとてもうまく理解する。彼は、この男(バロテッリ)を変えることはできないと言った。今、バロテッリは25歳になるところだ。彼は自分で変わらなければいけない。ほかの人の助けに頼ることはできないんだ」

    さらに、ディ・カーニオ氏は次のようにバロテッリへの苦言を続けた。

    「彼の頭には悪魔がいるんだよ。彼はまだ若い。フィジカルは強く、元来は素晴らしいアスリートだ。だが、彼は決してその素晴らしいポテンシャルを生かしてこなかった」

    「『オレはボールをキープできる。ああいうことをやれる。チームメートたちはオレのために走らなければいけない』。彼はたまに、サッカーとはこういうものだと思っているんだ。違う。サッカーは犠牲だ。サッカーはチームメートたちとの絆だ」

    ディ・カーニオ氏は最後に、バロテッリが才能を生かせるように願うとしつつ、その実現は難しいだろうとの見解を示した。

    「彼には素晴らしいポテンシャルがあり、私は心から彼が変わることができるようにと願っている。だが、それはとても難しいと思っているよ。彼はあまりにもSNSに時間を割きすぎだからね。彼はまるで有名になるためにサッカーを使っているかのようだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000008-goal-socc

    続きを読む

    1: 餡子3世 ★ 2015/08/11(火) 03:10:11.65 ID:???*.net

    8f750f0e

     
     イギリス・プレミアリーグの選手がカジノで日本人に対する差別的表現を連呼した問題で、この選手は公式に謝罪、チームメイトの岡崎慎司選手にも謝罪しました。

     この問題は、プレミアリーグのレスター・シティに所属するジェレミー・ヴァーディー選手が先月下旬、地元のカジノで遊んでいた際、
    東アジア系の客に腹を立てて、「ジャップ」という日本人に対する差別的表現を連呼したものです。
     
     イギリス・スカイスポーツなどによりますと、レスター・シティは9日、声明を発表、その中でヴァーディー選手は発言について
    「私の発言で嫌な思いをさせたことを心から謝罪します」とした上で、「間違った言動であり、後悔しています」と述べました。
     
     チームメイトで開幕戦では2トップを組んだ日本代表の岡崎選手にも10日、事情を説明し、謝罪、岡崎選手はこれを受け入れたということです。(11日01:09)

    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2560457.html

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 00:21:51.06 ID:???*.net

    670a89cc

     
    レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が英メディアの選出するプレミアリーグ開幕週の今季新戦力10傑に選出されている。
    英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

     今季もメガディールの相次いだプレミアリーグの開幕戦で侍ストライカーの奮闘は高く評価されている。
    サンダーランド戦で90分フル出場を果たした岡崎は特集で「岡崎慎司はサンダーランドの大勝の間に、
    ゴールを決められなかった。彼のデビュー戦ゴールは(DF)ユネス・カブールに止められたが、
    いずれにしても日本代表は印象的だった。岡崎はレスターの選手で最高のパス成功率を誇った」と絶賛されている。

     記事では「彼のストライカーのパートナー、ジェイミー・ヴァーディと称賛すべきほど適応した」と報じられている。
    7月末にレスター市内のカジノで東洋系の男性に「ジャップ」と人種差別用語でののしったことで
    社会問題と化しているヴァーディとの連携は良好だったと指摘されている。

    他の選出者は実力者がズラリ

     移籍組10傑には、岡崎以外にも実力者が並んでいる。
    トットナム戦を相手のオウンゴールで1-0の勝利で発進したマンチェスター・ユナイテッドからは、
    大型補強で獲得したアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、
    フランス代表MFモルガン・シュナイデルランが活躍により選出。ユナイテッドからの3人選出は1チームからの最多となっている。

     他の選出者も、開幕戦で印象的な活躍を見せた選手ばかりだ。クリスタル・パレスに
    パリ・サンジェルマンから加入したフランス代表MFヨアン・キャバイエはノーウィッチ戦後半ロスタイムにゴールを決め、
    3-1勝利に貢献。ブラックバーン・ローバーズからアストンビラに移籍してきたベナンFWリュディ・ジュストゥードはボーンマス戦で途中出場し、
    後半27分には決勝点を決めている。 PSVからニューカッスルに加入したオランダ代表MFジョルジニオ・ワリナルドゥムは
    サウサンプトン戦でゴールを決める活躍を見せている。

    スウォンジーFWアンドレ・アイェウは昨季のプレミア王者チェルシーからゴールを奪い、2-2のドローに貢献した。
    チャールトンから今季リバプールに加入した18歳のDFジョー・ゴメスはストーク・シティ戦で左サイドバックでフル出場。
    1-0勝利の一戦で奮闘している。アーセナルを2-0で撃破したウェスト・ハムでは、
    フランス代表FWディミトリ・ペイェが前半43分の先制点を演出する活躍で選ばれている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00010020-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 12:15:32.58 ID:???*.net

    1310692_heroa

     
    プレミアリーグのトットナムがACミランの日本代表FW本田圭佑を獲得するために、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラをトレード要員として供出する可能性が浮上している。

    ミラン専門のニュースサイト「 milannews.it」が伝えている。

     記事では、「本田はミランの出口にいる選手の一人」という厳しい書き出しで始まり、同じセリエAのジェノアに加え、英プレミアリーグのトットナム、エバートンの2クラブが獲得に興味を示しているとしている。

    その上で、トットナムは具体的にオファーの準備に突入しているという。

     トットナムは近日中にアルゼンチン代表FWエリク・ラメラをトレード要員に含めたオファーを提示すると報じている。

    トットナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は本田を高く評価しているという。ASローマでのプレー経験がありセリエAでの実績があるラメラをミランに提示することで交渉をまとめやすくする狙いがあるとしている。

     トットナムとは今月5日のアウディカップで対戦し、ミランは0-2で敗れている。その試合で本田は後半32分から途中出場していた。

    「背番号10」の15分間のプレーには、ポチェッティーノ監督に琴線に響くものがあったのだろうか。

     今季は日本代表で前線のコンビを組むFW岡崎慎司がレスター・シティに加入し、開幕戦でフル出場。英メディアで上々の評価を得ている。

    本田も親友のプレミアでの挑戦に続くことになるのだろうか。移籍市場閉幕までの残り約3週間、本田の周囲は騒がしさを増しそうな気配になっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00010008-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 11:15:25.72 ID:???*.net
    日本代表FW岡崎慎司の同僚のレスターFWジェイミー・ヴァーディが先月、レスター市内のカジノで東アジア人と思わしき男性客に向かって人種差別用語の「ジャップ」を連発した問題で、選手本人とクラブは謝罪の声明文を発表した。

    英国営放送「BBC」が報じている。

     レスターは、今季開幕戦となったサンダーランド戦で4-2と勝利を挙げた。だが、地元紙「サン」は、その先制点を挙げたストライカーが男性客に人種差別用語を連発した動画を公開し、社会問題となっていた。

     愚行を犯した28歳のヴァーディは「僕は心の底から自分が引き起 こしたすべての侮辱を謝罪したい。後悔すべき失敗で、自分が全責任を背負っている」と反省の弁を述べている。

     レスターの広報担当は「我々は選手に対してピッチ内外で最高のスタンダードを要求している。我々の社会で模範となることも要求している。 

    我々はジェイミーの謝罪について認識しております。この出来事に対する調査が始まることになります。この調査が終わるまで、これ以上のコメントは控えます」と声明を出している。

     フットボールの世界では人種差別撲滅に対する動きを進めている。 

    レスターのオーナーはタイ人で、同僚として日本代表の岡崎も所属している。2カ月前にはタイでの人種差別的な動画が流出し、ナイジェル・ピアソン前監督の息子であるジェームスら3選手 が解雇されていた。

     FAや地元警察などがヴァーディに対する捜査を進める方針であることを、クラブ広報担当は明らかにしている。舌禍事件を起こしたストライカーには解雇などの厳罰が下される可能性も高い。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150810-00010002-soccermzw-socc

    1 Egg ★ 2015/08/10(月) 02:11:33.08
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1439140293/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ