サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: Egg ★2016/06/09(木) 22:28:05.60 ID:CAP_USER9

    re_sc20150730_ym_honda-ogp_0

     
    来季末で満了となるミランとの契約を延長するのか、その去就に注目が集まっている日本代表MF本田圭佑。
    これまでも再三プレミアリーグからの関心は伝えられてきたが、ここにきて新たな移籍先候補が浮上した。

    イングランド中西部に位置するスタッフォードシャーの地元紙『ザ・センチネル』は9日、
    ストーク・オン・トレントに本拠地を置くストーク・シティが本田の獲得に興味を示していると報じた。

    同紙は先日の日本代表戦後に本田が口にした「僕としても首にさせられる結果だと認識している。
    自分の中では結果を残せなかったと2年半を振り返ることはできている。
    (ミランを)出ていく可能性はこの結果なんで常々ある」という言葉を伊『スカイ』の報道として引用し、移籍の可能性に言及した。

    そして、本田の獲得においてトッテナムやウェストハムがストークのライバルになりうるとしている。

    ストークの攻撃的なポジションではインテルで長友佑都とともにプレーした経験を持つスイス代表MFシェルダン・シャキリや、
    圧倒的な個人技で違いを生むオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ、元バルセロナの天才FWボージャン・クルキッチらが活躍している。

    しかし選手層は厚くなく、今季はパフォーマンスに継続性を欠く上記の選手たちの出来が成績に直結してしまう課題を最後まで解決できなかった。
    来季は欧州各国から実力者たちを集めながら9位に終わった今季の反省を生かし、上位躍進を狙っているようだ。

    果たして本田はミランを離れ、イングランド挑戦を決断するだろうか。ストーク移籍が実現すれば
    レスターの岡崎慎司やサウサンプトンの吉田麻也と同時に3人の日本人がプレミアリーグでプレーすることとなり、
    これまで以上の盛り上がりを見せるに違いない。

    フットボールチャンネル 6月9日(木)22時24分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00010033-footballc-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@無断転載は禁止 2016/06/09(木) 05:13:49.28 ID:CAP_USER9
    脆弱性を示したデュエル改善には「球際の激しいところでプレーすればレベル上がる」

    プレミアリーグを制した男の言葉には強い説得力が感じられた。
    ハリルジャパンは7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で、守備陣のデュエルにおける脆弱性とFW浅野拓磨(広島)の同点機での消極的な横パスなど課題が露呈したが、
    日本代表FW岡崎慎司(レスター)が課題克服のために国内組に海外移籍を提言している。

    岡崎も先発出場した7日のキリンカップ決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で日本は、前半28分にMF清武弘嗣(ハノーバー)のゴールで幸先良く先制しながら、
    バヒド・ハリルホジッチ監督が強調するデュエル(1対1の競り合い)での脆弱性を、フィジカルに優れるボスニア相手に露呈。
    不用意な守備からの失点と決定力不足を露呈し、1-2の逆転負けを喫した。
    7-2で大勝した3日のブルガリア戦では開始3分に電光石火のヘディング弾を決めた岡崎も、この日は沈黙。
    代表通算49得点を誇るエースも決定力の向上は永遠の課題と指摘し、
    決定力不足とデュエルの面でレベルアップするためには、海外リーグ挑戦が近道になると指摘している。

    「(シュートの課題は変わらずだが)まあ、でもそれは日本人にない部分なので。それを感じるのは当然のこと。
    (解決のために)一つのプランでいうと海外に行くこと。もう一つはCBが早くそのレベルに行くというのもデカいかな。
    それくらい球際のところで激しくプレーすればレベルが上がるはず」

    ボスニア戦では1-2のビハインドで迎えた後半ロスタイムに、FW浅野拓磨(広島)がエリア内右でチャンスを迎えたが、シュートではなくゴール前へのパスを選択。
    しかしパスはDFにクリアされると、こぼれ球を詰めた清武のシュートも枠を大きく外れて同点のチャンスをフイにした。
    浅野は試合後に悔し涙を流したが、岡崎はシュートへの強い意識を持たなければ成長はないと厳しくダメ出し。
    次世代の選手たちに向けては、海外仕様への意識改革が必要だと説いている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00010020-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 6月8日(水)22時54分配信

    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/06/08(水) 22:06:59.98 ID:CAP_USER9
    1756677_w2-1196e


     
    マンチェスター・ユナイテッドは8日、ビジャレアルからコートジボワール代表DFエリック・バイリー(22)と
    1年間の延長オプション付きの4年契約を結んだと発表した。ただし、英国内での労働許可証取得が条件となる。

     ジョゼ・モウリーニョ監督を迎えたマンUの補強第一弾が発表になった。
    同選手は2015年1月に加入したビジャレアルで47試合に出場。
    今季はヨーロッパリーグ(EL)で4強に進出したチームに貢献した。
    15年に行われたアフリカネイションズ杯にはコートジボワール代表として全6試合に出場し、優勝に貢献している。
    期待の若手CBの加入は、去就が注目されるDFダレイ・ブリントにも影響を及ぼしそうだ。

     クラブ公式サイトでバイリーは「マンチェスター・ユナイテッドへ加入するという夢が叶った。
    最高峰のレベルでプレーすることこそ、僕が求めていたものなんだ」と喜びを表現。
    「ベストな選手になれるよう、成長したい。ジョゼ・モウリーニョ監督との仕事により、
    適切なクラブで、正しい方向に成長できると確信している。
    新しいチームメートに会うこと、そして僕の人生の新たなチャプターを楽しみにしている」と意気込みを語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-01628126-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/08(水) 20:28:40.48 ID:CAP_USER9

    CfaBoSiUMAAZ_T9

     
    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの巧みな“PR作戦”は大成功に終わった。

    イブラヒモビッチは現地時間の6日に「7日にビッグな発表をするよ。AからZまで全てを知ることになるだろうね」
    と期待を持たせるように予告。その7日、パリで行われたイベントに同選手が参加している模様が
    フェイスブックで生中継され、約100万人が見守る中で同選手は自身のブランド『A‐Z』のスポーツウェアブランドを発表した。

     イブラヒモビッチは現在、マンチェスター・ユナイテッドへの入団が間近に迫っているとみられており、その去就が注目されている。
    そのことを知っていた同選手は、それを逆手に取り、その世界中の注目をマーケティングに利用したのだ。

     勿論、サッカーの話題も口にしている。しかし、「オレが噂話に読み飽きたら新天地の名を明かすさ」と告げ、
    ユナイテッドでプレーするのかどうかを尋ねらると、「相応しい時が来れば、どこへプレーをしに行くかが分かるはずだ」
    と顔色一つ変えずにその質問を交わしている。

     さらに、退団したパリ・サンジェルマンについて聞かれると、「もうこれ以上何もすべきことはない所まで辿り着いたと思う」と告げると、
    「望めば、もう5年間はあそこにいれただろうね。だけど新たな挑戦を探すことに決めたんだ」と
    移籍を決断した経緯を明かした。

     メディアの注目を見事な形で利用した“天才”イブラヒモビッチ。
    サッカーだけではなく、見事なマーケティングの腕やオピニオンリーダーであることも披露したが、
    結局その去就は未だに分からないままだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160608-00010030-footballc-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/07(火) 18:19:51.28 ID:CAP_USER9
    855132_heroa

    マンチェスターU(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ新監督が、放出候補13名をリストアップしたようだ。
    スペイン紙の報道をもとに、英『デイリー・エクスプレス』紙(電子版)が現地時間7日(以下現地時間)に伝えている。

     『デイリー・エクスプレス』によれば、マンUは今夏の補強費用に2億ユーロ(約245億円)を用意。
    モウリーニョ監督は多くのビッグネームの獲得を視野に入れている。
    一方で、望む選手を獲得するためには、放出によりスカッドに空きを作る必要がある。

     同紙がスペイン『El Confidencial』紙をもとに報じたところによれば、モウリーニョ監督は10日に、
    エド・ウッドワード上級副会長と放出選手について話し合いを行なう予定。
    同監督の放出リストには13名の名前が載っており、MFファン・マヌエル・マタ、
    MFアンデル・エレーラがそのトップだと伝えられている。

     中盤では多くの選手が退団しそうで、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、
    マルアン・フェライニ、アシュリー・ヤング、マイケル・キャリック、メンフィス・デパイはいずれも去就が不透明な状況だという。

     しかしキャリックについては、1年の契約延長で合意したと最近では報じられており、残留の可能性が濃厚なようだ。

     守備陣も大幅な刷新が見込まれている。報道によれば、モウリーニョ監督はアントニオ・バレンシア、ルーク・ショー、
    ギリェルモ・ヴァレラ、マッテオ・ダルミアン、マルコス・ロホ、GKセルヒオ・ロメロの実力に納得していないとのこと。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000024-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/06/06(月) 10:13:50.93 ID:CAP_USER9
    4年契約で合意と英メディア報じる EURO参戦への出国前が最終回答の期限か

    レスター・シティは、アーセナルとイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの放出に関してクラブ間合意に達している一方で、
    土壇場で年俸増額を提示してスーパーエースの慰留に必死に動いていることが明らかになった。英国営放送「BBC」が報じている。

    今季24ゴールを挙げ、奇跡のプレミアリーグ優勝に導いた「おとぎ話」の主役の放出を、レスターは許可していた。
    すでに移籍はクラブ間合意に達しており、アーセナルは4年契約と年俸の大幅アップを提示しているという。

    ヴァーディは去就決断について迷いを見せているが、現地時間6日に欧州選手権(EURO)が開催されるフランスに向かうため、
    このフライトまでにアーセナルに最終的な意向を通達する流れになっているとレポートされている。

    現地メディアでは、ヴァーディのアーセナル移籍は秒読み段階と報じられている。
    アーセナルのフランス代表FWオリビエ・ジルーがヴァーディの移籍願望を暴露。

    ヴァーディや結婚式を挙げたばかりの妻レベッカさんには
    レスターサポーターからツイッターで批判が殺到するなど、大騒ぎになっている。

    レスターは2月にヴァーディと契約延長したばかりだが、アーセナルからのオファーに対抗するべく年俸増額を準備。
    エース残留に向けて土壇場で必死に動いているという。

    日本代表FW岡崎慎司と絶妙な連携を誇ったヴァーディだが、高速プレッシングと一撃必殺のカウンターを武器とした相性抜群の2トップは今季で見納めとなるのか。
    それとも、レスターの慰留工作が成功するのか。EURO参戦を前に、エースの去就問題が決着の時を迎えようとしている。

    Soccer Magazine ZONE web 6月6日(月)9時32分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160606-00010003-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/06/06(月) 19:58:55.71 ID:CAP_USER9
    ■一気に各クラブの主力を?

    彼らはレスターの解体を進めている。加入が目前と報じられるイングランド代表ジェイミー・バーディに続き、アルジェリア代表リヤド・マフレズのアーセナル移籍も加速している模様だ。

    2015-16シーズンのアーセナルは前半戦の勢いを最後まで持続することはできず、息切れを起こしてしまった。怪我人の多さや、ムラのあるパフォーマンスが彼らの勢いを奪い、最終的にはレスターに勝ち点10差を付けられシーズンをフィニッシュ。

    一方の王者はといえば、36試合出場で24得点を奪取した絶対的エース、バーディを筆頭に、マフレズの魔法のようなプレイやエンゴロ・カンテの執拗な守備といった要素が絶妙に融合していた。 

    英『THE Sun』によるとそんな上昇気流に乗るレスターから、アーセナルはマフレズを引き抜こうと画策しているという。

    同メディアはアーセナルがマフレズを獲得できた場合には、同じく快速ドリブラーのセオ・ウォルコットをウェストハムに売却することになるだろうと伝えた。

    また独『Bild』は以前よりドルトムントのヘンリク・ムヒタリヤンもアーセナル移籍に傾きつつあると伝えており、ガナーズサポーターにとっては夢のようなスカッドが完成することになるかもしれない。

    かねてよりマーケットにおける消極的な姿勢が批判の的となっていたアーセナル。今夏は生まれ変わった“引き抜く側としての”彼らを見られることになりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00010012-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/06/06(月) 17:25:32.64 ID:CAP_USER9
    アーセナルFWオリヴィエ・ジルーが、同クラブへの移籍が噂されているレスター(イングランド)
    FWジェイミー・ヴァーディに言及。
    同選手がアーセナルへの加入を望んでいるとし、歓迎の姿勢を示した。
    英『デイリー・メール』紙(電子版)が現地時間5日(以下現地時間)に伝えている。

     同紙によれば、ヴァーディは移籍金2000万ポンド(約30億8000万円)でのアーセナル行きが、決定間近だという。
    この移籍が実現すれば、ジルーは来季、熾烈なポジション争いを強いられることが予想される。

     それでもジルーは、ヴァーディの加入を歓迎。
    フランス代表として臨んだ4日のスコットランド戦で2得点を挙げたのち、英『スカイスポーツ』に対し
    「ジェイミーが僕らのクラブへの加入を望んでいると聞いているよ。僕らにとって素晴らしい知らせだね。
    僕らは互いに補完し合えると思う。僕が言えるのはそれだけだ。ファンタスティックな選手だから、嬉しい話だよ」と語った。

     ジルーとヴァーディ共存のため、アルセーヌ・ヴェンゲル監督が4-2-3-1からのシステム変更を行なうかと問われると、
    ジルーは「当然、4-4-2ということになるね」と返答。その上で「過去にも言ったように、僕は競争に満足している。
    アーセナルにはつねに素晴らしいストライカーが在籍してきたし、僕はクラブにとって最高の決断を望んでいる。
    彼がタイトル獲得の助けになってくれるといいね」

     「ボスは少なくとも1人か2人のストライカー獲得を望んでいた。
    僕はトップクラスの選手を期待しているし、それがクラブの利益になると考えている。
    彼がレスターで決めていたように、多くの得点を挙げてくれるといいね」と、
    ヴァーディが加入すればチーム力は上がると述べている。

     なお、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は4日付のイタリア紙で、
    ヴァーディ移籍の可能性を「すべて事実だ」と認めていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000018-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/06(月) 17:13:10.52 ID:CAP_USER9
    4c1f7d46-195a-49d0-b628-192f70ef8a8e
     
    スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(34)のマンチェスターU(イングランド)移籍決定が、
    秒読みの段階となっているようだ。
    伊サイト『calciomercato.com』が現地時間5日(以下現地時間)に伝えている。

     『calciomercato.com』によれば、スウェーデンサッカー協会が、イブラヒモヴィッチがイングランドで
    メディカルチェックを受けられるよう、EURO2016に臨む同国代表チームからの一時離脱を許可したという。

     同サイトによれば、イブラヒモヴィッチはマンUと1年契約を結ぶ予定で、
    8日か9日にクラブから正式発表される見通しとのこと。

     マンUは新シーズンからイブラヒモヴィッチのインテル(イタリア)時代の指導者、ジョゼ・モウリーニョ新監督が指揮をとる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000021-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/06(月) 17:08:21.64 ID:CAP_USER9

    29-march-N-Golo-Kante

     
    日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得へ向けて、
    パリ・サンジェルマンが5年契約のオファーを準備している。イギリス紙『デイリーメール』が5日に報じた。

     報道によると、パリ・サンジェルマンはカンテの獲得へ向け、移籍金2000万ポンド(約30億9000万円)を用意し、
    同選手に5年契約を提示する意向を持っている。カンテに対してはチェルシーも関心を示しているものの、
    同選手は現時点では去就について決断を下していない模様だ。

     なお、同選手に関してはアーセナルやマンチェスター・Cも興味を示しているが、
    それぞれ今夏の移籍市場でスイス代表MFグラニト・ジャカ(ボルシアMG)と
    ドイツ人MFイルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)を獲得していることから、カンテの獲得へ動く可能性は低いと見られている。

     カンテは昨年8月、リーグ・アンのカーンから4年契約でレスターに移籍。
    プレミアリーグ初挑戦ながら、全38試合中37試合出場1ゴールを記録して優勝に貢献した。
    選手が選ぶクラブ年間最優秀選手(MVP)にも選出されている。

     同選手は3月下旬に国際親善試合2戦に臨むフランス代表メンバーに初招集され、
    25日のオランダ代表戦でデビューを果たすと、自身の25回目の誕生日でもあった29日のロシア代表戦では、
    代表初先発で初ゴールを決めた。ユーロ2016に臨むフランス代表メンバーにも名を連ねている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00452024-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ