サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/10(木) 23:54:21.66 ID:CAP_USER*.net
    快進撃のレスターが経験豊富なデヨングの獲得を狙う

     プレミア首位で旋風を巻き起こしているレスター・シティがACミランの元オランダ代表MFナイジェル・デヨングの
    獲得に動いていると、イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

     昨季中盤のキーマンとして活躍したデヨングは、シーズン終了後に契約延長のサインをした際には、
    最大の補強と言われていたが、シニシャ・ミハイロビッチ監督の信頼を手にすることができず、
    今季の出場はわずか4試合。9月27日のジェノア戦以降、出番を失っており、10試合連続スタメン落ちの
    日本代表FW本田圭佑とともにベンチを温める日々が続いている。

     シャルケ、ブレーメンというブンデスリーガ勢が獲得に乗り出す一方、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は
    中盤のクラッシャーをリストアップ。リーグ優勝に向けてデヨングの経験値を求めた様子だ。

     デヨングは2009年1月から12年までマンチェスター・シティで活躍し、リーグ制覇とFA杯制覇に貢献した
    経験を持ち、プレミアリーグへの適応には問題はない。18年まで契約を残しているが、なぜか出場機会が
    減少しているデヨングの移籍金は軽減される可能性が高いという。

     争奪戦の対象となっているデヨングは、日本代表FW岡崎慎司がプレーするレスターに
    新天地を求めるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151210-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/10(木) 15:01:49.72 ID:CAP_USER*.net

    9cbc2ddc-s

     
    チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で敗退に追い込んだ
    ポルトの守護神イケル・カシージャスにさらなる「追い打ち」を食らわせている。

    9日に行われたCLグループG最終節の試合で、チェルシーはポルトとホームで対戦して2-0の勝利。
    この結果チェルシーがグループを首位で終え、ディナモ・キエフとともに決勝トーナメントへ駒を進めることになった。
    グループ3位のポルトはヨーロッパリーグ(EL)へと回る。

    レアル・マドリーを率いていた際に衝突した因縁のあるカシージャスに対し、
    モウリーニョ監督は試合後に次のようにコメントしたとスペインメディアが伝えている。

    「何も問題はないよ。私は私の仕事をして、彼は彼の仕事をした。彼は良い仕事をしていたね」

    「これから彼は、まだ手に入れていなかった唯一のタイトルを勝ち取るチャンスを得ることができる。
    ヨーロッパリーグのね」

    マドリーで毎年CLを戦ってきたカシージャスにとっては、ELは優勝はおろか出場も初めての経験となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151210-00000012-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 22:09:52.16 ID:CAP_USER*.net
    香川は決めたのにマンUは決められなかった

    ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が、5日のヴォルフスブルク戦で決めた得点が
    英紙『ガーディアン』の週間ベストゴールにノミネートされた。

    香川の得点は相手に同点ゴールを決められてから118秒後に決めたということもあって、
    世界中で大きな話題となった。香川の得点はワンタッチで合わせたものだったが、
    ボールが右から左へ大きく展開される美しい流れの中で決めたゴールと評価されている。

    しかも9日には香川の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドがヴォルフスブルクに敗れており、
    イングランドでもインパクトは抜群だ。「香川はヴォルフスブルク相手に終了間際に決めたのに
    マンUは決められなかった」「ファン・ハールは試合前に香川を買っておくべきだったね」
    といったコメントも寄せられている。

    他にもバルセロナDFダニエウ・アウベスがビジャノベンセ戦で決めた強烈なミドルシュート、
    復帰早々のバイエルンFWフランク・リベリがボルシアMG戦で決めたゴールなどが選出されている。
    ヴォルフスブルク戦は香川にとって今季のハイライトと言うべき試合となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00010028-theworld-socc

    続きを読む

    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 17:36:31.76 ID:CAP_USER*.net
    ファンハールに放出された選手のイレブン
    no title


    現在のイレブン
    no title


    Which side is better?
    LVG's rejects team 83%
    LVG's current team 17%

    http://metro.co.uk/2015/12/08/revealed-the-team-of-louis-van-gaal-rejects-that-could-beat-current-manchester-united-side-5553357/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 11:15:54.29 ID:CAP_USER*.net

    [12.8 欧州CLグループリーグ第6節 ボルフスブルク3-2マンチェスター・U]

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は8日、グループリーグ第6節1日目を各地で行った。

    B組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でボルフスブルク(ドイツ)と対戦し、2-3で敗れた。この結果、ボルフスブルクの首位通過が決まり、他会場の結果によりユナイテッドの敗退が決定した。

     試合後、クラブ公式サイトによると、ルイス・ファン・ハール監督は 

    「クレイジーな試合だったと思う。我々が点を決め、彼らが追いつく展開になった。チャンスはあったが、相手にもチャンスはあった。

    先制ゴールを決めた2分後に追いつかれ、同点に追いついた2分後には決勝点を決められた。我々にも勝つチャンスはあったと思う。

    勝利のために戦ったが、最終的に(負傷者により)10人で戦わなければならなかったのだから、今日以上のことはできなかった」と振り返った。

     B組は最終節までグループリーグ突破チームが決まらない混戦を極めた。首位通過を期待されていたユナイテッドだったが、まさかの敗退。

    指揮官は「我々は首位で通過すると予想されていたが、非常にタイトなグループに入った。全試合の結果を見ればわかるように、1-0や2-1のような試合が多く、接戦だった。

    PSVとの初戦を思い出してもらいたいが、あの試合や、他の試合でも、我々にとってポジティブではない判定があった。タイトなグループでは、そういうことも起こる」と説明した。

     これにより、ヨーロッパリーグへ回ることが決まったが、敗退直後の指揮官はまだそちらまで気が回らないようで「今は考えられない。非常に残念だ。選手たちも、相当落胆している。この大会で自分たちの力を示したかった。だが、もうできない」と肩を落とす。

     それでもファン・ハール監督は「CL敗退が決まった今の状況では、私は自分自身を擁護できない。何を言っても、適切ではないからだ」と口を開くと、

    「事実だけを言えば、今シーズンは昨シーズンよりもキャピタルワンカップで勝ち進み、CLグループステージ出場権を手にし、リーグでも良い位置につけている。昨シーズンよりは良い結果を残している。それが答えだ。私が言えるのは事実としてある部分のみだ」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-01453966-gekisaka-socc

    【サッカー】GL突破へ!マンチェスター・ユナイテッドのファン・ハール監督「今回の試合が最大の一戦」©2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1449590669/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 12:07:17.18 ID:CAP_USER*.net

    442142_heroa

     
    問われる460億円補強の是非、「より悪くなった」

    マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は8日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ最終戦のヴォルフスブルク戦で2-3の逆転負けを喫した。
    試合前まで3位に位置していたPSVがCSKAモスクワに2-1で勝利したために、順位を3位に下げてヨーロッパリーグに回ることとなった。

    英紙が「マンU史上最悪の獲得選手20人」を発表 そこに香川の名前は?

    2季ぶりのCLの舞台だったが、決勝トーナメント進出を逃すという失態にクラブOB陣も落胆しているようだ。
    英衛星放送局「BTスポーツ」の番組に出演したリオ・ファーディナンド、ポール・スコールズ、マイケル・オーウェンの3人は
    「ユナイテッドは2億5000万ポンド(約460億円)を費やしながらより悪くなった」と、ルイス・ファン・ハール監督就任2シーズン目となった今季のチームを批判した。
     
    2009年から12年までマンUに所属し、背番号「7」を背負ったオーウェン氏は現有戦力が、ここ数年と比べて弱体化していると指摘。
    ファン・ハール監督体制での18カ月で、放出すべきでなかった選手が多くいたと主張した。

    そこでDFラファエル(リヨン)、DFネマニャ・ヴィディッチ(インテル)、ジョニー・エヴァンズ(WBA)、ナニ(フェネルバフチェ)、
    香川真司(ドルトムント)、ティム・クレバリー(エバートン)、ロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)、チチャリート(レバークーゼン)など、
    オランダ人指揮官に冷遇されたスターの名前を次々に挙げた。ファーディナンド氏も「彼らは今日のチームに入れただろう」とオーウェン氏に同調した。

    魅力に欠けるスタイル
     現在のマンUの中でワールドクラスはいるかという話題について、オーウェン氏は「GKダビド・デ・ヘアは確実」と語ったものの、
    その他はトップフォームであることを前提に主将FWウェイン・ルーニー以外にはいないと語っている。

    そう口にした同氏は、09年のヴォルフスブルク戦で見事復活。ハットトリックの活躍でマンUを勝利に導いた。
    この白星でCLのグループBで首位をつかみ、逆に敗れたヴォルフスブルクは敗退が決定していた。それだけに、逆転した姿に肩を落とすしかなかったのだろう。

    ファン・ハール監督就任から2季連続で大型補強を敢行。今季も新たに「7」番を背負う期待のFWメンフィス・デパイや19歳の逸材FWアンソニー・マルシアル、
    MFモルガン・シュナイデルラン、MFバスティアン・シュバインシュタイガーなどスターを次々と手にしたが、CL敗退だけでなく、魅力にかけるフットボールスタイルに度々批判が集まっている。

    クラブOBも現在のチームには大きな不満を抱えているようだ。

    Soccer Magazine ZONE web 12月9日(水)11時53分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151209-00010006-soccermzw-socc

    【サッカー】敗退決定に落胆も…強がるファン・ハール監督「昨季よりはいい結果、それが答え」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1449627354/

    【サッカー】<UEFAチャンピオンズリーグ>ボルフス、PSVが決勝Tへ…マンUやセビージャがELへ…グループリーグ第6節1日目★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1449628282/

    続きを読む

    919: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/12/09(水) 07:51:31.37 ID:oyXB9k0X.net

    no title

     
    英国のBTスポーツにて元ユナイテッドの3人(オーウェン、スコールズ、ファーディナンド)がチームの現状を分析。 
    「香川やチチャリートなど、ファン・ハールの放出した選手からチームを組んでみれば、 
    今日のヴォルフスブルク戦に出たユナイテッドには絶対勝つだろう。」 

    http://twitter.com/...s/674355160559124480 (動画付き)

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 15:50:06.64 ID:CAP_USER*.net

    CQ3yY1wUwAAuXlO

     
     元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、リバプールのユルゲン・クロップ監督に
    ついて「恐れを感じている」と、その衝撃を認めた。ロンドンで行われたイベントで語ったコメントを
    英紙『ミラー』が伝えている。

     6日のニューカッスル戦に0-2で敗れ、就任後2敗目を喫したクロップ監督だが、10月の監督就任後、
    チェルシー、マンチェスター・シティを下すなど、見事に立て直しに成功した。

     15節終了時点で8位に付けているリバプールだが、トップ4に食い込む実力は十分にあると見られており、
    タイトルを獲得するのではないかと予想する声もあるほどだ。

     ファーガソン氏は「クロップ監督については恐れを感じているよ。マンチェスター・ユナイテッドとしては
    リバプールに上回られたくないからね」と、かつての“ライバル”をV字回復させた手腕に感嘆。
    そのパーソナリティーも称賛している。

    「彼には素晴らしい人間性が備わっており、常に大きな白い歯を見せて笑っている。
    ニューカッスル戦で2点目を奪われ、敗れたときですら、彼はニューカッスルの
    スティーブ・マクラーレン監督のもとに行って賞賛の言葉を口にしていた。ドルトムントでもそうだったが、
    彼は飛び抜けているよ」

    「彼のことはコーチング・セミナーの頃からよく知っている。あの人間性、躍動感、知識を持ってくれば、
    リバプールに違いをもたらすことができるだろう」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-01449780-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 22:06:11.05 ID:CAP_USER*.net
    クロップ監督、ドルトムント時代の教え子獲得を熱望。冬の移籍市場で打診も?


     リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、トルコ1部のガラタサライに練習参加している
    MFケビン・グロスクロイツの獲得を熱望しているようだ。7日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

     同紙によると、今夏の移籍市場でドルトムントからガラタサライに移籍したものの、
    書類上の不備により公式戦出場が来年1月以降となっているグロスクロイツに対して、
    クロップ監督が熱視線を送っているとのこと。冬の移籍市場での獲得を検討しているようだ。

     昨季までドルトムントを率いていたクロップ監督はグロスクロイツを指導した経験があり、
    同選手の特徴をよく知っている。2010/2011シーズンではリーグ戦34試合に出場し8得点を決め、
    ドルトムントのブンデスリーガ優勝に貢献していた。

     2011/2012シーズンもドルトムントの主力として活躍し、リーグ戦31試合出場で7得点を記録。
    ブンデスリーガ連覇を成し遂げている。現在は冬の移籍市場が開くまでガラタサライに練習参加しているという形だが、
    来年1月に正式に加入することになっている。だが、リバプールが獲得に乗り出すことがあれば、
    恩師の待つクラブに移籍する可能性もあるだろう。

    http://www.footballchannel.jp/2015/12/08/post124982/
    グロスクロイツ(左)とクロップ監督(右)
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ