サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    soccer100325_1_title


    イングランド代表主将MFジェラードが代表引退を発表…通算114キャップ
    ゲキサカ 7月21日(月)23時47分配信

     イングランドサッカー協会(FA)は21日、ブラジルW杯で主将を務めたMFスティーブン・ジェラード(34)が、
    同大会を最後に代表を引退すると発表した。
    ジェラードは2000年5月にA代表デビュー。
    14年間で通算114試合に出場し21ゴールを挙げている。

     先日明らかになったドイツ代表キャプテンに続き、
    イングランド代表のキャプテンもブラジルW杯を最後に国際舞台から退くことになった。

     FAの公式サイトでジェラードは「非常に難しい決断だった」とコメント。
    今後については「これが正しい判断だと考えて、アンフィールドに戻って、
    高いレベルでプレーしてリバプールにすべてを捧げたい」と話している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00137474-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title


    レアル・マドリードのスペイン代表GKイケル・カシージャスが、
    今オフシーズンにフリートランスファーでのアーセナル加入を希望している可能性があることが分かった。
    19日、スペイン紙『エル・コンフィデンシャル』が報じた。
     
    現在、レアルはレバンテのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの獲得に迫っていると言われる。
    過去2シーズンにわたって正GKの座を元スペイン代表GKディエゴ・ロペスに奪われていたカシージャスは、
    兼ねてからレアルからの退団の可能性が噂されている。

    そして現在、カシージャスは自身の給与を用意できるクラブにとって獲得が容易となるように、
    フリーでの移籍を実現させたいと考えているという。
     
    一方、アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は今オフシーズンにGKを補強することを明言している。
    先日には、ニースに所属するコロンビア代表GKダビド・オスピナの獲得に近づいていると複数の現地メディアが報道。

    イギリス紙『デイリー・メール』によると、アーセナルは320万ポンド(約5億5000万円)の移籍金で、
    すでにオスピナ獲得を決めている模様だ。

    しかし、ポーランド代表GKルカシュ・ファビアンスキが契約満了によって退団したこともあって、
    カシージャスも引き入れる可能性があると同紙は伝えている。

    SOCCER KING 7月21日(月)13時50分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00213486-soccerk-socc

    続きを読む

    1867360_w2

    SOCCER KING 7月21日 13時33分配信

     日本代表MF香川真司所属のマンチェスター・Uが、パリSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの獲得へ前進した可能性がある。イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が19日に報じた。

     同紙によると、パリSGはレアル・マドリードのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアを獲得するため、何人かの選手を放出する用意がある。
    パリSGは資金力に問題はないものの、ファイナンシャル・フェアプレーの規則を考慮し、カバーニをマンチェスター・Uへ放出することを希望していると伝えられている。
     
     ウルグアイ代表としてブラジル・ワールドカップに参加したカバーニは、大会中にマンチェスター・Uへの移籍に関して問われると、「フットボールでは何が起こっても不思議ではない。突然、別のチームに加わっていることもある」と答えていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140721-00213490-soccerk-socc

    続きを読む

    url

    バイエルンの対MLS選抜は、対米国代表?
    スポーツ報知 7月21日(月)0時2分配信

     ドイツ・ブンデスリーガのバイエルンは8月1日から米国遠征を行う。
    現地時間6日には米MLS(メジャーリーグサッカー)のオールスターチームと「2014MLSオールスターゲーム(ポートランド)」で対戦するが、
    このほど米国サイドがファン投票などで選ばれたメンバー23人を発表。
    その中にはブラジルW杯に出場した米国代表メンバーが8人入った。メンバーは次の通り。

     ☆GK リマンド(ソルトレーク)=W杯米国代表 ハミド(DCユナイテッド)

     ☆DF ビーズラー(カンザスシティー)=W杯米国代表 コリン(カンザスシティー)=フランス 
    ゴンザレス(LAギャラクシー)=W杯米国代表 マーシャル(シアトル) イエドリン(シアトル)=W杯米国代表 
    パークハースト(コロンバス)

     ☆MF デンプシー(シアトル)=W杯米国代表 アロンソ(シアトル)=キューバ ブラッドリー(トロント)=W杯米国代表 
    ケーヒル(NYレッドブルズ)=W杯オーストラリア代表 ベッカーマン(ソルトレーク)=W杯米国代表 
    ジョンソン(ポートランド)=カナダ ズシ(カンザスシティー)=W杯米国代表 バレリ(ポートランド)=アルゼンチン

     ☆FW ドノバン(LAギャラクシー)=W杯米国代表バックアップメンバー デフォー(トロント)=イングランド 
    アンリ(NYレッドブルズ)=フランス トーレス(チバスUSA)=メキシコ マルティンス(シアトル)=ナイジェリア 
    キーン(LAギャラクシー)=アイルランド ライト・フィリップス(NYレッドブルズ)=イングランド
     >>0�は米国人以外は国籍、その他は代表(現時点)。

     W杯の23人から漏れたドノバンも入れると米国代表は9人、オーストラリア代表のFWケーヒル、
    元フランス代表のFWアンリ、元アイルランド代表のFWキーンらも入っている豪華メンバー。
    ドイツ代表メンバーを多数誇るバイエルンとの対戦はドリームマッチとなりそうだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140720-00000409-sph-socc

    続きを読む

    720p-Newcastle Fans Plane Crash



    英プレミア名物サポ犠牲、ニューカッスル開幕戦追悼試合に…マレーシア機撃墜

    スポーツ報知 7月20日(日)7時5分配信

     全乗員乗客298人が死亡したウクライナ東部のマレーシア航空機撃墜で、全欧安保協力機構(OSCE)の国際監視団が18日、
    現場に到着したが、撃墜への関与が疑われる親ロシア派武装勢力に妨害され、機体の残骸に近づけなかったことを明らかにした。
    また、ウクライナ政府は19日、親ロ派が機体の残骸や遺体を持ち出していると発表。
    同派が、撃墜に使ったミサイルをロシア国境に移送したとも発表し、「証拠隠滅」と非難した。

     撃墜されたマレーシア航空機にサッカーの英プレミアリーグ・ニューカッスルの名物サポーターの男性2人が
    搭乗していたことが19日までに明らかになった。
    チームはホームページに哀悼の意を表する声明を発表し、本拠地に献花台を設けた。

     英メディアによると、ジョン・アルダーさん(60)とリアム・スウィーニーさん(28)の2人は、
    リザーブやユースまで全試合を観戦する熱狂的ファン。選手やスタッフにも知られた存在だった。

     特に50年来のファンだったアルダーさんは1973年シーズンから1試合を除く全試合を観戦してきた伝説的サポーター。
    リアムさんもアウェー戦でサポーターバスのガイドをボランティアで毎回務め、多くの人に愛された。

     2人は、プレシーズンマッチのシドニーFC戦(22日)、
    ウェリントン・フェニックス戦(26日)の応援をするためニュージーランドに向かう途中で、巻き込まれた。

     ニューカッスルは「2人は最も神聖なサポーター。すさまじい悲しみだ」との声明を発表。
    選手、スタッフは喪章を付けてプレシーズン戦に臨み、8月17日のマンチェスターCとのシーズン開幕戦を追悼試合にするとした。
    アラン・パーデュー監督は「私と全選手にとって深い衝撃だ。2人がどれだけの情熱でチームを支えてくれたか我々は全て知っている。
    哀悼の意を表したい」と述べた。

     本拠地セントジェームズパークに設けられた献花台には、2人の名前が刻まれた2枚のユニホームが置かれ、
    サポーターからの花やメッセージであふれた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140720-00000060-sph-soci

    続きを読む

    no title

    マンチェスターUの日本代表FW香川真司(25)に、試練の2万キロ移動が待ち受けていた。17日に羽田空港からチーム 合流のため英国へ向かった。米国ツアーを行うチームへの現地合流を交渉したが許されず、英国経由で米国入りする地球半周分の 長距離移動を課せられた。昨季のVIP待遇から一転、チーム行動を重んじるルイス・ファンハール新監督(62)のもとで、 マンU3年目を迎える。

     過酷な再スタートを前に、香川は少しも動じなかった。ファンハール新体制で迎える3年目に、約束された定位置はない。それでも 機上の人となる直前、きっぱりと言った。「すごく新鮮で、ワクワクした気持ちが生まれている。結果をつかむのは自分次第。
    チャレンジできる。昨季はW杯があって、そういう(W杯への)考えがあったが、今は新たなチャレンジ。そういう気持ちになれて 楽しみ」。そんな香川にさっそく試練が待ち受けた。

     再出発をするまでが、長すぎる…。羽田空港をスタートし、ロンドン経由でマンチェスターに入り、チームに合流する。
    しかし、チームは米国ツアーを行うために、18日にはロサンゼルス入り。そのため香川は日本から直接移動し現地合流を
    申し入れた。だが、チーム行動を重んじるファンハール監督に特別待遇は許されなかった。

     今季初戦を迎えるロサンゼルスまで、英国経由での超過酷な長距離移動は、直線距離でも1万8000キロ以上。日本から直接
    入れば半分で済むはずが、地球半周分にも及ぶ空の旅を強いられることになった。リーグ優勝で終えた昨オフ後は、日本を含めた
    アジアツアーもあって、日本での直接合流を許され移動は“ゼロ”だった。状況が一変する中、それでも新たな挑戦に自信を
    抱くのは、大きな刺激を受けたからだ。

     W杯決勝で勝ち越し弾を決めたドイツ代表MFゲッツェはドルトムント時代の同僚。「元チームメートがああいう舞台に
    立つことはすごく刺激をもらう。僕らが世界で勝つためには、欧州で1人1人結果を残すしかない。そういう選手が自分を含めて
    増えていければいい」。23日からの親善試合にも「僕はいつでも出られる準備をしている」と香川。遠回りでも
    スタートダッシュでアピールする。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140718-1336314.html

    続きを読む

    2ca443fb8eb032d2a965e5741506511c



    ブラジル・ワールドカップにドイツ代表の一員として出場し、
    優勝に貢献したレアル・マドリード所属MFサミ・ケディラのアーセナルへの移籍が秒読み段階のようだ。
    スペイン紙『マルカ』が16日に報じている。

    同紙によると、アーセナルは今大会で評価を高めたケディラの獲得に対し、移籍金として2500万ユーロ(約34億円)を準備している模様。
    レアル・マドリードもすでに合意に達していると見られている。

    アルセーヌ・ヴェンゲル監督もクラブにゴーサインを出している模様で、
    最後のネックと見られているのが、ケディラが要求する高額な年俸となっているようだ。

    アーセナルは去年、レアル・マドリードからドイツ代表MFメスト・エジルを獲得。
    今夏は、すでにバルセロナからチリ代表FWアレクシス・サンチェスを獲得しており、ビッグネームの獲得が目立っている。

    7月16日(水)19時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00212459-soccerk-socc

    続きを読む

    327452_heroa

    香川にとって、運命の6日間が始まる? マンU新指揮官、今後が微妙な6人を早期査定へ

    マンチェスター・ユナイテッドMF香川真司の今後が早々に決断されると、
    イギリス『ガーディアン』が報じている。
    昨季プレミアリーグ7位に終わったマンUは新監督ルイ・ファン・ハールを迎え、再起を図る。
    そのオランダ代表をワールドカップ3位に導いた指揮官が、今後が微妙な6人を早期に査定すると、
    『ガーディアン』が伝えている。
    その6人というのが、クリス・スモーリング、トム・クレバリー、ハビエル・エルナンデス、
    ダレン・フレッチャー、アシュリー・ヤング、そして香川である。
    マンチェスターでは16日にファン・ハール監督が到着し、17日にお披露目会見が行われ、
    18日にはアメリカでのプレシーズンツアーに出発する。23日にはMLSのLAギャラクシーと対戦するが、
    そこまでのアメリカでの6日間で、6人の見極めを行うというのだ。
    この6人は現行契約があと2年以内に満了となるが、まだ契約延長のオファーは出されていない。
    補強と予算を含めたチームバランスを取るためにも、早期の判断が必要というわけだ。
    選手たちは16日に新監督と初対面するという。その瞬間から、香川らの勝負は始まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00010000-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ