サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    100197hp2

     オランダ代表MFウェスレイ・スナイデル(30)=ガラタサライ(トルコ)=が今夏にマンチェスターU(イングランド)からのオファーを断った理由を明かした。英メディアが1日、報じた。

     スナイデルがオファーを断った最大の理由はガラタサライは欧州CL出場権を持っていたが、マンUは持っていなかったことだという。

    スナイデルは「ルイス(・ファンハール)はフットボール界で最も知性あふれる男の1人だ。夏にマンチェスターUが私に興味を持っていることは知っていた。

    わたしは迷ったが、今トルコにいて幸せだ。チャンピオンズリーグのピッチに立つということを捨てることはできないよ」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000300-sph-socc

    続きを読む

    no title
    今季19位の低迷に監督更迭の可能性が浮上

    マンチェスター・ユナイテッド元監督のデイビッド・モイーズ氏がニューカッスルの後任候補に挙げられていることが分かった。
    英地元紙デイリー・スターが「マン・ユナイテッドの失敗作、モイーズがニューカッスルでアラン・パーデューの後任候補に」との見出しで報じている。

    ニューカッスルは今季リーグ戦6試合3敗3分けで、いまだ勝ち星を手にしていない。現在19位で2部降格圏と低迷している。

    メディアとサポーターから大きな批判を集めているパーデュー監督はオーナーのマイク・アシュレー氏と直接会談を持つことになったという。

    「我々は深刻な話し合いを持つことになるだろう。私も彼(オーナー)も負けたいと思っていない。このチームには勝利が必要だ。
    数日のうちに話し合いを持つことになるだろう。この状況を変えなければいけない」

    崖っぷちの指揮官はこうコメントしている。

    同紙によると、現職が更迭された場合、モイーズ氏が後任に就任する可能性が高まっている。
    欧州屈指の名門にロングボールやクロスボールを多用する独自の戦術を導入し、低迷の一因を作り、
    4月にマンUの監督を解任されていたモイーズ氏は現場復帰に並々ならぬ意欲を燃やしているという。

     英ブックメーカー会社もニューカッスルの次期監督を予想。モイーズ政権の誕生は本命視されている。
    マンUでは短命政権に終わったモイーズ氏はその手腕や采配で批判を集めた。

    新天地ニューカッスルで、エバートン監督時代のような名誉を回復できることができるのか、大きな注目を浴びている

    10月1日(水)11時7分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141001-00010001-soccermzw-socc

    続きを読む

    83A9E585A5E59BA3



    マンU、スペイン人MFアンデル・エレーラの肋骨骨折を発表

    マンチェスター・Uは9月30日、スペイン人MFアンデル・エレーラの肋骨骨折をクラブ公式HPで発表した。
    エレーラは、9月27日のプレミアリーグ第6節のウェストハム戦で先発出場。
    試合中に骨折し、74分に途中交代していた。なお、試合はマンチェスター・Uがホームで2-1と競り勝っていた。
    25歳のエレーラは、今夏にマンチェスター・Uに加入。これまで4試合に出場し、2ゴールを挙げていた。

    SOCCER KING
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00237620-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 14:24:50.31 ID:???i.net
     元オランダ代表主将のMFルート・フリット氏が、今夏の移籍市場で史上最高総額の軍資金を投じて大型補強を行ったマンチェスター・Uの同国出身監督、ルイス・ファン・ハール氏を「資金を無駄遣いした」と批判した。

    28日のイギリス紙『デイリーメール』などの複数メディアが報じた。

     1987年のバロンドール(年間欧州最優秀選手賞)に輝き、同年から在籍したミランで6シーズンにわたって黄金期を築いたフリット氏は、オランダ紙『デ・テレグラーフ』に対してコメント。

    プレミアリーグ第6節を終えて7位と出遅れ、失点数ではリーグ12位タイと不振のマンチェスター・Uについて、
    今夏の大型補強が成績に反映されていない大きな要因として、問題だった守備の補強を優先させずに攻撃的選手を中心に補強した点を指摘した。

    「一体どうして、実績のある監督が(マンチェスター・Uが)必要としていたセンターバック2選手を補強せずにシーズンを迎える事ができたのか。私は未だに、ファン・ハールの補強に驚いている。

    中盤と攻撃的選手だけを補強するなら、プレミアリーグのレベルの高さを過小評価していることになる。
    イングランドのサッカー界で上位争いに食らいつきたいなら、まずは基盤となる守備から始め、家の屋根作りは最後でいいはずだ。だが、彼はその逆のことをした」

    「ネマニャ・ヴィディッチをインテル、リオ・ファーディナンドをQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)に放出したのであれば、新たにセンターバックを補強する必要があるのは明らかだ。

    2億ポンド(約374億円)もの軍資金がありながら、実績のあるセンターバックを補強しないというのは、プレミアリーグを間違った視点で見ているということだ」

    「守備に故障者を抱えているマンチェスター・Uの現状は悪化している。ファン・ハールは空いた穴を埋めながら指揮している。守備を補強せずに故障者を抱えているのなら、間違ったことをしているということだ。

    ファン・ハールは今、反省しているだろうし、彼は今の守備陣が世界屈指のストライカーを相手にしているのを目の当たりにしている。イングランドのサッカー界には他国には存在しない法則がある。彼が守備の修復を終えるにはあと3カ月はかかるだろう」

     なお、現役終盤の90年代後半に選手兼監督としてプレミアリーグのチェルシーを率いたフリット氏は、フェイエノールトを指揮した2004-2005年シーズン、下半期からAZを率いたファン・ハール監督とリーグを争い、AZが3位、フェイエノールトが4位に終わった過去がある。

    9月30日 14時7分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00237381-soccerk-socc

    続きを読む

    24036_heroa



    日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンを指揮するロナルド・クーマン監督が、
    かつてバルセロナとアヤックスで共に仕事をしたマンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督と確執があったことを明かした。

    27日付のイギリス紙『インディペンデント』が報じている。

    クーマン監督は1998年から約2年間、バルセロナでファン・ハール監督の右腕として助監督を務めた。
    2003年にアヤックスで監督を務めた際には、ファン・ハール氏がテクニカル・ディレクターに就任し共に仕事をしたが、道半ばで仲たがいを起こし、2004年にファン・ ハール氏が辞任した。

    クーマン監督は当時を振り返って「私がアヤックスを指揮した時、テクニカル・ディレクターとしてやってきたファン・ハールとの間に問題を抱えていた。
    お互いの仕事のやり方を巡り問題があった。彼が去った3年半後に私も去ったが、サッカーに関しての問題だったから難しかった。

    それにサッカーに関する問題だけでなく私生活でも問題があった。以前のような関係は築けなかったし、時には言い争った。
    彼は確かに私を弱い人間だと言ったが、それは彼の考えであり、私の考えは違う」と、バルセロナでの師弟関係から一転して、両者の間に深い溝が生まれていたことを明かしている。

    両監督は今シーズンから初めてプレミアリーグを指揮しているが、中堅格とされるサウサンプトンがプレミアリーグ第6節を終えて2位と好調であるのに対し、
    マンチェスター・Uは今シーズンも開幕から不振気味で7位に低迷している。

    クーマン監督率いるサウサンプトンは12月6日に、ファン・ハール監督が指揮するマンチェスター・Uと対戦する。

    9月29日(月)19時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00237282-soccerk-socc

    続きを読む

    no title



    マンU・マタにバレンシア復帰の可能性が浮上

    マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFファン・マタが
    来年1月に再開する移籍市場で古巣スペイン強豪バレンシアに移籍する可能性が浮上している。
    英地元紙デイリー・スターが報じている。

    記事では、バレンシアが来年1月の移籍市場で、期限付き移籍でマタを一旦復帰させ、
    来年夏の移籍市場で完全買い取りを目指していると報じている。
    完全移籍時の買い取り価格は3000万ポンドに設定されているという。

    マタは2007年から11年までバレンシアで活躍し、チェルシーに移籍。昨季途中にマンチェスター・Uに移籍した。
    今季は移籍市場閉幕直前にルイス・ファン・ハール監督が攻撃陣を大量補強した煽りを受け、
    21日のレスター・シティ戦と27日のウェストハム戦で出番がなかった。

    だが、ウェストハム戦で主将のウェイン・ルーニーが退場となったことで、今後3試合出場停止に。
    来年1月の移籍市場でASローマMFケビン・ストロートマン獲得のトレード要員として名前が挙がるなど不遇のマタだが、
    復権のチャンスを手にできるかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 9月29日(月)17時56分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140929-00010006-soccermzw-socc

    続きを読む

    01jpeg
     昨夏の移籍市場でイングランド・プレミアリーグのチェルシーがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(27)=バルセロナ(スペイン)=に
    1億5000万ユーロ(約207億9300万円)を用意して獲得に乗り出していたことが分かった。スペインメディアが27日、報じた。

     チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督(51)とオーナーのアブラモビッチ氏が本気で獲得に動いていたという。結局、バルセロナとメッシの両者から拒否され、移籍は実現しなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00000265-sph-socc

    続きを読む

    no title
    マンチェスター・ユナイテッドは27日、プレミアリーグ第6節でウェスト・ハムと対戦し、2ー1で勝利した。
    ルイス・ファン・ハール監督は、FWウェイン・ルーニーの退場処分は仕方ないと考えている。

    先制ゴールを決めたルーニーは2ー1で迎えた59分、相手のカウンターをファウルで阻止した際に退場となった。
    相手を後ろから蹴り飛ばしたことで、リー・メイソン主審にレッドカードを提示されている。

    ファン・ハール監督は、ルーニーのファウルが露骨すぎたと感じており、イギリス『スカイ・スポーツ』でこのように述べた。

    「レフェリーはレッドカードを出すことができたと思う。私はもっと友好的な形で止めることができたと感じる」

    終盤は苦しんだが、ユナイテッドは逃げ切った。

    「我々には問題がある。ウェスト・ハムの選手にある高さがこちらにはなく、相手はロングボールを多く使ってきた。
    だから、とても難しかったよ。しかし、結果を得ることができて非常に満足だ」

    DFマルコス・ロホのパートナーを務めた19歳のパディ・マクネアのプレーにも大満足の様子だ。

    「デビューを飾った選手にはとても重要なゲームだから、勝てて非常にうれしい。彼はとてもよくやっていた。彼のためにもすごくうれしいね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00000000-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ