サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    ついにプレミアリーグが開幕。マンチェスター・ユナイテッドはスウォンジーを迎えての一戦を戦った。

    Join #MUTV HD from 12:00 BST for all the best build-up to #mufc vs Swansea at Old Trafford: http://t.co/Gfs99nJeGV pic.twitter.com/7bcHySbXV7

    — Manchester United (@ManUtd) 2014, 8月 16
    試合はキ・ソンヨンのゴールでスウォンジーが先制。その後ルーニーのゴールで一旦は同点となるも古巣復帰のギルフィ・シグルズソンが決勝弾を決めて勝負あり。 アウェイ、スウォンジーが勝利をもぎとった。

    そんな試合でアシュリー・ヤングの身に何かが起こっていたようだ…


    熱く語るヤングさんの口に白い物が飛び込んでいる。どうやら鳥のフンらしいのだが、ある意味奇跡的…もってる男といえるのだろうか…

    『BBC』によれば、ユナイテッドがホームでの開幕戦を落としたのは1972年以来のことだそうだが、優勝した2012-13シーズンもエヴァートン相手に敗れており、データ的には開幕戦の勝敗はあまり大きな意味をもっていないともいえそう。
    続きを読む

    no title

    スポニチアネックス 8月16日(土)22時41分配信

     イングランド・プレミアリーグが16日に開幕、日本代表MF香川が所属するマンチェスター・
    ユナイテッドはホームでスウォンジーと対戦し、1―2で敗れた。香川はベンチ入りするも出番なし。
    主力の多くが欠場しアピールのチャンスだったが、英紙から放出候補と報道されていたFWナニや
    MFフェライニらが出場するなか、香川にはアップする機会もないまま終了のホイッスルが鳴った。

     FWウェルベック、MFキャリック、DFショーなど主力の多くをケガで欠くマンチェスターUは
    FWファンペルシーもベンチ外。苦しいチーム事情のなか、今季から指揮をとるファンハール新監督は、
    プレシーズンマッチから実践していた3―5―2の新布陣をここでも採用。2トップには新主将となった
    FWルーニーとFWエルナンデスがコンビを組み、トップ下にはMFマタが入った。

     マンチェスターUはプレシーズンマッチで結果を残し開幕スタメンの座をもぎ取ったMFリンガードが、
    相手選手との激しい接触により前半24分でMFヤヌザイと途中交代となるアクシデントが発生すると、
    その4分後にMFキ・ソンヨンに先制ゴールを奪われてしまう。

     1点ビハインドのまま後半へ入ると、マンチェスターUはFWエルナンデスを下げFWナニを投入。
    システムを4―5―1へと変更し、1トップにルーニー、トップ下はマタのままで右MFにヤヌザイ、
    左MFにはナニが入った。

     すると同8分、右CKのチャンスからDFジョーンズが競ったこぼれ球をFWルーニーが豪快な
    オーバーヘッドキックでネットを揺らし同点に追いつく。

     しかし同27分、本職でない左SBに後半から入っていたMFヤングが痛恨のミス。自陣左からの
    クロスボールに相手FWのマークを完全に外してしまい、そこからMFシグルドソンに決勝点を
    決められ勝ち越しを許す。

     ホーム開幕戦を絶対に落としたくないマンチェスターUだったが、決定機を作れないまま試合終了。
    期待された新加入のMFエレーラも好機を作れず、後半途中から代わりに入ったMFフェライニも
    不発。トップ下で起用されたMFマタも消えている時間が多かった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140816-00000131-spnannex-socc

    続きを読む

    no title
    続きを読む

    続きを読む

    kagawa2-500x318
    マンチェスター・ユナイテッドは16日、プレミアリーグ開幕戦でスウォンジー・シティと対戦する。
    ルイス・ファン・ハール監督は試合を前に、FWロビン・ファン・ペルシらが欠場すると明かした。

    MFマイケル・キャリックやDFルーク・ショーに加え、ユナイテッドはFWダニー・ウェルベックも負傷。
    また、ファン・ペルシはまだ調整が必要とのことだ。ファン・ハール監督は次のように話している。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。

    「(負傷者は)サム・ジョンストン、アントニオ・バレンシア、ショー、ジョニー・エヴァンズ、ウェルベックだ。ファン・ペルシ? ノーだ。彼は練習しなければいけない。以前も言った」

    ファン・ハール監督は負傷者が多い理由を説明しつつ、ナーバスになってはいないと語った。

    「ショーについては分析したが、原因を見つけるのが難しい。解決策を見つけるのは大変だが、理由はたくさんある。
    ワールドカップが終わってから、選手たちは異なるタイミングで合流し、練習するのが非常に難しい。
    長距離移動や時差があり、2週間で多くの試合をしてきた。練習量も理由の一つだが、私がほかのクラブでやってきた量の半分だ。だから、間違っていたとは考えられない」

    「アメリカツアーではリース・ジェームズとアシュリー・ヤングがその位置でプレーした。非常によくカバーされている。
    私はとても自信を持っているし、ナーバスになっていない。負傷者はいるが、ナーバスではないんだ。ここまでは無敗だったが、大事なのは明日の試合だ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140816-00000007-goal-socc

    続きを読む

    2014-08-16-14-03-14
    今夏、ビルバオからマンチェスター・ユナイテッドへ加入したMFアンデル・エレーラが、
    マンUのOBであるポール・スコールズとニッキー・バットを尊敬していることをクラブ公式ウェブサイト上で明かした。

    12日に行われたテストマッチのバレンシア戦でオールド・トラフォードデビューを飾ったエレーラは、
    「グスタボ・ポジェは僕のロールモデルで、スペイン代表ではシャビやイニエスタがヒーローだったんだ」と語ると、
    「そしてユナイテッドではスコールズとバットがヒーローだった」と明かしている。

    「彼らはボールの扱いがうまいだけでなく、オフ・ザ・ボールの動きも素晴らしいし、守備もよくやっていた。だから僕にとっては素晴らしい手本だったんだ」

    16日にはスウォンジーとの開幕戦を迎えるエレーラは、「プレミアリーグは新しいチャレンジだけど、世界最高のリーグの一つだし、
    僕は世界最高のクラブにいる。ファンの前でプレーするのが待ち切れないし、チームの目標達成に貢献できればと思っている」と意気込みを示した。

    ゲキサカ 8月15日(金)19時11分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00138252-gekisaka-socc

    続きを読む

    jpeg

    この夏にチェルシーからパリサンジェルマン(PSG)へと移籍したDFダビド・ルイスは、
    チェルシーが自分の放出を悔やむことになると信じているようだ。

    D・ルイスは4000万ポンドと見られる巨額の移籍金で6月にPSG加入が決定。
    ブラジル代表として出場したワールドカップで最後に大量失点を喫したこともあり、
    特に守備面で懐疑的な見方もあるが、同選手はPSGの信頼に応えたいという意欲を見せている。

    イギリス『サン』が次のようにD・ルイスのコメントを伝えた。

    「チェルシーでもどのチームでも、僕がいなくなったことを残念に思うと僕は信じなければならない。
    ごう慢なわけじゃないけど、自分自身の力には自信を持っているんだ」

    「パリは僕のために大きなお金を払ってくれたので、当然僕を信じているということだ。
    本当に望んでくれて、信じてくれるクラブにいることができるのは素晴らしいことだよ」

    同じくこの夏にチェルシーを退団し、ニューヨーク・シティFC経由でマンチェスターCに加入したMFフランク・ランパードに関しては、
    まだトップレベルでの活躍が可能なはずだとD・ルイスは話している。

    「僕は自分がフランクと一緒にプレーした経験のことだけしか話せないけど、今でも彼には最高のレベルでやれることが十分にあると思っている。
    素晴らしい選手だというだけでなく、ビッグゲームでの経験もあるからだ」(Goal.com)

    2014.8.14 20:28
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140814/fra14081420280003-n1.html

    続きを読む

    757c282a-s


    2014.8.16 05:01
    ベシクタシュ会長、香川の獲得熱望「背番号10候補」

     トルコリーグ・ベシクタシュへの移籍が浮上しているマンチェスターUの日本代表MF
    香川真司について、同国サッカーサイト「フトボル・アレナ」は15日、同クラブの
    オルマン会長が「背番号10候補」として獲得を熱望していると報じた。16日に
    イングランドプレミアリーグ開幕・スウォンジー戦(ホーム)を迎える香川は、
    ベンチスタートが濃厚だ。

    (紙面から)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140816/int14081605010002-n1.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ