サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 19:06:08.83 ID:CAP_USER*.net

    CU7AuuFUwAAf8g3


     
    岡崎の役割は見過ごされがち?

    リーグ戦24試合に出場して4得点。これはFWとしては少々寂しい数字で、レスター・シティFW岡崎慎司を純粋に
    ストライカーとして評価するのは難しい。相棒のジェイミー・バーディが得点を量産していることもあり、
    もっと岡崎にも得点を取ってほしいと思うサポーターもいるだろう。しかし元イングランド代表監督で現在は
    解説者を務めるグレン・ホドル氏は、岡崎の重要性に気付くべきだと日本のFWを称賛している。

    英『Daily Mail』によると、同氏はレスターの守備が他のチームとは違うと指摘。
    たいていのチームは相手に60%以上のポゼッションを許すと耐え切れずに失点してしまうが、
    レスターは耐え抜く強さを持っている。同氏はそこに岡崎の重要性が隠れていると語った。

    「個人の部分に目を向けると、ジェイミー・バーディ、リヤド・マフレズ、エンゴロ・カンテはスターだ。
    しかし、岡崎の役割を見過ごしているよ。彼は私欲に走らず、同じ仕事を続けている。
    ほとんどのチームは守る位置が深くなり、ボールを失う展開が続くと最終的には失点してしまう。
    しかし、レスターの場合はブロックの選手間の距離が適切なんだ。バーディはすぐに相手センターバックを追いかけ、
    スペースを与えない。そして 岡崎はバーディーと中盤の選手の間のスペースを完璧に埋めているんだ」

    同氏の指摘通り、レスターは2月2日から続いたリヴァプール、マンチェスター・シティ、アーセナルの
    難敵3連戦のすべてで相手にボールを支配されている。それでもレスターはバーディと岡崎が守備に走ることで、
    相手の攻撃を跳ね返すことに成功した。そこには前線と中盤の間にできるスペースを巧みに消す岡崎の貢献があり、
    レスターサポーターは岡崎の働きを見逃すべきではない。

    アーセナル戦では退場者が出てしまったことで岡崎も不完全燃焼とはなったものの、退場者が出るまでは
    いつも通りの守備でリードを得ていた。岡崎は攻撃の部分では平凡な選手と捉えられているかもしれないが、
    レスターの守備陣にとって最も頼りになる汗かき役であることは間違いない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00010033-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:15:44.11 ID:CAP_USER*.net

    4位マンCと勝ち点6差 今のままでは同じ運命をたどることに…
     
    マンチェスター・ユナイテッドの元指揮官デイビッド・モイーズ氏が、ルイス・ファン・ハール監督に対し、
    現在の成績では自身と同じ運命をたどることになると警告した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

    現在、ファン・ハール監督率いるユナイテッドはリーグ26節を終えて5位。
    来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得圏内の4位マンチェスター・シティに6ポイントの差をつけられている。
    6位サウサンプトン、7位ウェストハムもそれぞれ勝ち点差1ですぐ背後に迫っており、CL出場権争いで苦しい状況に立たされている。

    モイーズ氏は「スカイ・スポーツ」が放送している番組「Goal on Sunday」に出演し、
    ユナイテッドにとってCL出場権は必要不可欠なものだと語った。自身と境遇を重ね合わせながら、ファン・ハール監督に警告を送った。

    「マンチェスター・ユナイテッドにはチャンピオンズリーグ出場権が必要なんだ。私は分かっている。
    ユナイテッドはその舞台にいる必要があると思う。彼らはそれだけの資格があるクラブで、少なくともそのレベルにいたいと思っている。
    彼らは(CLを)優勝したいと思っているんだ。出場権獲得は重要なこと」

    モイーズ時代よりも成績が悪化
     
    英地元メディアではファン・ハール監督の解任論が加熱し、前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定的とも報じられている。
    そのなかでモイーズ氏は、ファン・ハール監督が生き残る鍵は、リーグで4位以内に入ることであると主張した。

    現在のユナイテッドは26試合で41ポイントを獲得。その一方で、シーズン途中で解任されたモイーズ政権時は同じ26試合終了時点で、42ポイントを獲得していた。
    モイーズ氏が指揮を執った2013-14シーズンは最終的に7位で終わっていたとはいえ、現在のチームは当時よりも成績が悪化している。

     こうした結果から「ファン・ハール監督との比較で、扱いが不公平だと思うか?」と聞かれたモイーズ氏だったが、
    「私がマンチェスター・ユナイテッドでの職を失ったのは、満足のいくゲームができなかったから。シンプルな理由だ」と、自らの力が及ばなかったことを潔く認めていた。

    1年目は4位でなんとかCL出場権を獲得したオランダ人指揮官だが、
    もしその最低限のノルマを果たせなければ、前任者と同じ道を歩むことは確実なのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/26497

    Photo
    no title


    Table
    http://www.skysports.com/football/competitions/premier-league/table

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 22:07:47.58 ID:CAP_USER*.ne
     
    ここまでプレミアリーグを席巻するレスターをバーディ、カンテらと引っ張るテクニシャンが、
    やはり来季はステップアップしそうだ。

    レスターは26試合を終え、勝ち点53で首位を走っている。14日のアーセナル戦には惜しくも敗れたものの、
    5位のマンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点12差で来季のチャンピオンズリーグ出場は現実的なものとなってきた。
    それに向け、クラブはエースのバーディと契約延長に成功し、来季の準備を進めている。
    しかし、ここまでプレミアリーグで14ゴール、10アシストを記録しているリヤド・マフレズは来季レスターには
    いないかもしれないと英『EXPRESS』が報じている。

    21日に25歳の誕生日を迎える同選手にドルトムントやマンチェスター・シティが今夏獲得に向け、
    アプローチをかけているようだ。もちろん、レスターも躍進の立役者を簡単に放出する予定はなく、
    その場合でも多くのビッグクラブに競合させ、移籍金を吊り上げる狙いがある模様だ。

    今季の“ミラクル・レスター”の面々は、来季どれだけチームにとどまっているのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00010043-theworld-socc

    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2016/02/15(月) 09:23:11.70 ID:CAP_USER*.net

    CSS1ClzUsAAAq61


    【アストン・ヴィラ 0-6 リバプール プレミアリーグ第26節】

    リバプールは現地時間14日に行われたプレミアリーグ第26節で最下位のアストン・ヴィラとアウェイで対戦した。
    公式戦5試合で勝利がないリバプールは、この試合でイングランド代表FWダニエル・スタリッジが
    リーグ戦11試合ぶりに復帰を果たす。

    すると、スタリッジは早速結果を残す。コウチーニョのクロスをヘディングで押し込んで先制点を奪った。
    25分にはジェームズ・ミルナーがFKからクロスを送ると、これがそのままゴールに吸い込まれてゴールイン。
    2-0のリードで後半へと折り返した。

    この日のリバプールは止まる気配がない。58分にはエムレ・ジャンが強烈なミドルシュートを叩き込み、
    63分には左サイドのコウチーニョからディボック・オリギがGKとの1対1を制して4点目をゲット。

    65分にはゴール前のこぼれ球からナサニエル・クライン、71分にはCKからコロ・トゥーレが
    ヘディングシュートを決めた。

    終わってみれば、リバプールは今季最多となる6ゴールで最下位のアストン・ヴィラを粉砕。
    ここ数試合は失点も多かったリバプールだが、この日はアストン・ヴィラの攻撃陣を完封することにも成功した。

    プレミアリーグ創設後は一度も2部に降格していないアストン・ヴィラは残留圏内の
    17位ノリッジ・シティまで勝ち点8差と厳しい戦いが続く。

    【得点者】
    16分 1-0 スタリッジ(リバプール)
    25分 2-0 ミルナー(リバプール)
    58分 3-0 ジャン(リバプール)
    63分 4-0 オリギ(リバプール)
    65分 5-0 クライン(リバプール)
    71分 6-0 K・トゥーレ(リバプール)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160215-00010001-footballc-socc

    【動画】
    リヴァプールが最下位アストン・ヴィラに6ー0で撃破!コウチーニョは3アシスト
    http://sports.yahoo.co.jp/video/player/85306

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:57:02.29 ID:CAP_USER*.net

    CbLRnpsUMAA-Zr2

    キックオフ:21:00 / 試合会場:エミレーツ・スタジアム

    アーセナル 2-1 レスター・シティ

    0-1 ジェイミー・ヴァーディ(前半45分)
    1-1 テオ・ウォルコット(後半25分)
    2-1 ダニー・ウェルベック(後半50分)

    警告
    フランシス・コクラン(前半36分)
    ローラン・コシールニー(前半44分)
    アーロン・ラムジー(前半47分)
    ダニー・シンプソン(後半4分)
    クリスティアン・フクス(後半7分)
    ダニー・シンプソン(後半9分)退場
    ヌゴロ・カンテ(後半12分)
    マルチン・ヴァシリェフスキ(後半49分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784799

    岡崎慎司は後半16分までプレー

    続きを読む

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 16:44:01.91 ID:CAP_USER*.net

    442142_heroa

     
    プレミアリーグ第26節が13日に行われ、マンチェスター・Uはサンダーランドと敵地で対戦し、1-2で敗戦した。
    試合後、イングランド代表FWウェイン・ルーニーがインタビューに応じている。イギリス紙『デイリーミラー』がコメントを伝えている。

     サンダーランドに敗れたマンチェスター・Uは順位こそ5位のままだが、1試合ずつ消化が少ない上位4チームとは
    勝ち点差6以上離されている。ルーニーは「十分なチャンスを作れなかったし、アグレッシブさが足りない。
    残念な結果だね」と、試合内容に不満をあらわにした。

     また、「今の状況だと、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内のトップ4に入ることは難しいだろう。
    僕たちはどうにか前に進まなければならない」と続け、来シーズンのCL出場への危機感を示した。

     18日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのミジュランド戦を控えているマンチェスター・U。
    ルーニーは「僕たちが出場したかった大会でないことは明らかだけど、ELを勝ち取りたい。
    今の僕たちにはどの試合もビッグゲームなんだ。18日からまたスタートを切る必要がある」と、意気込みを語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00401283-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 18:05:24.71 ID:CAP_USER*.net

    98710_heroa

     
    グループ全勝突破も同氏は冷めた考え

    EURO2016予選を全勝で突破したイングランド代表は、今夏に行われる本大会での躍進が期待されている。グループステージでもロシア、ウェールズ、スロバキアとそれほど難しい相手が揃っているわけでもなく、国内ではすでに準々決勝進出は堅いとの見方もある。

    トッテナムMFデル・アリ、FWハリー・ケイン、エヴァートンMFロス・バークリーなど面白い若手が出てきていることもあり、あわよくば優勝もと考えている人もいるのではないか。

    しかし英『Daily Mail』によると、元イングランド代表のリオ・ファーディナンド氏は優勝などあり得ないと冷めた考えを持っている。同氏はイングランドが上位に進出できるだけの能力を持っていないと感じており、その理由を語っている。

    「私はイングランドが準々決勝を突破することはないと思うね。準々決勝を突破して準決勝、さらにその先の決勝に行くには、フランスやドイツ、スペインといったチームを倒すことになる。私がこれまで見た限りではイングランドの能力でそれができるとは思えないな」

    しっかりと現実を見据えるなら、2014ワールドカップでグループステージ敗退に終わったイングランドが、ドイツや母国開催のアドバンテージを持つフランスのような強国を倒すのは難しいように思える。

    EUROはワールドカップ以上に競争力の高い大会とも言われているため、準々決勝からは難しい相手が続くことになるだろう。そこを乗り越え、ファーディナンド氏を驚かせるだけの力がイングランド代表にはあるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00010025-theworld-socc

    続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 07:19:55.47 ID:CAP_USER*.net
    2016.2.13 21:17

     元イングランド代表MFアダム・ジョンソンは、今月11日にサンダーランドを解雇された。15歳の少女との淫行容疑で逮捕・起訴された彼の“本性”が裁判で徐々に明らかになっている。

     昨年3月に逮捕され、すぐに起訴されたA・ジョンソン。その裁判が今月10日に始まり、A・ジョンソンは容疑の一部を認めた。これを受けて、サンダーランドを解雇されている。

     この裁判の模様をイギリス『デイリー・ミラー』などが報じており、12日には携帯アプリ「WhatsApp(LINEのような無料通信アプリ)」のやりとりが検察によって読み上げられた。

     当時15歳だった少女とのやりとりの中で、A・ジョンソンは少女の年齢を把握していたことが分かる。
    2015年1月27日、2人は初めて直接会い、ファンの少女の要望に応えてユニフォームを手渡した。その後、「ありがとう」というメッセージを受け取ったA・ジョンソンは、次のようなメッセージを送っている。

     「君は僕に借りがある。ユニフォームのお礼にキスをしてもらえるものだと思っていたよ。この『ありがとう』は今度いただくよ。もっと価値のあるものがいいかな」

     「キスだけ? 分からないけど…。キスよりもう少し…。圧力をかけるつもりはないよ」

    【続きを読む】

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:SANSPO.COM(サンスポ) http://www.sanspo.com/soccer/news/20160213/pre16021321170014-n1.html

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 12:33:13.28 ID:CAP_USER*.net

    CaS1XZBUUAAubTs

     
     “スポーツ史上最大の番狂わせ”に、日本人選手が関わることになるかもしれない。

    イングランド・プレミアリーグで首位に立つレスターのFW岡崎慎司(29)のことだ。昨夏にマインツ(ドイツ)から移籍し、世界最高峰リーグに挑戦1年目でリーグ25試合中23試合(先発17試合)に出場し、最近は5試合連続で先発。

    「(今季リーグ)10得点にチャレンジしたい」という岡崎にとって現在の4得点は満足できる結果ではないかもしれないが、それでも得点ランク1位(18ゴール)のFWバーディーのサポート、つなぎ役、豊富な運動量、前線からの守備などでチームの大躍進に貢献していることは間違いない。

     レスターの快進撃は英メディアで「ミラクル」「おとぎ話」と呼ばれている。昨季は11シーズンぶりに昇格したプレミアリーグで14位。残り9戦で7勝を挙げて最下位から大逆転の残留を果たした“弱小クラブ”だ。

    今季の前評判も低く、英大手ブックメーカー・ウィリアムヒルによる開幕前の優勝オッズは5001倍。英BBCによると、購入者はわずか12人で、優勝すればスポーツ史上最高の払い戻しになるという。

    昨年のラグビーW杯で日本は初戦で優勝候補の南アフリカを破り「スポーツ史上最大の番狂わせ」とも報じられたが、その日本の優勝オッズが1001倍だったことを考えるとレスターの下馬評の低さ、そして現在の凄さが際立つ。

    5001倍というのは、ウィリアムヒルでは「エルビス・プレスリーが生きていた」「ネス湖のネッシーは存在した」というユニークな賭けのオッズと同じ。つまり通常は起こりえない、超常現象に匹敵する出来事といえる。

     15日はくしくも現在の上位4チームが対戦する。勝ち点53の首位レスターは、敵地で勝ち点48の3位アーセナルと、勝ち点47の4位マンチェスターCはホームで勝ち点48の2位トットナムと激突。

    岡崎のレスターが勝って抜け出すのか、それとも負けて混戦となるのか。残り13試合で迎える“ダブル天王山”の結果が、優勝の行方を大きく左右しそうだ。(大久保 尚文)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-00000083-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ