サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: プレミアリーグ

    1: pathos ★ 2017/10/22(日) 01:08:18.04 ID:CAP_USER9
    DHmGx_1UMAI2vs2-1



    【ハダースフィールド 2-1 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第9節】

     現地時間21日にマンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ第9節のハダースフィールド戦に臨み、敵地で1-2と敗れた。ユナイテッドは今シーズンの初黒星である。

     ここまでリーグ戦無敗で2位につけているユナイテッドは、序盤にアクシデントが発生。フィル・ジョーンズが負傷で交代を余儀なくされ、23分にリンデロフが入る。

     すると28分、ムーイにゴールを許してハダースフィールドに先制されると、その5分後にはリンデロフのミスでドゥポワトルに追加点を決められ、ユナイテッドは2点のビハインドとなった。

     流れを変えたいモウリーニョ監督は、ハーフタイムで大胆な変更を加える。マルシアルとマタを下げて、ラッシュフォードとムヒタリアンを投入。早くも交代枠を使い切った。

     圧倒的にボールを支配したユナイテッドだが、なかなかゴールが生まれない。反撃ののろしがあがったのは78分。右サイドのルカクが上げたクロスボールにラッシュフォードが頭で合わせて1点を返す。

     その後も猛攻を仕掛けたユナイテッドだが、大金星を目の前にしたハダースフィールドの集中力は途切れず、同点弾は決まらなかった。

     同時刻にキックオフとなった試合では、マンチェスター・シティがバーンリーに3-0と快勝しており、ユナイテッドは首位との勝ち点差が5に開いている。

    【得点者】
    28分 1-0 ムーイ(ハダースフィールド)
    33分 2-0 ドゥポワトル(ハダースフィールド)
    78分 2-1 ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171022-00236930-footballc-socc

    続きを読む

    1: pathos ★ 2017/10/22(日) 00:21:24.10 ID:CAP_USER9
     レスター・シティに所属するFW岡崎慎司が、昨季越えの4ゴール目を決めた。

     クレイグ・シェイクスピア前監督が解任され、今節はアシスタントコーチのマイケル・アップルトン氏が指揮を執るレスターは、プレミアリーグ第8節でスウォンジーのホームに乗り込んだ。先発復帰した岡崎は、1-0で迎えた後半4分、カウンターからMFマーク・オルブライトンの浮き球パスをPA右からMFリヤド・マフレズが中央へ折り返したボールを右足で押し込み、追加点を奪った。

     岡崎は今季プレミア7試合出場で4ゴール目。早くも昨シーズンの3ゴールを抜いた。なお、今季公式戦では5ゴール目となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-01645373-gekisaka-socc
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11042903

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/10/19(木) 06:01:38.23 ID:ctrBZ4yQa

    00387-600x598


    全チーム無敗
    P15 W11 D4 L0 GF44 GA11

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/10/18(水) 05:33:56.41 ID:CAP_USER9
    岡崎慎司が所属するレスターは現地時間10月17日、指揮官のクレイグ・シェイクスピアを解任したことを公式サイトで発表した。
     
     シェイクスピアは2011年からレスターのアシスタントコーチとしてチームに従事。そして、今年2月に前任者のクラウディオ・ラニエリが成績不振を理由に解任されると、暫定監督となる。一時は降格圏目前の17位にまで沈んでいたチームを見事に立て直して昨シーズンを12位でフィニッシュさせた。
     
     開幕前に2020年6月までの契約を締結させて正式監督となって迎えた今シーズンは、プレミアリーグでは第8節終了時点で1勝3分け4敗で降格圏の18位と低迷。ここ6戦未勝利と泥沼にはまったチームを救い出す策を見出せず、解任の憂き目に遭う形となった。
     
     レスターの副会長を務めるアイヤワット・スリヴァッダナプラバは公式サイトで、「クラブに対する彼の献身性は絶対的なものだった。レスターがクラブ史上で最も成功を収めた時期のクレイグの貢献度は相当なものだ」とシェイクスピアを称賛しつつも、解任理由を明かしている。
     
    「クレイグと交わした約束はここ数か月間で表れていなかった。だから変化をすることがクラブを前進させるために必要だと感じたんだ。この考えは我々の支持者やオーナーなどとも一致している」
     
     シェイクスピアは監督就任時から岡崎へ常に高い評価を下していた指揮官でもある。ラニエリ政権下でベンチを温める日々を過ごしていた日本代表FWの献身的なプレーへ抜群の信頼をおき、先発として多くの試合に起用していた。
     
     そんなイングランド人指揮官は岡崎を「ボールを持っていない時にとても勤勉」と評せば、またある時は「常日頃から高い集中力でトレーニングに臨み、完璧な準備をしている。それがシンジという男なんだ。シンジを、誇りに思う」と、名指しで褒めちぎってもいた。そんな指揮官の解任は岡崎の今後に大きな影響を及ぼしそうだ。

     なお、レスターはアシスタントコーチのマイケル・アップルトンが、当面の間、暫定監督として指揮を執ることを発表している。

    10/18(水) 5:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00031239-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/17(火) 06:03:56.60 ID:CAP_USER9
    33577957


    【レスター・シティ 1-1 ウェスト・ブロムウィッチ プレミアリーグ第8節】

    現地時間16日にプレミアリーグ第8節が行われ、レスター・シティはウェスト・ブロムウィッチと対戦した。試合は1-1の引き分けに終わった。

    ここ5試合勝ち星のないホームのレスターは直近の2試合で先発出場を果たしていた日本代表FW岡崎慎司をスタメンから外した。
    代わりにFWケレチ・イヘアナチョがFWジェイミー・ヴァーディーと2トップを組んだ。

    静かな立ち上がりとなった試合は35分、レスターがゴールチャンスを作る。
    ロングスローのこぼれ球をDFダニー・シンプソンが右足で強烈なミドルシュートを放つもGKがセーブし先制点とはならず。

    後半に入った51分、左サイドを崩したレスターがMFマーク・アルブライトンのパスをペナルティーエリア内でMFリヤド・マフレズがシュートを打つもシュートはバーを大きく超えてしまう。

    ここまでチャンスのなかったウェスト・ブロムだったが63分に得たゴール中央からの直接FKをMFナセル・シャドリが決め先制点を挙げる。

    失点後、レスターは攻撃的な布陣に切り替えると80分に同点ゴールが生まれる。
    左サイドからセンタリングを送りファーサイドでFWイスラム・スリマニがヘディングで落としたボールをマフレズがワントラップから右足でシュート、これがゴール左隅に決まる。

    このまま試合は終了。これで6試合連続勝ち星のないレスターは18位と降格圏内から抜け出せず苦しいリーグ戦序盤となっている。なお岡崎に出場機会はなかった。

    【得点者】
    63分 0-1 ナセル・シャドリ(ウェスト・ブロムウィッチ)
    80分 1-1 リヤド・マフレズ(レスター)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00236283-footballc-socc
    10/17(火) 5:53配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/gbr/gbr-11042889.html
    試合スコア

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2017/10/17(火) 08:49:48.07 ID:CAP_USER9
    10/17(火) 7:30配信

    昨夏にドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンは、第2の香川真司になるかもしれない。そう主張しているのは英『Express』だ。

    香川も以前ドルトムントからマンUにチャレンジしたが、プレミアリーグで自身の能力を100%発揮することはできなかった。なぜならデイビッド・モイーズ、ルイ・ファン・ハールと当時チームを率いていた指揮官のスタイルでは香川を活かし切れなかったからだ。ムヒタリアンは今季開幕戦からアシストを連発するなど結果を出していたため、そうした心配はないと思われていた。

    しかし同メディアは、14日のリヴァプール戦のように勝ち点1獲得のために引いて守るスタイルではムヒタリアンを活かせないと主張しており、リヴァプール戦でムヒタリアンが空気のようになっていたことを嘆いている。同時に「グアルディオラの下ならばムヒタリアンは間違いなく輝いただろう。モウリーニョの下では?それは起こらない」とも伝えており、現指揮官ジョゼ・モウリーニョの現実的な戦い方ではムヒタリアンの能力を100%活かすことはできないのかもしれない。

    グアルディオラが指揮を執るマンチェスター・シティでは、ケビン・デ・ブライネやダビド・シルバなどチャンスメイカーが中盤で躍動している。仮にムヒタリアンがマンCの選手だったなら、今頃はもっとアシストを量産していたことだろう。今後マンUはモウリーニョの教え子でもあるアーセナルMFメスト・エジルの獲得に動く可能性が噂されており、同メディアは仮にエジルがマンUに加わればムヒタリアンの立場が危なくなるかもしれないことを伝えている。

    同メディアは今でもマンUサポーターが香川を愛していると伝えているが、ムヒタリアンも香川と同じくチームに活かしてもらえないのか。リヴァプール相手の戦い方でそうした疑問も出てきているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00010004-theworld-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/10/16(月) 11:52:40.88 ID:CAP_USER9
    2017/10/15(日)13:00 Football ZONE web
    no title

     インテルの日本代表DF長友佑都は、今季加入のDFダウベルトと左サイドバックの激しいポジション争いを繰り広げているが、プレミアリーグの3クラブが熱い視線を注いでいるという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

     長友は毎シーズン、激しいポジション争いを繰り広げ、その間には放出論もあり、マンチェスター・ユナイテッドやスペインからのオファーなども経験してきたが、“インテル愛”を貫いて今やチーム最古参となっている。しかし、その長友を狙うクラブがイングランドに多く存在するとされている。

     記事によればウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、ニューカッスル、バーンリーの3クラブが長友の獲得を目指し、水面下で争奪戦を繰り広げているという。いずれも今季プレミアの中位グループで戦うクラブであり、上位進出を目指してサイドバック補強を考えている模様だ。

     バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表では不動の左サイドバックを務め、来年のロシア・ワールドカップ本大会へ向けた戦いも続けている。そのビッグトーナメントを迎える直前となる冬の移籍市場で、長友の移籍話が過熱しようとしている。果たして、プレミアからの熱視線を受ける長友は、イングランド移籍へ進むことになるのだろうか。

    【了】

    http://www.football-zone.net/archives/76159

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/10/15(日) 10:26:13.87 ID:q5JoU+ZVa

    arsenal-fans-1400774930


    はよ辞めろジジイ

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/10/15(日) 01:12:34.93 ID:OcUPYrm80

    DMHSRNzVwAESlEv


    VやねんマンC

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ