サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 韓国

    1: 首都圏の虎 ★ 2024/02/26(月) 11:48:21.10 ID:+95zWij8

    news_301455_1


    昨年2月、セリエBのクラブをわずか5か月で解任された

     もはや日替わりのごとく、新たな候補者の名が浮上している。韓国代表の新指揮官を巡るドタバタ劇はいまだ道筋が定まっていない。

    現地2月16日、大韓サッカー協会(KFA)は韓国代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督の解任を発表。昨年3月の就任以降、その言動で幾度となく物議を醸し、先のアジアカップではベスト4まで進んだものの、采配やパフォーマンスへの非難は止まなかった。おまけに大会後にソン・フンミンとイ・ガンインが衝突する“卓球事件”が明るみとなり、その監督責任さえも問われて糾弾される始末だ。

     KFAはすぐさま新たな戦力強化委員会を発足させ、国内の指導者を候補にリストアップ。蔚山現代のホン・ミョンボ監督、U-22韓国代表のファン・ソンホン監督、現在はフリーだがFCソウルなどを率いたチェ・ヨンス氏が有力で、FCソウルのキム・ギドン監督や、アジアカップでインドネシア代表を率いたシン・テヨン監督らも候補者リストから消えていない。

     そんななか、海外メディア発の情報もどんどん舞い込んでいる。まずは、現役時代にマンチェスター・ユナイテッドの黄金期を支えたCBで、ニューカッスルやバーミンガムで監督を務めたスティーブ・ブルース氏が「韓国代表監督のポストに興味がある」と伝えられた。さらに数日後には元オランダ代表MFでPSVなどを率いたフィリップ・コクー氏への関心も取り沙汰される。元オランダ監督のフランク・デブール氏と元トルコ代表監督のセノール・ギュネス氏の動向もメディアが注視。当然、KFAからはなんら正式な声明は出ていない。

     さらに現地2月25日には、イタリア・メディアの『Tutto Mercato』や『Football Italia』が、元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏が「KFAからオファーを受けた」という驚きの記事を掲載。「カンナバーロは広州恒大(現広州FC)や中国代表、アル・ナスルを指揮するなどアジアサッカーに精通している。今回のオファーを吟味して、3月下旬の代表戦までに返事をするようだ」と報じたのだ。
     
     このニュースに韓国メディアが一斉に反応。真偽は定かでないものの、カンナバーロ氏に対して拒否反応を示している。『スターニュース』は「これまでもウリ・シュティーリケ、ユルゲン・クリンスマンと、現役時代はレジェンドながら監督しての実績が乏しい指揮官で失敗してきたではないか」と指摘。そのうえで「カンナバーロも成功実績はゼロに等しい。話にならない人選だ。しかも2023年9月に就任したベネベントでは成績不振によってわずか5か月で更迭された。セリエAではない、セリエBでだ! 就任しても悲しい結末しか待っていない」と断じる。

     専門メディア『Footballist』も噂の域を出ていないと前置きしつつ、「もし情報は本当ならば愕然とせざるをえない。KFAはまたしてもネームバリューだけで代表監督を選ぶ過ちを繰り返すのか。もううんざりだ。大事なのは名声よりも手腕である。ファンの声に耳を傾けるべきだ」と主張する。

    全文はソースで 最終更新:2/26(月) 5:14
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cf573dcd8b2a70045353b743a9ce731bab4a80a






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 仮面ウニダー ★ 2024/02/17(土) 12:22:03.45 ID:ammdl+pt
    ソル・ヨンウ、チョン・ウヨンのSNSにも批判コメント

    【NEWSIS】アジア・サッカー連盟(AFC)アジアカップ・カタール大会準決勝前日に起きたサッカー韓国代表チーム内の対立が
    報道されたことから、イ・ガンインの写真交流サイト(SNS)「インスタグラム」のアカウントには
    ネットユーザーのアンチコメントが殺到している。

    【写真】インスタグラムのストーリーに投稿されたイ・ガンインの謝罪文
    no title


     16日午後1時30分の時点で、イ・ガンインの最近の投稿に対して4万件ものコメントが寄せられている。
    このうち、共感を示す表示を数万件集めているコメントは、ほとんどがイ・ガンインに対する非難の声だ。

     イ・ガンインに対する非難は13日、英紙ザ・サンの報道に端を発する。
    同紙は、イ・ガンインがヨルダンとのアジアカップ準決勝戦前日の夕食時間に、韓国代表チームのキャプテン、ソン・フンミンと
    物理的な衝突を起こし、この過程でソン・フンミンが指を負傷した、と報道した。

     だが、韓国メディアのディスパッチは「ソン・フンミンがイ・ガンインの首根っこをつかみ、
    イ・ガンインが反撃してソン・フンミンに向かって殴りかかった。ソン・フンミンは避けきれずに顔を殴られた」と報道した。

     イ・ガンイン側の法律代理人は「卓球場にはベテラン選手もいた。ソン・フンミンを暴行したという報道は事実ではない。
    その他の内容については、あらためて見解を整理して明らかにする」とコメントした。

     それでも、イ・ガンインが先輩でありキャプテンでもあるソン・フンミンに暴力を振るったという報道に、
    ネットユーザーたちは激怒している。
    イ・ガンインと一緒に卓球をしたとされるソル・ヨンウやチョン・ウヨンのSNSにも批判コメントが殺到した。

     ネットユーザーたちは、イ・ガンインがインスタグラムの「ストーリー」で謝ったことも批判した。
    インスタグラムのストーリーは24時間だけ表示された後、自動的に削除されるが、
    このため真摯(しんし)さに欠ける謝罪だと判断したのだ。

     イ・ガンインのインスタグラムを見たサッカーファンたちは
    「そんなことをするなら国籍を捨てて卓球選手に転向しろ」
    「誰だと思って先輩に殴りかかっているんだ。上下関係もわきまえていないのか」
    「(フランス代表のキリアン)エムバペや(ブラジル代表)ネイマールも殴ってみろ。
    彼らには何も言えずに、ソン・フンミンならたやすいと思ったのか」
    「ストーリーではなく、投稿文で謝罪しろ」
    などのコメントを寄せた。
    キリアン・エムバペはイ・ガンインと同じフランスのプロサッカーチーム、パリ・サンジェルマンFCに所属するFWの選手だ。

    ナム・ミンジュ記者
    記事入力 : 2024/02/17 08:42
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2024/02/17/2024021780006.html

    ※関連スレ
    【サッカー】 韓国代表内紛か アジア杯準決勝前日の夕食会場で孫興民主将と若手ホープ李康仁が言い合いと英紙 [2/14] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1707881659/
    【サッカー】「イ・ガンインを外してください」 韓国、敗退前夜のチーム崩壊…地元紙が詳報した“卓球事件”[2/14] [尺アジ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1707904318/
    「内紛」勃発の韓国サッカーは「衰退加速」 中国メディア指摘、「東アジアの光は日本にかかっている」[2/15] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1707981428/



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 昆虫図鑑 ★ 2024/02/20(火) 08:46:57.73 ID:bbes/JEI
    今回の解任で総額11億円以上を費やす

     大韓サッカー協会(KFA)は2月16日、ドイツ人のユルゲン・クリンスマン監督の解任を正式発表した。わずか1年足らずの更迭劇は世界で報じられたなか、中国メディアは「お金がない! 韓国サッカー協会は財政危機に陥る」とその余波を伝えている。

     元ドイツ代表FWで、指導者としてはドイツ代表やアメリカ代表、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンなどを率いてきたクリンスマン監督は、2023年2月に韓国代表の監督に就任。序盤勝利できず苦難の船出となったなか、徐々に調子を上げてきていたが、カタールで開催されたアジアカップで64年ぶりの優勝に手が届かずベスト4止まり。FWソン・フンミンやMFイ・ガンインによる内部騒動も明るみに出て、解任の噂が過熱していた。

     KFAは2月16日、チョン・モンギュ会長の声明を公式サイトに掲載。解任決定の理由に関して「クリンスマン監督は、期待する指導力とリーダーシップを示していなかった」と説明していた。

     かつて日本でもプレーしたことがある元韓国代表DFホン・ミョンボ氏や、元韓国代表FWチェ・ヨンス氏らが後任として有力視されているなか、中国大手メディア「SOHU」は「お金がない! 韓国サッカー協会は財政危機に陥る」と取り上げている。

    「韓国の世論の怒りは収まっていない。2026年のワールドカップ(W杯)まで契約を結んでいたため、残り2年半の給料を全額支払わないといけない。年俸220万ドル(約3億3000万円)、違約金430万ドル(約6億4000万円)、計750万ドル(約11億2000万円)を要するのだ。クリンスマン監督解任で巨額の財政赤字に直面しているKFAは、後任に自国の監督を選ぶことを検討している」

     大きなプレッシャーがかかるクリンスマン監督の後任は誰になるだろうか。

    (FOOTBALL ZONE編集部)

    https://www.football-zone.net/archives/511823






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 名無し@サポーター 2024/02/19(月) 21:59:46.49 

    30339ce0



    韓国代表の内紛騒動、イ・ガンインは契約企業に8億円以上の違約金を請求される可能性

     イ・ガンインはアジア杯準決勝の前夜、卓球をするために夕食会場から早く出ようとしたことでFWソン・フンミンから注意を受けて揉み合いに発展。ソンはその際に手の指を負傷したとされている。チームは翌日のヨルダン戦に敗れて64年ぶりの優勝を果たせなかった。

     韓国国内ではイ・ガンインに対して大きな批判が噴出している。『中央日報』によると、同選手を広告モデルに起用していた飲食店の公式サイトからイ・ガンインが出演するPR動画が削除されたという。
    『コリア・タイムズ』によれば大手通信社もイ・ガンインが映るポスターを撤去し、同選手に関するイベントを1月に行ったゲーム会社には批判的な意見が届いているなど、各企業のブランドイメージにも悪影響を与えてしまっている。

     こうした状況について『Allkpop』は、イ・ガンインが違約金を支払う可能性を指摘している。イ・ガンインは10億ウォン(約1億1230万円)以上の契約金を貰っているとされ、国内の法律に基づくと損害賠償として、数倍の違約金を各企業に支払わなければいけない場合も想定されるという。
    同メディアは最高額を75億ウォン(約8億4230万円)と推定。アメリカ出身で韓国にルーツを持つキム・アルベルト記者は同選手への批判が過剰になっているとし、「一部の韓国のネチズン(活発なネットユーザー)にはとてもうんざりだ」とコメントしている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/25904987/


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: ばーど ★ 2024/02/19(月) 18:27:46.94 ID:gU2UEbmo
    サッカー韓国代表の内紛事態で大韓サッカー協会が激しい批判に直面した中、鄭夢奎(チョン・モンギュ)サッカー協会長に続いてユルゲン・クリンスマン前監督が業務妨害などの疑いで警察に告発された。

    19日の警察によると、ソウル鍾路(チョンノ)警察署は最近、ソウル警察庁から鄭会長が強要、業務妨害、業務上背任など疑いで告発された事件が配当され、検討に着手した。

    警察庁関係者はこの日、「13日に鄭会長に対して業務妨害など疑いでソウル警察庁に告発状が提出され、鍾路(チョンノ)警察署に配当された」とし「今後、告発人調査など手続きに基づき進める予定」と述べた。

    鄭会長を告発した市民団体「庶民民生対策委員会」は、鄭会長が協会関係者らの意見を無視してクリンスマン前監督を任命したのは強要による業務妨害であり、監督の資質に対する国民的な疑問にも解任をためらったのは職務放棄だと主張した。

    また、クリンスマン前監督を解任しない場合に2年半の間に支払う金額が550万ドル(約8億2500万円)、契約年俸が220万ドルとし、「鄭会長の一方的な年俸決定によるものとすれば業務上背任」と述べた。

    サッカー協会は16日、クリンスマン監督を更迭した。庶民委は前日、鄭会長とクリンスマン前監督、サッカー協会のキム・ジョンベ常勤副会長、皇甫官(ファンボ・グァン)本部長を名誉毀損、出版物などによる名誉毀損、業務妨害の疑いで追加で告発した。

    庶民委は「孫興慜(ソン・フンミン)選手と李康仁(イ・ガンイン)選手の衝突が国内メディアでなく英国の大衆紙で報道された」とし、これはアジアカップで最善を尽くした選手と国民の名誉を毀損するものだ主張した。

    これに先立ちクリンスマン前監督は15日に開かれたサッカー協会戦力強化委員会に画像で参加し、アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップで競技力が低調だった原因は戦術の不在ではなく、孫興慜と李康仁の物理的衝突など選手団の内紛のためだと述べた。

    中央日報日本語版 2024.02.19 16:20
    https://japanese.joins.com/JArticle/315197
    no title







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [ニダ] 2024/02/18(日) 19:08:30.84 ID:rOikf9JR0● BE:135853815-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    ※グーグル翻訳

    PYH2024020818110001300_P2


    「70億クソ」クリーンズマン、すぐに韓国をクリア… SNS大掃除した

    ウィルゲン・クリンスマン元サッカー代表チーム監督が硬質ニュース直後、韓国サッカー関連アカウントをすべてアンフォローするなど、SNSで韓国消去に乗り出した。

    クリーンズマン元監督は去る16日大韓サッカー協会(KFA)から監督席で硬質になった。彼は硬いニュースに触れるとすぐにフォローしていたKFA、KリーグなどのInstagramアカウントをアンフォローした。

    現在、クリーンズマンのX(旧ツイッター)アカウント紹介フレーズは「現韓国監督、元アメリカとドイツ監督」(Coach of Korea、formerly USA and Germany)で「ドイツと米国、韓国を指揮した」(Managed Germany, USA and韓国)に修正されている。

    クリーンズマン元監督はまたKFA側から通知を受けた後、「偉大な旅だった。すべての選手、コーチジン、韓国サッカーファンに感謝する」という文を載せた。このようなSNS文はKFAが彼の挙動について公式発表をする前に上がってきたことがある。

    彼は今回の硬質で70億ウォンに迫る違約金を受ける見通しだ。これに先立ち、クリーンズマン監督は米国サッカー代表チーム監督で硬質であり、これより多くの違約金を受け取った。この時、米国サッカー連盟から取った違約金は620万ドル(約82億ウォン)だ。

    クリーンズマン監督は就任初期から資格論議に巻き込まれ、指導力不在を見せた。彼は2019年11月、ヘルタ・ベルリン(ドイツ)を務めたが、たった10週間で指揮棒を返却する機行を行った。以後3年の空白期を経た監督は昨年2月、韓国代表チーム司令塔に任命された。アジアカップ準決勝以後明らかになった代表チーム内の不和説により、クリーンズマン監督を任命した大韓サッカー協会も激しい批判を受けている。

    https://v.daum.net/v/20240217184522579






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    69: 名無しさん@恐縮です 2024/02/16(金) 15:23:47.29 ID:4Kyf094z0
    なんかさ、あちこちで監督やってきたみたいだけど監督としては無能じゃない?

    PYH2024020818110001300_P2


    81: 名無しさん@恐縮です 2024/02/16(金) 15:25:56.38 ID:Evf5Aqfb0
    >>69
    クリスンマンのせいで美しいサッカー失った
    回復するまでどれくらい時間ようするか
    って専門家が言ってる






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2024/02/16(金) 15:12:03.20 ID:I3MgRohb9
    PYH2024020818110001300_P2


     韓国サッカー協会(KFA)のチョン・モンギュ会長が16日、韓国代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督の解任を発表した。なお後任は未定とのことで、「協会委員会を設け、早急に着手する」と述べている。

     1964年7月30日生まれのクリンスマン氏は現在59歳。現役時代にはブンデスリーガ得点王に輝いた他、ドイツ代表としてワールドカップとEUROを制した同氏は、引退後に指導者キャリアを始めると、2004年にドイツ代表の監督に就任した。その後はバイエルンとヘルタ・ベルリン、さらにアメリカ代表も指揮。2023年2月からは韓国代表を率いていた。

     しかし、監督就任以降5試合未勝利に陥るなど、早い段階からその手腕に懐疑的な見方が寄せられると、先に行われたAFCアジアカップカタール2023では4強入りを果たしたものの、終始低調な試合内容や選手間の衝突を回避できなかったことが拍車をかける形となり、解任論が加熱。15日には、ソウル市内で開かれたKFAの強化委員会にて「交代が必要という意見でまとまった」と更迭の判断が下されていたのだ。

     なお、解任発表に先んじて、自身の公式X(旧Twitter)を更新していたクリンスマン監督は「すべての選手、コーチングスタッフ、そしてすべての韓国サッカーファンに心から感謝したい。我々をアジアカップ準決勝にまで導いてくれたこと、そしてこの12カ月間、13試合連続負けなしという信じられないような旅をすることができたこと、たくさんの応援を本当にありがとう。今後の健闘を祈っている」と綴っている。

     クリンスマン氏の韓国代表監督としての成績は、17試合で9勝5分3敗となっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e893e69f670d2403fc7f701ce23372ec8ac9d047







    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2024/02/15(木) 22:45:29.15 ID:afGn+x1F
    アジアカップ準決勝を控え、韓国サッカー代表チーム内部で不和があったという事実が知らされ、一部の選手に「悪質コメント爆弾」が落ちた。 個人SNSを訪ねて悪口と嫌悪表現を無差別的に表出するいわゆる「サイバーピラニア(Cyber Piranha)」現象が起きているという指摘が出ている。

    事態は14日(現地時間)、英国メディアのザ・サンがアジアカップ準決勝を控えて代表チーム内部で物理的衝突があったと報道したことから始まった。 メディアは「イ・ガンインなど一部の若い選手たちが夕食を早く食べて卓球をし、主将のソン・フンミンがチーム団結時間に先に起きて個人行動をすることを叱責した」と報道した。 この過程でソン・フンミンとイ・ガンインの間でもみ合いが起き、周辺選手たちが止める過程でソン・フンミンが指脱臼にあったということだ。 大韓サッカー協会も当時、選手同士の争いがあったことを認めた。

    15日、李カンイン(23)選手のSNSを確認したところ、2日間で約3万6000件あまりの非難コメントが寄せられた。 コメントには「韓国国籍を捨てて帰化しなさい」、「サッカー選手ではなく卓球選手になればよかったのに」、「(パリ・サンジェルマン所属選手)ムバペにも(ソン・フンミンにしたことと)同じようにしろ」等の嘲弄と非難が盛り込まれた。 イ・ガンインの他にソル・ヨンウ(26)、チョン・ウヨン(25)などのSNSにも数千~数万個の非難コメントが殺到した。

    いわゆる「サイバーピラニア」現象が非難対象のSNSなど私的な空間まで侵犯しているのだ。 まるでアマゾンの人食い魚ピラニャのように、非難したい対象のSNSやユーチューブチャンネルを探して攻撃を浴びせるやり方だ。 2020年、悪質コメントに苦しめられ自ら命を絶った歌手兼俳優ソルリの死亡を契機にネイバーなどポータルサイトは芸能・スポーツニュースにコメント欄をなくした。 その後、個人に向けた直接的な攻撃が強化されたという分析も出ている。 ユーチューブでは確認されていない当時の選手間対話録など想像と解釈を加味したコンテンツも無差別的に広がっている。

    無差別な悪質コメント攻撃は、当事者が謝罪してこそ、ようやく一段落する場合が多い。 ガールズグループニュージーンズのメンバーミンジは昨年1月、あるユーチューブ放送で「カルグクスって何?」と独り言を言ったが、1年以上悪質コメントに苦しめられた。 アイドルコンセプトのために意図的に知らんぷりをしたのではないかという非難だった。 ミンジは結局、先月16日、「同じミスを繰り返さない」と謝罪文まで掲載した。 それと共に「1年という時間の間にさらに多くの言葉がついてきて変な誤解を受けるのが私を知らず知らずに苦しめた」と吐露した。

    オンライン上で特定個人に向かって吐き出す非難は、確証偏向に基づく場合が多いと専門家たちは指摘した。 成均館大のク・ジョンウ社会学科教授は「人々がますますオンライン空間で自身の感情を遠慮なく表出する現象は受け入れなければならない私たちの社会の変化」としながらも「完璧さの物差しを突きつけ道徳的に非難することは適切ではない」と話した。 檀国大心理学科のイム・ミョンホ教授は「比較優越心理が極端に表出されている」として「両極端にいる少数が相手をけなすことで優越感を充足し、特に不安を大きく感じる若い世代は行動に直接参加する傾向が大きく非難様相がさらに過激になった」と解釈した。

    https://sports-news-nate-com.translate.goog/view/20240215n31712?mid=n1007&_x_tr_sl=ko&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2024/02/15(木) 15:40:12.80 ID:E2sCqjbG
    2/15(木) 15:01配信
    GOAL

    PYH2024020818110001300_P2


    アジアカップではベスト4で敗退

    韓国サッカー協会がユルゲン・クリンスマン監督の更迭に動いているようだ。韓国『Yonhap News』が独占で伝えた。

    アジアカップ2023で64年ぶりの優勝を目指した韓国は、ヨルダン、バーレーン、マレーシアが入ったグループEを2位で通過し、ラウンド16でサウジアラビア、準々決勝でオーストラリアを相手に激闘の末に勝利を手にした。だが、決勝直前の準決勝でヨルダンに敗戦。惜しくもベスト4で大会を去ることになった。

    現在はチーム内での内紛騒動が海外メディアによって伝えられる中、韓国サッカー協会はクリンスマン監督の解任を検討しているとのこと。来月のワールドカップ2次予選では暫定監督を立てて挑む可能性があるようだ。暫定監督候補には蔚山現代のホン・ミョンボ監督、FCソウルのキム・ギドン監督、元FCソウルのチェ・ヨンス監督らの名前が挙がっている。

    なお、クリンスマン監督は2023年から韓国代表の指揮官に就任。しかし、アジアカップという最大のタイトルを逃し、その手腕に疑問符がついていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/21fb0ec431e0ca0b028a11c8deeeba70c2b16a25?source=sns&dv=sp&mid=other&date=20240215&ctg=spo&bt=tw_up






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ