サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    カテゴリ: 五輪

    1: Egg ★@ 2016/05/24(火) 08:01:55.63 ID:CAP_USER9
    【スコア】
    U-23日本代表 0-1 U-23ポルトガル代表

    【得点者】
    0-1 22分 アンドレ・オルタ(ポルトガル)

    http://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/member/2016052301

    第44回トゥーロン国際大会のグループステージ第1節が21日に行われ、U-23日本代表とU-23ポルトガル代表が対戦した。

     大会初戦のU-23パラグアイ代表戦を落とした日本はスタメンを7名変更。先発メンバーには、GK中村航輔、DFファン・ウェルメスケルケン・際、DF三浦弦太、DF植田直通、DF三丸拡、MF大島僚太(キャプテン)、MF井手口陽介、MF南野拓実、MF矢島慎也、FW浅野拓磨、FWオナイウ阿道が名を連ねた。試合は40分ハーフで行われる。

     試合開始から拮抗した展開が続き、両チームともにシュートチャンスを作り出すことができない時間が流れる。ようやく最初のシュートが生まれたのは18分。ポルトガルは左サイドでボールを持ったロマリオ・バウジが中央へカットインして右足でミドルシュートを放った。しかしこれはGK中村がボールをキャッチする。

     直後の22分、ポルトガルはピッチ中央で細かいパスをつなぐと、最後はアンドレ・オルタが右足を振りぬいた。するとこのシュートがゴール左下へ突き刺さり、先制ゴールとなった。

     1点を奪われた日本は38分、ショートパスをつないでエリア内に進入すると、ボールを受けた浅野が反転から左足で強烈なシュートを打った。しかしこれは左ポストに弾かれ、ゴールとはならない。ポルトガルリードのままハーフタイムを迎える。

     日本は後半開始とともに矢島に代えて野津田岳人を投入する。すると42分、右サイドを崩すと、エリア内で浅野が相手選手と競り合い、ボールがこぼれたところに野津田が反応。左足でゴールを狙うがボールは枠の上へ外れる。

     さらに52分、ショートコーナーから大島のクロスボールに植田が合わせるが、これはGKジョエル・ペレイラに弾かれ得点には至らない。55分にはエリア内へ走りこんだ浅野がDFをかわしてシュートを打つが、ボールは枠をとらえることができなかった。

     なかなかネットを揺らせない日本は64分、オナイウと代え、富樫敬真を投入。70分には浅野を下げ、鎌田大地がピッチに入る。

     80分には野津田がドリブル突破からスルーパスを供給。ディフェンスラインの裏へ抜け出した富樫がエリア内で左足を振りぬくが、得点には至らなかった。結局、最後までゴールシーンは生まれないままタイムアップを迎え、ポルトガルが1-0で勝利した。日本は2連敗となった。

     日本は25日にU-23ギニア代表と、ポルトガルは27日にパラグアイと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00446133-soccerk-socc

    ■見え見えハンドもPKはなし… 手倉森Jがポルトガル戦で誤審に泣き、トゥーロンで屈辱の連敗スタート

     手倉森ジャパンは23日のトゥーロン国際大会の予選リーグ第2戦目のUー23ポルトガル戦で誤審に泣き、連敗を喫した。

     日本が0-1と1点ビハインドで迎えた後半23分のことだった。左サイドを崩した鳥栖DF三丸拡はペナルティエリアにクロスを上げる。中央で対応したポルトガルDFパウロ・エンリケが明からさまに肘でボールを叩き落としたが、地元フランス出身のミロ主審はこれをスルー。こぼれ球を新潟FW野津田岳人が強烈なシュートを放ったが、ゴールは大きく枠を外れた。

     前半22分に先制されていた日本代表にとっては同点の千載一遇のチャンスだったが、誤審の煽りを受けて苦しい連敗スタートとなった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160524-00010002-soccermzw-socc

    2016/05/24(火) 02:00:52.13
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1464022852/

    最終予選メンバー7人中6人が負傷中
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000018-nksports-socc

    手倉森ジャパン初の2連敗も…指揮官「内容には満足している」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000154-spnannex-socc

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    1: 動物園φ  2016/05/22(日) 01:10:18.59 ID:CAP_USER9

    Ci_k4yiVAAE3pcz

     
    バックパスを奪われてカウンターから先制点を献上

     手倉森誠監督率いるU-23日本代表は21日、トゥーロン国際大会の初戦となるU-21パラグアイ代表戦に臨んだ。前半18分に先制された日本は後半21分にFW浅野拓磨のゴールで同点とするも、同30分に直接FKを決められて1-2の敗戦を喫した。

    手倉森Jをリオで待ち受けるワールドクラスの猛者たち アーセナルの若き天才司令塔が最初の試練に!

     8月に控えるリオデジャネイロ五輪メンバー入りに向けて、選手にとっては貴重なアピールの機会、そして手倉森監督にとってはチームを固める最終段階となる大会の初戦となった。40分ハーフで行われた試合は前半2分、DFファンウェルメスケルケン際の強烈なミドルシュートのこぼれ球に、キャプテンマークを巻いた矢島慎也が詰めたがシュートは枠を外れた。同10分には相手FWディアスの前線のチェイスでDF植田直通がボールロストしたものの、DF岩波の身を挺したスライディングで事なきを得た。

     しかし同18分、中盤から最終ラインに下げるバックパスを相手に読まれてカットされると、一気にショートカウンターを受けた。パラグアイの右サイドMFビジャサンティの力強いドリブル突破でGK櫛引政敏が1対2の不利な状況に追い込まれ、最後はラストパスからゴール前でフリーとなったFWバエスに難なく合わされ、0-1と先制点を与えてしまった。

     日本も同26分には“新レフティー・モンスター”野津田岳人のミドルシュートがクロスバーを直撃するなど反撃のきっかけを作ろうとした。しかし、手倉森ジャパンにアクシデントが起こった。DF岩波が相手との競り合いの中で足を痛めて担架で搬送。同34分にDF三浦弦太と途中交代した。前半はこのまま0-1で終了した。
    浅野が同点ゴールも直接FKに沈む

     後半に向け、手倉森監督は5人の交代枠が認められているゲームで2人目となる交代を実施。DF際に代えてDF三丸拡を投入し、DF亀川諒史を右サイドバックに回した。

     反撃に出る日本は同9分、右サイドをFW富樫が突破してマイナスのクロスを送ると、MF矢島のパスを後方からフォローしたMF原川がミドルシュートで狙った。しかし、これは惜しくもサイドネットでゴールはならなかった。続く12分にはMF野津田がペナルティーエリア内でシュートを打つチャンスを迎えたものの、これもクロスバーの上に外れた。さらに同14分、ペナルティーエリア内でFW富樫に代わって途中出場のFWオナイウ阿道のポストプレーからMF矢島がシュート、さらにこぼれ球をMF野津田が狙ったが、相手GKのファインセーブ連発に阻まれた。

     それでも同21分、日本はついにパラグアイゴールをこじ開けた。MF原川の速いスルーパスを足下に収めたFW浅野拓磨が反転すると、相手GKと1対1で左足を振り抜いてゴール。1-1の同点に追いついた。

     しかし後半30分、日本はゴール前やや左サイドの地点でFKを与えると、FWディアスが直接狙ったシュートは壁の上を越えてニアサイドのスミへ。GK櫛引が必死に飛びついたが及ばずに、1-2と再度のリードを許してしまった。

     結局、日本はこのビハインドを跳ね返すことができずにこのまま1-2で敗戦。大会初戦を黒星で入る厳しいスタートになった。また、前半に交代したDF岩波は救急車で搬送された模様だ。センターバックではDF奈良竜樹(川崎)が14日のJ1リーグ神戸戦で左脛骨骨折の重傷を負い、五輪本戦の出場が絶望となったばかり。手倉森監督にとっては痛すぎる初戦黒星スタートとなってしまった。

    サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160522-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/05/13(金) 07:19:36.60 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクター(49)が、3年連続Jリーグ得点王のFW大久保嘉人(33=川崎F)が
    2年後も現在のパフォーマンスを維持すれば18年W杯ロシア大会メンバーに選出される可能性を示唆した。

    12日に都内でW杯アジア2次予選の検証を行い、大久保に言及。
    ハリルホジッチ監督の就任後は15年5月の日本代表候補合宿が唯一の招集だが「2年後になれば状況は変わってくる。
    前回(14年W杯ブラジル大会)もそれで入ったからね」と語った。
    大久保はブラジル大会も本大会直前でメンバー入り。2年後に再びサプライズ招集される可能性もありそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000079-spnannex-socc
    スポニチアネックス 5月13日(金)7時15分配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/12(木) 06:30:25.10 ID:CAP_USER9
    ■元日本代表FW永島氏が衝撃のインタビュー
     
    手倉森誠監督率いるU-23日本代表は11日の国際親善試合ガーナ戦を3-0で快勝した。
    8月のリオデジャネイロ五輪初戦で激突する仮想ナイジェリアを難なくクリアしたが、試合後に“難問”が待っていた。

    試合後のインタビューを解説者の永島昭浩氏が務めたが、摩訶不思議な空気が流れた。

    この日2得点を挙げた岡山MF矢島慎也、世代別日本代表デビュー戦でゴールを決めた横浜MのFW富樫敬真、
    ゲームキャプテンを務めた鹿島DF植田直通の3人が呼ばれた。

    永島氏はまず矢島に「2ゴールということですけど、1点目のグラウンダーでのシュート、感触はどうでしたか?」と質問。

    前半11分の右足での先制弾は実際のところグラウンダーではなかった。
    インフロントで美しい弧を描いたゴラッソだったが、矢島は質問ミスをとがめることもなく、爽やかな笑顔で対応した。

    ■矢島、富樫、植田は毅然と対応

    続けて登場したのはU-23日本代表初陣となった富樫。
    永島氏が最初にかけた言葉は「どうですか? ……あのゴール?」。あまりに具体性に欠く質問と何とも言えない間の悪さに、
    富樫は一瞬迷った表情を浮かべながらも「思ったよりもトラップがデカくなっちゃいましたが……」と落ち着いて返答した。

    永島氏は続く質問で完全に前のめり。
    「アブリカ、仮想アフリカ、ナイジェリアという戦いでしたが収穫はありましたか?」と迷走したが、冨樫はしっかりと受け止めた。

    最後に答えたのはこの日主将を務めた植田だが、永島氏は最初に「あ……」と言葉に詰まる場面も。
    それでも1月のリオデジャネイロ五輪最終予選で数々の修羅場をくぐり抜けたハードマーカーは落ち着いて対応した。

    多少不明瞭な滑舌に加え、珍問答もお茶の間に届けてしまった日本代表キャップ4試合のストライカーに対し、
    3人の若武者は洗練された受け答えで毅然と対応していた。

    Soccer Magazine ZONE web 5月11日(水)22時18分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160511-00010019-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: プーアル ★@t 2016/05/11(水) 21:14:22.39 ID:CAP_USER9

    CiLNS28UgAA8NdN

     
    熊本地震の被災地復興支援チャリティーマッチを兼ねたサッカーの国際親善試合が11日、佐賀県のベストアメニティスタジアムで行われ、
    8月のリオデジャネイロ五輪に出場するU―23日本代表がガーナA代表(FIFAランク38位)と対戦。

    前半に2得点したMF矢島慎也(22=J2岡山)に続いてFW富樫敬真(22=横浜)も代表初ゴールを決め、3―0で快勝した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000149-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/10(火) 12:01:39.69 ID:CAP_USER9

    okubo2


     元日本代表FW大久保嘉人(33=川崎)が、リオデジャネイロ五輪にオーバーエージ(OA)枠で出場する可能性が出てきた。

    リオへ向けて欧州組のOA招集が困難になり、U―23日本代表の手倉森誠監督(48)は3年連続J1得点王に白羽の矢を立てている。

    そんな中、改めて五輪への意欲を示した日本最強ストライカーを生かすため、元日本代表キャプテンからは「相棒」との“セット招集”を推す声が飛び出した。

     大久保は8日の柏戦で1ゴール1アシストの活躍を見せて3―1の勝利に貢献。自身のJ1最多得点記録を163に伸ばしたが、一方でOA枠候補に急浮上した。

     当初、U―23日本代表の手倉森監督は、FW本田圭佑(29=ACミラン)ら欧州組を招集したい意向を示していた。だが、五輪への選手派遣に難色を示す欧州クラブから協力を取り付けるのは困難な状況となり、国内組へシフトチェンジ。課題の得点力不足を解消し、メダル獲得の切り札としてベテランストライカーに期待を寄せる。

     この日、川崎幹部はエースのOA招集に態度を明確にしなかったが、大久保は「そういう話が来れば、実際どうなるかわからないけど、自分としては日本のために、というのはある」と前向きな姿勢。五輪期間中もJリーグは中断されないため、4年連続得点王の支障となりかねないことにも「大丈夫。(得点王は)3回取っているから」と五輪を優先させたい考えまで明かした。

     Jリーグで最も点を取れる男のメンバー入りに期待が高まる中、元日本代表キャプテンのDF中沢佑二(38=横浜M)は「誰を選ぶかは難しい」と前置きした上で、こんな意見を口にした。

    「Jで点を取っている嘉人なら(川崎の同僚MF中村)憲剛(35)というわかりやすいパターンもありかな。90分のうちに必ず一発はあるだろうし、あうんの呼吸でズバッとやってくれるかもしれない」

     川崎入りした2013年から3年連続得点王に輝いたのも、点を取らせてくれる「相棒」の存在を抜きには語れない。14年オフには、契約延長の決め手になったほど。このホットラインをリオ五輪でも発揮できれば、大久保だけを招集するよりも得点力は何倍にも膨れ上がるはず。さらにピッチ内外で熱くなり過ぎる傾向もあるストライカーが唯一、頭の上がらない選手とあって“抑え役”にも最適というわけだ。

     ただ、初のリーグ制覇を狙うクラブにとっては大きな戦力ダウン。しかも、川崎はU―23代表にMF大島僚太(23)ら3選手を送り込んでおり「1クラブ3人まで」というルールにも抵触しかねない。日本サッカー協会とクラブ側の交渉は難航必至な状況だ。

     48年ぶりの五輪メダル獲得へ向け、果たして…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000007-tospoweb-socc

    【サッカー】<リオ五輪>大久保嘉人(川崎)OA候補…U23日本代表の手倉森監督が事実上認めた!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462836856/

    【サッカー】<川崎フロンターレ>大久保嘉人のリオ五輪OA枠は拒否!本人熱望もクラブはタイトル最優先
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462746987/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/10(火) 08:34:16.79 ID:CAP_USER9

    E383BCE383AB

     
     リオデジャネイロ五輪に出場するU-23(23歳以下)日本代表の手倉森誠監督(48)が9日、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠候補に入っていることが判明したFW大久保嘉人(33=川崎F)のリストアップについて事実上、認めた。

    11日のガーナA代表戦(ベアスタ)に向けた佐賀合宿初日。集合した選手に対し「アタッカーは嘉人を超えろ」と実名を挙げ、競争意識を高める材料にもした。

     佐賀市内の宿舎に集まった23人を前に、手倉森監督が旬の話題を切り出した。「世の中はOAで盛り上がってるなぁ」。8日に大久保のリスト入りが表面化。それを引き合いに出した上で、こう言葉をつないだ。

     手倉森監督 (大久保という)固有名詞が挙がったことで、選手にはターゲットができた。「アタッカーは嘉人を超えろ」と言いました。個人的に燃え上がってほしいし、23歳以下の選手だけで戦えるんだ、という気持ちを見せてほしい。

     報道陣から「リストに入っているのか」と尋ねられると、ここでは「リストは(24歳以上の)選手全員ですよ。ライバルはA代表です」と発言。

    「中盤は長谷部、DFは(吉田)麻也を超えないといけない」と、続けてハリルジャパンの各ポジションの第一人者も挙げた。その中で現役A代表ではない男の名を口にしたことで、リストアップを公の場で認めた形となった。

     大久保は五輪出場を熱望しているが、7~8月に最大でリーグ戦5試合を離れる必要があるため、クラブは難色を示している。その状況を手倉森監督は理解した上で「国内はシーズンも佳境だし、クラブの感情も分かる。気持ち良く送り出されて迎え入れる。そうなるのは時間もかかるし、障害もある」とハードルの高さをあらためて強調した。

     もちろん「ガーナ戦と(21日初戦の)トゥーロン国際で足りないところにOAを組み込んでいく」という考えは変わらない。その前提を踏まえた上で「誰が生き残るのか。OAに負けられないというメンタリティーでやってほしいし、いつまでも『先輩、先輩』と言っている場合じゃない」と奮起を促した。【木下淳】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000021-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/09(月) 07:36:27.59 ID:CAP_USER9

    E383BCE383AB

     
    ◆明治安田生命Jリーグ J1第1ステージ第11節 柏1―3川崎(8日・日立柏サッカー場)

    2位・川崎は元日本代表FW大久保嘉人(33)のゴールなどで柏に勝利。オーバーエージ枠(OA)でのリオ五輪出場を改めて熱望したが、クラブ側は打診があっても断る考えを示した。

    2度目の絶好機を逃すわけがなかった。後半7分。中村―エウシーニョと右サイドに展開された瞬間、FW大久保は「絶対に来る」とゴール前に侵入。
    エウシーニョのクロスは相手DFに当たったが、いち早く反応し、ヘディング。直前にも頭でネットを揺らしたが、オフサイドになっていたため、すぐさま“リベンジ”に成功。

    「何も贈っていないので、せめてゴールを取れてうれしい」と2年連続で「母の日弾」を奪った3分後には正確なクロスで小林のボレー弾も演出。
    7年ぶりのアウェー柏戦白星をたぐり寄せた。

    この日、一部報道でU―23日本代表のOA候補に入ったと報じられた。五輪に出場すれば7月22日からの事前合宿を含め、
    最大で5試合のリーグ戦を欠場することになり、4年連続得点王にも大きな影響を及ぼすが、大久保は「得点王は3回取っているし、問題ない。国のために戦いたい」と改めて意思を表明した。

    だが、クラブは違う。23歳以下のメンバーとは別に、OA枠は拒否権がある。庄子春男GM(59)は「公式にも非公式にも話はないから答えようがない」と前置きした上で、
    「J1初タイトルを目指す上で最重要な選手。もし、公式な話が来ても送り出す方針はない」と強固な姿勢を示した。

    OA登録締切期限は第1ステージ(S)終了前の6月10日だが、「あくまで目標は年間優勝。第1Sの結果に関係なく、第2Sも必要。嘉人の代わりはいない」と庄子GM。
    大久保にとっては所属先の神戸がOA打診を拒否した08年北京五輪と同様の結果になる可能性が高い。
    また、川崎は9日から始まるU―23代表の佐賀合宿に1クラブ上限の3人を供出しており、これ以上の招集は不可能だ。

    とはいえ、常に話題に上がるのは結果を出し続けているからこそ。「周りは関係ないし、このまま点を取り続ける」。
    A代表でも五輪代表でも大久保嘉人が求められていることは確かだ。(田中 雄己)

    スポーツ報知 5月9日(月)7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00000227-sph-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ