サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2018年12月

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/10(月) 11:49:24.94 ID:CAP_USER9

    GettyImages-1010924838-800x533


    <スペインリーグ:ベティス2-0Rバリェカノ>◇9日◇セビリア

    MF乾貴士(30)が所属するベティスは勝利したが、乾はベンチ入りしたものの出番がなかった。

    後半14分、MFロセルソがVAR判定で得たPKで先制すると、同31分にはDFシドネイが個人技でエリア内に持ち込んで右足を振り抜き、強烈な一撃で突き放した。

    この勝利でチームは7位に浮上。乾は「ここで連勝できたのはデカイ。チームとしても上を狙っているチーム。
    上との差が今はあまりないので、すごく良い状況だと思う」と話した。

    ただ、個人としては出番なしの状況。「正直今は、俺がやれるポジションがない。
    3-5-2でやっている以上、自分のやれるポジションというのは…。
    俺はインテリオール(サイドハーフ)でも、別にFWの一角でもいいんだけど、そこでは他の選手のがいいと思われているのでなかなかチャンスをもらえない。
    難しいですね」と厳しさを口にした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00415495-nksports-socc
    12/10(月) 11:09配信


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: shake it off ★ 2018/12/09(日) 22:56:54.16 ID:CAP_USER9
    jleaguelogos-1-660x330



    ◆まるで「王が不在の戦乱」

    どうして、こんなことが起こっているんだ!?」
    今年9月からヴィッセル神戸を率いるファンマ・リージョ監督は、当惑するように言った。

     「昨シーズンまで降格の危機に瀕していたようなチームが優勝を争ったり、7連勝した後に、7連敗するチームがある。昇格したばかりのチームが優勝することもあるそうじゃないか。これほど戦力が拮抗したリーグはない」

     スペインだけでなく、メキシコ、コロンビア、チリなど世界各国で指導してきた経験のあるリージョにとっても、Jリーグの群雄割拠は奇異に映った。

     例えば、リーガエスパニョーラ(スペインリーグ)でレアル・マドリー、FCバルセロナの最終順位が4位以下に落ちたら、それは青天の霹靂である。アトレティコ・マドリーもそれに準じるチームと言える。

     シーズンのサプライズになるようなチームは、必ず2、3チーム出てくるものだが、それも想定内であって、全体としての大きな不均衡は起きない。1試合ごとの波乱はあるものの、順位に反映される不確定要素は限定的だ。

     その一方で、Jリーグはまるで”王が不在の戦乱”のような様相を呈している。

     例えばサンフレッチェ広島は、2015年シーズンのチャンピオンチームでありながら、2017年シーズンは深刻な降格回避争いに巻き込まれている。今シーズンの前半戦は一転して首位を独走。ところが、終盤9試合は2分7敗という失速で優勝を逃している。まるでジェットコースターだ。

     また、名古屋グランパスは前半戦に引き分けを挟んで11連敗。降格は秒読みという状況に追い込まれていた。しかし、その後は反転攻勢で7連勝。最後はもたついたが、どうにか残留を果たしている。

     残留争いは熾烈を極めた。最終的に、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、サガン鳥栖、名古屋グランパス、ジュビロ磐田の5チームが勝ち点41で並んでいる。一方で、残留争いの真っただ中にあったガンバ大阪は9連勝で9位まで浮上。2位の広島とJ1参入プレーオフ戦に回った16位、磐田の勝ち点差はたったの16ポイントだった。

    どこが上位に進んでも、下位に転落しても、不思議はなかったのである。
    不安定さか、実力伯仲か――。紙一重の差とは、まさにこのことだろう。Jリーグは、クラブの順位を予想するのが困難で先が読めない。

    2011年シーズンには、J2から昇格した柏レイソルがJ1で優勝を果たしている。これは2014年シーズンのガンバ大阪も同様である。2017年にはJ2から昇格したセレッソ大阪が、ルヴァンカップ、天皇杯の二冠を達成。セレッソは大きなジャンプアップを遂げて、2018年シーズンはさらなる躍進が期待されたが、チーム内のゴタゴタが続き、優勝争いにも食い込めなかった。

     では、Jリーグのクラブが一進一退で、差が出ない理由はどこにあるのか? 

    ◆ 日本には「戦術」が足りない

    クラブ成績の変遷を見ると、監督交代が与える影響があまりに大きい。

     例えばJ1とJ2を行き来し、昨シーズンも11位だったコンサドーレ札幌は、ミハイロ・ペトロビッチ監督の招聘によって劇的に変わっている。プレーの質を確実に上げ、スタイルを確立し、4位に躍進。士気を高め、蹴り込む、という行き当たりばったりでなく、勝利のロジックが定着した。

     言い換えれば、戦術的な精度が上がったことで、安定して勝ち点を稼げるようになったということだろう。

     「戦術的な能力が足りない」

     それは外国人監督や選手が、日本サッカーに対して厳しく指摘する部分である。

     戦術とは、適切なポジションを取り、集団で局面を優位にし、試合のテンポを作る、などのディテールとも表現できる。立ち上がりや終盤でのゲームマネジメント、セットプレーでの約束事(例えば、未だにペナルティアークに守備の人間を固定させないチームが少なくない)なども、その一つだろう。

     ペトロビッチ監督によって札幌は戦術的に鍛えられ、不確定要素がそぎ落とされたのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00058848-gendaibiz-bus_all&p=2
    >>2以降



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/10(月) 08:07:51.61 ID:CAP_USER9

    229299e1-49c5-9210-b8dd-66c73f99b81c


    <プレミアリーグ:ニューカッスル1-2ウルバーハンプトン>◇9日◇ニューカッスル

    FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはホームでウルバーハンプトンに1-2で敗れた。

    1-1の後半49分、ウルバーハンプトンのDFドハーティに勝ち越しゴールを決められた。
    武藤はベンチ入りしたが出場しなかった。

    ニューカッスルのDFイェドリンは後半12分にレッドカードで退場した。

    ニューカッスルは3勝4分け9敗、ウルバーハンプトンは6勝4分け6敗となった。

    ▽得点経過

    前半17分【ウルバーハンプトン】ディオゴ・ジョッタ

    前半23分【ニューカッスル】ペレス

    後半49分【ウルバーハンプトン】ドハーティ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00415151-nksports-socc
    12/10(月) 7:59配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/gbr/gbr-11154738.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
    順位表



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/12/10(月) 08:57:01.71 ID:CAP_USER9

    no title


    【スコア】
    リーベル・プレート 3ー1(2戦合計:5ー3) ボカ・ジュニオルス

    【得点者】
    1-0 44分 ベネデット(ボカ・ジュニオルス)
    1-1 68分 プラット(リーベル・プレート)
    2-1 109分 キンテロ(リーベル・プレート)
    3ー1 120+2分 マルティネス(リーベル・プレート)

    12/10(月) 7:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00874880-soccerk-socc

    12月9日(現地時間)、ボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートのコパ・リベルタドーレス決勝・第2レグがスペインのマドリードにあるサンチャゴ・ベルナベウで開催された。

    120+2分 3-1 マルテルスとリーベル・プレートのコパ・リベルタドーレス決勝・第2レグがスペインのマドリードにあるサンチャゴ・ベルナベウで開催された。

     第1レグを2-2(アウェイゴール無し)で折り返したスーペルクラシコだったが、11月24日にモヌメンタルで行なわれる予定であった第2レグを前にリーベルの一部サポーターが、会場入りするボカのチームバスを襲撃。その際、複数のボカの選手が負傷したことで、試合の延期が決定し、南米サッカー連盟(CONMEBOL)と両クラブによる協議の末、前代未聞のマドリード開催となった。

     異例の舞台で開催された最終決戦、緊張感が漂うなかで始まった試合の序盤は、両軍が中盤で激しくボールを奪い合う一進一退の攻防戦が展開される。

     時間の経過とともに、両サイドのビラとパボンの個人技を活かした攻めを展開したボカは、29分にFKの流れからビッグチャンスを得るも、P・ペレスのシュートは相手DFに弾かれて決めきることができなかった。

     決定機を逸したボカだったが、リーベルの攻撃をアグレッシブな守りで防ぎきると、前半終了間際に先制点を手にする。

     43分、自陣からカウンターを仕掛けたナンデスからのスルーパスに反応して敵ゴール前まで持ち込んだベネデットが、相手GKアルマーニとの1対1を冷静に制し、ゴール右下隅へ流し込んだ。

     最高の形で前半を折り返すことに成功したボカ。対するリーベルは、後半に入ってから丁寧な組み立てが目立った前半とは打って変わって、スピーディーかつシンプルな攻撃で状況の打開を図る。

     そして、60分過ぎからボカを完全に押し込んだリーベルは、ついにその牙城を崩す。67分、右サイドからのクロスボールをボックス内中央でプラットが右足で流し込んで同点弾を決めた。

     これで2戦合計スコアでも3-3となった大一番は、勝ち越しを狙うボカが盛り返して、再び両軍が身体をぶつけ合う肉弾戦が続き、その激しさにスタンドのボルテージが高まるなかで、あっという間に後半は終了。熱戦は延長戦に突入した。

     迎えた延長前半、その開始早々にボカが予期せぬ事態に見舞われる。92分にアンカーのバリオスがこの日、二枚目の警告を受けて退場となったのだ。

     11人と10人となり、攻めるリーベルと守るボカという構図で試合は進行。前者は鋭く、素早い攻撃で再三に渡って相手ゴールを脅かしたが、後者の身体を張った気迫のディフェンスが立ちはだかって、追加点が生まれないままに延長戦は最後の15分を迎えることとなった。

     延長後半も主導権を握ったリーベルは、完全に守勢に回ったボカを揺さぶり続けて、ついに均衡を破る。108分、バイタルエリアでボールを持ったロシア・ワールドカップの日本戦でもゴールを決めていたコロンビア代表MFのキンテーロが左足一閃。この豪快な一撃がゴール右上へと突き刺さった。

     後がなくなったボカは、ここでチームの精神的支柱でもあるテベスを投入。全てを34歳の大ベテランに託し、さらにGKのアンドラーダもゴール前に上げるリスクを冒した攻めを展開する。

     しかし、刻一刻とタイムアップが迫るなか、ボカはさらなる窮地に追い込まれる。交代枠を使い切った段階でガゴがまさかの負傷退場し、ピッチ上の人数が9人となってしまったのだ。

     焦るボカに対して、憎らしいほど冷静に時間を進めたリーベルは、最後の最後に試合を決定付ける3点目をもぎ取る。122分、相手GKが上がったCKからのカウンターで抜け出したマルティネスが無人のゴールへ流し込んだのだ。

     結局、このゴールが決まった直後に試合は終了。リーベルが宿敵ボカを3-1と下して、3年ぶり4度目のリベルタドーレス制覇を成し遂げた。

    2018年12月10日 サッカーダイジェスト
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51291

    写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51291_ext_04_0_1544393224.webp?v=1544393740


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    833: 名無しに人種はない@実況OK (ワッチョイ 126.60.236.23) 2018/12/10(月) 00:57:53.38 ID:58EEZbiA0

    DtCz5S-UcAA6D_5


    酷い試合…


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    92: 風吹けば名無し 2018/12/10(月) 00:03:04.70 ID:Yqndph6M0

    Dqetu33XgAAukaL


    シティと飴はやめたほうがいいだろ 
    絶対スタメンになれないしレンタルたらい回しにされて常時よそ者として扱われるだけだぞ


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/12/09(日) 23:55:23.81 ID:siu0wug/0
    マンチェスターシティは1月に堂安律を獲得しオランダにローン移籍させる
    no title



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    190: 風吹けば名無し 2018/12/10(月) 00:10:12.78 ID:A4hNoG8er
    DscbGjDV4AA_EG-



    中島は結局どうなったんや 
    まあコウチーニョ程度にしかなれんやろけど



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    70: 風吹けば名無し 2018/12/10(月) 00:01:15.77 ID:z/2H0uKN0

    Dt6L_IQVAAAaXE_


    ワイ1月の3連休にイギリスに行くんだが 
    見ておいた方がいいプレミアの試合あるか? 
    ちなオフサイドをやっと理解した程度のニワカサッカーファン


    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ