サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2018年04月

    1: Egg ★ 2018/04/24(火) 19:57:55.56 ID:CAP_USER9
    no title



    サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)は21日に再来日し、声を震わせながら「真実を探しにきました」「私はゴミ箱に捨てられたような状態」などと語ったが、日本協会関係者は「要するに、カネを取りに来たんでしょう」と冷ややか。実際、29日までの日本滞在の大部分は、違約金や慰謝料をめぐる“銭闘”に費やされる見通しだ。

     強気一辺倒だったハリルホジッチ氏が、涙で声を震わせたのは意外な光景ではあった。

     ただし、羽田空港に到着したハリル氏は最初、待ち構えた報道陣に手を振る余裕があった。

     冒頭、「日本に来ることをいつも楽しみにしていましたけど…」と訳していた樋渡群(ひわたし・ぐん)通訳(40)がおえつを漏らし始め、ハリル氏の方がもらい泣きする形で、目に浮かんだ涙を隠そうと、外していたサングラスを掛け直したのだ。

     実は樋渡通訳、2015年3月の日本代表監督就任当時からハリル氏を担当しているが、「ハリルを崇拝しすぎ、感情的になるところがある」(日本協会関係者)として、昨年3月から羽生(はにゅう)直行通訳(43)を加えた2人制となった経緯がある。樋渡通訳が外されなかったのは、ハリル氏のお気に入りだったからだ。

     ハリル氏の帰国予定は29日だが、9日間もの滞日中、決まっているスケジュールは自らリクエストした公式記者会見(27日=都内の日本記者クラブ)だけだという。

     水面下で日本協会との“銭闘”がスタートする見込みだが、ある同協会関係者はこう怒りをあらわにする。

     「ハリルが日本でマネジメント契約を結んでいる代理人は、元日本代表主将・宮本恒靖氏のマネジメントも行っている人物で、日本代表戦のマッチメークの仕事もしている。日本協会から億単位の仕事も請け負っているんです。ハリル解任をめぐって違約金や慰謝料が発生すれば、彼にも報酬が入るのでしょう。しかし、日ごろの日本協会との関係からいえば、仮にハリルが日本で会見をしたいといっても止めるのが筋でしょう。それなのにたきつけたフシさえある」

     さらに、「ハリルに異様に肩入れしている樋渡通訳も、日本協会に雇われている立場なんですがね…」と付け加えた。

     また、フランス人の某日本協会関係者は、タレントのビートたけしとハリルホジッチ氏の対談を企画。こちらもハリル解任で消滅し、「日本協会の解任は許されるべきではない」と怒り心頭という。

     こうした、電撃解任で名誉や利益を取り損ねた人々が右往左往し、ハリルの再来日を後押しした面もありそうだ。

     そのハリル氏が日本代表在任中の3年間で得たサラリーは約6億円といわれる。今後はW杯本戦前に解任されたことによる違約金に加え、名声を傷つけられたとして慰謝料も要求する構えとみられている。

     日本協会は「しっかり誠意をもって対応する」(田嶋幸三会長)として、ハリル氏が面会を要求するなら応じる用意もしているが、心配なのは西野朗監督(63)率いる新体制に影響が及ぶこと。

     西野監督が「(ハリル氏と)会う予定は全くない。僕自身、猶予もなく、準備期間もないので、とにかく今の仕事に集中したい」というのも無理はない。

     しかし、代表監督を評価し助言する技術委員長の立場にあった西野監督が、ハリルの銭闘に巻き込まれる可能性は拭えない。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    4/24(火) 16:56配信夕刊フジ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000018-ykf-spo




    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/24(火) 20:20:48.47 ID:CAP_USER9
    フランクフルトは24日、日本代表MF長谷部誠が4試合の出場停止処分を科されたと発表した。ブンデスリーガは残り3試合であるため、同選手は今シーズンのリーグ戦でピッチに立つことができなくなった。

    長谷部は21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ねたが、0-2で迎えた79分にレッドカードを受けた。ドイツ人FWダヴィー・ゼルケとの競り合いからひじ打ちを見舞い、一発退場となったのだった。

    そして今回、ドイツサッカー連盟(DFB)が長谷部へ追加処分を科すことを決定。「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」として、4試合の出場停止処分を受けることが決まった。

    フランクフルトの発表によると、長谷部と同クラブは異議申し立てなどは行わず、処分を受け入れる見通しとのこと。同選手は2014年夏からフランクフルトでプレーしているが、レッドカードを受けるのは今回が初めてだった。

    今回の処分により、3試合を残して今シーズンの公式戦全日程を終えることとなった長谷部。自身11シーズン目のブンデスリーガは24試合出場(先発は23試合)を記録して幕を閉じた。

    4/24(火) 20:07配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00747815-soccerk-socc

    写真
    no title





    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/04/24(火) 20:07:30.05 ID:CAP_USER9

    no title


     フローニンゲンへの完全移籍が決まったFW堂安律(19)は今季、エール・ディビジで8得点3アシストを記録している。データサイト『オプタ』によると、これは欧州リーグの10代選手の中でもトップクラスの成績だという。

     オプタの公式ツイッター日本版(@OptaJiro)は24日、欧州5大リーグとエール・ディビジで「二桁得点に関与している10代選手」のリストを発表。5人の選手が記載されており、その中に堂安の名前がある。

     1番上にはパリSGの主力として13ゴール8アシストを記録しているFWキリアン・ムバッペ(19)が君臨し、以降は8ゴールで並ぶ選手たち。6アシストのフィテッセMFメイソン・マウント(19)、元オランダ代表エースを父に持つ5アシストのアヤックスFWジャスティン・クライファート(18)が並び、3アシストの堂安が続いている。また、レバークーゼンで3ゴール8アシストのMFカイ・ハフェルツ(18)も入った。

     堂安はU-20W杯出場後の2017年夏、中学時代から過ごしたガンバ大阪を巣立ってフローニンゲンに期限付き移籍。契約期間は1年間となっていたが、現地での活躍が評価され、見事に2021年までの3年契約を勝ち取った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-01653060-gekisaka-socc





    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/24(火) 18:47:04.03 ID:CAP_USER9

    no title


     元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏(63)の通訳を務めたフローラン・ダバディ氏(43)が、24日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)の取材に応じ、日本代表の監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が再来日したことについて言及した。

     W杯ロシア大会が2カ月後に迫る中、7日にパリで日本協会の田嶋幸三会長(60)に「選手とのコミュニケーション不足」などを理由に契約解除を通告されて以来、ハリル氏が公の場に姿を見せるのは初。100人超の報道陣やファンの呼びかけに手を挙げて応えたが、表情は硬かった。

     精気に満ちたかつての姿はなく、消え入りそうな声で語り始めた。専属通訳を3年間務めた樋渡群氏(39)が感極まって涙を流すと、ハリル氏ももらい泣き。一度は外したサングラスをかけ直して天を仰いだ。

     ハリル氏と親交があるダバディ氏は「ハリル氏はプライドが高く、厳しい父親のような人。一方で義理堅く、昔の美徳を大事にしている。ボスニアの英雄で自身を見下すようなことは絶対に言わない」と評価。

    樋渡氏が涙を流した理由については、ハリル氏が「私は追いやられ、ゴミ箱に捨てられたようなもの。誇りを傷つけたものとは闘わないといけない」と日本協会に対する心情を吐露したことで、「そう言わせてしまった悔しさやむなしさが入り交じって泣いたのではないか」と推測していた。

    4/24(火) 15:44配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000542-sanspo-socc





    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/04/23(月) 22:27:28.87 ID:mrDKf7X+0
    DUHCKK4VMAA0DIH


    サッカー界の指標 squawkaを基にしたプレイヤーランキングを発表する
    リーグ毎にアタック(ゴールやドリブル)、ディフェンス、ポゼッションがポイントとして加算される
    それとCLのポイントも足した合計のトップ10の発表




    続きを読む

    1: Egg ★ 2018/04/23(月) 19:00:12.15 ID:CAP_USER9
    英誌が「W杯で必見の10名のアジア人」を選出、日本人では香川と岡崎の名前が
     
    m_soccerdigestweb-19461

    サッカーロシアW杯開幕まで2か月を切った。西野朗新体制となった日本代表は、本番でどんな戦いを見せてくれるだろうか。
    注目が集まる中で、海外メディアがW杯で「必見のアジアの選手」としてドイツ1部ドルトムントMF香川真司、イングランド1部レスターFW岡崎慎司の2人の名前を挙げている。

    英誌「Four Four Two」は「W杯で必見の10名のアジア人」という特集を行い、日本人では香川と岡崎に注目している。
    「韓国、日本、イラン、オーストラリア、サウジアラビアが来たるロシアW杯でアジアの代表として参戦する。これらの国で実力を発揮してくれる存在は誰だろうか?」

    同誌は記事でこう伝え、アジアの4か国の中で、ロシアでの注目株を特集している。日本人の一人目は「シンジ・カガワ」だ。

    「カガワはどんなチームでも見るものを楽しませる」と高く評価

    「カガワは不遇や負傷により11月と3月に行われた親善試合に招集されなかったものの、W杯ではチームの中核を担う存在となると予想されている。
    ドルトムントで活躍する29歳のアタッキングMFは、どんなチームでも見るものを楽しませるプレーを披露する、貴重な存在だ」

    こう紹介している。香川は左足首の故障から回復。ドルトムントの練習に復帰しており、実戦でのプレー再開も間もなくだろう。
    「ロシア大会では日本の若きチームを引っ張ることもカガワの使命となるだろう。今季ここまでドルトムントで7ゴール4アシストを記録しており、大会を迎える上で彼に自信がみなぎっているのは間違いない」

    4年前のブラジルW杯では期待に見合う結果を残せなかったが、ロシアでは頼れる日本のエースとして、スポットライトを浴びせている。

    実績は屈指の岡崎「決定的な仕事を果たせる。W杯では特に重大な特長」

    もう一人は「シンジ・オカザキ」だ。岡崎がレスターでプレミアリーグ王者に輝いたことと、日本代表では歴代3番目となる50ゴールを記録していることに言及。
    しかし最近の親善試合には招集されていないことを伝えている。

    「彼は試合で決定的な仕事を果たすことのできる能力を備えてはいるが、W杯のような大会では特に重大な特長だ。新監督のニシノが彼を軸に据えても、それは驚きでもなんでもない。
    あとはレスターで力強く今季を終えれば、ロシア行きの便にオカザキが搭乗させることをニシノが決断することは決定的なことだろう」

    実績十分の岡崎。新生西野ジャパンでの代表復帰は決定的だと報じている。
    長きにわたって日本代表を支えてきた「ダブルシンジ」。この実績十分の2人が日本代表には欠かせないと、サッカーの母国英メディアは指摘している。

    4/23(月) 15:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00022319-theanswer-socc




    続きを読む

    ↑このページのトップヘ