サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2017年06月

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/06/30(金) 05:23:11.48 ID:CAP_USER9
    J1浦和は29日、さいたま市内の練習場で、7月1日の広島戦(埼玉)に向け全体練習を行ったが、紅白戦で乱闘騒ぎが起きた。

    FW李忠成(31)とMF関根貴大(たかひろ、22)が競り合ったあとに取っ組み合いとなり、
    チームメートが制止した。チームはリーグ戦3連敗中。もう負けられないという危機感が、選手を熱くさせた。

    紅白戦の終盤。FW李がMF関根に首投げをしかけ、関根は李に覆いかぶさるように応戦した。

    「遊びでやっているわけではないんでね。あんなプレーは当たり前。殴り合ったわけではないしね。根本にあるのは、試合に勝つこと」

    すがすがしい表情で李が振り返った。紅白戦とはいえ、本気モード。ボールの争奪戦から、乱闘劇に発展した形だったが、周囲の選手に止められ、大事には至らなかった。

    だが練習後、2人は“和解”。遺恨は残さず、もちろんクラブが両選手にペナルティーを科すこともない。
    9歳年下の関根と本気でやりあった李は「あいつには根性がある。今度、ご飯にでも連れて行きたいね」と笑った。

    5月31日にはアジア・チャンピオンズリーグの済州(韓国)戦で相手選手の乱闘騒ぎに巻き込まれたばかりだが、練習中の小競り合いは、本気の証し。
    チームはリーグ戦3連敗中で、4連敗となれば、就任6年目となるペトロビッチ体制では初。勝利に飢えた選手たちが、厳しい球際を本気で争った結果だった。

    「今日の紅白戦で1対1のバトルがあった。そこにこだわって、強い気持ちを出していかないといけない」
    DF槙野が、この日のバトルを歓迎した。何よりもほしいのは広島戦での勝利。選手が目の色を変えた。 (宇賀神隆)




    サンケイスポーツ 2017.6.30 05:03
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170630/jle17063005030001-n1.html

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/06/30(金) 20:01:15.58 ID:CAP_USER9
    ドイツのボルシア・ドルトムント所属で日本代表MF・香川真司が自身のブログで“#彼氏とデートなうに使っていいよ”写真を公開した。

    前日のブログで箱根に滞在していることを明かしていた香川は、『温泉あがりの乾杯』と題してブログを更新、
    「いいでしょ。オフだから一杯だけ笑」
    と浴衣姿でビールを持ち乾杯のポーズをした写真を公開した。

    ブログに付けられたハッシュタグには、
    「#彼氏と温泉なうに使っていいよ」
    「#彼氏とデートなうに使っていいよ」
    「#彼氏と〇〇なうに使っていいよ」
    「#すみません」
    「#流行りにのってみました笑」
    とおちゃめな一面を見せた。

    コメント欄には、
    「早速使ったよ~笑」
    「私も真司君と一杯飲みたい」
    「流行りにのってみましたで、笑ってしまいました」
    「浴衣姿が渋可愛いいです!」
    など早速使ったというコメントや、レアな浴衣姿への反響が寄せられている。

    Ameba News 2017年06月30日 15時49分
    http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170630/Ameba_25616.html

    写真
    no title

    続きを読む

    1: カイキニッショク ◆Q.7YV6dKqY カイキニッショク ★ ©2ch.net 2017/06/19(月) 02:05:22.71 ID:CAP_USER9
    20141128_paoro2_getty



    48歳元イタリア代表DF テニスのアスプリア杯のダブルスで予選突破「準備はできている」

    6/18(日) 22:46配信

    スポニチアネックス

    サッカー界のレジェンドが、テニス界で超遅咲きのプロデビューを決めた。

    イタリア・セリエAのACミランで活躍した元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏(48)が、
    ATPチャレンジャーツアー・アスプリア杯のダブルスで予選突破を果たし、地元ミラノで24日に開幕する本大会出場権を手にした。
    18日に自身のインスタグラムを更新し、トロフィーを手にした写真とともに「大会への準備はできている」とコメントした。

    元プロ選手でコーチを務めるステファノ・ランドニオ氏(45)とダブルスを組み、
    今回初めてプロ大会の予選に出場。地元専門サイトのイル・テニス・イタリアーノでランドニオ氏は“相棒”について
    「テニスを始めたのは5、6年前」とした上で「サーブは才能があり、いいショットも打てる。ボレーも向上しているし、大きな弱点はない。
    素晴らしいメンタルと体力がある」とテニス選手として高く評価した。

    マルディーニ氏は84~09年にACミラン一筋でプレーし、セリエA史上最多の647試合に出場。
    セリエA優勝7回、欧州チャンピオンズリーグ優勝5回など数多くのタイトル獲得に貢献した。
    イタリア代表でも主将を務め、同代表歴代3位の126試合に出場した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170618-00000167-spnannex-socc

    続きを読む

    1: ranran roo ★2017/06/30(金) 17:26:56.29 ID:CAP_USER9

    DAbKOzwXoAAoRXF


    6/30(金) 11:30配信
    GOAL

    本田圭佑、本日でミランとの3年半の契約期間を満了、退団へ…ミラン低迷期を支える

    ミランのMF本田圭佑(C)Getty Images

    ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑が30日、契約期間を満了する。契約延長はなく、本日をもって正式に退団となると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

    本田は2014年冬、CSKAモスクワからフリーでミランに加入した。当時のアドリアーノ・ガリアーニCEOは「1年前から動向を追い、サッカー選手としてやって来た選手だ」と、マーケティング目当ての獲得ではないと、自信をもって答えた。入団記者会見は本拠地サンシーロのエグゼグティブルームで行われ、大勢のマスコミが詰めかけた。その様子はイタリア語、英語、日本語の3ヶ国語で同時通訳され、日本へもライブ中継され、華々しいスタートだった。

    本田は最初の2年半、迷走するミランで度重なる監督の交代劇に悩まされた。加入直後にマッシミリアーノ・アッレグリが解任されたのちも、クラレンス・セードルフ、フィリッポ・インザーギ、シニシャ・ミハイロビッチ、クリスティアン・ブロッキと指揮官が交代したが、それでも本田はほぼ全員を味方にすることに成功し、ベンチを温め続けることはなかった。特に2014-15シーズンの秋は、本田が最も輝いた時だった。わずか7試合の間に6ゴールをマークする活躍を見せた。

    しかし2016-17シーズン、ヴィンチェンツォ・モンテッラが指揮官に就任すると風向きが変わった。GKジャンルイジ・ドンナルンマやスペイン人のFWスソら若手選手が台頭し、監督は若手の起用に重きを置いた。今シーズンのセリエA出場はわずか8試合220分とチーム内ではGKを除くと最下位に転落してしまった。

    ■最終節は主将としてミランに別れ

    それでもリーグ終盤のボローニャ戦で、FKのチャンスを得ると左足で決め、今シーズン初得点をマークし、チームメート全員から祝福を受けた。またサポーター選出の月間ベストゴールにも選出されるなど、ミラン退団前の惜別弾として大きく注目された。最終節のカリアリ戦では、シーズンを通して本田を「プロフェッショナルな選手」として称えてきたモンテッラからキャプテンマークを託され、フル出場を果たしていた。

    30日をもってミランとの契約を満了する。先月、本田本人もSNS上で退団表明を行っており、契約延長は予定されていない。本田は3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることになる。

    GOAL

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000003-goal-socc
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/06/29(木) 19:45:40.61 ID:CAP_USER9

    no title


    プレミアで成功したのは岡崎だけ 伊紙が日本特集
    6/29(木) 18:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-01847637-nksports-socc

     29日の伊紙トゥット・スポルトが欧州でプレーをする日本選手を特集した。

     以下、抜粋。

     プレミアリーグではFW岡崎慎司以外に成功した選手はいない。昨年レスターでリーグ優勝。サウサンプトンDF吉田麻也(105戦出場4ゴール)に続き、66戦に出場している。今年もFWバーディーと岡崎はコンビを組み、勝率46%、コンビを組んでないときは勝率20%だった。

     2002年に稲本潤一がプレミアリーグに入って以降、香川真司もドルトムントに戻り、日本人はプレミアリーグでは「跡」を残していない。

     それに対して韓国の選手は、プレミアリーグには向いているのかもしれない。13人の選手がプレーし、計693試合に出場している。

     Jリーグが生まれた時、ジーコが日本に行き、日本のタレントを欧州に提案しようとした。だが、今までグローバルなレベルで自らの才能を見せつけた日本人選手は誰1人いない。

     今回オランダのフローニンゲンに入ったMF堂安律に日本のファンは期待している。堂安は日本の2人のタレント本田圭佑と香川の才能を引き継ぐ選手とみられている。

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/06/30(金) 04:00:26.279 ID:EitH7iA80

    20140714_mario_grtty-560x372


    国単位でも最強レベルだしブンデスもあるし

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/06/30(金) 14:37:20.05 ID:CAP_USER9
    東京V・羽生英之社長(53)が29日、本紙の単独取材に応じ、噂されるトッティ(40)との交渉状況について口を開いた。

     イタリアとの関係が深い日本側の仲介人とともに6月に入ってから交渉を続けて、現在はトッティサイドから示された額とそう遠くない条件を提示中。これには引退後のアンバサダー契約も含まれている。羽生社長自らが「懇意にしているスポンサー、中心となる2名の人たち」のサポートを受けて金額を準備した。

     トッティがギリシャで過ごすバカンスを終えて、東京Vや米国クラブの提示に回答するのは7月1日、2日の間の予定。

    仲介人によるとトッティは「ローマという都市の将来を考えて、東京のようになってほしい」という願いがあり、「東京という都市に大きな興味を持っている」。数ある日本のクラブの中から、Jリーグ初代王者の首都クラブ・東京Vを指定したというトッティ。加入の可能性は大いにあると言えそうだ。

     交渉が進んだとして、羽生社長は「『決して観光などではなく、J1昇格への切り札になってくれるか』、『たくさんの人が今回の話で奔走している。プレー以外の面でも協力してくれるか』の2点を確認した上で握手したい」と語る。

     また、事前に相談していたという「ロティーナ監督なら彼を組み込んでも大丈夫という確信がある」とも付け加えた。今季から東京Vの指揮官となったロティーナ監督(59)は、コパ・デル・レイ王者になった経験もあるスペインの智将だ。

    昨季18位に沈んだ東京Vを現在3位まで押し上げたチームマネジメント力は確か。型に選手をハメるのではなく、選手に合った型を用意する指揮官でもある。トッティ加入によってチームが分解することはないと、社長も信頼を寄せている。

     東京Vは“再興”のために本気でトッティを獲得しようとしているーー。すでに世界的なニュースとなっている今回の一件。ラテンの血が流れる情熱の“王子”に、その熱き思いは届くか

    6月30日 blogola
    http://blogola.jp/p/72269

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/06/30(金) 12:28:24.75 ID:CAP_USER9
    “本田首相”は誕生するのか。前文部科学相で自民党の馳浩衆議院議員(56)が本紙インタビューに応じ、母校の石川・星稜高の後輩で親交のあるサッカー日本代表FW本田圭佑(31=ACミラン)について激白した。
    DAbKOzwXoAAoRXF



    本田はこのところ政権幹部と面会を重ね、社会問題に関しても積極的に発信している。将来の政治家転向がささやかれるなか、馳氏の見立てと2020年東京五輪に向けて浮上する“夢プラン”とは――。

     本田は昨年7月に安倍晋三首相(62)と面会。その際は「本気で一度、政治家になろうとは考えた」としつつも、将来の転身には「ない。馳さんにも『興味はないか?』と言われたので『あったんですが、今はないです』と伝えた」と政治家転身を否定した。

     ところが、最近は若者の自殺問題や先の国会でも議論された受動喫煙防止法などについてSNSで積極的に自身の考えを発信している。今月20日には麻生太郎財務相(76)とも面会。政治活動への関心はいまだ強いように映り、現役引退後の政界進出の可能性がささやかれている。

     馳氏:やっぱり本田君の真面目な取り組み、真実を的確に表現するパフォーマンスなどは(将来の首相候補)小泉進次郎さん(36)にも共通する。けれん味のなさと人に見せない努力、本当に「侍」の姿だと思います。そういう政治家が与野党にいたほうが本当は楽しい。私は(本田の政治家転身は)あると思います。オレの後継者になってほしいね。

     サッカー界から元日本代表FW釜本邦茂氏(73)がかつて参議院議員を務めたように、国政で活躍する元アスリートは多い。スピードスケートの橋本聖子氏(52)と堀井学氏(45)、バレーボールの朝日健太郎氏(41)に加え、モントリオール五輪クレー射撃代表の麻生氏ら、スポーツ界からの転身組が増えて“政治が変わる”という国民の期待も高まっている。

     馳氏:私は大臣もさせていただいたが(東京五輪)組織委員会の評議員やレスリング協会の副会長とか、政治の側面からサポートしている。橋本さんはJOC(日本オリンピック委員会)の強化本部長、堀井さんは冬(の五輪)、朝日さんは夏の経験から政策立案を支えています。

    自分が経験してきたこと、知識や人脈、教養を社会に還元してほしい。そういう意味で(本田に)後継者として期待しています。別に私が辞めるという意味じゃないですけど(笑い)。

     東京五輪では選手としての活躍はもちろん、スポーツ界の代表としてさまざまな役割が期待される。例えば聖火ランナーでも、2012年ロンドン五輪ではサッカー界のスター選手、MFデービッド・ベッカム氏(42)が開催国の「顔」として大役を務めた。果たして本田が選ばれる可能性はあるだろうか。

     馳氏:名前が出たら潰れるから、サプライズじゃないと。組織委員会でリストアップしていると思うが、国民の気持ちがグッと固まるような「レジェンド」と言われる方に出ていただきたい。これは私個人、一国民の声としてね。(星稜高野球部出身の)松井(秀喜氏=43)と本田の聖火リレーは見たい。日本国民の夢ですよ。母校の同窓生としては誇りだし、世界的に活躍した選手ですから。

     サッカー界だけではなく、スポーツ界のリーダーとして「本田先生」と呼ばれる日も決して遠くはないかもしれない。

    【星稜OBとして深い親交】馳氏はレスリング、本田はサッカーと競技こそ違うが、星稜高出身のアスリートとして活躍した共通点もあり現在でも親交は深い。

    「昨年は、恩師の河崎(護=57、サッカー部監督)先生のご自宅が改築された時に、お祝いの会で会ったのと、本田君のお誕生日会の2回会いましたね。ピッチの中でも外でも、高校生のころから政治家だよね。彼のビジョンを示して、自らも努力する。そのことによって多くの人に影響力を与え続けていく」(馳氏)

     本田の“才能”にほれ込んでいるが、現職議員として多忙な日々を過ごしているため、日本代表で活躍する姿を生で見る機会はなかった。それでも「スマートフォンで試合展開やコメントとか、ニュースは追いかけるようにしています。東スポをいつも見ていますよ。本田君の情報は全部、東スポで仕入れていますから(笑い)」と、後輩の動向は常に気にかけている。

    つづく

    東京スポーツ 6/30(金) 11:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000003-tospoweb-socc


    続きを読む

    1: Egg ★2017/06/30(金) 10:10:56.89 ID:CAP_USER9
    約束が果たされず、御立腹?

    C-Idu-DVoAASqyd



    寡黙な男、リオネル・メッシがバルセロナの補強スタイルに大きな不満を抱いているという。

    現在もバルセロナとの契約延長交渉が続いているとされるメッシだが、とどめの判子をいまだに押していない理由はチームの強化方針にあるのかもしれない。スペイン『Diario Gol』はメッシが新契約の話し合いの際、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長から直々に“今夏の大物獲り”を保証されたとしながらも、現時点で獲得が濃厚なのはジェラール・デウロフェウにルーカス・リマ、そしてパウリーニョの3名だけだ。メッシはこれら3名の新戦力候補が、誰1人として現在のバルサの戦力を押し上げるには至らないと考えており、親しい友人らに「これは何かのジョークでしょ?」などと不満を爆発させているという。

    同紙は、メッシの最も欲しい新戦力がパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに他ならないと指摘。その契約解除金が1億ユーロを超えるとまで噂される若手プレイメイカーだが、なによりもメッシは会長からの約束が現時点で全く果たされていないことに御立腹の様子だと同メディアは伝えている。

    バルセロナというクラブにおいて年々その影響力を高めているメッシ。もはやクラブは彼の顔色を常にうかがわなければならないというのだろうか。

    6/28(水) 18:02配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00010012-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ