サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2017年05月

    1: さあ名無しさん、ここは守りたい 2017/05/28(日) 21:39:05.73 ID:cnWcKVKO

    no title


    解説:戸田和幸 実況:倉敷保雄

    続きを読む

    DA6i6aIW0AAQPZa
    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/05/28(日) 21:33:27.99 ID:BYMuAERL0
    DA6i6aIW0AAQPZa


    22時からやで

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/05/25(木) 23:54:09.88 ID:yhmmzQaG0

    20161114210620


    苦労してリセマラして出した選手
    これ10回つかったら使えんくなるんか?
    何に使ったら使えんくなるんか?
    怖くて何もできんわ

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/28(日) 18:22:53.09 ID:CAP_USER9
    C-G3p8sUQAAWzre


    ミランの日本代表MF本田圭佑が、28日に行われるセリエA第38節・カリアリ戦で先発出場する可能性が高まっているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が27日付で伝えている。

     同紙は、この試合におけるミランの先発メンバーを予想。フォーメーションは4-3-3が採用されるとした。3トップの中央には、イタリア人FWジャンルカ・ラパドゥーラがコロンビア代表FWカルロス・バッカに代わって起用される模様。右ウイングには出場停止明けのスペイン代表FWスソが入る。そして、左ウイングではレギュラーのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウがこの試合を欠場し、代役として本田が起用される見込みだという。

     21日に行われた第37節・ボローニャ戦で、本田は直接FKで鮮やかなゴールを決めるなど好プレーを披露した。これにより、最終節でスタメンの座を勝ち取ったものと見られる。すでに自身の公式ツイッターで今シーズン限りのミラン退団を表明している本田だが、同クラブでのラストマッチで印象的な活躍を見せることができるだろうか。

    SOCCER KING 5/28(日) 14:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00593600-soccerk-socc

    続きを読む

    95: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/05/28(日) 06:40:57.87 ID:b7MUYf1O0

    no title


    なんで香川あんな後ろに引っ込んで最後の方に申し訳程度にカップ掲げるんだ 
    何故だ
    続きを読む

    1: 47の素敵な(2017/05/22(月) 20:45:53.88 ID:Pr+tOAtv0

    img_0



    一位 日向小次郎
    二位 若島津健
    三位 岬太郎
    四位 エルシドピエール
    五位 ラモンビクトリーノ
    六位 ジノヘルナンデス
    七位 井沢守
    八位 松山光
    九位 早田誠
    十位 沢田タケシ

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/05/28(日) 02:49:16.11 ID:TWHlOAqX0
    1戦目 被シュート15 枠内2 1失点
    2戦目 被シュート13 枠内3 2失点
    3戦目 被シュート3 枠内2 2失点

       枠内  失点
    計   7   5

    枠内失点率 71.4%
    枠内にシュートが来たら高確率で失点する模様

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★2017/05/28(日) 13:02:30.94 ID:CAP_USER9
    韓国で行われているU-20ワールドカップ。日本代表はイタリアとのグループステージ第3戦に2-2で引き分けた。

    イタリアと勝点で並んだ日本は得失点差で3位に。ただ、3位であっても6つあるグループ(A~F)のなかで上位4番目までに入れば決勝トーナメントに進むことができる。これにより日本はグループC3位のコスタリカとともに勝ち抜けが決まった(残り2チームは本日の結果で決まる)。

    そんな一戦では2-2で迎えた終盤にイタリアが最終ラインでボールを回し続け、日本も積極的に追わないという時間が続いた。

    この時間稼ぎについては、『Globo』や『ESPNアルゼンチン版』、『24 Horas』でも報じられていた。

    『ESPN』では「攻撃することを止め、試合が終わるまで同じ場所でボールを回すことに終始した」などとして、イタリアと日本による“一種の共謀”だったと伝えていた。アッズリーニがボールを回し、日本のアタッカーも決して本気ではプレッシャーに行かなかったとも。

    また、『24 Horas』では、「メディアは『スキャンダラス』だと断じた」などとしていた。とはいえ、こういう展開になればどちらもリスクを負わなくなってしまうのは必然ではあるだろう。

    なお、グループAで3位だったアルゼンチンは、本日行われるE・F組の結果で決勝トーナメントに進めるか否かが決まる。ただ、現時点で6グループ中4番手となっており、最も厳しい位置にいる。

    https://qoly.jp/2017/05/28/u-20-world-cup-japan-vs-italy-stop-attacking-iks-1

    続きを読む

    1: 以下VIPがお送りします 2017/05/28(日) 08:44:00.337 ID:esJ32zSaK

    DAbKOzwXoAAoRXF


    まだレギュラーなんだな
    絶対外されると思ったわ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ