サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2017年05月

    1: Egg ★2017/05/01(月) 12:14:00.14 ID:CAP_USER9
     インテルの日本代表DF長友佑都(30)が30日(現地時間1日)に行われたセリエA「インテル―ナポリ」に先発出場したが、失点に絡みチームは0―1で敗戦。試合後ツイッターを更新し、ミスを悔やんだ。

     3試合連続でのリーグ戦先発出場となった長友だが、前半43分に痛恨のミス。ゴール前でのクロスボールをクリアミスし、ナポリFWカジェホン(30=スペイン)に絶好の“アシストパス”を渡してしまう。これをカジェホンに難なく決められて、先制点を許してしまった。

     試合はこのまま終了し、欧州リーグ出場権獲得を目指すインテルにとって痛すぎる敗戦を喫した。当然、“戦犯”の長友に対してイタリアメディアから批判が集中。「ガゼッタ・デッロ・スポルト」は長友のプレーを「守ることを忘れ、カジェホンを忘れ、自分自身を忘れてしまった」と厳しい評価。「メディアセット」は10点満点中3点の両チーム最低評価をつけ「技術不足、混乱の混ざりあったプレー。まだ出場の可能性はあるのか」と今後の起用についても懐疑的だった。 

     さらに、ステファノ・ピオリ監督(51)も公式サイトで「高い正確さが必要だった。一つの厳しいミスがあり、試合が難しくなった」と長友のプレーが試合に大きく影響したことを指摘した。

     長友本人は試合後に更新したツイッターで「ナポリ戦自分のミスで負けた。これがサッカー。1つのミスで勝敗が決まる」と強い後悔をにじませた。それでも「転んだら立ち上がればいい。俺はまだまだ強くなれる」と“復活”を誓った。

    東スポWeb 5/1(月) 11:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000002-tospoweb-socc

    長友佑都に伊メディアは辛辣「さようなら。マーケティングとカルチョは別物」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000004-goal-socc

    続きを読む

    1: @Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net (★) 2017/05/01(月) 12:47:19.00 ID:CAP_USER9
    胸スポンサーとして「楽天」のロゴが入ることになる、バルセロナの2017/18シーズンの新ユニフォームのデザインが明らかになったという。
    ユニフォームやシューズなどの情報サイト『footyheadlines.com』は、その実物写真を入手したとして伝えている。

    バルサは昨年12月に、日本のインターネットサービス事業大手の楽天株式会社とグローバルメインスポンサーとしての契約を交わした。
    楽天は7月1日付でバルサのメインスポンサーとなり、来シーズン以降のユニフォームにロゴマークが入ることになる。

    リークされたものだとされる新ユニフォームのデザインは、以前からインターネット上に出回り話題となっていた。
    青をベースとして、赤の縦縞が中央から両側に向けて徐々に細くなっていくデザインとされている。

    『footyheadlines.com』では楽天のロゴが入ったイメージ画像も以前に公開していたが、今回は「初の実物写真」を独占入手したとして伝えている。
    以前のイメージ画像に入れられていたものとは楽天のロゴが異なり、赤丸の中に白の「R」が入るものではなく、文字の下に白の鋭角三角形が配置されたものとなっている。

    同サイトは、今月中にバルサの新ユニフォームと合わせて楽天の新たなロゴも正式発表されることになると予想している。
    袖スポンサーであるトルコの家電メーカー「beko」が、2014年にバルサとのスポンサー契約締結に合わせてロゴを変更した例と同様の形になるとの見方だ。

    フットボールチャンネル 5/1(月) 12:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010017-footballc-socc

    写真
    https://4.bp.blogspot.com/-OwtUwxNMGCY/WPK7kH8lBsI/AAAAAAABLPQ/a0b5Lieb7o0gBIlmCXLAyq6kHEqChUIOgCLcB/s550/barcelona-17-18-home-kit-2.jpg
    no title


    『footyheadlines.com』Exclusive: All-New Rakuten Logo? Barcelona 17-18 Home Kit Leaked
    http://www.footyheadlines.com/2016/05/barcelona-17-18-kit-design.html

    バルセロナ公式日本語HP
    https://www.fcbarcelona.jp/

    続きを読む

    1: あちゃこ ★ 2017/05/01(月) 13:04:33.11 ID:CAP_USER9

    no title

     
    Football ZONE web 5/1(月) 12:55配信

     インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間30日の強豪ナポリ戦で衝撃的な凡ミスにより決勝ゴールを献上。3試合連続スタメン出場を果たすも、
    0-1での敗戦を招く戦犯となってしまった。そして長友のミスはSNS上でも大炎上したと、イタリアメディア「ユーロスポーツ.it」が報じている。

     問題のシーンが起こったのは前半43分だった。逆サイドから上がったクロスは中央の選手に合わなかったが、ファーサイドに流れたところを
    長友がカバー。しかし、ワンバウンドしたボールに上手くタイミングを合わせられなかった長友は、右足でクリアしようとするも、ボールにわずかに
    触れたのみになり後逸。背後にいたFWホセ・マリア・カジェホンに難なく蹴り込まれ、これが決勝ゴールとなって敗れた。

     この致命的なミスにより、長友は“大炎上”した。インテルのエンブレムを長友が真っ二つに斬るコラージュ画像で「ザ・サムライ」と
    揶揄されるものもあれば、「サポーターたちはかつてのサイドバックを思い出しただろう。グレスコだ」と、2002年にリーグ優勝がかかった
    最終節で致命的なミスを犯した選手にたとえる声もあったという。

     また、ナポリのサポータークラブのアカウントは、先日の“エル・クラシコ”でレアル・マドリード相手に劇的な決勝点を決めたバルセロナFW
    リオネル・メッシが、ゴール後にスタンドへ向かって10番のユニフォームを掲げたシーンを加工。メッシが長友の55番のユニフォームを掲げる
    画像に変えて、「彼は我々のチームの一員だ」と痛烈な皮肉を送った。

     さらには、インテルのチャン・ジンドン会長の画像に「長友を今すぐ北朝鮮送りにしろ」という過激なメッセージを記載したものや、
    「彼の国では、これをハラキリと呼ぶ」などと、緊迫する東アジアの政治情勢に悪ノリしたものもあったという。

     前節のフィオレンティーナ戦ではインテル守備陣が大崩壊し、5失点を喫して敗れた。そのなかでは「まだマシ」の評価を得ていた長友だが、
    この日は完全に戦犯としてターゲットにされてしまった。リーグ戦は残り4試合となったが、名誉挽回のチャンスは訪れるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010008-soccermzw-socc

    続きを読む

    526: U-名無しさん@実況・^^です (アウアウカー Sa75-wxRr) 2017/04/30(日) 22:31:16.91 ID:DihuIce8a

    no title

     
    柏木のコメントは草 

    ○関根貴大 
    悔しい気持ちを通り越して、情けないと思います。本当に申し訳ない気持ちです。 
    内容どうこうよりも、結果が全てだと思いますし、今日は気持ちを見せなきゃいけない試合だったので、申し訳ないです。 

    ○武藤 雄樹 
    ダービーに負けたことでサポーターのみなさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。 

    ○柏木 陽介 
    ダービーに負けたことは悔しいですけど、ここ何試合か戦ってきた自分たちの強さは分かってほしいです。 
    サポーターの方々の悔しい気持ちは分かりますが、この連戦の中で公式戦6連勝をしていたという事実もあります。 
    そういったことも考慮してほしいです。
    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/05/01(月) 08:24:38.40 ID:CAP_USER9

    image631

     
    30日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、長嶋一茂が、野球選手の魅力を熱弁した。

    番組では、高校野球の春季東京大会で27日、早稲田実業学校が優勝し、試合が異例のナイター決勝となったことを話題にした。

    「ワイドナ高校生」でモデルの鈴木美羽は「高校野球はやっぱり周りの子たちもみんな注目します」とコメント。そこで司会の東野幸治が「女子高校生のなかではサッカーと野球どっちが人気あるの?」と尋ねると、鈴木は「サッカーの方が人気です」と答えたのだ。

    この発言には、ゲストコメンテーターの一茂が、心外そうな声で「サッカーなんだ。なんで?」と追及する。鈴木は答えにくそうに「かっこいいから…」「モテる子はサッカーの方が多いので……」と返答した。

    すると一茂は真剣な声で「下世話なこと言っていい? 一流になったらお金は野球選手の方が稼ぐよ」「ケタが違う」と、高校生の鈴木に内情を説明し、説得を試みたのだ。この暴露に出演者一同は爆笑し、東野は「高校生に何言ってるんですか」とツッコミを入れた。


    2017年4月30日 13時3分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13004565/

    続きを読む

    1: ranran roo ★2017/05/01(月) 08:10:45.11 ID:CAP_USER9

    BFE383B3E7A59DE7A68F02



    Football ZONE web 5/1(月) 7:04配信

    長友の中途半端なクリアからカジェホンが決勝点を奪った【写真:Getty Images】

    左SBで出場、対峙したカジェホンに決勝ゴールを奪われる

     日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、現地時間30日の本拠地ナポリ戦で0-1の敗戦を喫した。3試合連続スタメンの長友はフル出場したものの、ナポリのゴールシーンで決定的なミスを犯して失点に絡み、敗戦の要因になってしまった。

    【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

     3位につける強豪ナポリに対し、インテルは守備に回る時間が長い試合展開になった。長友は相手右ウイングのFWカジェホンとマッチアップしたが、左右にボールを動かすナポリの攻撃の前に、後手に回らざるを得ない場面が多くなった。

     そうしたなかでも失点せずに耐えていたが、前半43分に衝撃的なミスが起こってしまった。ナポリはFWロレンツォ・インシーニェが左サイドからクロスを上げると、ボールは競り合った中央の選手には合わずにファーサイドに流れた。ワンバウンドしたボールを中央に絞っていた長友がクリアしようと右足を伸ばしたが、中途半端に触るだけになり、後方にこぼれてしまう。そこに入り込んできたカジェホンに難なく蹴り込まれ、ナポリが先制。3試合連続スタメンの長友にとって、痛恨のワンプレーになった。

     後半に入ってもナポリが攻勢に出るゲーム展開は変わらなかった。そのなかでもインテルはGKサミル・ハンダノビッチの好守もあり追加点を与えることなくゲームを進めたが、ゴールの予感は希薄なまま。アディショナルタイムには失地挽回とばかりに長友が攻撃参加し、右サイドからのクロスをヘディングシュートで狙ったが、力なく飛んだボールは難なくセーブされて万事休す。そのまま0-1で敗れた。

     インテルは来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権の確保に向け厳しい戦いを続けているが、この日は勝ち点を伸ばせず。昼間のゲームで6位のACミランが引き分けに終わり、8位フィオレンティーナが敗れただけに大きなチャンスだったが、7位は変わらず。残り4試合で、ミランとの勝ち点差が3となる苦しい立場に追い込まれた。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00010001-soccermzw-socc
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    続きを読む

    1: 動物園φ 2017/04/30(日) 23:57:33.47 ID:CAP_USER9
    エヴァートン 0-3 チェルシー

    66' ペドロ・ロドリゲス
    79' ガリー・ケーヒル
    87' ウィリアン

    http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/everton-vs-chelsea/1-2252523/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/01(月) 00:18:58.75 ID:CAP_USER9
    no title


    SOCCER KING 4/30(日) 23:37配信

    久保は4戦連続ゴールを逃した(写真は21日のオーステンデ戦)[写真]=Isosport/Getty Images

     ジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ1第6節が30日に行われ、日本代表FW久保裕也が所属するヘントと、アンデルレヒトが対戦した。久保は左FWで先発出場した。

     レギュラーシーズン上位6チームによるホーム&アウェイの総当り戦が行われるプレーオフ1。現在2位のヘントは今節、勝ち点差「5」で首位を走るアンデルレヒトをホームに迎えての直接対決となった。

     3試合連続ゴールと好調の久保は立ち上がりからドリブルで切り込み、チャンスを演出。積極的にシュートも放つが、ゴールは生まれず。試合も前半をスアレスで折り返す。

     後半に入ってヘントは51分、モーゼズ・サイモンからのクロスを、ファーサイドに飛び込んだ久保が左足で合わせるが、シュートはわずかに枠の左に外れた。その直後、逆にアンデルレヒトに攻め込まれる。53分にはソフィアヌ・アンニにエリア内から右足シュートを浴び、55分には折り返しをゴール前中央のウカシュ・テオドルチュクに合わされるが、いずれもGKロヴレ・カリニッチが好セーブでピンチを凌いだ。

     ヘントは60分、エリア前中央でパスを受けた久保が、そのまま左足を振り抜くが、シュートはクロスバー上。83分には、エリア手前左からのFKでダニエル・ミリチェヴィッチが右足で直接狙うと、シュートは枠を捉えるが、相手GKの好セーブに阻まれた。

     ヘントはその後も猛攻を見せたが、試合はこのままスコアレスドローで終了。勝ち点1を分け合い、ヘントは首位との勝ち点差を詰めることはできなかった。なお、久保はフル出場したが、ノーゴールに終わり、期待された4試合連続ゴールを逃した。

    【スコア】
    ヘント 0-0 アンデルレヒト

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00582124-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/01(月) 00:17:47.02 ID:CAP_USER9
    C-qkhkAUMAEBGTe


    後半は攻勢を仕掛けたミランだが決定力を欠いて…。

     現地時間4月30日、セリエA34節のクロトーネ対ミラン戦が開催された。
     
     直近4試合は3勝1分けと調子を上げて、残留(17位以内)の可能性がわずかに出てきた18位クロトーネは、その4戦で4ゴールと絶好調のFWファルチネッリをはじめMFクリセティグ、DFチェッケリーニなどがスタメンに名を連ねた。
     
     一方、1週間前に格下エンポリに1-2で敗れた6位ミランは、ソサとデ・シリオが出場停止、ロマニョーリが怪我で欠場。アンカーにロカテッリ、左SBにバンジョーニ、CBにパレッタが入った。前節はセリエAで4か月ぶりに途中出場した本田圭佑は、怪我で欠場した28節を挟んで公式戦25試合連続のベンチスタートとなった。
     
     ホームのクロトーネは序盤から積極的に打って出て攻勢を仕掛ける。すると8分、ゴール前でサパタと上手く入れ替わったトロッタが豪快に先制ゴールを叩き込んだ。
     
     ミランは相手の激しいプレスに苦しんでビルドアップが機能せず、頼みの綱であるスソとデウロフェウの両翼になかなか良い形でボールが回らない。40分と44分にはスソがフィニッシュするもGKに弾かれた。
     
     結局、守備を固めながら速攻の鋭さも見せたクロトーネが、1点リードでハーフタイムを迎えた。
     
     しかしミランは後半早々の50分、同点に追いつく。ショートコーナーからバンジョーニが上げたクロスをファーサイドで競り勝ったクツカが頭で中央に折り返し、サパタとともに身体ごと飛び込んだパレッタが押し込んだ。
     
     その後もミランが攻め込む一方的な展開に。しかし、52分にラパドゥーラ、61分にクツカ、73分にデウロフェウが決定機を迎えるも、ゴールを奪えない。
     
     業を煮やしたモンテッラ監督は78分、M・フェルナンデスを下げてオカンポスを投入し、システムを4-3-3からスソをトップ下に置く4-2-3-1に変えた。それでも逆転ゴールが奪えず、86分にはデウロフェウを下げてバッカを入れた。
     
     さらにミランは91分、バンジョーニが足を痛めてゴメスと交代。前節で10分弱ながら悪くないプレーを見せた本田は、再び「出番なし」に逆戻りした。
     
     ミランは96分にクツカが2枚目のイエローカードで退場になり、そのまま1-1でドロー決着。クロトーネと勝点1を分け合った。4月13日に中国資本に生まれ変わったミランだが、その後は3試合連続で未勝利(2分け1敗)といまだ白星を掴めていない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170501-00025175-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ