サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2017年03月

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/03/31(金) 19:46:29.61 ID:CAP_USER9
    no title


    ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントに所属するサッカー日本代表MF香川真司が、代表戦をブログで振り返った。

    28日に行われたタイ戦で先制ゴールを決めた香川は
    「代表での得点 正直に嬉しかった。本当はベンチに走っていきたかったけど、
    自分が興奮してしまって、何をしていたかがよく分かりませんでした。吠えてましたね。」
    と興奮状態であった事を明かした。

    「この2試合勝利できた事は嬉しいですが、まだ途中。
    みんなでまた勝利を目指し、目標に向けて進みます。
    個人でも、チームでも課題はあるので、ドイツで修復して、日々を過ごします。
    ここドルトムントでも、勝利できるように頑張ります。」
    と、自身が所属するチームの勝利と6月13日の最終予選のイラク戦へ向けての意気込みを語った。

    最後に「料理があまり上手ではありませんが」と前置きした香川は、朝食の目玉焼きと自撮りした写真を公開した。

    コメント欄には「代表戦でのゴール最高でした」「我を見失うくらい吠えて興奮してる香川選手また見たいです」
    「こちらも興奮して吠えました!」など、試合を見たファンから沢山のコメントが寄せられている。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170331-57976524-amebanews

    続きを読む

    1: ファイヤーボールスプラッシュ^^] 2017/03/31(金) 18:29:27.07 ID:XwcM7jOB0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
    サッカー・スペインリーグのエイバルで活躍するMF乾貴士(28)が、スペイン国王の訪日に合わせて帰国し、官邸主催のレセプションパーティーに出席すると、複数の現地メディアが報じた。
    一方、日本の外務省はJ-CASTニュースの取材に対し、乾の参加について「招待状は送っているが、正式決定ではない」と答えている。

     スペインリーグはシーズン真っ最中だ。もし本当に帰国する場合、一時的にチームを抜け、リーグ戦も数試合欠場することになる。ツイッター上では「断った方がいい」「軽く事件だわ」と参加に否定的な向きが多い。

    ■現地メディア「乾は前例のない理由でリーグ戦2試合を欠場する」

     外務省ウェブサイトの発表によると、スペイン国王フェリペ6世と同王妃は2017年4月4日~7日に国賓として来日し、滞在中は総理官邸主催のレセプションパーティーなどに出席する予定となっている。

     スペインメディア「ムンド・デポルティボ」は3月30日、「乾貴士は前例のない理由でリーグ戦2試合を欠場する。乾は、スペイン国王訪日に際して開かれる安倍晋三首相官邸主催のレセプションに参加するため、来週日本に行く必要がある」と報道。
    具体的には、日本時間4月6日のリーグ第30節ラス・パルマス戦、同9日の第31節セルタ・デ・ビーゴ戦を欠場すると伝えている。現地メディアでは他にも「アス」「マルカ」が同様の内容を3月30日付で報じた。


    乾は今季、第28節までに20試合(先発19試合)出場、2アシストを記録。チームの主力としてスタメンに定着しつつあり、ホセ・ルイス・メンディリバル監督からの評価も高い。15年8月に加入してからリーグ戦には全47試合に出場しており、スペインリーグでプレーした日本人選手として最多となっている。日本代表経験もあり、いつヴァヒド・ハリルホジッチ監督に招集されるかとの期待も高まっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000004-jct-ent

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/03/31(金) 16:20:40.24 ID:CAP_USER9
    no title
     
    サッカー日本代表のGK川島永嗣(34=メス)が30日、自身のブログを更新。
    9カ月ぶりの代表戦出場となった23日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選・UAE戦の試合終了後に涙が止まらなかったと明かした。

     川島は23日に敵地アルアインで行われたUAE戦に先発。所属するメスでは今季1試合しか出場しておらず、
    代表戦の出場も昨年6月以来9カ月ぶりとハリルホジッチ監督の”奇襲”とも思える先発起用だったが、
    前半に相手選手との1対1を鋭い反応で防ぐなど活躍し、勝利に貢献した。
    28日のタイ戦(埼玉)でもDF長友佑都(30=インテル・ミラノ)が与えたPKを阻止するなど存在感をいかんなく発揮して
    チームの連勝に貢献し、大きな成果とともに所属するメスに戻っていた。

     フランスに到着後更新したブログで「勝てて本当に良かった。。」と代表チームの勝利を改めて喜んだ川島だったが、
    「バカみたいな話ですが、UAE戦が終わった後は、ロッカールームに戻っても涙が止まりませんでした」
    と人知れず涙を流していたことを告白。
    出場機会に恵まれないながら「やれる事はすべてやってきました」としつつも
    「公式戦に出るのは夏から数えて2試合目。少しのディテール、1つのミスがワールドカップへ繋がるかどうかという試合の重みは、
    今までの経験上、いやという程分かっています。とにかく、自分が積み重ねていることを全力で出そう。そう思ってピッチに立ちました。
    いつも通り。でも試合が終わった後、いろんな想いが湧き上がってきました」と正直な胸の内を明かした。

     「多分、この涙は死ぬまで忘れない涙だと思います」とも記した川島。
    「うまくいかない時もあるだろうし、辛いこともある。でも、その影には必ずそれ以上に値する価値のある種が隠れていると信じて、
    自分の道を信じて突き進んでいきたいと思います」と締めくくった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000123-spnannex-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★@^^ 2017/03/31(金) 17:44:02.39 ID:CAP_USER9
    レヴァークーゼンに所属するドイツ代表GKベルント・レノが、レアル・マドリーからの興味について「光栄」と話している。
    ドイツ誌『キッカー』が報じた。

    先日、レアル・マドリーが今夏のレノ獲得に興味を示しているとドイツ国内の報道によって伝えられた。
    マドリーはすでに来シーズンの守護神確保のため、チェルシーGKティボー・クルトゥワ、
    マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアとコンタクトを取っているとのうわさが流れる。
    しかし、レノのレヴァークーゼンとの契約解除に必要とされるのはわずか2000万ユーロ(約23億8000万円)のため、
    白い巨人が目移りしたようだ。

    レノは欧州王者からの興味について「名誉に思うよ。でも、今はレヴァークーゼンに集中している」と話している。

    また、代理人であるウリ・フェルバー氏は「昨年も海外のクラブからこういったうわさがあった。
    今年もかという感じだよ」とそれほど真剣には取り合っていない様子。
    今シーズンはレヴァークーゼンでブンデスリーガ全試合に出場しているレノだが、さらなるステップアップを視野に入れているのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000019-goal-socc

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★@^^2017/03/31(金) 15:35:37.98 ID:CAP_USER9
    フットボールチャンネル 3/30(木) 22:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00010028-footballc-socc

    エイバルに所属するMF乾貴士は、スペイン国王夫妻の来日に合わせて帰国するため、
    リーガエスパニョーラの2試合を欠場することになるという。30日付のスペイン紙『マルカ』や『アス』が伝えている。

    スペイン国王のフェリペ6世夫妻は、来月の4月4日から7日にかけて国賓として来日する。
    日本では天皇、皇后両陛下との会見や、安倍晋三首相との会談が予定されている。

    日本を代表する選手としてスペインでプレーしている乾は、
    安倍首相による国王夫妻の歓迎会に出席するため帰国するとのこと。

    今週末のリーガエスパニョーラ第29節ビジャレアル戦を戦ったあと帰国し、
    来週ミッドウィークと来週末に行われるラス・パルマス戦、セルタ戦は欠場することが見込まれている。

    乾はエイバルの主力の一角として、今季リーガで20試合に出場している。
    「監督にとって非常に重要な選手」であり、エイバルは「この乾の突然の不在を快くは受け止めていない」と『マルカ』は伝えた。

    『アス』も乾がエイバルにとって重要な存在であることを強調。
    「スポーツ面での素晴らしいパフォーマンスに加え、プロ意識の高さと、いつも笑顔を見せていることでファンを虜にしている」と記している。

    エイバルは現在リーガで8位に位置し、来季のヨーロッパリーグ出場権獲得も目指すことができる状況にある。
    乾にとっては名誉ある帰国となる一方で、チームにとっては大きな痛手となる可能性もある。

    エイバルの乾貴士
    no title


    前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1490918755/

    続きを読む

    1: みつを ★@ 2017/03/31(金) 08:29:24.55 ID:CAP_USER9

    no title

     
    http://www.afpbb.com/articles/-/3123233

    【3月30日 AFP】大黒柱で主将のリオネル・メッシ(Lionel Messi)が出場停止となり、28日に行われた2018年サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)南米予選でボリビアに敗戦を喫したアルゼンチンは、国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランキングで現在トップに立ちながらも、1970年以降では初となるW杯出場の切符を逃す危機に立たされている。

     国際サッカー連盟(FIFA)はボリビア戦の開始数時間前に、23日のチリ戦で審判に暴言を浴びせたメッシに対して4試合の出場停止処分を科した。メッシの出場停止を受け、バウサ監督は急きょメンバー変更を強いられ、ゲームキャプテンはエベル・バネガ(Ever Banega)が務めたものの、アルゼンチンは標高3600メートルの敵地ラパス(La Paz)の空気の薄さに苦しみ、ボリビアに0-2で敗れた。

     アルゼンチンは前節まで南米予選3位につけながらも、この敗戦で順位を5位に落とし、本大会自動出場となる4位以内からも脱落したが、エドガルド・バウサ(Edgardo Bauza)監督は「われわれはまだ生きている。W杯に出場するつもりだ。われわれにはそれだけの力がある」とコメントしている。

    (中略)

     しかし、アルゼンチンはメッシ不在で臨んだ今予選の8試合で1勝しかできておらず、メッシが出場した6試合では5勝を挙げている事実がある。また、ボリビア戦で担架で運ばれたDFラミロ・フネス・モリ(Ramiro Funes Mori)が膝を負傷したとみられ、さらなる悩みの種を抱える結果となった。

     元アルゼンチン代表監督のセサール・ルイス・メノッティ(Cesar Luis Menotti)氏は、メッシに下された処分について、「4試合は言語道断だ。悪質なファウルでも出場停止はたったの2試合だが、今回は言葉による暴力にすぎない」として批判している。

     アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏も、処分に対して異議を申し立てる意向を示したが、FIFAが処分を撤回する可能性は低い。ボリビア戦で1試合を消化したメッシは、アルゼンチンのW杯予選残り4試合中3試合で出場停止となる。

    ■協会上層部の腐敗

     アルゼンチンサッカー界は現在、政治的な思惑も重なり、危機的状況に陥っている。アルゼンチンサッカー協会(AFA)のフリオ・グロンドーナ(Julio Grondona)元会長が亡くなった2014年以降、協会内では権力闘争が始まり、マラドーナ氏は昨年、AFAの上層部は「マフィア」だと非難した。

     アルゼンチンのマウリシオ・マクリ(Mauricio Macri)大統領は、「アルゼンチンサッカーの組織力の弱さ」に不満を訴えており、「汚職や悪習にまみれたシステム」の改革を要求。FIFAとアルゼンチンの裁判所も、AFAの不正を調査している。
    (リンク先に続きあり)

    2017/03/30 12:17(ブエノスアイレス/アルゼンチン)

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ 2017/03/31(金) 09:34:26.94 ID:CAP_USER
     
     サッカー日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督(64)=ボスニア・ヘルツェゴビナ=は2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選の序盤、「風前のともしび」だった。

     15年に就任したが、W杯2次予選のシンガポール戦に0-0で引き分け、東アジアカップ(韓国・中国・日本・北朝鮮が出場)で最下位になり、窮地に追い込まれた。そして16年9月にホームで行われたW杯最終予選の初戦アラブ首長国連邦(UAE)戦で1-2と衝撃的な負けを喫し、更迭の危機に陥った。

     当時の日本代表チームは「監督交代」を真剣に検討した。しかし、それから半年が過ぎた今は状況が違う。日本はUAE戦以降のW杯最終予選6試合で5勝1分を記録、勝ち点16でB組1位に立った。あちこちからハリルホジッチ監督に対する称賛の言葉が聞こえてくる。この半年の間に何が起こっただろうのか。

     大逆転はハリルホジッチ監督の「構造改革」で始まった。ハリルホジッチ監督は辞任の圧力がかかっていた昨年11月、B組最強チーム・サウジアラビアとの試合を前に、日本代表の2本柱・香川真司=ドルトムント=と本田圭佑=ACミラン=を思い切って先発メンバーから外してしまった。

     以前なら想像もできないことだった。2人は韓国で言えば孫興ミン(ソン・フンミン)と奇誠庸(キ・ソンヨン)と同じくらい中心的な選手だ。その時、ハリルホジッチ監督は「走れない選手はいらない」という方針を打ち出した。

     香川と本田は所属チームで試合にほとんど出場できず、試合感覚が鈍っている状態だった。特に本田は体力も落ちて深刻な不振に陥っていた。日本のメディアさえ懸念したハリルホジッチ監督の思い切った決断は、勝利という形で返ってきた。2人の代わりに試合に出場した選手たちが大活躍し、日本がサウジに2-1で勝った。

     思い切った決断によりハリルホジッチ監督はもう一つの結実を見た。代表チームに「不動のレギュラー」はいないというシグナルを選手たちに発したことだ。それ以降、日本代表チームには「誰でも出場する可能性と外される可能性がある」という雰囲気になったという。これは、チーム内の健全な競争と選手たちの徹底した体調管理につながった。

     日本の劇的な逆転を最もうらやましげに見ているのは韓国のサポーターたちだ。ウリ・シュティーリケ監督(62)=ドイツ=が率いる韓国代表チームは最終予選で終始、もどかしく不安なプレーを見せている。思い切った改革によりチームを建て直したハリルホジッチ監督とは違い、シュティーリケ監督は逆転のきっかけすら見つけられずにいると言われている。

    朝鮮日報日本語版 3/30(木) 8:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000634-chosun-socc

    続きを読む

    1: 大翔 ★@^^ ©2ch.net 2017/03/31(金) 08:54:19.76 ID:CAP_USER9
    C2yEqA0UoAIAkBc


     
    日刊スポーツ 3/31(金) 8:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-01800161-nksports-socc

    3月のサッカーW杯アジア最終予選2試合で、日本代表の主将を務めたDF吉田麻也(28)が、熱く語った。約2週間の日本代表の活動を終えて英国に戻り、30日に所属のサウサンプトンに合流した。MF長谷部の負傷離脱によって急きょ任された主将の重みや、出番が減りつつあるFW本田の逆襲などについて、日刊スポーツの取材に応えた。

    【写真】ユニフォームをかじって悔しがる吉田麻也

     吉田にも、少し予感があった。主将に指名されても冷静だった。4強入りした12年ロンドン五輪日本代表、名古屋グランパスユースでも大役を務めた。ただ、試合で左腕に巻いた赤い腕章は重かった。日本の最高峰、A代表の重責はまったく別物。「プレッシャーは大きかったです。簡単に言うと、監督の次に責任を取らないといけないポジション。キャプテンは1人だけですから」。指名を受け、右膝のけがで離脱した長谷部に「やらしていただきます」とメールで報告。筋を通した。返答は「『お前なら大丈夫。頑張れ』でした」。短い文面に少し拍子抜けしたが、信頼を感じ奮い立った。

     今回はその長谷部が抜け、所属クラブで出番のない本田も先発から外れた。代役の久保が一気にブレーク。ハリルホジッチ監督の起用について「試合に出ていない人が出ず、出ている人が出る。自然な流れだと思います」。吉田も今季前半はサウサンプトンで出番がなくベンチ暮らしが続いた。そこからはい上がって定位置を奪い取り、3月の日本代表の2試合は安定したプレーで存在感を示した。この経験も含め、名古屋ユース時代からずっと見ている本田の逆襲があるとみる。

     「(昨年は)僕も、試合に出ていないのにチャンスをもらった。結果を出せなければ代表でも立場を失う、そんな気持ちでした。そう考えると、追い込まれた状況だからこそ、特に本田さんは何かを成し遂げてくれる感じがする。今までいろんな状況をくぐり抜けてきた人。だからこそ日本代表の中心にいる。今回の永嗣クン(GK川島)がそうだったように、追い込まれてからが強い」

     世界で最も競争の激しいプレミア暮らしは、はや5年目。切磋琢磨(せっさたくま)が日本を強くすると力説する。「若手の活躍はチームにプラスです。ベテランの選手が追い込まれた状況で結果を出すのもプラス。結果を出せなかったらはじかれる。どのポジション、どんな世界でも同じだと思います」。案外、今この時は日本にとって悪くない状況なのかもしれない。

     長谷部がけがを完治させて戻れば、腕章の行方がまた注目されるが、冷静に言った。「僕もハセさんも、自分がやらなきゃいけないことは分かっている。巻こうが巻かまいが、僕たちは変わらない。でも、キャプテンマークは予想以上に重い。巻くことで、ものすごいパワー、エネルギーを得られるというのも事実。引っ張っていかなきゃという気持ちが、一層強くなりました」。首位に立ったハリルジャパンをけん引した新主将。長谷部に続く2人目の主将も、頼れる男だ。【八反誠】

     ◆吉田麻也(よしだ・まや)1988年(昭63)8月24日、長崎県生まれ。名古屋の下部組織から07年にトップ昇格し、在籍3年でJ1通算71試合5得点。10年1月にオランダ1部VVVに移籍。12年8月にプレミアリーグのサウサンプトンに移籍した。08年北京、主将を務めた12年ロンドンの両五輪代表。10年1月に日本代表に初招集され、W杯ブラジル大会など国際Aマッチ通算73試合10得点。愛称はマヤ。11月に待望の第1子となる長女が誕生。家族は妻と1女。189センチ、78キロ。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ