サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年12月

    1: Egg ★@2016/12/31(土) 09:56:29.41 ID:CAP_USER9
    「“野洲らしさ”は貫くことができた」

     野洲高校の長瀬監督は、振り絞るようにそう口にした。その言葉通り、野洲は”セクシー・フットボール”と評される魅力的なサッカーをピッチで体現するも、ワンチャンスに泣き、初日で涙を呑むこととなった。

     野洲(滋賀)は30日、第95回全国高校サッカー選手権大会の開幕戦で関東一(東京B)と対戦し、0-1で惜敗。名門の強豪校が初出場の関東一に敗れる波乱の幕開けとなった。

    「開幕戦という特別な環境のなかで、いかに普段通りに入るかを意識した。立ち上がりから自分たちのペースで相手を崩すことも何度もできていた。しかし、最後のところで相手のプライドが上回った」

     野洲は試合開始から、ヒールやループを駆使したパスで関東一の守備網もテンポよく打開し、幾度となく決定機を演出。しかし、最後の場面で精度に欠く展開が続いた。

     すると後半21分、前屈みになった野洲の裏を突き関東一が速攻カウンターでボックス内に侵入。関東一FW重田快が仕掛けたところを守備陣が足を掛けてしまいPK判定。これを関東一MF冨山大輔が冷静に流し込み、劣勢のなかでワンチャンスをものにした。

    「あの失点のシーンは、一瞬の気の緩みが招いたもの。自分たちがボールを持つ時間が長ければ長いほど、守備にはどうしても甘さが出てしまう。攻勢だったからこそ、ほんの一瞬、集中が切れてしまった」

     長瀬監督は、攻め続けていたからこそ、攻守の切り替えに後手を踏んだと振り返った。

     野洲は昨年も前評判が高かったものの、聖和学園に1-7とまさかの大敗を喫して初戦敗退。悔しさを胸に迎えた今年の選手権だったが、同じ場所で終焉を迎えた。

     しかし、決して足踏みをしていたわけではない。主将のDF川瀬相が「守備の速さをチームで徹底して鍛えてきた」と語るように、ボールを奪わられた後の素早いプレッシングは昨年とは見違えるものがあった。 

     もっとも野洲の最大の武器は、”セクシー・フットボール”と謳われるリズミカルなポゼッションサッカー。弛まぬ努力により守備で確かな改善の跡が見られた一方、攻撃に重点を置くが故に、攻守のバランスの傾きを90分間保つのは至難の業だった。

     野洲が2年連続の初戦敗退を強いられたのは避けようもない事実。しかし、今日の野洲は少なくとも昨年の野洲よりも一歩先を進んだ敗者であったことも、また事実である。

    Football ZONE web 12/30(金) 22:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00010017-soccermzw-socc

    【サッカー】<全国高校サッカー選手権>初出場の関東第一が初戦突破!強豪・野洲は猛攻実らず©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483089672/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/31(土) 14:32:13.43 ID:CAP_USER9
    Qoly年末年始恒例のプレイバック企画! 過去に掲載された記事をもう一度振り返ってみよう。

    今回は2016年1月に公開した「高校生の最高到達点?天皇杯でマリノスを追い込んだ市船と彼らの今」をお送り。

    ガンバ大阪の優勝で終わった天皇杯。これまで数々のドラマを生んできた大会だが、今でも語り草になっている試合がある。

    2003年12月14日、天皇杯3回戦で横浜F・マリノスが市立船橋高校と対戦した試合だ。

    プロとアマチュアでは大きな壁がある。ましてや高校生がザスパ草津、阪南大学とプロや大学チームを下し3回戦にまで進出しただけで快挙だ。

    市立船橋はこの試合で2点を先制される。さすがにJ1で日本代表を数多くそろえるマリノスの壁は厚い。誰もがそう思っていた。

    ところが、後半24分、右サイドでFKを得た市立船橋MF鈴木修人はファーサイドに大きなロングボールを入れるとこれをマリノスのGK下川健一がまさかのキャッチミス。すかさず増嶋竜也が押し込み1点を返す。

    市立船橋はFWに長身の壽透を入れると、高さで主導権を握る。そして、試合終了間際、カレン・ロバートのドリブルから田中恒太がゴールを決め土壇場で同点に追いついた。

    しかし試合は、これで終わらない。増嶋竜也が後半44分に退場してしまったのだ。

    10人の高校生と11人のJリーガーという絶望的な状況で延長戦が行われた。“気合い”や“根性”とはこのようなプレーのことを言うのだろう。精神と身体を張ったディフェンスでプロの意地を跳ね返し続けた。

    https://www.youtube.com/watch?v=UdeW6lCNGq4



    試合は、結局PK戦に突入し、横浜F・マリノスが4-1で市立船橋を下した。PK戦のような場では1人1人の経験や技術がものを言うのだろう。

    だが、市立船橋イレブンは笑顔でピッチを去り、レポーターは「おめでとうございます」とマイクを向けた。どちらが勝者で、どちらが敗者なのかわからない光景がそこにはあった。

    あれから12年、当時試合に出場した市立船橋の選手たちはどうなったのだろうか?


    市立船橋イレブンのその後

    2003.12.14 市立船橋高校 VS横浜F・マリノス戦 メンバー

    GK:佐藤優也(ヴァンフォーレ甲府→コンサドーレ札幌→ギラヴァンツ北九州→東京ヴェルディ→ジェフ千葉)

    DF:増嶋竜也(FC東京→ヴァンフォーレ甲府→京都サンガF.C.→柏レイソル→ベガルタ仙台)

    DF:渡辺広大(ベガルタ仙台→モンテディオ山形→レノファ山口)

    DF:中村健太(駒沢大→引退、ROVERS F.C.コーチ→ROVERS F.C.選手兼監督)

    DF:石井秀典(明治大→モンテディオ山形→徳島ヴォルティス)

    MF:根本茂洋(明治大→ROVERS F.C.)

    MF:鈴木修人(早稲田大→鹿島アントラーズ→湘南ベルマーレ→鹿島アントラーズ→栃木SC→ギラヴァンツ北九州→引退、明治学院大コーチ)

    MF:米田拓巨(関西学院大→引退?)

    MF:高橋昌大(中京大→水戸ホーリーホック→MIOびわこ草津→引退)

    FW:カレン・ロバート(ジュビロ磐田→ロアッソ熊本→VVV→スパンブリーFC→ソウルイーランドFC→ノースイースト・ユナイテッド)

    FW:田中恒太(静岡産業大→ヤマハ発動機→アンテロープ塩尻→引退、現F.C.セダック・ジュニアユースコーチ)

    sub:寺田雅俊(専修大→引退?)

    sub:壽透(日大→引退?)

    sub:榎本健太郎(東京農業大→引退?)

    2015年に多くが30歳を迎えた当時の市立船橋イレブン、11人のスタメン選手のうち実に7人が後のJリーガーとなった。

    また、全員が大学までサッカーを続けており、プロになれなかった選手もカレン・ロバートが運営する千葉県のローヴァーズフットボールクラブ(ROVERS F.C.)など何らかの形でサッカーと関わりを持っているものが多いようだ。

    カレン・ロバートは今でもジュビロ磐田やVVVフェンロといったチームでプレーしたことよりも市船の選手としてマリノス相手に善戦した試合のことを良く言われるという。

    何より、現在も6人が現役でプレーしているのを確認できた。それだけでもすごいことだろう。

    http://qoly.jp/2016/12/31/2003-marinos-vs-ichiritsu-funabashi-playback?part=2

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/31(土) 18:17:29.93 ID:CAP_USER9

    C0AltWcUoAAxKch

     
    99位に堂々ノミネート 「無名から注目の存在に」
     
    FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)で、欧州王者レアル・マドリードを相手に2ゴールを決めたインパクトは絶大だったようだ。
    鹿島アントラーズのMF柴崎岳が、スペイン紙「マルカ」が選ぶ「2016年のトップ100選手」に日本人として唯一の選出を果たしている。

    同紙の電子版では、「マルカの100人」というタイトルで2016年に活躍した選手を特集。100位からカウントダウン形式で紹介している。

    100位には今年11月にコロンビアで発生したチャーター機墜落事故で被害にあったブラジル1部シャペコエンセが例外的にチームとして選出されているが、
    それに続く99位に柴崎が選出されている。12月に日本で開催されたクラブW杯の決勝レアル戦では2得点を決めて一躍その名を世界に知らしめたプレーメーカーの活躍は、決してまぐれではないと絶賛されている。

    「この日本人MFはクラブW杯決勝でレアル相手に2得点を決め、無名から世間の注目を浴びる存在になった。ケイラー・ナバスを破った2ゴールは偶然ではない。
    彼はチームで最も価値のある選手で、今では日本を去りヨーロッパで成功することも選択肢にある」

    「柴崎の成長は止めることができない」
     
    柴崎は29日の天皇杯準決勝、横浜F・マリノス戦(2-0)でも2アシストを記録する活躍を見せて勝利に貢献した。
    「4年前、Jリーグの新人王(Jリーグベストヤングプレーヤー賞)に選ばれて以降、柴崎の成長は止めることができなくなっている」と、
    “常勝軍団”鹿島の背番号10の実力には太鼓判が押されている。

    マルカの100人は、日本時間31日午前10時の段階でカウントダウン形式で100位から11位まで発表されているが、
    11位にレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、12位レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、
    13位にアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスらワールドクラスのスーパースターが名を連ねている。

    スペインメディアはクラブW杯直後から柴崎のリーガ移籍の噂を報じている。
    レアル戦の二発で世界屈指の名手100人に選ばれた男は、今後もその去就に大きな注目が集まりそうだ。

    Football ZONE web 12/31(土) 12:14配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161231-00010005-soccermzw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20161231-00010005-soccermzw-000-view.jpg

    【サッカー】<米メディアが選ぶ16年サッカー界10大サプライズ>大トリでレアルと死闘の鹿島アントラーズ「歴史を打ち立てる」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483144846/

    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。016/12/31(土) 17:16:47.60 0

    no title

     
    リベロ

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/31(土) 13:46:14.16 ID:CAP_USER9
    [12.31 高校サッカー選手権1回戦第1試合]

    佐野日大高 1(終了)0 和歌山北高 [味フィ西]
    [佐]長崎達也(7分)

    山梨学院高 1(終了)0 岡山学芸館高 [駒沢]
    [山]オウンゴール(42分)

    正智深谷高 2(終了)1 立正大淞南高 [NACK]
    [正]田島帆貴(47分)、小山開喜(50分)
    [立]梅木翼(37分)

    聖和学園高 2(終了)0 海星高 [浦和駒場]
    [聖]藤井僚哉(75分)、西堀駿太(78分)

    鹿島学園高 2(終了)1 高川学園高 [ニッパツ]
    [鹿]上田綺世2(70分、77分)
    [高]淺野竜生(61分)

    桐光学園高 0(終了)2 長崎総合科学大附高 [等々力]
    [長]右田翔(7分)、薬真寺孝弥(69分)

    秋田商高 0(終了)2 滝川二高 [柏の葉]
    [滝]山田裕也(8分)、本田周作(30分)

    市立船橋高 1(終了)0 京都橘高 [フクアリ]
    [市]杉山弾斗(71分)

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2733-2733-lv

    夏の王者・市船が京都橘との強豪校対決を制す!2年生・杉山のFK弾が決勝点
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00534110-so

    正智深谷が逆転勝利で2回戦へ…立正大淞南は先制も後半に痛恨2失点
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00534108-soccerk-socc

    小嶺監督率いる長崎総科大学附が初戦突破! 2発完封で桐光学園下す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00534120-soccerk-socc

    日本テレビ
    http://www.ntv.co.jp/soc/index.html

    <全国高校サッカー選手権>初出場の関東第一が初戦突破!強豪・野洲は猛攻実らず
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483089672/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2016/12/31(土) 13:43:16.65 ID:CAP_USER9
    「毎日落ち込んでるよ」本田圭佑、苦境でも諦めない生き方
    12/31(土) 11:00 配信

    本田圭佑にとって、2016年は試練の1年だった。イタリアの名門ACミランでは1月からレギュラーの座を掴んだものの、夏にモンテッラ新監督が就任すると出場時間が減少。試合勘が鈍ったと見られ、日本代表でもサウジアラビア戦で先発から外れた。だが、それでも本田は「そんなの悩みのレベルに入らない」と言い切る。本田の不屈の精神力に迫る。(文・写真=木崎伸也/Yahoo!ニュース編集部)

    ACミランの施設「ミラネッロ」で、本田は誰よりも長く練習している。「ジムは俺の専用部屋みたいになってるよ」
    https://giwiz-tpc.c.yimg.jp/q/tpc/images/story/2016/12/28/_1482910413_1482910391_002.jpg

    ACミランのトレーニング施設「ミラネッロ」は、ミラノ市内から車で約1時間の小さな山の上にある。クラブカラーの赤と黒で統一された2階建てのクラブハウスは別荘のような佇まいで、実際、全選手に個室部屋が用意されていて泊まることができる。

    12月上旬、訪れた日は1日2回の2部練習が組まれていた。敷地外から様子を伺うと、午前中はトレーナーの指示のもと、選手たちがジムの中で器具を使ったフィジカルメニューを行なっていた。各メニューが終わるごとにコーチが手元のリストにチェックを入れている。

    だが、その最中、1人の選手がピッチに姿を現した。背番号10、本田圭佑だ。本田はストップウォッチを片手にコーンを並べ、スプリントメニューをやり始めた。ダッシュを繰り返し、白い息が吐き出され、遠目からも追い込んでいるのが伝わってくる。計10本、ピッチを往復し終えると、本田は再びクラブハウスに吸い込まれた。トレーナーが用意したメニューは一切やることがなく――。

    午後練はミニゲームを主体とした通常の練習で、本田もチームメイトともにピッチを駆け回った。ウォーミングアップのボール回しでは、キャプテンのアバーテや若手のロカテッリとふざけ合う。輪を乱している存在でも、孤立している存在でもない。だが練習後、再び1人で黙々と走り始めた。明らかに特別行動が許されている。

    2部練が終わって日が沈みかけた頃、本田を乗せた車がミラネッロの門から出てきた。手を上げて呼び止め、率直に疑問をぶつけた。なぜ、本田圭佑だけチームと別行動をとっているときがあるのか?

    本田は「今さら、その質問?」と笑い飛ばした。

    「ミランに来てから、ずっとそうですから。最初はトレーナーがいろいろ言って来たんですが、僕と話しているうちにこっちのメニューに理論的な根拠があることが伝わり、フィジカルに関しては自分のやり方でやらせてもらえるようになった。なんでもかんでも言われた通りやればいいというものではないでしょ。いったい本田圭佑を何年取材しているんですか(笑)」

    http://news.yahoo.co.jp/feature/465

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/12/31(土) 12:27:48.03 ID:CAP_USER9

    15421741

     
    アルサッドMFシャビ・エルナンデスが、バルセロナFWリオネル・メッシに匹敵する選手は現在のサッカー界に存在しないと主張している。

     28日にカタルーニャ代表としてチュニジア代表との親善試合に出場したシャビは、試合後にレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナ時代のチームメイトとの比較を問われ、次のように答えた。

    「メッシは世界一の選手であり、歴史上最高の選手だ。クリスティアーノは時代を象徴する選手だと思う。だけど、メッシと競争できる選手など存在しないんだ」

     シャビは、スペイン代表でW杯優勝を経験した2010年にバロンドールの最終候補3名に残りながら、受賞をメッシにさらわれたことがある。『カデナ・コペ』のインタビューでは、その当時を以下のように振り返った。

    「2010年のバロンドール受賞にふさわしかったのはメッシだ。彼との力量は違いすぎる。僕にひっかかるようなところはないね」

    「(アンドレス・)イニエスタ、メッシと一緒に最終候補に残れただけで、僕にとっては歴史的なことだったし、素晴らしいことだった。自分がバロンドールの最終候補に残るなんて想像したこともなかった。だから授賞式を楽しんでいたよ。メッシに賞が渡された瞬間もね。彼は正当な受賞者だったのだから」

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206700-206700-fl

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/12/31(土) 09:40:46.29 ID:CAP_USER9

    no title

     
    鹿島アントラーズは、FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝のレアル・マドリード戦で延長戦にもつれ込む死闘を演じ、一気に世界中にその名を知らしめた。

    アジア勢初のクラブW杯決勝進出とUEFAチャンピオンズリーグ11度優勝を誇る白い巨人との一戦は、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティのプレミアリーグ制覇とともに、「2016年サッカー界10大サプライズ」に選出されている。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が特集している。

    「鹿島アントラーズがアジアサッカーの歴史を打ち立てる」というタイトルで、Jリーグ勢の躍進は10大サプライズの大トリで紹介された。

     世界最強クラブを巡る争いは、これまで南米王者と欧州王者の間で頂上決戦を迎えるのが通例で、過去2度アフリカ勢が決勝進出を果たしたのがこれまでの大番狂わせだった。

     特集では「しかし、日本のチーム、鹿島アントラーズは準決勝で今年アトレティコ・ナシオナルに衝撃を与えた。南米王者を3-0で飲み込むと、クラブワールドカップ決勝に進出した初のアジアのチームとなった。そして、鹿島アントラーズは決勝でレアル・マドリードを延長戦へと導いた。欧州、南米以外で世界王者にこれまでで最も近づいた。わずかに及ばなかったが、彼らはそれでも歴史を打ち立てた」と偉業を称えられている。

    他のサプライズにはレスターの優勝や…

     他のサプライズには、レスターの奇跡のプレミア優勝をはじめ、チリ代表がメキシコ代表を7-0で撃破した衝撃のワンサイドゲーム、欧州選手権で小国アイスランドの8強躍進、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの代表引退宣言などが選ばれている。

     また女子サッカーアメリカ代表のリオデジャネイロ五輪での8強敗退、イングランド代表のサム・アラダイス前監督の不祥事発覚による在任67日の光速解任がネガティブな意味で選出もされている。その一方で悲劇のクラブ、シャコペエンセは飛行機墜落事故ではなく、コパ・スダメリカーナ決勝進出への躍進で選出された

    Football ZONE web 12/30(金) 20:30配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00010015-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/30(金) 19:35:05.78 ID:CAP_USER9
    2016年も残すところあとわずか。

    そこで今回は2016年の振り返り企画として、この1年間で市場価値が最も上昇したプレミアリーグ選手のトップ30をご覧いただこう。

    『transfermarkt』では世界中のサッカー選手の市場価値が算出されており、2016年1月1日からの上昇額が多い選手を順にソートすることができる。

    市場価値の上昇額が多いということは、今年1年でしっかりとした実績を残し選手としてのバリューが高まったということである。

    2016年、プレミアリーグで最も価値を高めた選手の顔ぶれを見てみよう。

    ※所属は2016年12月現在
    >>1ポンド=144円で換算
    >>2部に在籍するクラブも対象
    ※上昇額が同じの場合は、現時点での市場価値が高い選手を上位とする。

    30位:ジェシー・リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
    年齢:24歳
    現在の市場価値:765万ポンド(およそ11.016億円)
    上昇率:800,0 %
    上昇額:680万ポンド(およそ9.792億円)

    28位:マルテン・デ・ローン(ミドルズブラ)
    年齢:25歳
    現在の市場価値:850万ポンド(およそ12.24億円)
    上昇率:400,0 %
    上昇額:680万ポンド(およそ9.792億円)

    28位:ボルハ・バストン(スウォンジー)
    年齢:24歳
    現在の市場価値:850万ポンド(およそ12.24億円)
    上昇率:400,0 %
    上昇額:680万ポンド(およそ9.792億円)

    27位:オディオン・イグアロ(ワトフォード)
    年齢:27歳
    現在の市場価値:1020万ポンド(およそ14.688億円)
    上昇率:200,0 %
    上昇額:680万ポンド(およそ9.792億円)

    26位:ディディエ・エンドング(サンダーランド)
    年齢:22歳
    現在の市場価値:850万ポンド(およそ12.24億円)
    上昇率:700,0 %
    上昇額:744万ポンド(およそ10.7136億円)

    25位:ケレチ・イヘアナチョ(マンチェスター・シティ)
    年齢:20歳
    現在の市場価値:850万ポンド(およそ12.24億円)
    上昇率:1.233,3 %
    上昇額:786万ポンド(およそ11.3184億円)

    24位:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
    年齢:19歳
    現在の市場価値:850万ポンド(およそ12.24億円)
    上昇率:-
    上昇額:850万ポンド(およそ12.24億円)

    23位:ヤニック・ボラジー(エヴァートン)
    年齢:27歳
    現在の市場価値:1700万ポンド(およそ24.48億円)
    上昇率:100,0 %
    上昇額:850万ポンド(およそ12.24億円)

    22位:ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
    年齢:22歳
    現在の市場価値:2975万ポンド(およそ42.84億円)
    上昇率:40,0 %
    上昇額:850万ポンド(およそ12.24億円)

    21位:ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
    年齢:26歳
    現在の市場価値:3400万ポンド(およそ48.96億円)
    上昇率:33,3 %
    上昇額:850万ポンド(およそ12.24億円)



    20位:メスト・エジル(アーセナル)
    年齢:28歳
    現在の市場価値:4250万ポンド(およそ61.2億円)
    上昇率:25,0 %
    上昇額:850万ポンド(およそ12.24億円)

    19位:ソフィアヌ・ブファル(サウサンプトン)
    年齢:23歳
    現在の市場価値:1275万ポンド(およそ18.36億円)
    上昇率:233,3 %
    上昇額:893万ポンド(およそ12.8592億円)

    18位:ルーカス・ペレス(アーセナル)
    年齢:28歳
    現在の市場価値:1445万ポンド(およそ20.808億円)
    上昇率:183,3 %
    上昇額:935万ポンド(およそ13.464億円)

    17位:イスラム・スリマニ(レスター)
    年齢:28歳
    現在の市場価値:2125万ポンド(およそ30.6億円)
    上昇率:92,3 %
    上昇額:1020万ポンド(およそ14.688億円)

    16位:トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)
    年齢:27歳
    現在の市場価値:2295万ポンド(およそ33.048億円)
    上昇率:80,0 %
    上昇額:1020万ポンド(およそ14.688億円)

    15位:サディオ・マネ(リヴァプール)
    年齢:24歳
    現在の市場価値:2550万ポンド(およそ36.72億円)
    上昇率:66,7 %
    上昇額:1020万ポンド(およそ14.688億円)

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ