サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年10月

    1: Egg ★ 2016/10/31(月) 19:57:34.40 ID:CAP_USER9

    Cq0yJc9UsAAkzwr

     
    練習で直接FKを決めた本田 その一撃から決勝弾のボナベントゥーラは着想を得る
     
    ACミランの日本代表FW本田圭佑は30日の本拠地ペスカーラ戦で出番なしに終わったが、
    練習場で見せた一撃が評価され、イタリア地元紙によりこの試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」(MOM)の1人として異例の“選出”をされている。

    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「マン・オブ・ザ・マッチはボナベントゥーラ、ロナウジーニョと……本田のコンビ」と特集している。

    後半4分、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが勝負を決めた。ゴール中央左のFKの場面で、
    相手の壁が飛んだ下を射抜く技ありのシュートで、ゴール左隅に決勝点を決めた。この直接FKについて、記事ではこう評している。

    「これが学校ならカンニング組として嫌われたかもしれないが、ピッチでは幸い違う。
    隣の宿題を盗み見ることは、向上の助けによくなるものだ。ジャック・ボナべントゥーラはよく観察していた。そして記憶し、実践に移した」

    ボナベントゥーラは練習場で同僚のプレーから値千金の一撃の着想を得たという。誰のプレーなのか。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が舞台裏を明かす。

    「数日前に守備のセットプレー練習で、本田が相手チームになり、出し抜いたやり方でFKを決めた。明らかにジャックはそれ(本田のFK)を覚えていた」

    「本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった」

    試合後のテレビインタビューで指揮官はこう語った。レギュラー組の守備練習において、前節ジェノア戦で今季初先発ながら背信パフォーマンスで0-3敗戦の戦犯となった本田は、
    ペスカーラ選手の役を担った。本田が練習で見せた直接FKは、ボナベントゥーラが放った一撃のように壁の足下を射抜くものだったという。

    本田はこの日出番を与えられなかったが、チームの勝利には寄与したという。記事では皮肉交じりに本田の働きに言及しつつ、一方で“結果が重要”と称賛している。

    「見事な間接的貢献。それなのにケイスケを不要と言う人はいる。何はともあれ、本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった。
    シニョーリも壁の下を通すことに長けていた。結果が重要なのだ。ジャックのFKで勝ち点3を得た。3位はいい香りがする」

    かつてミランで活躍したブラジル代表のファンタジスタ、ロナウジーニョ、そして元イタリア代表の左利きの名手ジュゼッペ・シニョーリも低空FKを得意としていたという。
    試合のピッチで今季目立った貢献のない背番号10は、今季「練習場だけのサムライ」と揶揄されていた。ユニフォームの販売枚数以外でも、好調ミランの勝ち点3に黒子役として本田は貢献したと地元メディアも認めている。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010018-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/10/31(月) 19:38:13.94 ID:CAP_USER9



     レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が行った投票で、世界最高のDFに輝いた。30日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

     アンケートを行った『フランス・フットボール』は、バロンドール(年間世界最優秀選手賞)を主宰する専門誌。今回行った投票は、欧州のビッグクラブで活躍する16名のDFを対象に実施された。

     見事1位に輝いたのはS・ラモスで、得票率は18パーセント。2位には得票率16パーセントでパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、続いてバイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングとユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが続いた。

     昨シーズンのFIFAバロンドール投票でDF登録選手中トップの14位だったバルセロナのアルゼンチン代表ハビエル・マスチェラーノは得票率わずか2パーセントにとどまった。なお、今回のバロンドール候補30名には、DF陣からS・ラモス、T・シウヴァ、ユヴェントスのブラジル代表DFダニエウ・アウヴェス、レアル・マドリードの同代表DFマルセロの4名が選ばれている。

    ■『フランス・フットボール』誌が行った投票による世界のDFランクトップ10
    (得票率、カッコ内は所属クラブ)

    1位 18% セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    2位 16% チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン)
    3位 10% ジェローム・ボアテング(バイエルン)
    3位 10% レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
    4位  8% ローラン・コシェルニー(アーセナル)
    5位  6% ペペ(レアル・マドリード)
    5位  6% ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリード)
    5位  6% ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
    8位  5% ジェラール・ピケ(バルセロナ)
    9位  4% マッツ・フンメルス(バイエルン)
    10位 2% アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
    10位 2% マルセロ(レアル・マドリード)
    10位 2% ダヴィド・アラバ(バイエルン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509979-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/10/31(月) 18:15:02.27 ID:CAP_USER9


    今週のプレミアムゴールは、プレミアリーグ第10節クリスタルパレス対リヴァプールの前半33分に決まった、ジェームズ・マッカーサーのゴール!

    4-2の派手な打ち合いを制したのは、アウェーのリヴァプールだった。計6ゴールのうち、4ゴールがヘディングから生まれた空中乱打戦。その中で特に印象的なヘディングは、前半33分に一時2-2の同点に追いついた、クリスタルパレスのマッカーサーのゴールだ。

    右サイドのペナルティーエリア角で、ザハがボールを持った場面。対峙したDFモレーノは、ボールとゴールを結ぶ線上に立ち、縦に抜かれることを警戒して体勢を作っていた。この状況では、縦に勝負したり、あるいは低いインサイドキックでゴールライン側から巻き、GKの手前を通過するクロスなどは蹴りづらい。

    そこでザハは、抜き切らず、縦方向とは反対側をふわりと浮かせて通過する、スライスクロスを選択。

    クロスの高さは絶妙だったが、バックスピンがかかって滞空時間の長いボールなので、合わせる側も、タイミングを取るのが難しい。しかし、マッカーサーは、DFマティプのマークから離れてロブレンの背後に暗躍しつつ、絶妙なタイミングで前に出て、ジャンプ。その最高点を難しいクロスにぴたりと合わせ、頭を振ってボールを叩く。見事なゴールだった。

    もっとも、クリスタルパレスのフィニッシュの質だけではなく、リヴァプールの守備に、トップレベルとは言えないミスが重なったのも事実だろう。

    起点となったのはFKから放り込まれたロングボールだったが、まずはエムレ・ジャンによる、クリアともパスとも言い切れない中途半端なルーズボールの処理。それにもかかわらず、DF陣はうかつにディフェンスラインを押し上げ、再び放り込まれたボールに対して競り合いで後手に回ってしまった。

    サイドへ展開されると、突破力のあるザハに対して、モレーノは寄せ切れず、ノープレッシャーでクロスを上げさせてしまった。そのことが、ザハの精度の高いクロスにつながり、マッカーサーともタイミングを合わせやすくなった。また、中央でも、外にふくらむベンテケに交差して走ってきたマッカーサーに対し、ロブレンの反応が間に合わず。

    1失点目は、ロブレンのコントロールミスという"大きなミス"が原因で喫した形だが、この2失点目は、選手各人が"小さなミス"を積み重ねることで喫した。

    大きなミスは反省しやすいが、小さなミスの場合、得てして放置されがちだ。今は首位と勝ち点が並び、好調のリヴァプールだが、このようなダムに付けられた小さな傷跡が、いずれ大きな決壊につながらないように願う。

    http://www.jsports.co.jp/press/article/N2016102616374202_2.html

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2016/10/31(月) 13:49:16.74 ID:CAP_USER9
    ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、またゴールを決めた。

    バロテッリは30日に行われたリーグ・アン第11節ナント戦に先発出場。開始早々の9分に味方のゴールを演出し、上々のスタートを切る。
    すると27分には自らが追加点となるゴールを決めてスコアシートに名を刻んだ。

    自陣からのロングボールに反応したバロテッリは、最終ラインの裏に抜けて独走。
    ドリブルでエリア内に進入し、相手GKの動きを見て冷静にゴール右隅へ流し込んだ。
    同選手の活躍もあり最終的にニースは4-1でナントを撃破している。

    今シーズンからニースでプレーするバロテッリは、リーグ戦5試合で6ゴールとハイペースで得点を量産している。
    リヴァプールや昨シーズンに復帰したミランでは印象的な活躍を残せなかったが、初挑戦となったフランスで本調子を取り戻しつつある。

    ナントに勝利したニースはこれで6連勝となり、第11節を終えて9勝2分け無敗の勝ち点29とした。
    2位モナコ、3位パリ・サンジェルマンには早くも6ポイント差を付けており、独走態勢を築きつつある。
    次戦は11月3日にUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第4節でFW南野拓実が所属するザルツブルクと対戦する予定だ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509695-soccerk-socc
    SOCCER KING 10/31(月) 12:11配信

    no title


    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/fra/fra-10927035.html
    試合スコア

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
    順位表

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: 動物園φ ★2016/10/31(月) 10:09:11.45 ID:CAP_USER9
    レスター岡崎2戦連続で先発「偉大な選手」監督絶賛

    日刊スポーツ 10/31(月) 10:02配信

    トットナム戦でワニャマ(右)と激しく競り合うレスター岡崎(撮影・PIKO)
    no title


    <プレミアリーグ:トットナム1-1レスター>◇29日◇ロンドン

     レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司(30)は、1-1で引き分けたトットナム戦に2試合連続で先発した。2戦連発とはならなかったが、持ち前の運動量で攻守に貢献した。

     岡崎が豊富な運動量でラニエリ監督からの信頼を取り戻した。相手の守備的MFをマークする指示を受け、積極的に前線からのプレスを敢行した。「五分五分くらいで戦えた。うまくやっていたかなと」と納得。ラニエリ監督は「シンジはとても偉大な選手だ。彼のハードワークは相手の脅威となっていた」と絶賛。さらに「私は偉大な2人の選手、シンジとカンテ(現チェルシー)を失っていたことを痛感した。だが、今は1人いる」。名将に自身の存在価値を認めさせた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01731676-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/10/31(月) 03:39:07.86 ID:CAP_USER9



    ブンデスリーガ第9節が30日に行われ、FW大迫勇也所属のケルンと日本代表DF酒井高徳所属のハンブルガーSVが対戦した。

     ケルンはここまで4勝3分け1敗と好調。対するハンブルガーSVは未だ白星がなく、2分け6敗で最下位に沈んでいる。大迫はリーグ戦8試合連続で先発に名を連ね、左サイドに入った。一方の酒井はボランチの位置でリーグ3試合ぶりに先発し、日本人対決が実現している。

     序盤はハンブルガーSVがやや押し気味に進めながらも、最後のところでパス精度を欠くなど、チャンスを活かすことができない。

     一方のケルンは34分、右サイドからの折り返しをエリア手前中央の大迫が右足ダイレクトで狙ったが、このシュートはDFにブロックされた。

     ケルンに最大のチャンスが訪れたのは41分。左サイド深くでボールを持った大迫がドリブルを仕掛けてエリア内に侵入すると、DFに倒されてPKを獲得。しかし、キッカーを務めたアントニー・モデストがこれを左ポストに当ててしまい、先制点とはならなかった。

     このまま0-0で前半を折り返す。

     後半に入り55分、ケルンはアルチョムス・ルドニェスフに代えてシモン・ツォラーを投入。ツォラーが左サイドに入り、大迫が最前線にポジションを移した。

     この交代直後の57分、ハンブルガーSVのボビー・ウッドがボールとは関係のないところでドミニク・ハインツに肘打ちを見舞い、一発退場となった。

     すると数的優位に立ったケルンが61分に試合を動かす。左サイドのツォラーが右足で低い弾道のクロスを入れると、走り込んだモデストがわずかに触れたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれ、先制点となった。

     リードを得たケルンは72分、高い位置でルーズボールを拾った大迫がディフェンスラインの裏に絶妙な浮き球のパスを通す。抜け出したモデストが胸トラップから右足ボレーで狙ったが、シュートはわずかにゴール左へ逸れた。

     決定機を逃したケルンだったが82分、右サイドからマルセル・リッセが上げた鋭いクロスをニアサイドに走り込んだモデストがヘディングで合わせて貴重な追加点をマーク。さらに86分、浮き球のパスでエリア内に抜け出したモデストがGKの股下を抜くシュートを決めてハットトリック達成。ケルンのリードが3点に広がった。

     試合はこのまま3-0で終了。好調ケルンがエースのハットトリックでハンブルガーSVに快勝した。なお、大迫と酒井はともにフル出場している。

     11月5日に行われる次節、ケルンは敵地で日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトと、ハンブルガーSVはホームで同MF香川真司所属のドルトムントと対戦する。

    【スコア】
    ケルン 3-0 ハンブルガーSV

    【得点者】
    1-0 61分 アントニー・モデスト(ケルン)
    2-0 82分 アントニー・モデスト(ケルン)
    3-0 86分 アントニー・モデスト(ケルン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509599-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★2016/10/31(月) 06:48:56.51 ID:CAP_USER9
    セリエA第11節が30日に行われ、サンプドリアと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。

    サンプドリアは15位、インテルは10位とともにシーズン序盤で苦戦を強いられているチーム同士の対戦。
    前節、リーグ戦5試合ぶりの白星を手にしたインテルはマウロ・イカルディやアントニオ・カンドレーヴァらが起用され、長友はベンチスタートとなった。

    立ち上がりに試合の主導権を握ったのはサンプドリアだった。
    8分、前線で縦パスを受けたエドガル・バレートがこれをスルーし、抜け出したファビオ・クアリャレッラがエリア内右から右足で狙う。
    だが、このシュートは惜しくも枠の左へ逸れた。

    続く13分、エリア手前中央のブルーノ・フェルナンデスがエリア内左へスルーパスを通すと、フリーで受けたルイス・ムリエルが左足でシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。3
    0分には右CKにニアサイドのバレートがボレーで合わせたが、ここは右ポストを叩いた。

    対するインテルは39分、スルーパスで抜け出したマルセロ・ブロゾヴィッチがエリア内でDFをかわして左足を振り抜く。しかし、シュートはクロスバーの上をかすめた。

    直後の40分にはカウンターを仕掛け、エデルが左サイドをドリブル突破。ニアサイドに鋭いクロスを入れると、飛び込んだイカルディが胸で合わせたが、わずかにゴール左へ逸れた。

    すると、徐々にインテルに流れが傾く中で迎えた44分、サンプドリアが先制点を奪う。
    B・フェルナンデスからパスを受けたエリア内左のカルロ・リネッティがファーストタッチで中央へコントロール。
    このボールに反応したクアリャレッラが左足ダイレクトでゴール右下にシュートを沈めた。

    このままサンプドリアの1点リードで前半を折り返す。

    後半に入り67分、インテルはエリア内右からブロゾヴィッチが上げたクロスがゴール前でフリーとなったイカルディのもとへ。
    しかしヘディングシュートは枠の上に外れ、決定機をモノにすることができなかった。

    追い付きたいインテルは76分、エデルとカンドレーヴァを下げてイヴァン・ペリシッチとロドリゴ・パラシオを投入。
    2枚替えで同点を目指す。

    だが、後半アディショナルタイム2分にパラシオが迎えたビッグチャンスはクロスバーに嫌われゴールならず。
    結局このまま試合終了のホイッスルを迎え、逃げ切ったサンプドリアが勝ち点3を獲得。インテルは早くも今シーズン5敗目となった。

    次節、サンプドリアは11月6日に敵地でフィオレンティーナと、インテルは同日にホームでクロトーネと対戦する。

    【スコア】
    サンプドリア 1-0 インテル

    【得点者】
    1-0 44分 ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00509601-soccerk-socc
    SOCCER KING 10/31(月) 6:42配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931268.html
    試合スコア

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/10/31(月) 08:48:01.41 ID:CAP_USER9
    no title

     
    ミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間30日に行われたセリエA第11節のペスカーラ戦に出場することはできなかったが、隠れた形でチームの勝利に貢献していた。
    30日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

    前節ジェノア戦で今季初先発のチャンスを与えられた本田だが、失点に絡むミスを犯してしまうなど、アピールは成功せず。
    再びベンチに戻ったペスカーラ戦では出場機会を得ることができなかった。
    試合は、MFジャコモ・ボナベントゥーラが直接フリーキックから決めた1点が決勝点となり、ミランが1-0で勝利が収めている。

    そのボナベントゥーラのFKは、壁の下を抜いて相手の意表を突くものだったが、本田が練習中に見せたキックが“お手本“になっていたのだという。
    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は試合後に、「今週の守備の練習中に、本田にああいう形のFKを決められていた。ジャック(ボナベントゥーラ)はそれを覚えていたのだろう」と話している。

    この勝利でナポリを抜いて再び3位に浮上したミランは、次節はアウェイでパレルモと対戦する。
    厳しいポジション争いを強いられている本田だが、もう一度練習からアピールを続けて出場機会をもぎ取りたいところだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 10/31(月) 7:20配信

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/10/30(日) 20:30:32.90 ID:CAP_USER9
    469718110-500x352


    29日のリーガエスパニョーラ第10節、レアル・マドリーはアウェーでのアラベス戦に4?1で勝利した。MFマテオ・コバチッチは試合後、アウェーでの勝ち点3獲得に満足感を表している。

    スペイン『マルカ』がクロアチア代表MFのコメントを伝えた。

    「アウェーでの難しい試合だった。重要なのは勝ち点3を獲得したこと、誰が得点を決めたなど関係なく、勝ったことなんだよ。僕たちは4試合連続ドローを経験した後、4~5試合連続で勝利を重ねている。今の調子を維持しなくてはね」

    この試合では、67分にFWカリム・ベンゼマとの交代で出場したFWアルバロ・モラタが、4試合連続となる得点を記録。ジダン監督がMFガレス・ベイル、FWクリスティアーノ・ロナウドとともにアンタッチャブルであると公言しているベンゼマよりも、モラタがレギュラーを務めるべきとの声も高まっている。

    この件に関して問われたコバチッチは、どちらもレギュラーに値する選手との見解を述べた。

    「モラタは素晴らしかったし、レギュラーとなるにふさわしい。本当に良い選手で、出場すれば得点を決めているね。でも、ベンゼマも同様にレギュラーに値するんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000019-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ