1: 砂漠のマスカレード  2016/06/30(木) 06:09:48.77 ID:CAP_USER9
「サッカー・国際親善試合、U23日本4-1U23南アフリカ」(29日、松本平広域公園総合球技場)

リオ五輪に出場するU-23日本代表はU-23南アフリカ代表に4-1で快勝した。
リオ五輪前の国内最終戦を勝利で終え、7月1日に五輪代表メンバーが発表される。

五輪メンバー発表を控えた最後の一戦で4得点を奪う快勝劇。
手倉森監督は「結果は晴れ晴れしているが、自分の気持ちだけが晴れない」と、うれしい悩みを口にした。
負傷からの復帰組を中心したメンバー構成で挑み、「みんな申し分なく期待に応えてくれた」と振り返った。

五輪メンバーはわずか18人。興梠、塩谷、藤春のオーバーエージ(OA)枠3人が決定し、久保、南野の欧州組も当確。
GK2人や植田、遠藤、大島、矢島、浅野らも選出確実で、負傷からの回復待ちの岩波も有力。
この日は当落線上だった中島や室屋がアピールに成功。残された枠はほとんどなく、
南アフリカ戦に招集された選手の半数以上が落選する狭き門となる。

「最後まで正しい競争があった。ハイレベルのグループになるかな」と総括した。
サプライズが起こる可能性は低く「ここに来て僕が大きく悩むとは思わなかった。
それがサプライズ」。指揮官の笑顔が手応えを物語っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000002-dal-socc
デイリースポーツ 6月30日(木)5時0分配信

no title

続きを読む