サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年01月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 02:14:17.38 ID:CAP_USER*.net
    マンチェスター・ユナイテッド 2-1 スウォンジー・シティ

        1 - 0   48 マルシャル  
        1 - 1   71 シグルズソン
        2 - 1   77 ルーニー  

    http://www.bbc.com/sport/0/football/35180113

    2日に行われたプレミアリーグ第20節、マンチェスター・ユナイテッド対スウォンジー・シティの一戦は、2-1でホームのユナイテッドが勝利した。

    前節チェルシー戦で連敗こそ止めたものの、公式戦8試合で白星から遠ざかっているユナイテッドは、チェルシー戦から1人だけメンバーを入れ替え。
    ダルミアンに代えてジョーンズを起用する。

    立ち上がりの25秒でシュネデランが惜しい場面を迎えたユナイテッドは、序盤にポゼッションで圧倒するも、バイタルエリアで危険を与えられない。

    3試合連続クリーンシート中のスウォンジーを相手に、なかなか得点チャンスをつくれなかったユナイテッドだったが、
    21分にヤングの右クロスが流れてファーのルーニーに届く好機。だが、トラップが乱れてシュートまで時間がかかり、ボールはサイドネットの外側を揺らす。

    一方で、31分にはユナイテッドに冷や汗。シュネデランがクロスをクリアすると、ボールは自身の手に当たったが、PKにはならなかった。
    このプレーがきっかけか、その後も何度か両チームに微妙なハンドがあったが、主審の笛は鳴らない。

    ユナイテッドは前半途中から右サイドのヤングを武器に打開を図る。
    特に36分には、ルーニーのサイドチェンジを完璧なトラップで止めたヤングのクロスに、再び飛び込んだルーニーが頭で合わせたが、DFに当たってゴールには至らなかった。

    スコアレスで前半を終えたユナイテッドは、後半から負傷した様子のジョーンズに代えてダルミアンを投入。
    前半同様、後半も開始17秒でルーニーの惜しいシュートシーンに持ち込むと、47分に待望の先制点を奪う。ヤングのクロスにフリーのマーシャルが頭で合わせ、今季5点目を挙げた。

    ビハインドを背負ったスウォンジーは、64分にシグルズソンのクロスにアイェウが頭で合わせるが、シュートはポストを直撃。こぼれ球を拾ったランヘルが、
    後ろからダルミアンに押されたとして倒れるが、PKはもらえず、逆にシミュレーションでイエローカードを出された。

    だが、ユナイテッド相手にプレミアリーグでここ3試合連勝中のスウォンジーは、71分に同点に追いつく。
    バロウが右サイドからクロスを入れると、シグルズソンが頭で合わせ、ボールはデ・ヘアの頭上を越えてゴールに沈んだ。

    追いつかれてからも不安定なプレーがみられ、嫌な流れだったユナイテッドだったが、77分に追加点。
    左サイドをマーシャルが突破すると、これをルーニーがバックヒールで流し込む。ルーニーはリーグ歴代2位となる188得点目。クラブレコードでも歴代2位となる通算238得点目となった。

    勝ち越したものの、攻撃の軸を担っていたヤングが負傷でマクネアと交代したユナイテッドは、
    82分に2枚替えでゴミスとモンテーロを投入したスウォンジーに最後まで苦しめられる。

    だが、アディショナルタイムのピンチもデ・ヘアのファインセーブでしのぎ、ラストプレーとなったスウォンジーのセットプレーでも、ファビアンスキのヘッドが枠をとらえず、
    ユナイテッドは何とか逃げ切り。11月21日以来となるリーグ7試合ぶり、公式戦9試合ぶりの勝利を収めた。

    GOAL 1月3日(日)2時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000021-goal-socc

    写真
    no title



    【サッカー】ファン・ハール監督がついに認めた! 「チチャリート放出は間違いだった」©2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451750159/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 06:19:15.16 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    宇佐美がG大阪に残留する方向であることが分かった。ドイツ、フランス、スペインなど各国クラブで補強リストに入っていた。

    だが、現時点で本人が希望するクラブからオファーは届いていないという。欧州各国の移籍期間が終了するのは今月末で、時間は限られてきた。

    クラブ関係者は「彼が移籍したいと思うクラブからは話が来ていない。この冬は残留して(今年の)夏に挑戦する方向のようだ」と説明した。

    G大阪ユース史上最高傑作と呼ばれたFWは、11年途中でドイツの強豪Bミュンヘンへ移籍。
    1年でホッフェンハイムへ渡ったが、出場機会に恵まれず13年夏に古巣G大阪に復帰していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000007-nksports-socc
    日刊スポーツ 1月3日(日)6時11分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000007-nksports-socc.view-000
    G大阪FW宇佐美

    続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2016/01/03(日) 00:51:32.45 ID:G4Q4Wjhv0.net
    no title


    現在のベスト16
    星稜(石川)
    中京大中京(愛知)
    各務原(岐阜)
    明徳義塾(高知)
    松山工(愛媛)
    駒沢大高(東京B)
    東福岡(福岡)
    市立船橋(千葉)
    桐光学園(神奈川)
    青森山田(青森)
    矢板中央(栃木)
    富山第一(富山)
    神戸弘陵学園(兵庫)
    國學院久我山(東京A)
    帝京第三(山梨)
    前橋育英(群馬)

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 01:56:01.68 ID:CAP_USER*.net
    プレミアリーグ第20節が2日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとボーンマスが対戦した。

    2015年最終戦でマンチェスター・Cと引き分けたレスターは、アーセナルに勝ち点で並ばれると、
    得失点差で下回り、首位の座を明け渡して2016年を迎えた。ここ2試合白星から遠ざかっており、
    ホームで3戦ぶりの勝利を狙う。岡崎は2試合連続でベンチスタートとなった。

    一方、16位ボーンマスは残留に向け、なんとか勝ち点を持ち帰りたいところ。

    最初のチャンスはレスター。10分、左からマーク・オルブライトンがアーリークロスを上げると、
    ファーサイドのリヤド・マフレズがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

    対するボーンマスも14分に決定機を迎える。
    右からのクロスをエリア内左のジュニア・スタニスラスが頭で折り返すと、
    ゴール前でフリーとなっていたジョシュア・キングがヘディングで狙ったが、うまくミートできずにシュートは枠の右に逸れた。

    26分、レスターはエリア手前で浮き球をコントロールしたレオナルド・ウジョアが右足ボレー。
    これがDFに当たってエリア内にこぼれると、うまくトラップしたジェイミー・ヴァーディが飛び出したGKの位置を見て右足で狙ったが、シュートは左ポストを直撃した。

    試合はスコアレスのまま前半を折り返す。

    後半に入り57分、カウンターからヴァーディがスルーパスに抜けだすと、DFサイモン・フランシスがエリア内で後からスライディング。
    主審はこのプレーをファールと判定し、フランシスにはレッドカードが提示された。

    しかし59分、マフレズが蹴ったPKをGKアルトゥール・ボルツが完全に読み切りストップ。ボーンマスは数的不利に立たされたものの、失点は免れた。

    レスターは65分、オルブライトンに代えて岡崎をピッチに送り出す。
    すると74分、クロスボールのこぼれ球に反応した岡崎がエリア内左から左足のハーフボレーで狙ったが、シュートはゴール右に外れてしまった。

    終盤は1人多いレスターが敵陣に押し込む時間が続いたが得点は生まれず、試合はスコアレスドローに終わった。

    次節、レスターは13日に敵地でトッテナムと、ボーンマスは12日にホームでウェストハムと対戦する。

    SOCCER KING 1月3日(日)1時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00385958-soccerk-socc

    【スコア】
    レスター 0-0 ボーンマス
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784741
    http://www.bbc.com/sport/0/football/35180344

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 23:55:37.69 ID:CAP_USER*.net
    スコティッシュ・プレミアリーグ(スコットランド1部)第22節が現地時間の2日に行なわれ、
    元日本代表GK川島永嗣が所属するダンディー・ユナイテッドはダンディーとのダービーマッチを戦った。

    川島は昨季限りでベルギー1部のスタンダール・リエージュを退団し
    今季は無所属状態が続いていた。この試合で先発出場を果たし、ダンディー・Uデビューを果たす。

    ダンディー・Uは15分にスピッタルのゴールで先制するも、41分に川島が痛恨のミスを犯してしまう。
    ハイボール処理を誤りボールをこぼすと、セカンドボールをFWヘミングがボレーシュートを叩き込んだ。

    続く62分にはロスに逆転ゴールを決められてしまう。

    試合終了間際にはダンディー・Uのデメルが退場となり10人の戦いを強いられると、そのまま1-2で試合は終了した。
    1年ぶりとなるクラブサッカーでの出場を果たした川島だが、デビュー戦は苦い敗戦となってしまった。

    【得点者】
    15分 0-1 スピッタル(ダンディー・ユナイテッド)
    41分 1-1 ヘミングス(ダンディー)
    62分 2-1 ロス(ダンディー)

    フットボールチャンネル 1月2日(土)23時29分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010021-footballc-socc

    写真
    no title


    スカイスポーツ
    http://www.skysports.com/football/dundee-vs-dundee-u/342197

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 00:01:27.61 ID:CAP_USER*.net

    CSS1ClzUsAAAq61

     
    ウェストハム 2 - 0 リヴァプール

         1 - 0   10 アントニオ
         2 - 0   55 キャロル'  

    http://www.eurosport.com/football/premier-league/2015-2016/west-ham-united--liverpool_mtc779742/live.shtml


    2日に行われたプレミアリーグ第20節、ウェスト・ハム対リヴァプールの一戦は、ホームのウェスト・ハムが2-0で勝利している。

    リヴァプールのクロップ監督は前節サンダーランド戦の先発メンバーから数人を入れ替えてウェスト・ハム戦に臨む。
    ララナとヘンダーソンが外れ、代わりにアイブとルーカスが入った。一方のウェスト・ハムは復帰に近づくパイェがベンチで出番を待つ。

    リヴァプールは3分にアイブがミドルレンジから鋭いシュートを放つなど、開始早々から積極的な姿勢を示す。
    小気味良いパスワークに加え、中盤ではルーカスとエムレ・カンが尽くセカンドボールを拾い、相手の攻撃の芽を摘む。

    だが、先制したのはホームのウェスト・ハムだった。10分、自陣のゴール近くでアントニオが激しいスライディングタックルを浴びせてモレノからボールを奪うと、
    そこから一気にカウンターへ。最後はバレンシアのクロスにアントニオが身を投げ出してヘディングを叩き、GKミニョレを破った。

    攻勢を強めるウェスト・ハムは、16分にもランシニのシュートがポストに直撃。完全に試合の主導権を掌握する。
    38分には、そのランシニが負傷交代を余儀なくされるも、ビリッチ監督はすかさずオビアングを投入してチームの穴を防いだ

    リヴァプールは前半のアディショナルタイムにエムレ・カンのシュートがバーに当たる。運にも見放され、1点ビハインドで後半の巻き返しに賭ける。

    早く同点に追いつきたいリヴァプールだが、前半同様後半も立ち上がりに失点を喫する。
    55分、左サイドを破られてノーブルにクロスを許すと、これをファーサイドで待ち構えていたキャロルがヘディングで合わせて古巣からゴールを奪った。

    2点差となったことでクロップ監督は61分にララナとスミスを投入。対するビリッチ監督は64分にバレンシアを下げ、ついにパイェをピッチに送り込む。
    アップトンパークに詰めかけた観客からは11月以来の実戦復帰を果たした背番号27に大きな拍手が送られている。

    リヴァプールは猛攻を仕掛けるものの、ファイナルサードで精度を欠く。2連勝で年越しを迎えていたチームだが、2016年を黒星でスタートさせることになった。

    GOAL 1月2日(土)23時43分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000016-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 23:00:40.42 ID:CAP_USER*.net
    ラージョ戦に続いてレアルに有利な笛

    前節のラージョ戦に続いてレアル・ソシエダード戦も勝利したレアル・マドリードだが、その内容は悪い。
    ラージョ戦では10得点と攻撃陣が爆発したが、相手は2人も退場処分となっており、
    単純にレアルの攻撃力を褒めるわけにはいかない。

    さらに今回のソシエダード戦でも疑惑のPKが2本もあり、これがなけれが結果がどうなっていたかは分からない。
    スペイン紙『マルカ』によると、ソシエダードのホキン・アペリバイ会長は主審の笛がおかしいと不満を述べており、
    レアルのPKが認められるならジョナタンとユーリ・ベルチチェが倒れたのもPKと取るべきと
    判定基準がおかしいとの意見だ。

    確かにレアルのPKはカリム・ベンゼマが相手選手に少し押されたものと、クロスをブロックしようと
    体を投げ出したソシエダードの選手の手に偶然当たったもので、PKと判定するには厳しすぎる。
    ソシエダードの選手たちは必死に主審に詰め寄っていたが、これは前節のラージョ戦でも見られた光景だ。

    この2試合は共にレアルのホームであるサンティアゴ・ベルナベウで行われており、
    少々ホームアドバンテージがきつすぎないかと疑問の声も挙がっている。ラファエル・ベニテスは
    勝ち点3を拾う最低限のミッションは達成したが、ホームで何か特別な力が働いていたのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00010033-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 14:28:36.37 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    同じ言葉を3度繰り返した。2年ぶりに元日に行われた天皇杯決勝。4万3809人が詰めかけた
    味の素スタジアムで浦和レッズを2対1で振り切り、連覇を達成した試合後の取材エリア。
    来シーズンの去就を問われたガンバ大阪のFW宇佐美貴史は、「ノーコメント」を3連発した。
    もっとも、すべての「ノーコメント」で表情とニュアンス、そしてトーンが異なっていた。

    ――来シーズンに関してはどのような考えなのでしょうか。
     数秒の沈黙の後に「ノーコメントでお願いします」と返した宇佐美だったが、心なしか「ノー」の部分の
    語気をやや強めている。この場では話しません、という意思表示にも聞こえたなかで、すかさず次の質問が飛ぶ。

    ――まだ決まっていないのか、あるいはこれから考えるのでしょうか。
     今度は苦笑いしながら「ノーコメントでお願いします」と、懇願するように言葉を返した。
    取材者を見つめる姿からは、察してくださいよ、という本音が透けて見えた。

    ――それでも、自分のなかではもう決めているのでしょうか。
     最後は間髪入れずに「ノーコメントです、もう。はい、すみません」と、去就に関する質問を終わりにしてほしい
    とばかりに頭を下げた。

    シーズンが終わりに差しかかった段階で、宇佐美に対してヨーロッパの複数のクラブが興味を示しているという報道が飛び交った。
    具体的な動きを見せたのはブンデスリーガのシュツットガルト。ドイツ国内で「宇佐美獲得へ動き出す」と
    報じられたのは昨年11月上旬。実際に同22日に行われたモンテディオ山形とのセカンドステージ最終戦を、
    スカウト担当のギド・ブッフバルト氏が視察に訪れている。
    元レッズ監督のブッフバルト氏は宇佐美に対して高い評価を与えたが、その後の具体的な動きは
    報じられていない。同じくブンデスリーガのブレーメン、フランスリーグの強豪マルセイユ、オランダの
    名門PSVの名前もあがったが、シュツットガルトと同じ状況が続いたまま年を越した。
    宇佐美は2011年夏に、ブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンへ移籍。大きな注目を集めたが、
    ワールドクラスのスター選手たちが繰り広げる、弱肉強食の競争のなかにすら加わることができず、1シーズンで戦力外通告を受けた。
    本人の強い希望で挑戦を1年延長。ホッフェンハイムへ新天地を求めたが、シーズン終盤になると
    出場機会が激減。シーズン閉幕を待たずに、2度目の戦力外通告を受けた。
    バイエルン・ミュンヘンとホッフェンハイムへは、ガンバからの期限付き移籍という形だった。
    宇佐美の心のなかには納得できない部分があったが、ガンバから期限付き移籍の再延長はないと
    通告を受けたことで、2013年5月にガンバ復帰を決めている。
    半ば強引に宇佐美を呼び戻した当時の背景を、ガンバの梶居勝志強化本部長はこう語ったことがある。
    「ドイツでの2年間の下積みで得たものを、さらにパワーアップさせるためのリセット。まだ21歳ですから」
    宇佐美自身も、当時はJ2を戦っていたガンバでの復帰をこう位置づけていた。
    「ヨーロッパという選択肢も、もちろんありました。ヨーロッパでもう1年やるほうがいいのか、ガンバに戻って
    力を蓄え直すほうがいいのか。すごく悩みましたけど、どちらが選手としてより大きくなれるのかを考えたときに、
    人はそれぞれ考え方があると思いますけど、自分はガンバでもう一度やり直した方がいいという結論に達しました。
    自分にとっては、日本に帰るとなったらガンバしかないと常に考えていました。J1にいようが、J2にいようが、
    その下にいようが、自分にとってガンバはガンバ。J2への抵抗はありませんでした」

    その後の軌跡は、あらためて説明するまでもないだろう。2013年シーズンは後半戦だけで、
    出場試合数よりも多い19ゴールをマーク。ガンバの1年でのJ1復帰に大きく貢献した。
    けがで出遅れた2014年シーズンは、夏場から右肩あがりの曲線を描き出した宇佐美のパフォーマンスに
    比例するようにガンバも上昇。2000年シーズンの鹿島アントラーズ以来となるシーズン三冠を独占する原動力になった。
    迎えた今シーズンは、開幕からゴールを量産。疲労が蓄積したシーズン終盤の失速で得点王は逃したものの、
    自己最多の19ゴールをあげて得点ランキングの3位に食い込んだ。
    ガンバはリーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯に加えてACLでも日本勢で最高位となる準決勝へ進出。
    天皇杯決勝で実に年間60試合に達し、宇佐美も念願のA代表デビューを。その後もフルに招集された
    ハリルジャパンでの活動が加わった。疲労が蓄積した理由はここにある。

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 09:37:15.20 ID:CAP_USER*.net
    1月1日の天皇杯決勝でG大阪が2大会連続5度目の優勝を飾り、2015シーズンがようやく幕を閉じた。

    今回は15シーズン総括企画のひとつとして、J1リーグを対象に“ふたつのランキング”を作成。
    ひとつ目は、ゴールと本誌選定アシストを併せた「スコアランキングTop 50」。
    そしてふたつ目は、ゴール関与(ゴール数+アシスト)とチーム総得点から見る「チーム貢献度ランキングTop 50」だ(※ふたつのランキングは、それぞれリーグ戦のデータを基に計算)。

                                 ☆

    「スコアランキング」では、本誌選定アシストも加算しているため、シーズンを通して“より多くゴールに絡んだ選手”が見えてくる。
    当然、ゴール数の多い選手が上位に食い込む傾向にあるが、一方でアシスト能力も兼備した選手が浮かび上がる。

    また「チーム貢献度ランキング」では、チームの総得点のうち、どの程度ゴールに関与したかに応じて“貢献度”を算出した。
    その数字が高ければ高いほど、チームに貢献した証拠であり、裏を返せばいかに不可欠の存在だったかも示している。

    2015年J1リーグ 
    「スコアランキング(ゴール+本誌選定アシスト)Top 50」
    ※所属はJ最終所属

    ■5位タイ:17/武藤雄樹(浦和/FW)
    【13ゴール・4アシスト/32試合】

    ■5位タイ:17/永井謙佑(名古屋/FW)
    【10ゴール・7アシスト/31試合】

    ■4位:19/豊田陽平(鳥栖/FW)
    【16ゴール・3アシスト/29試合】

    ■3位:24/ドウグラス(広島/FW)
    【21ゴール・3アシスト/33試合】

    ■2位:26/宇佐美貴史(G大阪/FW)
    【19ゴール・7アシスト/34試合】

    ■1位:27/大久保嘉人(川崎/FW)
    【23ゴール・4アシスト/32試合】

    >>2以降につづく SOCCER DIGEST Web 1月2日(土)8時57分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010002-sdigestw-socc&p=1

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 10:40:09.65 ID:CAP_USER*.net
     
    『FourFourTwo』は「歴史上最高のサッカーゲームTOP23」という記事を掲載した。
    ATARIが史上初の家庭用マシンを市場に送り出して以来、40年以上歴史を積み重ねてきたテレビゲーム。
    もちろんその中には多くのスポーツゲームが含まれており、サッカーも1つの大きなコンテンツとなっている。
    歴史上最も素晴らしかったサッカーゲームのTOP23とは?

    23位:LMA Manager 2002 / コードマスターズ
    発売:2002年(日本未発売)
    プラットフォーム:プレイステーション2
    http://www.dailymotion.com/video/x75qrw_lma-manager-2002-pal-psxpsp_videogames

    22位:FIFAストリート2012 / EA Sports
    発売:2012年
    プラットフォーム:プレイステーション3
    https://www.youtube.com/watch?v=-1M_AsMj0s4


    https://www.youtube.com/watch?v=R0xK1nB33xs



    21位:Microprose Soccer / マイクロプローズ
    発売:1988年
    プラットフォーム:コモドール64
    https://www.youtube.com/watch?v=CcfFEecaYPc



    20位:Euro Boss / チャレンジ・ソフトウェア
    発売:1991年
    プラットフォーム:コモドール64
    https://www.youtube.com/watch?v=P2lmfbdkZu8



    19位:スーパーフォーメーションサッカー / ヒューマン
    発売:1991年
    プラットフォーム:スーパーファミコン
    https://www.youtube.com/watch?v=8Q66lB8f8x0



    18位:World Championship Soccer 2 / セガ
    発売:1994年
    プラットフォーム:メガドライブ
    https://www.youtube.com/watch?v=wKx083kJk8w



    17位:Emlyn Hughes International Soccer / オーディオジェニック
    発売:1988年
    プラットフォーム:コモドール64
    https://www.youtube.com/watch?v=Y5ZF__T7_K4



    16位:マリオストライカーズ チャージド / 任天堂
    発売:2007年
    プラットフォーム:Wii
    https://www.youtube.com/watch?v=XBinxNwAN5s



    15位:UEFA EURO 2008 / EA Sports
    発売:2008年
    プラットフォーム:Xbox 360、PS3、PS2、PSP、PC
    https://www.youtube.com/watch?v=57GyXKDwfIA



    14位:Top Eleven Football Manager / ノルデウス
    発売:2010年
    プラットフォーム:Facebook, iOS, Android
    https://www.youtube.com/watch?v=Lm-cDrRt2Kg



    13位:バーチャストライカー / セガ
    発売:1994年
    プラットフォーム:アーケード
    https://www.youtube.com/watch?v=G19msOsV5_A


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ