サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年01月

    1: 備長炭Z ★@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 18:08:22.68 ID:CAP_USER*.net

    2016年1月29日(金)21時54分~テレビ朝日で放送の「報道ステーション」より抜粋

    ◆リオ五輪アジア最終予選 あす決勝戦!相手は韓国

    (前略)
    今大会の成績 日本:12得点、2失点 韓国:12得点、3失点(テロップ)
    MF 南野拓実→途中離脱 FW 鈴木武蔵→欠場(テロップ)

    ナレーター「オリンピックへの出場資格が23歳以下となったバルセロナ・オリンピック以降、アジア予選での対戦成績は日本の2戦2敗。韓国に勝てていない」

    バルセロナ五輪アジア最終予選 1992年(テロップ)

    ナレーター「2012年ロンドン・オリンピックでは3位決定戦で対戦。44年ぶりのメダル獲得を目指した日本だったが2-0で敗れ、メダルを逃した。その試合後、韓国の選手が竹島の領有権を主張するメッセージを掲げ、物議を醸した。」

    独島は我が領土(テロップ)

    ナレーター「今回の決勝戦に向けても韓国の新聞は選手の発言を引用。このような見出しを打った。日韓戦はスポーツ以上のものだと伝えた」

    中央日報「『慰安婦のおばあちゃんたちに代わって日本を負かす』 韓日戦は単なるスポーツ以上だ」

    ナレーター「韓国の10番ユ・スンウも…」

    澤登正朗「日韓戦というのは特別な思いがあると思んですけど?」
    U-23韓国代表ユ・スンウ(22)「韓日戦の特別な意味は選手はみんなよく分かっています。必ず勝ってアジア最高のチームだと証明したい」

    ナレーター「韓国メディアも熱を帯びている」

    朝鮮日報「日本には何が何でも勝つ」
    朝鮮日報「熾烈になるしかない韓日戦」

    ソウル新聞「決勝の相手はジャンケンでも負けてはならない日本」
    ソウル新聞「日本は野球でもしていろ」

    ナレーター「『日本は野球でもしていろ』。24年前のオリンピック予選、当時の韓国の監督が発した痛烈な言葉を用いた」

    1992年 バルセロナ五輪最終予選 韓国の監督が発した言葉(テロップ)

    ナレーター「実は今回の韓国代表は“史上最弱”と呼ばれていた。それでも下馬評を覆す快進撃を見せる。世界初の8大会連続のオリンピック出場を決めるとともに、最終予選の無敗記録を34に更新した」

    五輪最終予選 34戦無敗(テロップ)
    (後略)

    ソース動画
    http://www.dailymotion.com/video/x3pc8rl
    <キャプチャー画像>
    ソウル新聞「決勝の相手はジャンケンでも負けてはならない日本」
    no title

    ソウル新聞「日本は野球でもしていろ」
    no title


    <関連記事>
    <U-23サッカー>今夜「アジア盟主」プライドかけた韓日戦│中央日報
    http://japanese.joins.com/article/482/211482.html
    >  韓日両国はサッカーで激突するたびに国民的な関心を集め、激しい神経戦を繰り広げた。
    > 92バルセロナ五輪の予選では、韓国は後半終了間際にキム・ビョンス(46、現嶺南大監督)が
    > 決勝ゴールを決め、日本に1-0で勝利した。試合前に日本の監督が「韓国サッカーはもう紙の虎」と挑発したのに対し、
    > 当時のキム・サムラク韓国監督(76)は勝利の後、「日本はもうサッカーをしようと思わず、野球でもしなさい」と返した。
    > 4年後の96アトランタ五輪の予選でまた対戦した両国(韓国が2-1勝利)のテレビ生中継の視聴率は70.5%を記録した。

    >>2-5あたりに、関連スレ)

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 14:17:25.11 ID:CAP_USER*.net
    9519f090
    リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねるU-23(23歳以下)アジア選手権の決勝が今日30日、行われる。
    既に五輪出場権を獲得した日本と韓国の因縁対決。

    韓国の申台龍(シン・テヨン)監督(45)は「ロンドン五輪で(日本を破って)メダルを獲得したが、
    負けると(価値が)薄れてしまうので勝ちたい」と必勝を期した。

    攻撃的なサッカーを好むが「我々には4から5つのフォーメーションがある。

    そのうちのベストの1つを選んで臨みたい」と自信ありげ。現役時代には92年バルセロナ五輪のアジア最終予選で日本に1-0で勝っており
    「日本には負けたことはない」と豪語。

    「日本の守備は最も組織的な守備をしている。研究して丸裸にしたい」と話した。

    日刊スポーツ 1月30日(土)8時9分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000017-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 13:58:21.22 ID:CAP_USER*.net
    AFC・U-23選手権の決勝戦で激突する日本と韓国。試合前にひとりの韓国人選手の発言が物議をかもしている。
    歴史問題でもある“慰安婦”に触れて、日本を挑発したともとれる発言だった。果たしてこれは真実なのか? 韓国人記者の協力のもと検証する。

    AFC・U-23選手権の準決勝イラク戦に勝利し、リオ五輪出場を決めたU-23日本代表は30日に韓国との決勝戦を行う。
    この日韓決勝戦を前に、ひとりの韓国代表選手の発言が話題となっている。それは、南野拓実と同じザルツブルクに所属するファン・フイチャンだ。

    韓国紙『中央日報』によれば、「慰安婦問題の話しも多く出ており、歴史的な部分もあるから、最後の試合は絶対に勝たなければならない」と語ったという。
    『イルガンスポーツ』や『スポーツ朝鮮』も同様の発言を伝えている。

    慰安婦問題は昨年12月、日韓両外相が「最終的かつ不可逆的に解決」されることで合意したが、
    ソウル市内の日本大使館前に置かれた少女像をめぐる解釈の違いなどもあり最終解決していない。
    彼の発言はそんな両国民の感情を逆なでしかねないものだった。日本でも、『中央日報』を引用して報道するメディアもあった。

    だが、本当に彼はこのような挑発するような発言をしたのだろうか。

    韓国紙『聯合ニュース』や韓国TV局『KBS』は、ファン・フイチャンの発言を
    「慰安婦問題の話しも多く出ており、歴史的な部分もあるけど、最後ということもあり良い試合にしたい」と伝えている。

    ■スポーツに政治・歴史問題を持ち込む意図があったのか?

    2つの発言には似て非なる部分がある。それは、
    「歴史的な部分もある“から”勝ちたい」なのか、「歴史的な部分もある“けど”勝ちたい」なのか、だ。

    細かな違いかと思われるかもしれないが、前者であれば政治的・歴史的な視点をスポーツに持ち込んだことになるが、
    後者であればそれとは間逆に、スポーツは政治的な問題とは無関係だと主張しているニュアンスとなる。

    「から」か「けど」のどちらが真実なのかによって、発言の意味合いは大きく異なるのだ。
    では、どちらが真実であるのか。韓国サッカーに精通する韓国人記者のスティーブ・ハン氏にそれぞれの韓国メディアの記事を分析してもらった。

    ハン氏は「歴史的な部分もあるけど」が正しいニュアンスと指摘。
    韓国メディアが両国民の感情を逆なでさせるような発言をファン・フイチャンから意図的に引き出そうとしたが、選手がそれに乗り気ではなかったため、
    発言を作り変えた可能性があると分析する(どの韓国メディアがファン・フイチャンから真意ではない発言を引き出そうとしたのかは定かではない)。

    このときの取材では、まず日本とのライバル関係について質問があり、その後別の質問、最後に慰安婦問題についての質問があった。
    つまり、慰安婦問題とサッカーを結びつけようという意図は選手側にはなかった。

    また、ハン氏によればザルツブルクでチームメイトであるファン・フイチャンと南野は非常に仲が良く良好な関係にあり、日本に対するネガティブな印象は持っていないとのことだ。
    そして、同氏はファン・フイチャンの本当の発言は政治的な問題とスポーツは無関係であることを主張する主旨だと分析する。

    >>2以降につづく

    フットボールチャンネル 1月29日(金)11時37分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00010008-footballc-socc&p=2

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW 6506-pmBu) 2016/01/30(土) 11:51:26.77 

    126960_l


    協会の人とかが有能だったのか?

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160130/k10010391241000.html
    日本代表最後の調整
    今夜決勝 日本対韓国

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 14:27:43.64 ID:CAP_USER*.net
    予想フォーメーション
    no title


    ■前日練習でフルメニューをこなした遠藤は復調をアピール。

    「オリンピック出場を決め、日本では祝賀ムードだが、勝つか負けるかでそれは一変する」

    韓国との決勝戦を翌日に控えた記者会見で、手倉森監督は力強くそう言い放った。
    2012年のロンドンオリンピックでは日本はベスト4と躍進したが、
    3位決定戦で韓国に敗れ、喜びは大きく削がれた。指揮官はあの落胆が再現されることを危惧している。

    だからこそ、一昨年のアジア大会でのリベンジを果たす意味でも「負けられない戦い」(手倉森監督)と位置付けているのだろう。

    決勝戦へ向け、まず確定しているのは「FWの鈴木武蔵は怪我で出られない」(手倉森監督)こと。

    またGKは今予選唯一ピッチに立っていない牲川を起用するのではとの憶測が飛び交ったが、
    「強いチームにはGKの正しい序列が必要だと思っている。

    自分のなかでは櫛引が一番手、(杉本)大地が二番手、そして三番手は牲川。
    その序列に対して決勝で三番手とはいかない。そういう話はGKコーチともしているし、牲川も理解している」(手倉森監督)と、
    守護神はこれまで通り、櫛引が務めることになりそうだ。

    また、準決勝のイラン戦では岩波ではなく植田と奈良をCBで起用した点を尋ねられると、
    「今は3人で高め合っている。もちろん決勝は岩波で行くつもりです」と指揮官が答えたことから、岩波の先発も固い。

    イラク戦に強行出場した遠藤は前日練習ではフルメニューをこなし、復調をアピール。その遠藤の相棒には準決勝の勝利の立役者となった原川がいるが、
    一昨年のアジア大会でPKを献上し、韓国に敗れた過去を持つ大島の想いを汲むことが考えられる。

    そうすれば、GK櫛引、最終ラインは左から山中、岩波、植田、室屋、ボランチに遠藤と大島、中盤2列目に中島、矢島、2トップに久保、オナイウというメンバーが導き出される。

    ■4-3-3の韓国に対し、ボランチ3枚で対応する可能性も。

    ただ、一方で「俺の直感でやります」「昨日くらいからは描けてきた」という指揮官の言葉を聞いていると、なにか驚くような韓国対策を打ってくるような気もしてならない。

    4-3-3を敷くであろう韓国ではインサイドハーフを務める7番のムン・チャンジン、8番のイ・チャンミン、
    両ウイングの10番のリュ・スンウ、22番のクォン・チャンフンが頻繁にポジションを入れ替え、パスを回しながら攻撃を仕掛けてくる。

    となると、中盤の守備力向上へ三竿、井手口を先発起用するか、アンカーを置く4-3-3を採用する可能性もあるだろう。
    中盤を3枚にした場合は遠藤、原川、大島を同時起用できるメリットもある。

    韓国は現在34戦無敗中と、結果を残し続けており、今予選ではどの試合でも先制点を奪い勝利してきた。
    ただ、今予選、常に先手を取ってきたのは日本も同じ。となれば、まずは序盤戦の攻防がひとつのキーと言えるだろう。

    果たして若き日本代表は五輪出場を心から喜んで日本へと戻れるのか、それともアジア最大のライバルに苦汁をなめさせられ、悔しさを抱えながら帰国の途に就くのか。
    「勝つか負けるかでは大きく違う」(手倉森監督)決勝戦は日本時間30日の23時45分にキックオフされる。

    SOCCER DIGEST Web 1月30日(土)6時46分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160130-00010001-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 19:38:07.52 ID:CAP_USER*.net
    no title
    ■互いに“最弱”のレッテルを貼られていた「似た者同士の決勝戦」。

    ともにリオデジャネイロ五輪出場権を獲得したなかで、U-23アジア選手権の決勝を戦うことになった日本と韓国。
    最大の目標を達成し、勝敗は大きな意味を持たないかもしれないが、“宿命のライバル対決”だけにそうはいかない。
    韓国メディアも“運命と覚悟の韓日戦”と位置づけ、連日のようにその展望記事を掲載している。

    例えば『スポーツQ』は、「低評価された韓国と日本の“陰の世代”」と題し、今大会に臨んだ両チームがともに期待薄だったことを伝えている。
    スター不在で“最弱世代”と言われた手倉森ジャパンだが、シン・テヨン監督率いる韓国も過去との比較から“史上最弱の五輪代表”“コルチャギ(谷間)世代”などと言われていた。
    そんなこともあって、『スポーツ・ソウル』紙は「似たもの同士の決勝戦」と報じている。

    ただ、両国のスタイルは異なると見る。

    「攻撃の韓国vs守りの日本、槍と盾の対決」と展望するのは通信社『聯合ニュース』だ。4-1-4-1、4-2-3-1、4-4-2などを使い分けて攻撃サッカーを展開する韓国のシン・テヨン監督に対し、
    日本の手倉森監督は守備的MFを2枚配置する守備的戦術だと分析。

    日本が喫した2失点がPKとCKからだったことから「4バックの組織力が強く、フィールドプレーから一度も失点していない。
    鈴木武蔵は出場が微妙で久保もベストコンディションではないことを考慮すると、いつもよりさらに守備を厚く逆襲を狙う戦術で臨んでくる可能性が高い」と見ている。

    シン・テヨン監督も韓国メディアとのインタビューで、「今大会の日本は守るサッカーをしながらカウンターアタックをしてくる」と語っており、
    『スポーツ朝鮮』も「日本の五輪号、これまでの日本サッカーの色合いとは違う」という分析をしている。

    「日本サッカーの象徴はきめ細かなパスゲームだった。しかし、今回は違う。占有率よりも、いかに素早く前線にボールを運べるかに焦点を合わせている。
    精密さは落ちるが、スピードは速い」(『スポーツ朝鮮』)

    また、『イルガン・スポーツ』は「得点ルート、集中力、ミドルと3拍子が揃った日本」と分析している。その内容を要約すると、次のようなものだ。

    「韓国と同じ12得点でも決めたのは9名(韓国は5名)。つまり、攻撃ルートが多様で全員が得点できる」
    「12得点中6得点が後半30分以降に決まったもので集中力が切れない」
    「実力差があったタイ戦での4得点を除けば半分以上の得点がミドルシュート」

    ネットメディア『OSEN』は、「攻撃と守備のバランスは大会参加国中最高だ」とも評している。

    SOCCER DIGEST Web 1月29日(金)17時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00010008-sdigestw-socc&p=2

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 10:27:22.67 ID:CAP_USER*.net
    サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(U―23アジア選手権)でU―23日本代表が出場権を獲得した。

    宿敵韓国との決勝(30日)が残っているものの、今後の焦点はもちろんメダル取りだ。手倉森ジャパンはオーバーエージ(OA)枠の選考を含めた強化に取り組んでいくが、ひそかに調査を進める“隠し玉”の存在が判明。

    1968年メキシコ大会銅メダル以来、48年ぶりとなる五輪メダル獲得の秘密兵器とは――。

     日本は26日の準決勝イラク戦で劇的勝利を挙げて、6大会連続の五輪出場を決めた。“最弱世代”と呼ばれたチームが見事に結果を残したが、ゴールはまだ先にある。2012年ロンドン五輪は3位決定戦で韓国に敗れ4位だっただけに、リオ五輪では48年ぶりのメダル獲得の期待がかかる。

     3人まで登録できるOA枠にはFW本田圭佑(29=ACミラン)らA代表主力メンバーの選出が浮上(本紙昨報)。メーンとなるU―23世代にも伸び盛りの有望株が潜んでおり、手倉森ジャパンでは新戦力を掘り起こしていく予定だ。そんななか、サッカー界には“隠し玉”と言われる天才ストライカーがいる。それが国士舘大3年のFW松本孝平(21)だ。

     ある強豪大学の監督はこう明かす。「体のサイズが大きく、かなりの身体能力も兼ね備えている。最近の日本人にはいない生粋のストライカータイプで、技術も急速に成長している。まだまだ伸びしろがありそうで、多くのJリーグクラブのスカウトも注目している」

     松本は昨季の関東大学リーグ1部でハイペースでゴールを量産。PKによる得点が「0」にもかかわらず、2位に4点差をつける17ゴールでダントツの得点王に輝いた。185センチ、85キロの恵まれた体格で相手との競り合いや空中戦では無類の強さを誇る。さらにフィジカルだけではなく裏に抜け出すスピード、シュート技術も一級品だ。

     これだけの逸材ながら、本格的にサッカーを始めたのは…なんと大学1年の秋。当然全国では無名の存在だが、だからこそ磨けば光る「原石」というわけだ。在京J1クラブ関係者も「あれだけポテンシャルのある選手は久しぶりに見た。代表でも待望されているタイプだし、必ず候補に挙がってくるはず」と太鼓判を押す。

     実際、日本サッカー協会スタッフが何度も国士舘大の試合に足を運び、松本のパフォーマンスをチェック済み。手倉森ジャパンの「秘密兵器」「最終兵器」として白羽の矢が立ちそうだ。

     松本以外にもU―23世代には隠れた“大物”が目白押し。米MLSのドラフトで日本人として初めてトロントに1巡目指名されたMF遠藤翼(22)や強豪ドルトムント(ドイツ)でプレーしたMF丸岡満(20=J2C大阪)、昨年オーストリアに渡ったMF奥川雅也(19=リーフェリング)、188センチの高さを武器にドイツで武者修行中のFW木下康介(21=フライブルク)ら多士済々のメンバーがリストアップされている。

     日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(48)はリオ五輪に向けた新戦力について「どこでどんな選手がブレークするかわからない。(協会として)いろいろ調べていく必要がある。この年代だったら、まずはここ(手倉森ジャパン)を目指してほしい」。五輪でのメダル獲得へ向け、シ烈なサバイバルが繰り広げられそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000003-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 19:31:37.73 ID:CAP_USER*.net

    CWt4Ew1VAAAqOEZ

     
    ■ガゼッタ紙は背番号10ではなくクツカの先発を予想
     
    ACミランの日本代表MF本田圭佑が、31日のインテルとのミラノダービーで、公式戦7試合ぶりに先発落ちとなる可能性が浮上している。
    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が、「本田はダービー、アウト」と報じている。

    公式戦6試合連続で先発出場を果たしてきた背番号10だが、
    インテルとの大一番でベンチスタートになるかもしれない。記事では「大きな疑問は2つ。右MFとセカンドストライカー」と報じている。

    本田は昨年末から右の攻撃的MFの定位置をつかんでいたが、
    スロバキア代表MFユライ・クツカが先発に回る可能性が高まっている。

    記事では、クツカは本田に比べて創造性は少なくなるが、運動量とボール奪取能力、空中戦という強みを出すことができると指摘。
    クツカがボランチに入った場合、本田が先発する可能性もあると指摘している。

    一方、「コリエレ・デロ・スポルト」紙と「トゥット・スポルト」紙は、いずれも右の攻撃的MFで先発すると予想。
    伝統のダービーに向けた10番の立ち位置について、イタリア国内での予想は二分されている。

     ガゼッタ紙の予想スタメンは以下のとおり。

    GK
    ドンナルンマ
    DF
    アバーテ
    アレックス
    ロマニョーリ
    アントネッリ
    MF
    クツカ
    モントリーボ
    ベルトラッチ
    ボナベントゥーラ
    FW
    バッカ
    アドリアーノ

    Soccer Magazine ZONE web 1月29日(金)19時22分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00010014-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: ガール ◆YoSioUY0CY (ワッチョイ 74d6-bTaj) 2016/01/30(土) 00:40:37.04 ID:O1ySiXsv0.net BE:803651419-2BP(1000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_sii_naname.gif
    U―23日本代表、韓国との決勝へ調整 サッカー五輪最終予選
    http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40930_Y6A120C1000000/

    続きを読む

    1: ふんわり ★@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:14:54.19 ID:CAP_USER*.net
    サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU―23アジア選手権第13日は29日、
    カタールのドーハで3位決定戦が行われ、イラクが延長戦の末に地元カタールを2―1で下し、五輪出場を決めた。

     試合は前半27分にカタールがアラディンのゴールで先制。後半41分にイラクがカラールの同点ヘッドで
    追いつき延長戦へ突入。延長後半6分にフセインがヘッドで勝ち越しゴールを奪い、そのまま逃げ切った。

     アジアのリオ五輪出場枠は3で、30日の決勝に進出した日本と韓国がすでに五輪出場を決めている。


    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/29/kiji/K20160129011948210.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ