サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2016年01月

    1: 韓国は日本の優勝自販機@動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:45:07.04 ID:CAP_USER*.net
    韓国 2-3 日本

    CZ-2sxzUUAIcb2m


    1-0 クォン・チャンフン(前半20分)
    2-0 チン・ソンウ(後半2分)
    2-1 浅野拓磨(後半22分)
    2-2 矢島慎也(後半23分)
    2-3 浅野拓磨(後半36分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/soccer_japan/5670


    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454172049/

    続きを読む

    1: まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 01:34:21.24

    CZ-3m1KUUAEbjJb

    ID:CAP_USER.net
    <リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権:日本-韓国>◇決勝◇30日◇ドーハ

    日本 3-2 韓国
    (前半0-1)

    得点者(日本):
     浅野拓磨(後半22分)
     矢島慎也(後半23分)
     浅野拓磨(後半30分)

    得点者(韓国):
     クォン・チャンフン(前半20分)
     チン・ソングク(後半2分)

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1598668.html

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイW 169f-Gt2r) 2016/01/31(日) 00:04:20.30 ID:jzB+a3Yc0.net BE:121877641-2BP(1000)

    no title


    実況解禁されたので

    サッカーU-23、アジア王座かけ日韓戦 30日夜決勝

     リオデジャネイロ五輪の切符を勝ち取った誇らしさと、決勝の舞台を前にした高揚感。
    韓国戦を翌日に控えた29日、日本代表のそれぞれが明るいムードで意気込みを語る中で、神妙な面持ちを崩さない者もいた。
    準決勝、イラクとの大一番でピッチに立てなかった無念を抱える選手たちだ。

    ■気合十分の岩波

     「激しい試合になる。お互い負けられない気持ちがあるし、いい試合にしたい」と気合十分なのはCB岩波(神戸)。植田(鹿島)…

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDH30H0A_Q6A130C1US0000/

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 16:40:47.61 ID:CAP_USER*.net
    リオ五輪アジア最終予選を兼ねるU―23アジア選手権で出場権を獲得した手倉森ジャパンは決勝(30日)で韓国と対戦する。

    FW浅野拓磨(21=広島)らイレブンは、本番に向け始まるサバイバルに複雑な心境をのぞかせた。

    念願だった五輪出場権を獲得したが、永遠のライバル国には負けられない。
    DF室屋成(21=明大)は「まだ満足せずに韓国との決勝に勝たないといけない。
    『勝ってアジア1位になってリオ五輪に行く』ということは、チームみんなで話している」と気持ちを高ぶらせていた。

    イレブンはアジア王者の称号を手にリオに乗り込むつもりだが、そこには厳しい競争が待ち受けている。

    今大会の選手登録は23人ながら五輪本番は18人。
    24歳以上の3選手を登録できるオーバーエージ(OA)枠を使うと、
    U―23世代は15人しか選ばれない。新戦力の加入も見込まれるなか、かなりの狭き門だ。

    浅野は「改めてここに来ているメンバーの力を感じたし(五輪行きに)危機感を持たないといけない。
    チームに帰ってからも常に持って結果を出して五輪のメンバーに選ばれるようにしたい」。

    OA選手との争いについては「(五輪メンバーに残って)海外組と一緒にやりたい気持ちもあるが、
    自分がフル代表入りを実現させたい」と語った。

    また室屋は「また一から競争が始まるけど、やっぱり本大会に行きたい。
    欧州の選手はもっとスピードがあるし、体の強さを高めていかないといけない」。

    MF原川力(22=川崎)は「まずは川崎で試合に出続けることが大事。
    攻撃の面で違いを出して、守備面ももっと上げていきたい」と気を引き締めた。

    本大会の出場権を得たとはいえ、まだスタートラインに立ったにすぎない。

    1968年メキシコ五輪銅メダル以来、48年ぶりとなるメダル獲得を実現するには、
    まず激しいチーム内競争を勝ち抜かなければならない。

    東スポWeb 1月29日(金)15時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000019-tospoweb-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ