サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2015年06月

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:36:36.27 ID:???*.net

    CGStURzUgAAy7Vz


     
    黒子役に徹した本田

    ACミランの日本代表FW本田圭佑は30日、今季最終戦となる敵地アタランタ戦で先発フル出場を果たし、3-1の勝利に貢献した。
    数字に残る結果は出せずとも、チーム戦術を順守した背番号「10」に対する評価は「全く危険ではなかった」「戦術的に貴重だった」と完全に二分している。

    「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は、5.5という勝った試合では幾分低めの評価だった。
    寸評では「日本政府は労働時間を短縮したばかり。少し右、少し左と、彼も調整したが、危険では全くなかった」と厳しい言葉が並んだ。

    背番号「10」がゴールに絡むような危険なプレーを見 せることができず、結果を出せなかったことを厳しく指摘。
    本田は昨年10月19日のベローナ戦からゴールから遠ざかっている。

    最高点は古巣相手に2得点を決めたボナべントゥーラの7点。
    最低点はファン・ヒンケルと本田が5.5点で並んでおり、厳しい評価となっている。

    一方の「コリエレ・デロ・スポルト」は本田に6.5点を与えている。
    寸評では、アタランタDFケルビンの侵攻を食い止めた黒子としての役割が評価の対象となっている。

    「彼の仕事はとても暗いが、とても役になっていた。戦術的に貴重だった。
    なぜならケルビンを守備にしっかりつなぎとめていた。ちょっと足を出して、3ゴール目を試みた」
    最高点はボナべントゥーラの7.5点。最低点はデシリオとボケッティの 両DFが5点で並んだ。
     
    「トゥット・スポルト」は本田を7点の高評価でたたえた。寸評では「守備の犠牲と献身は有益。中盤のラインによく戻って来ていた。
    攻撃は少ししか見られなかったが、それ以上は要求しすぎ」と高い評価を与えた。

    本田の評価の部分は、自己犠牲の部分で、攻撃での貢献までも求めるのは酷だと分析している。
    最高点はボナべントゥーラの7.5点。デシリオとボケッティが同じく5点で並ぶ。

    ◇来季問われる背番号「10」の重責

    本田自身は、ミランの前線で生き抜くには結果を出すことが必要と主張していた。だが、今季は6得点4アシストという数字に終わった。
    最終戦で評価されたのは、ゴール以外の汗かき役としてだった。

    来季ミラン残留を熱望している本 田だが、自身を重用したフィリッポ・インザーギ監督は今季限りで退任が濃厚。
    大型補強の報道も、地元メディアは伝えている。そうなると、大刷新の可能性もある。

    地に落ちた名門で、背番号「10」という重責を担う男は、もしも来季もそれを背負うのであれば、今季以上に結果にこだわりたいところだ。

    Soccer Magazine ZONE web 5月31日(日)21時58分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:27:38.14 ID:???*.net
    CFYLZnAVIAEneuL

     
    ボルシア・ドルトムントを退団したユルゲン・クロップ監督が来季ナポリの指揮官に就任する可能性が浮上した。
    ドイツ『スカイ』が伝えている。

     その情報を発信元は意外にもバイエルン・ミュンヘン名誉会長フランツ・ベッケンバウアー氏だ。
    同氏は「来季クロップは南イタリア、つまりナポリで指導するだろう」と明かしている。

    ナポリの現指揮官であるラファエル・ベニテス監督は今季限りでの退団が決定。
    レアル・マドリー監督就任が間近となっている。

    5月31日(日)22時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010035-footballc-socc

    続きを読む

    CGVGsOXVAAArIZE
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ