サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2015年04月

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 21:46:23.65 ID:???*.net
    ラテン系の選手がずらり

    前節アストン・ヴィラ戦で、今季21得点目となるゴールを挙げ、現在プレミアリーグ得点ランキング首位のセルヒオ・アグエロ。
    マンチェスター・シティのストライカーが、自身の考えるベスト11を発表した。英紙「デイリー・メール」が伝えている。

    マンチェスター・シティの公式サイトで紹介されたそれは、フォーメーションは3-4-2-1。
    現役から往年の名選手まで、彼と同郷の南アメリカ出身の選手が多く揃った。

    GK
    オリバー・カーン(ドイツ)

    DF
    ロベルト・アジャラ(アルゼンチン)
    セルヒオ・ラモス(スペイン)
    フェルナンド・イエロ(スペイン)

    MF
    フェルナンド・レドンド(アルゼンチン)
    ロベルト・カルロス(ブラジル)
    イニエスタ(スペイン)
    シャビ(スペイン)

    FW
    マラドーナ(アルゼンチン)
    メッシ(アルゼンチン)
    ロナウド(ブラジル)

    現役からは、ラモス、イニエスタ、シャビ、メッシの4選手を選出。
    GKのカーン以外は、ブラジル、アルゼンチン、スペインのみとラテン系の選手ばかり。以下のように選出理由を挙げた。

    GKとDFについて
    「オリバー・カーンは昔からずっと好きな選手。バイエルンで歴史を作った偉大なGKだと思う。
    アジャラやイエロはレジェンドのひとりだけど、とても素晴らしい人間性を持っている。セルヒオ・ラモスもそうだけど、
    このバックラインはとても度胸があるというか、勝つためにボールを奪い、中盤から前にボールをうまく繋いでくれると思うよ」

    MFについて
    「中盤は4枚。この4人の中だと、ロベルト・カルロスが例外的だけど、左サイドからクロスを上げてもらいたくて選んだ。
    他の3人、シャビ、イニエスタ、レドンドは圧倒的なキープ力を持っているからね。なんであんなにボールを取られないのか不思議でならないよ」

    FWについて
    「3人とも違いを生み出すことのできる選手。ロナウドは目標の選手でもあるね。速くて、力強く、とにかくフィニッシュが上手い。
    1試合でワンタッチ、ツータッチしか触れなかったとしても2ゴールくらい簡単に挙げることができる(笑)。そんなことは彼しかできないよね」

    theWORLD(ザ・ワールド) 4月30日(木)18時57分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00010011-theworld-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 16:31:21.86 ID:???*.net
    url
    J1でゴールを量産するG大阪の日本代表FW宇佐美貴史(22)が欧州から熱視線を送られている。

    ハリルジャパンで代表初ゴールをマークし、Jリーグでも得点王争いでトップ快走の大活躍。かつて挑戦したドイツでは失格の烙印を押されて日本に出戻りとなったが、今季の覚醒で再び欧州各国のクラブから再評価の動きが出てきている。

     まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。今季リーグ戦7試合で8ゴールを奪い、G大阪を首位争いに導いている宇佐美の活躍に、欧州クラブも目を光らせている。

     Jクラブ関係者は「今の宇佐美は完全に一皮むけた。自信を深めている今なら欧州に行ってもやれるだろうね。

    ドイツではやはり前のイメージが残ってしまっているようだけど、イングランドやイタリア、スペインといった主要リーグのクラブからは近いうちに声がかかるのではないか」と欧州再進出の可能性を指摘している。

     高校2年時の17歳でG大阪のトップチームに昇格し、19歳だった2011年にドイツ1部の強豪バイエルン・ミュンヘンへの移籍が実現。

    だが厚い選手層に阻まれて出場機会に恵まれず、翌年移籍したホッフェンハイムでも精彩を欠いた。失意の中で13年6月、当時J2に降格していた古巣に復帰した。

     そんな大きな挫折を乗り越えて成長を遂げた宇佐美を、欧州クラブも見直し始めた。もともとシュートとドリブルの技術は一級品。

    課題だった精神面や運動量が改善したことで、複数のクラブが今夏の獲得候補にリストアップしている。実際、強化担当をG大阪の試合に派遣したクラブもあり、いつ正式オファーが舞い込んでもおかしくない状況だ。

    「特にプレミアで本気で狙っているクラブがあると聞いている。あのタイプは今のプレミアで需要があるし、評価は確実に高まっている。一度失敗しているから、あとは本人がどう考えるか」(同関係者)

     現在、宇佐美と同い年の日本代表FW武藤嘉紀(22=FC東京)がイングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーからオファーを受けて注目されているが、宇佐美も同じリーグの中堅クラブを中心にオファーに発展する可能性がありそうだ。

     ドイツでの屈辱の日々から2年。宇佐美は再び海を渡るのか、その決断に注目が集まる。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10064080/

    【サッカー】宇佐美6試合連発でG大阪6連勝「1人だけ7試合連続って響きも悪くない」c2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430359842/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 11:10:42.42 ID:???*.net

    CDv8L4EVIAAzRuH
     
    「J1、G大阪1-0松本」(29日、万博)

     2位のG大阪は日本代表FW宇佐美貴史(22)のクラブ記録に並ぶ6試合連続ゴールで松本を1-0で下し、6連勝を飾った。

     ガンバの至宝の勢いが止まらない。FW宇佐美がクラブ記録に並ぶリーグ6戦連発をマークすれば、
     チームもリーグ6連勝、公式戦8連勝となり、エースともども絶好調だ。

     前半16分、ハーフライン付近で相手DFのこぼれ球を奪うと、ドリブルで一気に攻め上がる。右サイドを駆け上がったFWパトリックにスルーパス。
     折り返しを直接右足で決めた。 「打ってくれても良かったけど、すごくありがたい」とチームメートに感謝したが、
     クラブタイ記録とあって「あと1つ取らないと」と、感慨に浸るそぶりは見せなかった。

     量産の秘けつは「ポジショニング」と「ワンチャンスで決めること」。この日のゴールも、パスの後の動きだしがカギだった。
     「パトリックに出して(シュートの)こぼれ球を詰めようと思って動いたら、いいところにパスをくれた」。
     決め続けている6戦8発のうち、ドリブルからの得点はわずか2点。5発は動きだしが重要なワンタッチゴールだ。
     合計シュート数は22だから、決定率は36%。3本に1本以上はネットを揺らしている上、豊富な得点パターンも兼ね備える。

     連発記録更新へ、気持ちは中2日で迎える浦和戦(5月2日、埼玉)へ向かう。昨季も優勝を争った宿敵との首位攻防戦。
     「(連続試合得点は)6までは大勢いる。7試合目に高い壁がある」と警戒こそするが、
     「1人だけ7試合連続って響きも悪くない」とニヤリ。背番号39が“偉業”を目指して突き進む。

     デイリースポーツ 4月30日(木)5時0分配信
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000000-dal-socc

    【サッカー】宇佐美弾に松本・反町監督ガックリ 皮肉っぽく「あとは体脂肪を落としたら、もっとね~」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1430315931/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 15:43:10.28 ID:???*.net

    1310692_heroa

     
    日本代表FW本田圭佑が所属するミランは29日、セリエA第33節でジェノアと対戦し、1-3で敗れた。

     本田は5試合ぶりの先発復帰を果たすも、目立った活躍はなく、54分にFWジャンパオロ・パッツィーニと交代。ピッチを去る際には、スタンドから容赦ないブーイングが浴びせられた。

     試合後、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』でミランの番記者務めて28年になるフリオ・フェデーレ氏が、今シーズンの本田について言及した。

    「序盤はとてもよかった」と、開幕から7試合で6得点を挙げ、一時はセリエA得点ランキングのトップに並んだ同選手を称賛しながらも、

    「ユニフォームにふさわしいプレーでシーズンの主役になれるはずだった。だが、そうはうまくいかなかった。残念だ」と続けた。

     本田は昨年10月19日に行われた第7節のヴェローナ戦を最後にゴールが生まれていない。それに同調するかのように、チームの成績も低迷。第33節を終えて、10勝13分け10敗の勝ち点43で10位に沈んでいる。

     フェデーレ氏は、「おそらくチーム、環境を変えた方が本人にとってよいのではないか、と私は考え始めている」と、本田の将来に関して移籍を勧めている。

    「可能性があるのなら、の話だが」と前置きした上で、「例えば戦術的によりシンプルな方法を用いているリーグ…

    プレミアリーグなどの方が本田には向いており、彼らしさを出せて、彼のレベルにふさわしいのではないか」との見解を示した。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10064317/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 06:22:51.35 ID:???*.net
    1310692_heroa


     
    イタリア・セリエA第33節が現地時間の29日行なわれ、ミランはホームでジェノアに1-3と完敗を喫した。

    低迷が続くクラブに対し、ミランのサポーターの怒りは頂点に達していた。
    この試合で、クルヴァ・スッド(南側ゴール裏)はコレオグラフィと横断幕にて抗議のメッセージを打ち出した。

    「もう、たくさんだ。この恥を終わらせてくれ」

    さらにはチームがジェノア相手に失点を重ねると、スタジアムはブーイングの嵐に。
    この日5試合ぶりに先発出場を果たした日本代表FW本田圭佑が54分に交代すると、同選手に対しても容赦ないブーイングを浴びせ続けた。

    かつてない混乱と低迷を経験しているミラン。
    果たしてクラブに希望の光は差し込むのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150430-00010008-footballc-socc
    フットボールチャンネル 4月30日(木)6時0分配信

    順位表
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 11:04:05.17 ID:???*.net

    filippoinzaghi-cropped_1lax7sui3n3nz1we1kbt1cjgc1

     
    <セリエA:ACミラン1-3ジェノア>◇29日◇ミラノ

     MF本田圭佑が所属するACミランは、ホームでジェノアに1-3で敗れた。

     インザギ監督は「(ミラノ)ダービーの後、火が消えてしまった。

    ウディネーゼ戦に比べると今日のほうが力を出していたが、ジェノアのほうがよく走っていた。

    辞任? それは卑怯者がすることで私は考えていない。次の試合からさらにいい試合をすることだけを考える。

    会長やサポーターに申し訳なく思う。選手たちは力を尽くしていたが、おそらくそれだけでは足りないのだろう。問題はメンタルだと思う」と話した。

    日刊スポーツ 4月30日(木)10時47分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000006-nksports-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 05:48:45.10 ID:???*.net
    07315568
    ◇J1第1S第8節 FC東京1―0新潟(2015年4月29日 デンカS)

    ドイツ1部マインツがFC東京の日本代表FW武藤獲得へ本格的に動きだしたことが分かった。
    関係者によると、マインツ関係者が既に来日し、FC東京の試合を視察する予定。
    回答期限が迫っているチェルシー、ザルツブルクに続き今夏の獲得へ正式オファーを出すのは確実な状況という。

    武藤はこの日、25日の山形戦に続きフル出場。2戦連続不発に終わったが持ち前のハードワークで勝利に貢献した。
    18日の広島戦で痛めた左膝などが万全でない中、後半ロスタイムでも敵陣のコーナーフラッグ付近で体を張ってボールをキープ。
    勝利への執念を見せた。それでも後半17分にGKと1対1となった場面でシュートを打てず「決めきれないといけない」と悔しがった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000002-spnannex-socc
    スポニチアネックス 4月30日(木)5時41分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000002-spnannex-socc.view-000
    <新潟・FC東京>新潟に勝利し笑顔を見せるFC東京・武藤

    続きを読む


    1310692_heroa

    ◇セリエA第33節 ACミラン1―3ジェノア(2015年4月29日 ミラノ)

    セリエA第33節は29日(日本時間30日)行われ、ACミランの日本代表FW本田圭佑がホームでのジェノア戦に5試合ぶりに先発出場を果たした。
    ミランは1―3で敗れ、4日のパレルモ戦以来、勝利から遠ざかっている。

    本田は右サイドの前線でチャンスメーク、果敢にゴールに向かっていったが得点に結び付けられなかった。
    本田は後半9分にパッツィーニと交代した。

    試合は前半37分にジェノアのベルトラッチが先制、後半開始直後にもコスタが決め、リードを広げた。
    ミランも後半21分にメクセスが豪快に決めて追い上げたが、退場者を出して数的不利となり、終了間際にはPKを献上して完敗を喫した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000001-spnannex-socc
    スポニチアネックス 4月30日(木)5時38分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000001-spnannex-socc.view-000
    5試合ぶりに先発出場したACミラン本田(左)が競り合う

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/ita/ita-10635040.html

    続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 21:48:41.95 ID:???*.net

    574401_heroa

    ● どん底のミラン…ELの夢もインザーギ監督ももうおしまいだ

     考えうる限りの最低なかたちで、ミランは終焉を迎えた……。
     ウディネのピッチで見たミランは、戦うこともなく、やる気もなく、自分たちらしささえもなかった。
     フィリッポ・インザーギの監督続投を決めた時、ミランの幹部はあることを彼に希望した。

     シーズンをミランらしい態度で終えること、終盤戦の試合を適切なメンタリティーでプレーすること、来シーズンに向けてチームがすぐに新たなスタートを切れる状態にすること――。
     集約すれば、シルビオ・ベルルスコーニ・オーナーにしろ、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長にしろ、最も重要なのはヨーロッパリーグ(EL)出場権を手に入れることだと、はっきり言いたかったのだ。

     しかし、インザーギはその要望に応えることができなかった。ミランは、デルビー(ダービー=ミラノダービー)で不穏な亀裂を見せ、ウディネーゼ戦でついにどん底にたどり着いた。ELの夢もおしまい、インザーギもおしまいだ。
     彼は今シーズン最後まではどうにかミランを率いるだろうが、その後は“ベルルスコーニ時代で最もひどかった年の監督”という不名誉なレッテルとともにベンチを去るだろう。
     正直に言うと、選手たちはかなり以前から、インザーギのことを見限っていた。来シーズンのミランの監督が彼ではないと分かった頃から、そうした空気がロッカールームを支配していった。
    だから、誰も闘志もやる気も出すことができない。それがウディネでの敗戦で浮き彫りになってしまった。

     このことに、組織としての将来の不透明さも加わって、選手たちは完全にブラックアウトしてしまったわけだ。もっとも、だからといって、敗戦が正当化されるわけではない。
     ミランがここまでの状態に陥ってしまった責任は、全員にある。もう何年も選手の補強に金をかけなかったクラブ幹部、そして経験不足なだけでなく、自分の考えに固執しすぎて他者に口を挟ませなかった監督……。
    ひどい内容の試合の後、会見で様々な言い訳をするインザーギを、我々記者は何度も見てきた。

     怪我人が多かったから(確かに多かったが)、他のチームだってかなり苦しい戦いをしている(それと自チームの不甲斐ない戦いぶりは関係ないのでは?)、
    対戦相手の出来が良かったから(エンポリやキエーボのようなセリエA残留が目標のチーム相手でも?)――。
     彼の言葉を聞いていると、常にミランには未曾有の不運が襲いかかっているようだ。しかし実際は、テクニカルな面においても精神面においても、彼のチームのマネージメントが誤っていたことはもうはっきりしている。
     もちろん、選手たちにも非はある。誰も今のチームの状況を変えようと積極的に試みなかったし、誰もこのチームのリーダーになろうとはしなかった。
    そして誰も、苦労しているチームメイトに手を差し伸べようとはしなかった。
    「プロの手本」だとされている本田圭佑でさえも、何もできなかった。

    ● 新たな顔ぶれで復活を目指すであろうミランのなかで本田は?

     ウディネーゼ戦の後、インザーギ監督は就任以来、初めて厳しい言葉を吐いた。
    「どん底にたどり着いた」
    「皆、うわの空で頭はピッチになかった」
    「こんな調子では、誰と対戦しようと負けるだろう」
    「これからは、本当にやる気のある選手しかプレーさせない」

     そして、スタジアムからウディネの空港に向かうバスのなか、彼は選手たちの目を見ながら、ダメ押しのひと言を発した。
    「お前たちは、ミランのユニホームを受け継ぐ者として相応しくない」

     この言葉に選手たちの何人かがキレ、かなり激しい言葉を監督に返した。
    こうして、インザーギと選手たちの溝は決定的なものとなってしまった。
     懲罰的な意味も込めての強制合宿も、両者の関係を修復する助けにはならない。多くの選手が、一日中ミラネッロにこもって一体、何の役に立つのかと反発した。もう目指す目標もないというのに、なぜ今さら?
    (ミランの公式サイトでは、合宿の期間は無期限と発表されている)

     バスのなかでインザーギが怒りを爆発させる前、彼の監督の地位は風前の灯にあった。ベルルスコーニ・オーナーが試合の結果に激怒し、インザーギをクビにするよう指示したからだ。
    しかし、ガッリーニの2度の電話がそれを思いとどまらせた。この時期になっての監督交代など、全く無意味だと説得したのである。

     >>2以降に続く

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ