サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2015年03月

    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 14:19:33.06 ID:???*.net

    546351_heroa

    本田は残留組?

     ACミランで今季終了後に20選手が放出される大リストラの可能性が高まる中、日本代表FW本田圭佑は残留組に入っている。
    イタリア地元紙「トゥット・スポルト」が「クラブ・リストラ。ミラン、20人を放出しなければならない」と報じている。

    記事では、今季8位と低迷するミランが今オフ、大ナタを振るい、チームを25選手とする可能性を伝えている。

    オランダ代表MFナイジェル・デヨングは契約更新に応じる気配がなく、
    DFメクセス、FWパッツィーニ、MFエッシェンの3選手も契約満了でチームを去る可能性が浮上。
    DFアルメロもブラジル名門フラメンゴに、MFファン・ヒンケルもチェルシーに復帰予定となっている。

    また、マトリ、ロビーニョ、ノチェリーノ、ビルサ、アルベルタッツィ、アガッツィ、ムンタリ、ザッカルドも出番がなく、放出の予定だという。

    “グレーゾーン”と残留組とされている選手は?

    期限付き移籍で加わっているFWデストロ、DFボケッティ、また、アレックス、ボネーラ、サポナーラ、ガブリエル、シモーネ、ヴェルディの8人に関しては
    来季残留リストの“グレーゾーン”に位置していると報じられている。

    一方、来季のベースとなるメンバーは、イタリア選手に関してはGKアビアーティ、DFアバテ、アントネッリ、デシリオ、バレッタ、MFモントリーヴォ、ボナヴェントゥーラ。
    また、エルシャラウィとチェルチも残留する可能性があるようだ。

    そして外国人選手ではGKディエゴ・ロペス、メネズ、本田、ラミ、サパタ、スソの6選手と現在ジェノアに期限付き移籍中のニアンが残留組とされている。

    フィリッポ・インザーギ監督も常に更迭危機に立たされてるミラン。
    2年連続で欧州カップ戦出場権を獲得できない可能性がある名門には、今季終了後、粛清の嵐が吹くかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 3月29日(日)21時43分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150329-00010008-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 13:08:30.82 ID:???*.net

    62歳のハリルホジッチ監督が“若さ”を猛アピールだ。29日の練習で軽めのメニューだった選手に対し、
    指揮官は一人ハードトレーニングを敢行。今回の合宿では選手とともにランニングを欠かさないが、
    この日は過去最長となる約30分間にわたって走り込んだ。

    さぞかしヘトヘトかと思いきや、すっかり体がほぐれた指揮官はここからアクセル全開だ。
    ピッチ上からスタッフにエクササイズマットを持ってくるよう指示すると、
    入念なストレッチから体幹トレーニング、腹筋運動など数種類のメニューに取り組み、続いて腕立て伏せ20回とたっぷり汗を流した。

    新監督の就任にあたってはサッカー界から高齢を危惧する声もあったが、指揮官は健康体をアピール。
    現役時代にフランスリーグで2度得点王に輝き、W杯にも出場した名ストライカーの意地を見せつけた。

    東スポWeb 3月30日(月)11時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000013-tospoweb-socc

    写真
    no title

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 14:36:05.20 ID:???*.net

    メキシコ1部リーグの強豪パチューカが、FIFA(国際サッカー連盟)の公認データを基に世界一ドリブルの速い選手を発表し、
    レアル・マドリードのウェールズ代表MFガレス・ベイルが時速36.9kmで最速の選手であることが明らかとなった。
    28日のスペイン紙『マルカ』などが報じた。

    同ランキングによると、2位にはパチューカに所属するメキシコ代表MFユルゲン・ダムが時速35.2kmでランクインしており、
    3位にはマンチェスター・Uのエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアが入った。

    昨年度のFIFAバロンドール(年間世界最優秀選手賞)に輝いたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは時速33.6kmで5位。
    同賞最多受賞者でバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは時速32.5kmで7位だった。

    一方、2014年のブラジル・ワールドカップでは、グループステージのスペイン戦で
    バイエルンのオランダ代表MFアリエン・ロッベンが世界最速とされる時速37kmのドリブルスピードを記録しており、
    当時のFIFAのデータではアーセナルのFWセオ・ウォルコットが時速35.7kmで2位、前述のバレンシアが時速35.2kmで3位とされていた。

    ドリブルの速さを数値化した世界ランキングは以下のとおり。

    1、ガレス・ベイル(レアル・マドリード):時速36.9km
    2、ユルゲン・ダム(パチューカ):時速35.2km
    3、アントニオ・バレンシア(マンチェスター・U): 時速35.1km
    4、アーロン・レノン(エバートン):時速33.8km
    5、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード):時速33.6km
    6、セオ・ウォルコット(アーセナル):時速32.7km
    7、リオネル・メッシ(バルセロナ):時速32.5km
    8、ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U): 時速31.2km
    9、フランク・リベリー(バイエルン):時速30.7km
    10、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード):時速30.6km

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00296728-soccerk-socc
    SOCCER KING 3月30日(月)13時29分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00296728-soccerk-socc.view-000
    左上からベイル、ダム, 左下からバレンシア、C・ロナウド

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 14:14:27.76 ID:???*.net

    堀江貴文氏の「日本サッカー向上委員会」、日本は今“草刈り場”にされている

    海外企業の日本法人という制限はあるものの、Jリーグもついに外資の参入を認めた感じですね。
    これまでこの「日本サッカー向上委員会」のコラムでも言ってきたけど、
    Jを本当に魅力的なリーグにしたいなら、資金力豊富な外資を導入することが絶対に必要です。外資解禁に向けて、非常にいい流れだと思いますよ。

    だけど、外資の直接参入は認めないで、日本法人の設立を条件としていることは、外資がすぐに撤退するリスクを防ぎたいという意図なのだと思いますが、
    その考え方はすごく消極的ですね。日本企業だって、経営不振とかの理由で撤退するなんて例はあるじゃないですか。
    そう考えると、外資だからといって必要以上に規制することが本当に必要なのかと思いますね。

    欧州のリーグは世界中にファンがいて、戦略的に選手を獲得してるでしょう。日本は今、草刈り場にされていますよ。
    選手もそうだけど、選手が移籍すれば、ファンとスポンサーまでまとめて持っていかれているわけですよ。
    国際間競争に完全に負けている。だからこそ、Jはアジアの市場で戦うために開かれたリーグになる必要があるんですよ。
    もっとグローバルに発展することを意識して勝負すべきです。

    経営者としても可能性を感じる本田や中田氏、その人材が今のJでは育たない

    最近感じたことですが、一流のアスリートって、やっぱりすごいんですよ。何がすごいって、みんなビジネス志向の頭を持っているし、回転も速い。
    経営者としてもやっていけそうだなと感じます。たとえば、本田圭佑選手なんかはビジネスのことをすごく考えているんだな感じますし、中田英寿さんもそうですね。

    なぜかというと、世界の超一流の人たちと会って話す機会が多いから。常にグローバルで勝負しているような経営者や最先端の人たちって、
    必然的に超一流の考え方を身に付けていくもの。欧州の一流クラブに在籍していれば、そういう人たちと会う機会が増える。すごく刺激を受けているんだと思いますよ。

    残念ながら、今のJではそういう刺激を受けることはありません。今のままでは、Jのクラブで通用することをきっかけに、
    超一流の人たちとの交流を通じて自分自身も世界で通用する一流の考え方を身に付けることは、難しいと思います。

     ビジネスの世界でグローバル化・ボーダーレス化の流れが当たり前になっているように、
    サッカー界の流れだってドメスティックだけでやっていては、どんどん世界から後れを取りますよ。

    Jリーグはプレミアリーグと戦っているという意識をもっと持たないといけない。
    グローバルの競争で勝つためにも、外資をもっと貪欲に導入していかないと。

    外国人枠も撤廃して、海外のスーパースターにとっても魅力あるリーグになるべきなんだと思いますよ。

    JリーグはアジアでNO1のリーグです。これだけの素晴らしいインフラを作り上げてきたんだから、もっといろいろチャレンジしてほしいですよね。
    Jリーグが世界のひのき舞台に立つ。そんな時代が来ると、僕は本気で思っていますよ。ちゃんと正しい道を進めばね。

    Soccer Magazine ZONE web 3月30日(月)13時42分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150330-00010004-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 10:52:10.79 ID:???*.net
    200573hp2

    サッカー日本代表は29日、親善試合ウズベキスタン戦(31日・味の素スタジアム)に向けて、
    都内で1時間15分の軽めの練習を行った。

     追い風参考記録ながら9秒台をマークした日本最速男、桐生の記録にハリルジャパンの“最速”男2人が刺激を受けた。

    新体制の初陣でそろって先発したFW永井謙佑(26=名古屋)とDF藤春広輝(26=G大阪)はともに50メートルを5秒8で走る。
    サッカー界屈指のスピードを買われての新生代表入り。

    この日の練習後、永井は「監督からは(相手DFの)裏のスペースを使うように言われている」。
    あらためて誰にも負けない武器の使いどころのイメージを膨らませた。

    永井と藤春、いったいどっちが速いのか? 
    狭い取材エリアで隣にいた2人に、同時に質問すると、2人とも相手を指さした。本当に速い男は自分が速いとは言わないものなのか…。
    ただ、藤春はより具体的に永井に言及。「1歩目、2歩目が本当に速い。僕はだんだんとスピードに乗ってくるので…」とピッチでの体感速度で説明した。

    ともに代表でのキャリアはまだまだ。A代表では“参考”程度の実績しか残せていない。
    永井は桐生について「参考記録だったんですよね」と少し残念がり「僕も、このチャンスを生かして頑張りたい」と言った。

    2人の持つ規格外のスピード。これこそ、日本が世界の壁をぶち破る切り札になるかもしれない。【八反誠】

    2015年3月30日7時21分
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1454086.html

    続きを読む

    320:  2015/03/30(月) 08:43:56.35 ID:WnnrlQ2Y0.net

    no title

    刺激を受ける宇佐美「オカちゃんは動きで主張できる選手」 

    2年4カ月ぶりの代表復帰となっている宇佐美だが、「(年齢が)上の選手たちと話すことも沢山ある」と明かす。 

    同じアタッカーの岡崎慎司とは、プレーについての会話もあったといい、「(パスが)出てこないこともあるけど、どれだけ(動き)続けるかということ。 

    無駄走りをしないようにするためには、出し手の状況もよく見ないとという話はして、 
    出せそうな時にダッシュで動くとか、出せそうじゃない時は動かなくてもいいみたいな」と、やりとりを振り返った。 

    宇佐美は「出し手の状況に関係なくオカちゃんは走っているのかなと思っていましたが、効率も考えている」ともコメント。 
    「やっぱり動き出しとか動きで主張できる選手なので、無駄走りが少ないのかなと思った」と、分析した。
    続きを読む

    no title


    27日にTBSで生中継されたサッカー日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(62)の初陣、
    キリンチャレンジカップ「日本×チュニジア」(後7・33)の平均視聴率が13・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。

    試合は大分銀行ドームで行われ、日本が2―0で快勝した。新指揮官は新戦力を積極的に先発起用する大胆采配を披露。
    後半途中から投入したFW岡崎が先制点、FW本田が1ゴール1アシストと活躍するなど交代策も的中した。

    ハビエル・アギーレ前監督(56)の初陣は昨年9月5日に行われたキリンチャレンジカップ「日本×ウルグアイ」の13・6%(フジテレビ)。

    最高視聴率は今年1月23日に行われたAFCアジアカップ 2015準々決勝「日本×UAE」の20・6%(テレビ朝日)。

    スポニチアネックス 3月30日(月)9時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000090-spnannex-ent

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/
    2015/03/30(月) 08:15:52.90 ID:???*.net



    日本代表は29日、31日の親善試合ウズベキスタン戦(味スタ)に向けて都内で練習を再開した。

    バヒド・ハリルホジッチ監督(62)はDF陣に対し、相手FWに対する当たりの弱さを指摘し、意識改革を求めた。
    27日のチュニジア戦とはメンバーも大きく入れ替え、サバイバル戦争が激化する次戦は、DF陣の厳しい守備から勝機を見いだす。

    ハリルジャパンの第2戦、ウズベキスタン戦は思わぬ"肉弾戦"になるかもしれない。
    ハリルホジッチ監督はDF陣に対し、相手FWに対する当たりの弱さを指摘。「アジア杯での日本代表は優し過ぎた。相手に対してリスペクトし過ぎている。
    日本人の良さだが、サッカーに関しては良くない」と強調。そして「強く当たったら、試合後に謝ればいいんだ。サッカーの試合中は敵だ」。そう熱く訴えたという。

    就任後、数センチ単位にまでこだわり、プレスの仕方を指導してきた。初陣チュニジア戦では早速、激しい守備でボールを奪う場面も見られた。
    完封した守備陣には一定の評価も与えた。だが、相手FWに対するチェックに関してはまだまだ合格点には遠い。

    口を開けば日本人選手の体の線の細さを指摘、ずる賢いプレーも要求している。求めるのは反則すれすれでも相手を止めるという気迫。
    ウズベキスタン戦の出場が濃厚な昌子は「人格を変えて戦う」と肝に銘じていた。

    まずは徹底した守備の強化――それは特に攻撃のセットプレーに関するアプローチからも明らかだ。
    既に指揮官は日本のセットプレーのデータも収集済み。他国に比べ成功率が低いと認識しているという。

    それでも現状はCK、FKいずれもキッカーは自由。選手個々のアイデアを尊重、PKに至っては挙手制だ。
    フィジカル強化の個別メニューも用意するなど守備からの改革を優先する。

    ウズベキスタンは、W杯出場を争うライバル国。それでも指揮官は「みんなの方がよく知っているだろう」と話し、相手の映像を使ったミーティングもなかった。
    公開練習としたこの日から軽めのメニュー。そして試合前日となる30日もピッチ上で細かく戦術を詰める予定はない。強く当たれ――。

    ハリルホジッチ新監督はまず戦う上でのベースとなる「激しさ」を求めていく。

    スポニチアネックス 3月30日(月)6時28分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000011-spnannex-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 07:56:14.36 ID:???*.net

    no title


    ボルシア・ドルトムントに所属するDFマッツ・フンメルスは、今シーズン終了後に新天地へ
    向かうかもしれない。同選手は「将来はまだ決めていない」と語った。

    マンチェスター・ユナイテッドなどが関心を示している模様のフンメルスは、ドルトムントか
    ら移籍する可能性を示唆。ドイツ『キッカー』で、このように話している。

    「ドルトムントのリーダーたちと何度も話した。僕はこのチームで重要だと分かっている。
    でも、自分の将来についてはまだ決めてない」

    「自分のキャリアのために、ベストな選択をしたい。僕がどれだけドルトムントを愛してい
    るかは、みんなが知っていることだ。でも、強力な選手たちがいる強いチームの一員で
    ありたい。チャンピオンズリーグに出るか、ヨーロッパリーグに出るか、それともヨーロッパ
    の大会に出ないか。それは僕の決断には関係ないことだよ」

    フンメルスは、ドイツを離れることを検討している。

    「いつか国外に出てみたい。国外に出ることが、プロとしても僕個人としてもいいことかもね」

    バイエルン・ミュンヘンの下部組織で育ち、2008年からドルトムントでプレーしているフン
    メルス。心はすでに決まっているのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000030-goal-socc

    続きを読む

    580:  2015/03/30(月) 01:03:47.51 ID:C9s9aNyx0.net

    82B5C


    @1990boys 
    なんとかプレイできないかと、頑張ったけど、3ヶ月もプレイできないことに我慢できず、 
    バルサの久保くんは、金曜日にチームメイトと涙のお別れし、日本に帰る事になったと、MDが報じてますね。 
    https://twitter.com/1990boys/status/582205158743900160 

    日本サッカー唯一の希望が終わった
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ