サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2015年02月


    サッカー日本代表の武藤嘉紀選手が28日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催中の
    ファッションフェスタ「第20回 東京ガールズコレクション 2015 SPRING/SUMMER」(通称:TGC)に
    サプライズ出演した。

    見慣れたユニフォーム姿ではなく、爽やかなシャツスタイルで登場した武藤選手は、
    手を振りながら堂々とランウェイをウォーキング。

    「試合より緊張しました」とはにかむ武藤選手に、観客はみな胸をときめかせていた。

    さらに、「男性の方より女性の方に応援していただいたほうがやる気になりますね」と
    リップサービスも飛び出し、「今シーズンは得点をバンバン取って行きたいと思うので、
    ここに来ている可愛い女性の皆さんも、ぜひスタジアムに足を運んで下さい!」と
    笑顔で呼びかけた。

    武藤選手は、FC東京所属でポジションはミッドフィルダー及びフォワード。
    1992年生まれの22歳で、その実力はもちろん、
    端正なルックスと現在慶応義塾大学経済学部に在学中という経歴でも話題を集めている。

    no title





    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 15:30:48.00 ID:???*.net
    Jリーグの今季初となる公式戦「富士ゼロックススーパーカップ2015」が28日に日産スタジアムで行われ、
    国内3冠を達成したガンバ大阪と、昨季リーグ2位の浦和レッズが対戦した。

    互いにACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の初戦を落とし、リーグ開幕に向けて不安を残した両チーム。
    今季の序盤戦をうらなう一戦は、

    最初にチャンスを迎えたのは浦和だった。左サイドの関根貴大から柏木陽介にパスを送る。
    柏木は上がってきた槙野智章に落とすと、槙野がミドルシュート。しかし、ボールはクロスバーの上を越えた。

    試合を支配されるG大阪は22分、宇佐美貴史からパスを受けた倉田秋がダイレクトでシュートを狙ったが、DFのブロックに合う。

    一方の浦和もゴール前で相手を崩す場面は少なく、35分に梅崎司が、
    41分には槙野がミドルシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。このまま0-0で前半を折り返す。

    後半最初に好機を迎えたのはG大阪。54分、左サイドで倉田のパスに抜けだした藤春廣輝が中央へ折り返すと、
    ペナルティエリア手前から明神智和がボレーシュート。しかしここはなんとか西川周作が弾きだした。

    56分、浦和は右サイドからアーリークロスを入れると、ファーサイドの高木俊幸が合わせたが、シュートはゴール左に外れた。
    さらに64分、森脇良太が右サイドから浮き球のパスを入れると、ファーサイドに走りこんだフリーの関根がダイレクトでシュート。しかし枠を大きく外れてしまう。

    ここまで流れをつかめないG大阪だったが、遂に均衡を破ることに成功する。
    68分、右コーナーキックを獲得すると、遠藤保仁のクロスを途中出場のパトリックがすらし、ファーサイドの宇佐美が押し込んで先制点を決めた。
    直後の69分、宇佐美が決定機を迎えたが、GKとの一対一を外してしまう。

    追い付きたい浦和は77分、槙野からパスを受けた柏木がミドルシュートを放つが、GK東口順昭の正面だった。

    80分、G大阪は途中出場のリンスが左サイドを突破すると、クロスのこぼれ球を拾った倉田が右足でシュート。
    DFにブロックされたボールを再び倉田が頭で合わせたが、最後は森脇が弾きだした。
    続くCKでもパトリックが決定機を迎えたが、西川が必死にボールを抑えた。

    後半アディショナル3分には、パトリックが追加点を決めた。

    試合はこのまま終了し、2-0でG大阪が「富士ゼロックススーパーカップ2015」を制した。

    G大阪は3月3日にACLの城南FC戦を敵地で、浦和は3月4日にACLのブリスベン・ロアー戦をホームで戦う。

    【スコア】
    ガンバ大阪 1-0 浦和レッズ

    【得点者】
    1-0 68分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
    2-0 90+3分 パトリック(ガンバ大阪)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00285753-soccerk-socc
    SOCCER KING 2月28日(土)15時24分配信

    続きを読む

    no title


    指揮官への暴言報道のチェルチもベンチスタートの予想

    ACミランの日本代表FW本田圭佑が28日の敵地キエーボ戦で前節チェゼーナ戦に続き2試合連続で先発落ちとなる可能性が高まっている。
    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    現在9位のミランは16位と低迷するキエーボとの試合を迎えるが、ガゼッタ紙はフィリッポ・インザーギ監督がチェゼーナ戦とほぼ同じ4-3-1-2のシステムで戦うと予想。
    前節出場停止だった守護神ディエゴ・ロペスが先発に復帰するが、それ以外のメンバーは同様になると報じている。

    チェゼーナ戦で先制点を決めるなどの活躍を見せたイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラがトップ下で先発し、
    2トップはイタリア代表FWマッティア・デストロと元フランス代表FWジェレミー・メネズとなると予想している。

    チェゼーナ戦で出番なしに終わった本田は試合後、「次の試合もこのまま行けば、出ないですけれど
    勝ち続ける中でレギュラー争いをした方がチームにとってもよりいいこと」と語っていた。
    チームが勝利したことからベンチスタートを覚悟していたが、現実のものとなりそうだ。

    ここ2試合出場時間が短く、チェゼーナ戦のロッカールームでインザーギ監督に暴言を吐いたとされる
    イタリア代表MFアレッシオ・チェルチは、ベンチスタートと予想されている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150227-00010007-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 2月27日(金)18時36分配信

    続きを読む



    14年6月23日、W杯ブラジル大会で歓喜するハリルホジッチ監督(ゲッティ=共同)

     日本サッカー協会が、次期日本代表監督候補のバヒド・ハリルホジッチ氏(62=ボスニア・ヘルツェゴビナ)と、
    年俸で基本合意したことが27日、分かった。日本協会は年俸200万ユーロ(約2億7000万円)を用意し、
    既に同監督に口頭で意思を打診。了承を得たことで、霜田正浩強化担当技術委員長(48)が渡欧した。この日、
    書面上での提示をしたとみられ、今後は細部条件などの調整に入る。(金額は推定)

     日本協会とハリルホジッチ氏サイドが、年俸面で基本合意に達した。霜田強化担当技術委員長が、8日から21日
    まで欧州に滞在していた間に同氏側と接触。推定年俸200万ユーロを口頭で打診し、了承を得ていた模様だ。
    21日に帰国した後、霜田氏は「この前はあくまでも調査に行ったもの」とした上で「収穫は当然ある。今回は
    決めに行く」と語っていた。その収穫が、年俸面での基本合意だったようだ。

     霜田氏は26日に再び渡欧。27日には書面で提示し、オファーを出したとみられる。渡欧のスケジュールに
    ついても、出発前夜に「相手があることなので。相手側が『この日に来てくれ』と言うのを、調整してからでないと
    行けない」と話していた。日程が調整できたことで素早い行動に出た。大仁会長との会談も25日には終えており、
    準備は整った。

     原博実専務理事は交渉の進捗(しんちょく)状況について「話せる時が来たら話す」と言い、報道陣からの話せる時は
    近いかという質問には「ノーコメント。交渉なので」と話すにとどめた。

     霜田氏は今後、スタッフやその家族などの付帯条件を含めた、詰めの作業に入る。ハリルホジッチ氏は62歳だが、
    25日に大仁会長は「私も70歳。その人次第」と語っている。W杯ロシア大会時に65歳となる年齢も障害には
    ならない。欧州で、次期日本代表監督へ向けての準備は着々と進んでいる。

     ◆バヒド・ハリルホジッチ 1952年10月15日、旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)の
    ヤブラニカに生まれる。フランス1部ナントなどで活躍したFWで、ユーゴスラビア代表で15試合で8点。母国
    ベレジュで指導者になり、パリサンジェルマンではフランス杯を制覇。リールでは仏年間最優秀監督。08年に
    コートジボワール代表監督に就任し、10年W杯南アフリカ大会出場権を獲得した後、本大会前に解任。14年
    W杯ブラジル大会ではアルジェリア代表を16強に導いた。家族は夫人と子ども2人。182センチ。元日本
    代表監督のオシム氏との親交も深い。

    <ここまでの流れ>

     ▼3日 アギーレ監督解任後、技術委員会。代表や欧州CLなどでの実績があることを再確認。

     ▼6日 2度目の技術委員会。スパレッティ氏、ラウドルップ氏、オリベイラ氏ら有力候補を5人に絞る。大枠は10人。

     ▼8日 霜田氏が極秘出国。本格調査を開始。

     ▼11日 スパレッティ氏が本命に浮上。後にゼニトとの契約が残っていることが判明。対抗馬にラウドルップ氏、3番手にマガト氏。

     ▼21日 ハリルホジッチ氏らフリーの監督を中心に関係者らと接触し霜田氏が帰国。

     ▼22日 臨時技術委員会。ハリルホジッチ氏が、交渉の優先順位最上位であることを確認。

     [2015年2月28日7時14分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1440118.html

    続きを読む

    osako3-500x367

    27日に行われたブンデスリーガ第23節、バイエルン・ミュンヘン対ケルンの一戦は、4-1でホームのバイエルンが勝利した。
    ケルンFW大迫勇也は先発出場したが、ハーフタイムに交代している。MF長澤和輝はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

    ここ2試合で14得点無失点と圧倒的な強さのバイエルンは、この日も立ち上がりからスコアを動かす。3分、ロッベンのCKにシュバインシュタイガーが頭で合わせ、あっさりとネットを許した。

    直後のロッベンのチャンスなど、一気に畳み掛けるバイエルンは、10分に早くもリードを広げる。
    レヴァンドフスキのシュートは阻まれたが、左サイドからリベリがドリブルで中央に切り込むと、ペナルティーアークから右足のグラウンダーシュートをゴール左下に決めた。
    王者に押されるケルンが期待するのはウジャ。21分にはそのウジャが飛び出し、ペナルティーエリア内で間接FKを獲得する。
    対応したボアテングからのボールをノイアーがスライディングしながらキャッチしたが、これがバックパスと判断された。だが、ヘクトルのシュートは壁に阻まれる。

    その後もバイエルンに主導権を握られたケルンだが、アディショナルタイムに1点を返す。ショートコーナーから右サイドのレーマンがクロスを入れると、ウジャが頭で合わせた。

    希望をつなぐゴールを決めて前半を終えたケルンは、後半から大迫に代えてリッセを投入。
    すると、58分に左クロスからウジャ、さらにショートコーナーからのクロスのこぼれに反応したリッセと、立て続けにチャンスを迎える。
    だが、いずれもノイアーに阻まれ、追いつくことができない。
    自信を深めて意気込むケルンを抑えたいバイエルンは、欲しかった3点目を67分に決める。
    左からリベリがふわりとクロスを入れると、ファーのロッベンが頭で押し込む。

    これでケルンの気勢をそいだバイエルンは、75分にダメ押しの4点目。
    カウンターから、リベリ、ロッベンとつなぎ、最後はクロスボールをレヴァンドフスキが胸で楽々と押し込んだ。
    その後も得点王ランク首位のロッベンが何度か追加点に迫ったバイエルンは、4連勝で勝ち点を58とし、2位ヴォルフスブルクに暫定で11差とした。
    ケルンは後半戦に入って2敗目。ここ5試合で白星から遠ざかっている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000034-goal-socc

    続きを読む

    憶測に拍車か…「マンU移籍を後悔」ディ・マリアが友人に漏らす

    57-500x348


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00363002-gekisaka-socc
     昨年夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、R・マドリー時代の友人に、移籍したことへの後悔を打ち明けているという。『メトロ』が伝えた。

     ディ・マリアは昨年8月に、レアル・マドリーから英国史上最高額の移籍金5970万ポンド(約103億円)でユナイテッドに加入。しかし、これまでリーグ戦18試合に出場して3得点を挙げているが、プレミアリーグに順応していないとして、移籍の噂は絶えないでいる。もともと乗り気だったパリSGが獲得に向け本腰を入れる中、ユナイテッドもドルトムントのDFマッツ・フンメルスとアトレティコ・マドリーのDFディエゴ・ゴディンの獲得に向けて、ディ・マリアを売却する準備を進めていると報じられている。

     同紙によると、スペインのジャーナリストのマニュエル・エステバン氏は、スペインのTV『ラ・ゴレアダ』で、「ディ・マリアはR・マドリーの友人に、マンチェスター・Uに加入して後悔していることを打ち明けている」と話しているのだという。ディ・マリアの代理人はユナイテッドを離れることを否定し続けているが、この発言が本物なら、憶測に拍車をかけることになりそうだ。

    ゲキサカ 2月27日(金)21時56分配信


    続きを読む

    191: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/02/28(土) 00:55:41.57 ID:Gxt/KZ3A0.net

    458634_heroa


    http://www.acmilan.com/en/news/show/156340 
    インザーギ前日会見@5分間 
    「チェルチとは何の問題もない、もし報道通りの出来事があれば、彼はミラネロからしめだされたであろう、実際、彼の最後5分間のプレーはとても良かった」 
    「チームが落ち着けば、チェルチとメネズを一緒に起用する事も可能」 
    「デストロに満足してる」 
    「この間のボナベントゥーラも素晴らしかった。ボナベントゥーラと本田のどちらかがベンチに行かなきゃならないのはほんとうに申し訳ない」
    続きを読む

    今シーズン終了後にレアル・マドリードからスペイン人MFアシエル・イジャラメンディとメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは退団する可能性が高いと、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 

     イジャラメンディはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、スペイン代表MFイスコを欠いていた1月20日のリーガ・エスパニョーラ第20節コルドバ戦でスタメン落ち。
    その代わりに、カルロ・アンチェロッティ監督はドイツ代表MFサミ・ケディラをスタメンで起用した。

     また、冬の移籍市場でクラブはブラジル人MFルーカス・シウヴァを獲得。L・シウヴァは、18日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのシャルケ戦、22日のリーガ第24節エルチェ戦で先発起用された。
    一方イジャラメンディは両試合では残り約5分になってからの交代出場しただけだった。

     2015年になってからイジャラメンディは、1月31日のリーガ第21節レアル・ソシエダ戦、そして14日のリーガ第23節デポルティーボ戦とスタメン起用は2試合だけ。
    新加入のL・シウヴァが出場機会を増やしており、さらにモドリッチが復帰となれば、イジャラメンディはシーズン終盤には試合の招集メンバーに入れない可能性も大いにある。
    冬の移籍市場でも同選手にオファーがあったが、夏にもまた新たなオファーが届くことが予想されており、クラブは真剣に検討することになるだろう。

     エルナンデスもレアル・マドリードで十分な出場機会を得ることができなていない。

     今シーズンは2509分をベンチで過ごし、出場時間は547分。17試合に出場し、その内スタメン出場が5試合で得点は4ゴールだけ。
    最後にゴールを決めたのは2014年10月29日に行われたコパ・デル・レイ4回戦ファーストレグのコルネージャ戦で、実に4ヵ月ゴールがない。
    また、アンチェロッティ監督がエルナンデスをずっとベンチに座らせ、出場機会を与えないまま終わらせた試合がこれまで17試合あった。

     マンチェスター・Uからレンタル移籍をしているエルナンデスだが、負傷からスペイン人FWヘセ・ロドリゲスが復帰したことも、出場機会を奪う結果となっている。
    エルナンデスは2015年に行われたゲーム12試合1080分のうち、48分しか出場していない。そのため、クラブが同選手のレンタル延長、
    もしくは買い取りは、考えられない状況となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00285541-soccerk-socc

    SOCCER KING?2月27日(金)16時48分配信

    続きを読む

    964: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2015/02/27(金) 22:05:55.80 ID:hJ+S8J5i.net
    >>953 
    乙ウィン 

    もらってきた 

    908 名前:さあ名無しさん、ここは守りたい[sage] 投稿日:2015/02/27(金) 22:05:08.90 ID:aJ42GLL40 [3/3] 
    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ