サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2015年01月


    吉田、アーセナル戦タッチ動画

    プレミアリーグ第20節が1日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとアーセナルが対戦した。吉田はベンチスタートとなった。

     7分、サウサンプトンは左サイドからドゥシャン・タディッチがクロスを入れると、中央でペッレがヘッドで合わせるが、ボールはわずかに左に逸れた。

     一方のアーセナルは8分にアレクシス・サンチェスがエリア手前から狙うと、シュートは枠の左下を突くが、GKフレイザー・フォースターが反応し弾き出した。

     20分には、左サイドを抜け出したトマーシュ・ロシツキーが中央へ折り返すと、ファーサイドから中央へ入ってきたサンティ・カソルラが右足で合わせるが、

     それをよんでいたGKフォースターが正面でセーブ。

     すると34分、サディオ・マネが味方のロングパスで右サイドに抜け出すと、ライン際で飛び出したGKヴォイチェフ・シュチェスニーと1対1に。

     マネは角度のないところからカーブをかけたループシュートを放つと、ボールは無人のゴールに吸い込まれて、サウサンプトンが先制に成功した。

     さらに40分、味方のパスでエリア内右に抜け出したマネが、中央へマイナスの折り返しを入れると、走り上がっていたジュームズ・ウォード・プラウズが左足を振り抜くが、

     GKシュチェスニーがなんとか足で弾き出した。

     後半に入って55分、右サイドからアレックス・チェンバレンがグラウンダーのクロスを入れると、ファーサイドまで流れて、サンチェスがシュートを放つが、フォースターが好反応でセーブした。

     すると56分、エリア内右に抜け出したスティーヴン・デイヴィスが中央へ折り返すと、アーセナルのDFマテュー・ドゥビュシーがカットし、シュチェスニーがクリア。

     しかしこれが中途半端になり、タディッチが押し込んでゴール。サウサンプトンがリードを2点に広げた。71分、サウサンプトンはフローリン・ガルドシュに代えて吉田を投入。

     吉田は前節のチェルシー戦に続いて右サイドバックに入った。

     試合はこのまま終了し、ホームで2ゴールを挙げたサウサンプトンが、2-0でアーセナルに勝利。2015年の初戦を白星で飾った。

    【スコア】
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625952
    http://www1.skysports.com/football/live/match/313583
    http://www.bbc.com/sport/0/football/30600817

    サウサンプトン 2-0 アーセナル

    【得点者】
    1-0 34分 サディオ・マネ(サウサンプトン)
    2-0 56分 ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン)

    1月2日(金)1時53分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150102-00264671-soccerk-socc

    続きを読む

    225121_heroa


    リヴァプールMFスティーブン・ジェラードは今シーズン限りでのリヴァプール退団を決意し、
    2日にもその発表を行うのではないかと見られている。イギリス複数メディアが報じた。

    8歳からリヴァプールに所属し、1998年のデビュー以来同クラブ一筋で17シーズンを戦ってきたジェラード。
    現在の契約は今シーズン終了までとなっており、クラブは契約延長のオファーを出していることをブレンダン・ロジャース監督が明かしていた。

    契約延長に向けての交渉が行われてきた模様だが、今季終了後に35歳となるジェラードは新たな挑戦を選ぶことになるかもしれない。
    退団後の去就としては、MLS(メジャーリーグサッカー)への移籍に向けた交渉が行われているようだ。
    各メディアがロサンゼルス・ギャラクシーを移籍先の有力な候補としているほか、ニューヨーク・シティFCやニューヨーク・レッドブルズの名前も挙げられている。

    リヴァプールで長年にわたってチームメートととしてプレーしたジェイミー・キャラガー氏は、この報道を受けて『ツイッター』で次のようにコメントしている。

    「ジェラードのニュースが報じられ、リヴァプールFCとイングランドサッカーにとって悲しい1日だ。あらゆることを考えた上で正しい決断だと思う」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150102-00000032-goal-socc
    GOAL 1月2日(金)8時30分配信

    続きを読む

    442142_heroa


    プレミアリーグ第20節が1日に行われ、マンチェスター・Uとストークが対戦した。

    試合は開始早々の2分に動く。右CKを獲得したストークは、ファーサイドでピーター・クラウチがヘッドで合わせると、
    ゴール前にいたライアン・ショークロスが右足で押し込んで、先制に成功した。

    早くも失点したマンチェスター・Uだったが26分、左CKからニアでマイケル・キャリックが頭で逸らすと、
    中央のラダメル・ファルカオがDFの前に入って左足で合わせてゴール。前半はストークが先制するも、マンチェスター・Uが同点に追いついて折り返す。

    後半に入って61分、右サイドでFKを獲得したマンチェスター・Uは、フアン・マタがエリア内の中央へボールを送ると、フィル・ジョーンズが頭で合わせるが、
    ボールは力弱くGKアスミル・ベゴヴィッチがキャッチ。64分にマンチェスター・Uはファルカオとルーク・ショーに代えてアンデル・エレーラとアドナン・ヤヌザイを投入した。

    65分に左CKを獲得したストークは、ボールを中央へ送ると、エリア内でクラウチと競り合ったクリス・スモーリングがハンドしたかに見えたが主審はノーファールの判定。
    マンチェスター・Uは67分に、マタの浮き球のパスでエリア内に抜け出したロビン・ファン・ペルシーがトラップから左足でシュートを放つと、
    ボールはべゴヴィッチの頭を越すが、わずかに枠の左に逸れた。

     69分、左サイドでFKを獲得したストークは、エリア内中央にいたクラウチが頭で合せると、ボールは右ポストを直撃。
    ストークの選手が詰めていたがこぼれ球をウェイン・ルーニーがクリアして難を逃れた。しかし、マンチェスター・Uにアクシデント発生。

    アシュリー・ヤングがスプリント中に負傷した模様で、75分にラファエウ・ダ・シウヴァと交代した。79分にはヤヌザイが左サイドからクロスを上げると、
    ニアでファン・ペルシーが合わせるが枠をとらえられない。

    このままスコアは動かず、マンチェスター・Uは2015年最初の試合でストークと1-1の引き分けに終わった。

    【スコア】
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10625953

    ストーク 1-1 マンチェスター・U

    【得点者】
    1-0 2分 ライアン・ショークロス(ストーク)
    1-1 26分 ラダメル・ファルカオ(マンチェスター・U)


    1月1日(木)23時37分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00264673-soccerk-socc

    続きを読む

    546351_heroa


     アジア杯に向けて国内合宿中の日本代表は1日、千葉県内で練習を行った。

    インフルエンザを発症したため宿舎で静養したMF柴崎岳(鹿島)、オーストラリアで合流するDF吉田麻也(サウサンプトン)を除く
    21選手がトレーニングパートナー2人とともに汗を流した。チームは明日2日、オーストラリアに向けて出発する。

    異例の年越し合宿となり、元日からトレーニングを行った日本代表。
    練習後、報道陣の取材に応じたFW本田圭佑(ミラン)は「元日も普段と変わらない気持ちで臨めれば理想だけど、自分も日本人なので。

    心機一転というか、いろんなことを決めるのもこの時期だし、まとめて反省するのもこの時期。
    元日は自分にとっても他の日より特別というのはある」と、新年を迎えた心境を語った。

    ブラジルW杯後、「自分自身の物差しづくりを一からやり直さないといけない」と宣言した。
    この日も「やることはしっかり決まっている。反省もしたし、取り組むことは(2014年の後半から)大きく変わることはない。
    になってきている」と、引き続き自己改革に取り組む考えを示した。

    ブラジルW杯でのグループリーグ敗退を筆頭に、ユース代表も相次ぎ世界大会への出場を逃すなど、
    日本サッカー界にとって暗いニュースが続いた2014年。

    「W杯後の半年だけでサッカーが少し元気がないと言うのではなく、もっと長いスパンで、3年、4年のプロジェクトで考えないといけない」。

    そう指摘した本田は「その意味でアジア杯も通過点。スタートに過ぎないし、日本サッカー界全体で力を合わせて盛り上げて、
    結果を出していくことが大事だと思う」と力を込めた。

    アジア杯については「もちろんW杯と違って、アジア杯は前回優勝しているし、日本に挑戦してくるチームも出てくる。
    それに対して、どう臨むか。W杯とは精神面で明らかに違ってくる」と、アジア王者として戦う難しさも口にした。

    「そこに自分たちが上から挑むと、痛い目に合う。そこは危機感を持っている」と、チーム全体を戒めるように言った。

    1月1日(木)20時6分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00278923-gekisaka-socc

    続きを読む

    続きを読む

    d173764a


    「日本代表合宿」(31日、千葉県内)

    連覇が懸かるサッカーアジア杯(1月9日開幕・オーストラリア)に向けて千葉県内で合宿中の日本代表は31日、14年最後の練習を行った。

    ハビエル・アギーレ監督(56)は、合宿3日目となったこの日から新オプションとなる「4-4-2」布陣の練習に着手。
    最長約1カ月に及ぶアジア杯を利用し、基本布陣である「4-3-3」とは違ったシステムの浸透を図る。

    大みそかの透き通った冷たい空気に、アギーレ監督の声が響く。ピッチを白線で区切った戦術練習の選手の並びは、
    就任以降の6戦すべてでスタートした「4-3-3」とは異なりFW、MF、DFで3つのラインを形成する「4-4-2」の形。まずは守備時の動きをたたき込んだ。

    2トップの一角に入ったFW岡崎は「アジア杯はどれだけ結果を重要に考えられるか。
    色んな戦い方の手段が自分たちには必要」と話し、有効なオプションの一つとなる手応えを示した。

    1次リーグで対戦する中東勢は守備を固めてくる可能性もあり、
    岡崎と2トップを組んだFW豊田も「岡ちゃんの良さを生かしながら、自分の形も作っていきたい」と意欲的だ。

    最長で1カ月を超えるアジア杯の遠征。
    アギーレ監督は合宿初日に「2、3つの違った戦い方をしたい」と新オプションについて語っていた。

    2トップ布陣は、初陣となったウルグアイ戦(昨年9月5日)の試合途中からと、11月合宿の非公開練習の短い時間でテストしたのみ。
    今回のアジア杯を通じて戦術を浸透させ、戦い方の幅を増やす考えだ。

    「(18年のW杯に向け)早い時点でチャレンジすることは必要。監督の思い描いた色を出したい」とは百戦錬磨のMF遠藤。
    アジア杯を皮切りに、W杯予選も始まる15年。新オプションは、新たな武器となるか。

    1月1日(木)6時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000019-dal-socc

    続きを読む


    日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、1日に行われるプレミアリーグ第20節でアーセナルと対戦する。
    イギリス紙『デイリーメール』が同試合の予想スターティングメンバーを12月31日に発表した。

    サウサンプトンは、ホームのセント・メリーズにアーセナルを迎えて2015年最初の試合に臨む。
    同紙は、吉田が昨年12月28日に行われた前節のチェルシー戦(1-1の引き分け)と同じく右サイドバック(SB)で先発すると予想した。
    その他、フランス代表MFモルガン・シュネデルランがチェルシー戦で退場処分を受けており、アーセナル戦は出場停止。
    その代わりにイングランド人MFジェームズ・ウォード・プラウズがスタメン入りすると予想されている。

    一方のアーセナルは、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが出場停止。
    さらに、イングランド代表FWダニー・ウェルベックが太ももの負傷で欠場が見込まれているため、チリ代表FWアレクシス・サンチェスが1トップに入ると予想されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00264534-soccerk-socc
    SOCCER KING 1月1日(木)18時44分配信

    続きを読む

    707: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2015/01/01(木) 11:07:55.87 ID:5RePkkul.net
    内田のインタ 

    no title



    ―UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦では昨季同様、レアル・マドリーと対戦します。昨季はケガで出られなかった相手との再戦になりますが?

    「相手がレアルということを強調されがちですが、このレベルに来たら相手がどこでも一緒です。そういう相手とやるために勝ち上がってきていますし、相手がどうこうという気持ちはありません。もちろん、向こうのほうが前評判は高いですし、強いかもしれませんが、経験を得るために戦うわけではないです。勝負ですから、勝負したいなと思っています」

    ―現時点で世界最強とも言われる相手と対戦できることに楽しさややりがいは感じますか?

    「楽しくはないと思いますね。ずっと耐える時間しかないと思いますし、その中でがんばってがんばって、やっと勝ち点がポロッとこぼれて来るかどうかだと思っています。『楽しみですか?』と聞かれたら、楽しみという気持ちはないです。耐える覚悟はできているという感じですね」

    ―そういう相手に対して、自分たちの力を試すわけでもないということですね。
    「勝負ですから。どんな形でも勝つべきだと思っています。ペナルティーエリアの中に人数を固めて守ってもいいですし、前から(プレッシャーに)行くという戦術を監督が取るなら、そのとおりにやります。勝つために何をやるかだと思います」

    ―グループリーグでチェルシーに0-5で敗れたあと、「そんなにビビらなくてもよかったのに」とコメントしていましたが、レアルとの試合でもそのあたりは課題になりますか?

    「それでレアルにも同じようにやられるならチェルシーに負けた意味がないですから。せっかく粘れる戦力があるのに、簡単に失点して、そのままズルズルいくというのはもったいないですね」

    ―ブンデスリーガでは3位のレバークーゼンまで勝ち点1差です。来季のチャンピオンズリーグにストレートで出場できる3位以内は当面の目標になりますか?

    「それはもちろんいきたいですね。(チャンピオンズリーグの)プレーオフに回ると、シーズンが始まるのも早くなって、いろいろと大変なので。絶対に3位までには入りたいですね」

    全文はコチラ



    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?154694-154694-fl
    続きを読む

    sibazaki


    アジア杯に出場する日本代表MF柴崎岳(22=鹿島)がインフルエンザのためチームを離脱した。
    日本代表は1日、千葉県内で合宿4日目の練習を行ったが、期待の若手MFの姿はなし。
    チーム関係者によれば、この日の朝、体調不良を訴え医師にインフルエンザと診断された。

    柴崎は都内のホテルで静養。チームは2日にオーストラリア入りするが、完治を待って現地入りする予定で1日現在、追加招集の予定はない。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/01/01/kiji/K20150101009559320.html
    2015年1月1日 16:45

    続きを読む


    ◇年越し代表合宿

    アジア杯の連覇はもはや至上命令だ。八百長疑惑の渦中にあるアギーレ監督は自身の清廉さを主張するかのような口調で熱く語った。
    「私はうそをつくことも人々を惑わすことも嫌いです。日本がW杯で優勝できるか、と言えば難しいと言わざるを得ない。
    だがアジア杯では優勝候補であり優勝しなくてはいけない」

    就任から4カ月。映像も含めば、日本人がプレーする試合は100試合以上を見た。能力の高さは予想以上だ。
    「いい意味で驚きを感じている。

    香川、本田はスペインのビッグクラブで問題なく通用する。武藤はあす、スペインに行ってもいいプレーができる」。
    アジアでの優位を確信した。

    6月にはW杯予選が始まる。メキシコ代表の選手、監督として3度のW杯予選を経験した実績がある。
    「全てのホーム試合に勝つことが重要。ホームで全勝すれば80%の確率でW杯に行ける。
    私は監督、コーチとしてホームの試合は10戦10勝だった。メンバーは常に次の試合を考え、ベストの状態の選手を呼ぶ。固定はしない」。

    15年は、選手選考も公式戦モードだ。

    八百長問題は予断を許さない。告発が受理されれば、進退問題は一気に動きだす。
    指揮官は「中国には"問題に解決があるなら心配しても仕方ない。解決しないなら、それを心配しても仕方ない"という格言がある」と話す。

    サッカー人生を懸けた"重要な一年"となる。

    1月1日(木)9時37分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00000076-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ