サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2015年01月

    829c7fbb



    アジアカップ連覇を狙う日本代表は、4日にオーストラリアのニューカッスル近郊にあるセスノックで、

    ニュージーランドのオークランド・シティとトレーニングマッチを行った。

    日本代表は、33分に遠藤保仁、89分に岡崎慎司が得点。守備陣も完封し、2-0と勝利を収めた。

    先発出場した香川真司は、61分までプレー。「クロスから惜しい場面やチャンスは何度か作れていたが、

    最後の詰めが甘かった。2-0というのは物足りない気がする」と振り返った。

    インサイドハーフで出場して、ペナルティーエリア内に入り込んでシュートを放つシーンも作った。

    「ゴール前に入っていく、10回あったら10回入っていく意識を持ってやった」と明かす。

    「あのポジションでやる上で、距離は長いですけど、そこで僕たちが入っていかないと得点は生まれないと思う。

    どこかでスペースに走り込んでいく動きが、味方を生かす動きにもなる」

    初戦のパレスチナ代表戦は12日に迫る。「攻撃でも最後の精度は合わなかったが、惜しいチャンスは作れていた部分はある。

    シュートの意識や精度にこだわって、あと1週間やっていきたい」と最終調整に意気込んだ。

    1月4日(日)22時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00266414-soccerk-socc

    続きを読む

    OSK201006250030


    アジアカップ連覇を狙う日本代表は、4日にオーストラリアのニューカッスル近郊にあるセスノックで、ニュージーランドのオークランド・シティとトレーニングマッチを行った。

    日本代表は、33分に遠藤保仁、89分に岡崎慎司が得点。守備陣も完封し、2-0と勝利を収めた。試合後、ミランに所属するFW本田圭佑が記者団の取材に応えている。

    試合を通じて浮かび上がったいくつかの問題点について本田は「今日の感じやと、半分以上は大会始まるまでに解決できる問題だと思います」と語り、修正可能なことを強調した。

    味方同士、ボールが少しズレるシーンもあったが、「言い訳できないくらいピッチコンディションがよかった」と、ピッチに問題はなく技術的なミスであったと反省。

    「もう少し、点ないしはビッグチャンスを増やしたかった」と改善点を挙げている。一方で「満足はしていないが、それを悲観する必要はない」と語り、一定の手応えも感じることが出来た模様。

    問題の改善に向けては「チームで一緒にやる時間が少ないし、普段の練習からミスをしてもいいからトライしていくような要求が必要。

    練習でそこを見ていないと、試合では絶対に見られないんで」と練習から意識を変えていかなければいけないと主張する。

    「ただ、個人的にはもっと(味方に)『出しときゃよかった』と思われる動き出しを増やすことに集中するべきだと思っているんで、

    もっとコンディションを上げて、その回数、質を上げていきたい」と個人としての課題も挙げた。

    所属するミランほど良いパスが来ないかと訊かれると、「いや、ミランも来ないですよ(苦笑)。ミランも来ないんで、

    言葉が通じる分こっちの方がやりやすいですよ、そりゃ」と答え、日本代表の方が感覚的にはやりやすいことを明かしている。

    初戦のパレスチナ代表戦に向けては「今日に関して言えば、無駄なミスをまず減らすことで、次のステップにいけるんじゃないかと思います」と、

    一つひとつ問題を克服し、頂点に向けて歩みを進めることを誓った。

    アジアカップは9日に開幕。日本はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。

    1月4日(日)22時35分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00266393-soccerk-socc

    続きを読む

    no title


    ■オークランド・シティに2-0で勝利

    12日のアジアカップ初戦パレスチナ戦を控える日本代表が4日、ニュージーランドのクラブチーム、オークランド・シティと練習試合を行った。
    4-3-3システムでACミラン本田圭佑を定位置の右ウイングに据えるほぼベストメンバーで2-0で勝利。

    しかし内容的には、昨年12月のFIFAクラブW杯で3位に入った相手を攻めあぐねる展開となり、ハビエル・アギーレ監督はチームに苦言を呈した。
    「相手がいいプレーをして、こちらのいいプレーを要求したのがよかった。簡単な試合ではなかった。非常に強度の高いトレーニングになった。
    攻撃ではいいプレーもあまり良くないプレーも見られた。守備に関しては1つの場面を除いてコントロールできていた」

    イングランドから24時間以上の強行軍で3日に合流したばかりのDF吉田麻也(サウサンプトン)が
    不在となった以外はほぼベストメンバーだったが、相手を圧倒することはできなかった。

    大会初戦を8日後に控えた練習試合では、2つのテーマを追求した。

    「速くボールを動かすこと。クロスを上げること。クロスの部分は、2つの得点はクロスからスタートした。
    でも、もっと速くボールを動かさないといけない。そこはすぐに上げないといけない」

    ■8日後の初戦に向け、「私にとってのベストイレブンを使いたい」

    MF長谷部誠(フランクフルト)を中央に据え、MF遠藤保仁(G大阪)、MF香川真司(ドルトムント)という3人の中盤で臨んだが、
    指揮官はパススピードやテンポの部分で不満を隠そうとしなかった。

    先制点は前半33分、遠藤のミドルシュートが相手DFに当たって、コースが変わって生まれたもの。
    後半終了間際にFW岡崎慎司(マインツ)が右足でクロスに合わせて、追加点を奪った。
    一方で3トップシステムで重要となるクロスに関しては一定の満足感を手にした様子だった。

    「まだ1週間ある。その中で考えていきたい。23人の選手がいる。私にとってのベストイレブンを使いたい」

    大会初戦パレスチナ戦のメンバーについては選考段階を強調した指揮官。
    「セットプレーの精度を上げて、よりボールを速く動かして、よりいい守備をする」と今後の課題を挙げた。

    1月4日(日)20時29分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150104-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title


     アジアカップ連覇を狙う日本代表は、4日にオーストラリアのニューカッスル近郊にあるセスノックで、ニュージーランドのオークランド・シティとトレーニングマッチを行った。

     オークランド・シティは、オセアニア代表として昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップに出場し、同代表で過去最高の3位に入ったチーム。

    日本の先発メンバーは、川島永嗣、長友佑都、森重真人、塩谷司、酒井高徳、遠藤保仁、長谷部誠、香川真司、岡崎慎司、本田圭佑、乾貴士の11選手となった。

     日本は前半に押し込みながら得点できずにいたが、33分に遠藤のミドルシュートが相手に当たってゴール。先制すると、1点差のまま前半を折り返した。

     後半途中には、遠藤と香川、乾に代えて、今野泰幸と清武弘嗣、武藤嘉紀を投入した。日本は本田がダイビングヘッドを放つなど、追加点を狙った。

    守備陣では、終盤に塩谷に代え、昌子源を投入。試合終了間際に清武の右クロスから岡崎が押し込み、2点目を奪うと、オークランド・シティを完封して2-0で勝利を収めた。

     アジアカップは9日に開幕。日本はグループDに所属し、12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表とそれぞれ対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00266149-soccerk-socc

    続きを読む

    150: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2015/01/04(日) 10:49:41.75 ID:xQX99viT.net
    わろた 
    no title
    続きを読む

    195: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 10:45:48.87 ID:sZXv2/DN0.net
    本命 吉田 
    対抗 長友香川 
    穴 今野
    続きを読む

    no title


    「焦らずにコントロールしたい」

    日本代表のMF香川真司(ドルトムント)が昨年のブラジルワールドカップの不振の要因について、
    プレッシャーをコントロールし切れなかったことを挙げた。

    3日午後、陽光眩しいセスノックで行われたオーストラリア合宿初日の練習後のこと。
    香川は連覇を目指すアジアカップで昨夏の過ちを繰り返さないよう、自戒を込めて言った。

    「連覇に向けたプレッシャーもあるけれど、焦らずにコントロールしていきたい。W杯ではそこがうまくコントロールできなかった」

    香川や本田圭佑(ACミラン)はW杯を前に「世界一」を目標に公言。

    自分たちにプレッシャーをかける狙いもあったのかもしれないが、
    自らの言葉で極限までハードルを上げた選手たちは最終的に思うような結果を得られなかった。

    4年間積み上げたはずのものをブラジルのピッチ上で表現することができなかった香川と日本代表。
    背番号10は、プレッシャーに対してうまく対処することが日本のアジア杯連覇、
    そして、2部降格圏のドルトムントで出場機会を失った自身の不振脱出の鍵となると考えているのかもしれない。

    「練習中は気持ち良い。ハードですけれどね。初戦まで時間はあるので大切にしていきたい。
    明日の試合もそうだけど、アジア杯の初戦まで全力を注いでやりたい」

    栄光の「背番号10」復活へ、香川はひたむきに練習に取り組んでいる。

    1月4日(日)7時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150104-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    no title



    ◇日本代表オーストラリア合宿初日(2015年1月3日)

    本田がアジア杯の顔に選ばれた。
    日本が12日にパレスチナ戦を行うニューカッスルでの2試合の巨大宣伝ポスターには、オーストラリア代表FWカーヒル、
    若手世代でオランダ代表の経験もあるイラン代表FWゴーチャネジハドとともに登場し、大会ポスターも韓国代表MF奇誠庸(キ・ソンヨン)らとともに飾った。

    今季はACミランでも不動のレギュラーとして活躍、現地でもその知名度は群を抜いておりまさに注目の的となっている。

    代表ではミラン同様にゴールにこだわっていく姿勢を見せており、今大会でもその決定力に期待がかかる。
    練習後はムキムキの上半身を出しながら、森重と話し合う場面も見られた。
    練習後は「お疲れさま」とだけ話して練習場を後にし、大会2連覇、連続MVPへ早くも戦闘モードに入った様子だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00000003-spnannex-socc
    スポニチアネックス 1月4日(日)5時38分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00000003-spnannex-socc.view-000
    アジア杯のポスターを手にするホテルのスタッフ

    続きを読む

    73402194_624
    続きを読む

    no title


    ◆アジア杯1次リーグ ▽第1戦 日本―パレスチナ(12日、ニューカッスル・スタジアム)

    アジア杯(9日開幕)で連覇を狙うサッカー日本代表は3日、開催地のオーストラリアに入り、事前合宿地のセスノックで冒頭15分を公開して初練習した。
    日本からの移動中に発熱したFW豊田陽平(29)=鳥栖=が、インフルエンザの疑いで練習を欠席。
    都内で静養中のMF柴崎岳(22)=鹿島=に続くインフルエンザによる離脱者で、パレスチナとの1次リーグ初戦(12日・ニューカッスル)に暗雲が漂い始めた。

    強い日差しの下、アギーレ監督が合宿後、初のカミナリを落とした。
    練習前、選手を集めて円陣を組んだ。「我々はバカンスに来ているんじゃない。王座を防衛するために来ているんだ。戦いはもう始まっている。
    そういう気持ちのないやつは日光浴をするか、プールにでも入っていればいい」。約5分間の説教で、選手を引き締めた。

    昼前に合宿地のホテルに到着。夕方の練習までの自由時間に、ホテル併設のプールでリラックスする選手がいた。
    真冬の日本やヨーロッパから真夏のオーストラリアへ。久しぶりにたっぷり日差しを味わい、
    チームの雰囲気が「緩んだ」と感じたのか、厳しい言葉を投げかけた。

    さらに指揮官は冷房の使い方にも注文をつけ、体を冷やし過ぎないよう徹底させた。
    前回王者の日本は1次リーグ突破が確実とみられている。

    それでも、DF長友は「(ブラジル)W杯では、比較的楽な相手に当たったと言われていたのに、結果が出なかった。
    今回も同じ。楽な相手だと思ったら足をすくわれる」と慎重だ。
    連覇を命じたアギーレ監督も、わずかな隙さえ許さないカミナリだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00000192-sph-socc
    スポーツ報知 1月4日(日)7時5分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00000192-sph-socc.view-000
    ピッチに散水される中、厳しい表情を見せたアギーレ監督

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ