サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2014年12月

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/30(日) 20:57:44.47 ID:???0.net
    チェコ代表GKペトル・チェフ(32)=チェルシー(イングランド)=が
    来年1月にACミラン(イタリア)へ移籍する可能性が浮上した。

    英紙「デイリー・ミラー」が29日、報じた。

    当初はアーセナルが獲得に興味を示しているとされていたが、アーセナルはそれを否定。
    代わりに移籍先として浮上したのが日本代表FW本田圭佑(28)が所属するACミランだ。
    700万ポンド(約13億円)を用意して18か月の期限付き移籍で獲得したい意向を持っている。

    ミランの他にはRマドリード(スペイン)、パリSG、ASモナコ(ともにフランス)が興味を示している。

    11月29日(土)22時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00000200-sph-socc

    続きを読む


    本田圭佑タッチ集!



    14/15 イタリア セリエA 第13節

     ミラン 2-0 ウディネーゼ
    ■ ウディネーゼ、マウリツィオ・ドミッツィが一発レッドで退場(後17分)
    1-0 ジェレミ・メネズ(後20分)PK
    ■ ミラン、ミカエル・エッシェンがイエロー2枚目で退場(後26分)
    2-0 ジェレミ・メネズ(後30分)
    ◇ ミランの本田圭佑は先発し後半37分までプレー

    [11.30 セリエA第13節 ミラン2-0ウディネーゼ]
     セリエAは11月30日、第30節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属する
    ミランはホームでウディネーゼと対戦し、2-0で勝利した。
    ミランは10月19日のベローナ戦以来、6試合ぶりの勝ち点3を手にした。

     前節、初の日本人対決が実現するなど、注目を集めたミラノダービーを
    1-1で引き分けたミラン。しかしここ5戦未勝利と、足踏みが続いている。
    連敗こそないが、11月を未勝利で終えるわけにはいかない。
    ミラノダービーで今季初のベンチスタートとなっていた本田だが、
    1節で先発に復帰。今期の定位置、右FWで出場した。

     前半から本田、FWジェレミー・メネズを中心にミランが攻めた。
    9分には本田のパスからメネズがシュートを放つが、DFに阻まれてしまう。
    同17分にはセットプレーからDFアディル・ラミがヘディングシュート。
    しかしこれもGKにライン上で弾き出され、先制点とはならなかった。

     試合が進んでもミランが攻勢を続ける。だが39分の本田の落としから放った
    メネズのシュートはわずかに枠左。同43分にはメネズのクロスに
    本田が飛び込むが、わずかに合わない。同アディショナルタイムにも
    本田がボレーシュートを狙うが、GKの正面を突いてしまった。

     後半に入るとややウディネーゼの時間帯が続いたが、
    徐々にミランが盛り返すと、迎えた後半17分、左クロスのこぼれ球に
    反応した本田がエリア内で倒されPKを獲得。
    このプレーでウディネーゼDFマウリツィオ・ドミッツィは一発退場となった。
    本田が獲得したPKだが、メネズが蹴り込み、ミランに先制点が入った。

     しかしミランも後半25分、MFマイケル・エッシェンが
    2枚目のイエローカードを貰ってしまい、再び戦いは10人対10人に。
    だが後半30分、メネズが左サイドからエリア内にドリブルで駆け上がると、
    そのまま右足シュート。豪快なシュートがゴールネットに突き刺さり、
    勝利を決定づける追加点が生まれた。

     積極的に攻撃に絡んだ本田だが、結局この日もゴールを挙げることは
    出来ず、後半37分にお役御免。6試合ぶりの勝利に貢献したが、
    本田自身は6試合連続不発となった。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00231974-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title
    本田がPKゲット!!続きを読む


    c601e153-s
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ