サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2014年12月

    764b10e7


    アジア杯で先発起用か

    日本代表DF酒井高徳(シュツットガルト)が、右ひざ故障の影響で代表不参加のシャルケDF内田篤人に代わり、
    1月12日のアジアカップ初戦のパレスチナ戦で右サイドバック(SB)の先発に起用される可能性が高まった。

    千葉県内で行われている強化合宿3日目。ハビエル・アギーレ監督は選手を2組に分けた。
    酒井は2トップの一角に入ったFW岡崎慎司(マインツ)、右の攻撃的MFに入った本田圭佑(ACミラン)と同じ組に入り、4バックの右を務めた。
    練習からブンデスリーガで培った激しいプレーを披露し、守備面の細かい確認を続けた。 アギーレ・ジャパンでは、不動の主力となりつつある酒井は、殊勝に語った。

    「グループですか? 分けましたね。(監督は)メンバーを最後まで対戦相手、体調だったり、いろいろ見て決める。しっかり準備することは変わらず、やるだけです」

    2014年のアギーレ体制に移行した6試合のうち5試合で先発。9月9日のベネズエラ戦は右SB、10月10日のジャマイカ戦で右 SB、
    14日ブラジル戦で左SB、11月14日のホンジュラス左SB、18日のオーストラリア戦で右SBを務めている。

    クラブでは左SBを務める酒井だが、左右を兼務できる多様性も武器としている。自身は常々左へのこだわりを強く見せているが、
    現時点では故障の影響で代表への参戦頻度が減っている内田の代わりに右の主力となりつつある。

     この日のアギーレ監督は、ワンプレー、ワンプレーに「戦え!」「守備のあともやれ」と絶叫しながら指示を出し続けた。
    この指揮官の怒気を含んだエキサイトぶりについて質問された、酒井はサラリとこう答えた。

    「やっぱりそういう風に感じてしまうんですね。向こう(ドイツ)にいるとなんら普段と変わらない。向こうにいると普通。いつもの注意と変わらない。
    最初はああいう風に声を出す人にビクッとしてしまうけれど、今はゲキにも感じない。何かテンション上がっているな、ぐらい」


    内田と同じひょうひょうとしたメンタルの持ち主

    酒井はメキシコ人監督の怒号にも一切揺るがず、平常心でプレーし続けることができる。そうしたひょうひょうとしたメンタルが内田と酷似している点かもしれない。
    それでもチームの練習試合で削りあいまで白熱するドイツでプレーしている男は、プレーそのものに高い熱を込めている。

    「大きな声が出ると、全体がピリッとなる。自分たちもそれに合わせて、フワッと入らず、ピリッと入りたい。でも、怒っている時のトーンは違う。ああいう声は、慣れっこ。
    対人の練習も増えた。チームとしてもガツガツいっている。雰囲気は大会に向けて大事。少しずつ本番にテンションも上がればいい。
    球際の部分も激しく、3日目にしてはいい練習だったと思う」

    どこか客観的に自分とチームを見つめることができる冷めた熱を秘める酒井なら、
    日本の右サイドに絶対的な地位を築いた内田の牙城を脅かすことができるかもしれない。

    12月31日(水)20時13分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141231-00010009-soccermzw-socc

    続きを読む


    ベルギーの新たなる才能ティーレマンスのプレー動画


    ドルトムントMF香川真司に、新たなライバルが生まれるかもしれない。ドイツ『ビルト』は、ドルトムントが2人の若きMFを狙っていると報じた。

    ドルトムントは今季、信じられない苦境に陥っている。シーズン前半戦を終え、ブンデスリーガで2部降格圏の17位に沈んでいるのだ。

    クラブとしては、この1月にも補強に動きたいに違いない。だが、その目は夏、さらにその先も見据えているようだ。

    『ビルト』によると、ドルトムントは17歳と20歳のMFを獲得を検討しているという。

    名前が挙げられたのは、アンデルレヒトの2選手。背番号10を背負うデニス・プラートと、17歳のユーリ・ティーレマンスだ。

    2人はともに、今季のチャンピオンズリーグでドルトムント戦に出場。ドルトムントは対戦前からティーレマンスに興味を持っており、

    今夏には1500万ユーロでオファーを出したが、アンデルレヒトに断られていたという。

    2人の市場価格を考えると、獲得には2200万ユーロ(約31億9000万円)が必要になるという。

    プラートについては、ベルギー代表のマルク・ヴィルモッツ監督も「アーセナル相手でも、彼は本当に驚かせてくれた。

    ボールを持ってもとても良いし、力強い。勝者のメンタリティも備えている」と絶賛。すでに代表デビューを果たさせた。

    ティーレマンスは2016年夏に現行契約が満了となるイルカイ・ギュンドアンの後釜になると目されているようだ。

    ユルゲン・クロップ監督も「もちろんユーリのことは知っている。目が見えるなら、気付かずにはいられないだろう」と話したという。

    熱望されて復帰しながらドルトムントで輝けない香川にとって、新たなライバルとなるのだろうか。

    12月31日(水)19時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00000011-goal-socc

    続きを読む

    30日に行われたドバイ・フットボール・チャレンジで、ミランはレアル・マドリーに4-2の勝利を収めた。

    フィリッポ・インザーギ監督はチームの戦いぶりに満足した様子を見せている。

    欧州王者・世界クラブ王者であるマドリーに挑んだミランは、

    FWステファン・エル・シャーラウィの2ゴールなどで4度目のドバイ・フットボール・チャレンジ制覇。

    試合後のインザーギ監督のコメントをクラブ公式ウェブサイトなどが伝えた。

    「満足している。だが親善試合であり、浮かれてしまうわけにはいかない。少し前からこういう戦いができており、今夜はすべてがうまくいった」

    「ここ3試合でナポリ、ローマ、レアル・マドリーと戦い、どの試合も互角にプレーして2勝1分けで終えることができた。

    チームには正しいスピリットと意欲がある。大いに満足することができた。今はリーグ戦のことを考えている。

    次のサッスオーロ戦こそが我々にとって最も難しい試合になるだろう」

    リーグ戦では出場機会が減少して苦戦しているエル・シャーラウィだが、

    この試合では2得点。復調に向けた大きなきっかけとなるかもしれない。

    「(エル・シャーラウィは)非常に良いプレーをして、素晴らしい2ゴールを決めてくれた。

    後から入った選手も含めて全員が素晴らしかった。選ぶのに困るほどだ」

    12月31日(水)10時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00000000-goal-socc

    続きを読む

    spa14092112190007-p1

    ラミとの交換でトーレスの後釜に!? 

    マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、ACミランのDFアディル・ラミ獲得のため、
    現在レアル・マドリードにレンタル中のFWハビエル・エルナンデスとのトレードを画策しているという。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

    「チチャリート」の愛称で知られエルナンデスは、今夏の移籍市場でレアルに1年間の期限付き移籍を果たした。
    だが、余剰戦力と見なしているレアル側は、買取りオプションを行使しない方針だという。

    しかし、エルナンデスはマンUでもルイス・ファン・ハール監督の構想外だという。
    大型補強で攻撃陣のタレント を充実させており、レアルのFWギャレス・ベイル獲得にサッカー史上最高の移籍金を用意しているとも報じられている。

    将来が不透明な状況だが、ファン・ハール監督には、秘策があるという。オランダ人指揮官は不安定な守備陣の改善を至上命題に挙げ、
    補強ターゲットとしてラミをリストアップ。ラミは今年1月にバレンシアからレンタル移籍を果たすと、そのパフォーマンスを評価され、
    7月に完全移籍での加入が決定した。今季リーグ戦11試合に先発出場し、ミラン守備陣をけん引している。

    また、ミランのフィリッポ・インザーギ監督は今季1得点で不振だった元スペイン代表FWフェルナンド?トーレスをアトレチコ?マドリードに期限付き移籍で放出。
    約1カ月不在のFW本田圭佑の代役としてMFア レッシオ?チェルチを獲得した。

    だが、1トップ役の補強が急務となっていたため、インザーギ監督はエルナンデス獲得を熱望。ラミとのトレードを提案し、交渉の場を設ける可能性があると言われている。

    アーセナルもラミ獲得を目指していると伝えられていたが、別のポジションに投資を優先。アーセン・ベンゲル監督も獲得が困難であることを認めている。
    八方塞がりとなっているエルナンデスがイタリアの地に赴き、本田との共演を果たす可能性が高まってきたようだ。

    2014/12/31 12:30
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/5303

    続きを読む

    9a2e8982-s


    日本代表は30日、千葉県内で

    来年1月のアジア杯(オーストラリア)に向けた合宿2日目の練習を行った。

    MF今野泰幸(31=G大阪)が年越し合宿に戸惑い? 

    ハビエル・アギーレ監督(56)の八百長疑惑については「選手は気にしていない」と力強く話す一方

    「元日も練習するなんて初めて。試合をしたことはあるけど…」とポツリ。

    ナーバスな表情ものぞかせたが、

    最後は「ただ、優勝したいという気持ちなので、メンタル的には問題ない」とうなずいた。

    2014年12月31日7時6分
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20141231-1415812.html

    続きを読む

    no title


    12月29日、『Guardian』は「スウェーデンで休暇を過ごしているズラタン・イブラヒモヴィッチがヘラジカを狩ったことに対し、
    動物保護団体が反対の声明を発表している」と報じた。

    狩りを趣味としており、そのために一つの島を購入したことでも知られているズラタン・イブラヒモヴィッチ。
    今年公開されたスウェーデンの自動車メーカーVOLVOのコマーシャルでも猟銃を構えている場面が使われている。

    そして28日、『Expressen』が巻頭で「ズラタン・イブラヒモヴィッチが500kgもの大きさのヘラジカを仕留めた」と特集記事を発表した。

    スウェーデンでは狩猟は一般的なレジャーの一つであり、同国には30万人もの競技人口がいると考えられている。
    ズラタンも2010年に免許を取得しており、違法行為ではない。

    しかし、この記事にスウェーデンの動物保護団体が反発。
    「有名人には象徴的な価値があり、行動に正当性を与える」としてズラタンの行為を非難した。

    カミーラ・ビョークボム スウェーデン動物保護団体書記長

    「これは問題がある。有名人がこのようなことをすれば、これらの活動をサポートしているような印象を広めることになる。
    有名な人物が公で物事を行う際には、常に象徴的な価値がある。それが正当性を与えてしまう。

    我々はレジャーで行うヘラジカ狩りなどの文化に盲目である。
    野生動物の存在に対し、ハンターは不均衡な影響力を持っている。動物に対する福祉という視点が存在していない」

    2014/12/30 12:00
    http://qoly.jp/2014/12/30/zlatan-ibrahimovic-hunted-500kg-moose

    動画 コマーシャル Zlatan Ibrahimovic Volvo Super Bowl Commercial | Zlatanfis
    https://www.youtube.com/watch?v=X95j5Xf-c3c


    続きを読む


    コルドバは30日、日本代表歴を持つFWハーフナー・マイク(27)が
    退団したと公式サイトで発表した。
    コルドバによると本人との合意により、契約を解除したという。

    今後の所属先は未定だが、ドイツのクラブが獲得に動いており、
    古巣の横浜も移籍先の候補に挙がっている。

    ハーフナーは今季、フィテッセから加入。
    Rマドリードとの開幕戦では先発出場したがレギュラーには定着できず、
    10月以降はベンチにも入れない状態が続いていた。

    リーグは5試合に出場し無得点だった。

    2014年12月31日 05:30
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/12/31/kiji/K20141231009551000.html

    写真
    no title

    続きを読む

    no title


     ウィンターブレイク中のミランとレアル・マドリーによるドバイ・フットボールチャレンジが30日に行われ、4-2でミランが勝利を収めた。

     レアル・マドリーはC・ロナウドがキャプテンとして先発出場し、周囲をリーグ戦で比較的出番の少ないメンバーが固める。

     一方のミランはモントリーボやメネズ、エル・シャーラウィといったリーグ戦でも多くの試合に出場した選手たちがスタメンに名を連ねた。

     ゆったりとしたペースで試合は進み、24分に思わぬ形でミランが先制に成功する。24分、ナチョのバックパスを掻っ攫ったメネズがGKナバスをかわして無人のゴールに流し込んだ。

     組織の完成度でマドリーを翻弄するミランは27分、少ないタッチで右サイドのボナベントゥーラに繋ぎ、エリア内にクロス。このボールはナバスに弾かれるも、こぼれ球をモントリーボが強烈なボレーシュート。しかし、このシュートもナバスの好セーブに防がれた。

     そして31分、メクセスの中央突破からボナベントゥーラに繋ぎ、最後はエル・シャーラウィがゴール左隅を射抜く見事なミドルシュートでミランが追加点を手にした。

     マドリーもやられてばかりでは収まらない。35分、自陣ゴール前の攻防からカウンターを繰り出し、10秒もかからずC・ロナウドがフィニッシュ。2失点目の直後、1点差に迫る。

     後半開始から両チームともメンバーを大きく変更。マドリーがベンゼマやベイル、ハメス・ロドリゲス、カシージャスら主力を投入した一方で、ミランはポーリ、パッツィーニ、ザッカルドといったベンチメンバーを投入した。

     しかし、追加点はミラン。48分、ポーリとの連携でフリーになったエル・シャーラウィがニアサイドに狙いすましたシュートを蹴りこみ、再び2点差とする。

     さらにミランは73分、ニアンのクロスにパッツィーニが頭で合わせて4-1に。ヨーロッパ王者マドリーを圧倒する。

     ボールを持ってゴールを狙うマドリーだが、相変わらずペースが上がらない。そんな中、83分にエリア内でナチョが倒されPKを獲得。そのPKをベンゼマが豪快に決めて再び2点差に迫った。

     スポンサーの前で負けるわけにはいかないマドリーは終盤怒涛の攻めでミランゴールに襲い掛かるも、反撃及ばず。

     アンチェロッティとインザーギの師弟対決は“弟子”のインザーギに軍配が上がった。

     この試合の勝利はミランにとって大きな1勝に違いない。リーグ再開初戦のサッスオーロ戦に大きく弾みをつけた。

     敗れたマドリーは1月4日に4位バレンシアとの一戦を控えている。この敗戦がリーグ戦に影響するのか、後半戦も目が離せない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141231-00010000-footballc-socc

    続きを読む


    日本代表は30日、来年1月9日からオーストラリアで開催されるアジアカップに向けた国内合宿2日目の練習を実施。
    練習後、フランクフルト所属のMF長谷部誠が記者団の取材に応じた。

    練習では、「アンカーのポジションだったり、2ボランチだったり、もう1つ前のポジション」でプレーをしているという長谷部は、
    「全てのポジションができる準備をしておけば問題ないかなっていうのはあります。
    もちろん監督がここに選んでいるという意図、監督の中で僕をどう使うかのプランもあるだろうし」と、与えられたポジションで自分の役割を果たしたいと語った。

    けがの影響でシャルケ所属のDF内田篤人を欠いた日本代表。

    ハビエル・アギーレ監督は鹿島アントラーズ所属のDF植田直通を追加招集し、3バックも視野に入れていると伝えられている。
    長谷部は、「3-4-3」のシステムについて「そういう話はしてないですね。今までやったことないです」とコメント。
    「日本人には今まであまり馴染みのないっていったらあれですけど」と話しながらも、
    「世界では結構3-4-3がスタンダードになってきたりしているんで、トライすることはいいと思います」と前向きに捉えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00263648-soccerk-socc
    SOCCER KING 12月30日(火)22時7分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ