サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    2014年07月

    2014-07-31-19-37-24
    サッカーダイジェストWeb
    2014年07月31日00時00分

    【移籍市場速報】ガーナ代表A・アユーがミラン加入に前向き

    「左利きの右ウイング」の補強を進めているミランが、アレッシオ・チェルチ、ホエル・キャンベルと並んで候補にリストアップしているのが、
    ガーナ代表のアンドレ・アユー(マルセイユ)だ。

    今のところはまだ検討段階であり、具体的な交渉には至っていないが、アユー本人は移籍に前向きで、
    ミランのリストに自分の名前が挙がっていることを知って以降、QPRやディナモ・モスクワからの好条件のオファーを断り、
    ミランから声がかかるのを待っている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9099756/

    続きを読む

    no title

    サッカー=ベルギー代表ルカク、チェルシーからエバートンへ

    [ロンドン 30日 ロイター] -
    サッカーのイングランド・プレミアリーグ、エバートンは30日、
    ベルギー代表ストライカー、ロメル・ルカク(21)を同リーグのチェルシーから獲得したと発表した。
    移籍金はクラブ記録の2800万ポンド(約48億7000万円)。
    ルカクは昨季レンタル選手としてエバートンでプレーし、33試合で16ゴールを記録。
    エバートンの欧州リーグ(EL)出場権獲得に貢献した。
    「昨季は素晴らしい経験をし、監督やチェアマン、スタッフとの関係も良かった。新しいシーズンが待ちきれない」と語った。
    ルカクは2011年にベルギーのアンデルレヒトからチェルシーに1800万ポンドで移籍した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000086-reut-spo

    続きを読む

    Bt1pAz8CYAEG5AO

    日本の寝具メーカーである東京西川と広告契約を結び、
    31日に単独では初となる来日を果たしたバルセロナ所属のブラジル代表FWネイマールが、
    同日、フジテレビ系のテレビ番組「バイキング」に生出演した。

    来日直後に早速、日本メディアに登場したネイマールは、
    「(日本に来られて)嬉しい。いつ来ても楽しいよ」と日本の印象について語ると、
    「良いところ、楽しいところを見ていきたい」と観光することを希望した。

    番組内のコーナーで、「6歳の頃にスカウトされた?」と聞かれると、
    「本当だよ。父もサッカー選手だったんだけど、その試合中に観客席を走り回っているところを見た、
    ベッチーニョ(サントスの下部組織コーチ)が『あの子は天才だから』と声を掛けてくれたんだ」と、
    ボールも持っていない時の様子だけで、声がかけられたことを明かした。

    また、サッカー上達の秘訣については、
    「基礎をしっかりやること。パス回し、キープ力、シュートといったことを地道にやることだね」と説いた。

    ネイマールのベストゴールシーンをいくつか紹介され、その中でも「記憶に残るのは?」と聞かれると、
    「日本戦のだね」と2013年のコンフェデレーションズカップで決めたミドルシュートをチョイス。
    スタジオの反応を見ると、両手を合わせて「ゴメン」のポーズで和ませた。

    スタジオにはゲストで女優の貫地谷しほりさんが出演していたが、
    ネイマールは「すごくかわいい」とコメントしつつ、
    「でも、僕はブラジル人だからブラジル人女性の方が好きかな(笑)」と会場を笑わせた。

    日本で食べたいものは「スシ」と答えたネイマール。
    スタジオの観覧客にサインをするファンサービスも見せ、スタジオを後にしている。

    SOCCER KING 7月31日(木)12時51分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00216452-soccerk-socc

    続きを読む

    f-nsp140725_honda03-ns-big

    ACミランのMF本田圭佑は31日(現地時間30日)、
    ギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップ(ギネス杯)が行われている米国ピッツバーグでの午前練習でトレーナーストップがかかり、
    午後の練習を緊急回避した。

    ミランは、27日に1-5で惨敗した大会2戦目のマンチェスター・シティ戦が行われたハインツフィールドでトレーニングを続け、
    この日は二部練習となった。

    ギネス杯で2連敗中のフィリッポ・インザーギ監督は午前中、戦術練習に加え、ハードなフィジカルトレーニングをチームに課した。
    非公開練習ではコロンビア代表DFクリスティアン・サパタも部分合流し、本田もメニューをすべてこなしたという。

    一般客にもオープンになった午後の練習で、ハインツフィールドには約500人のファンが駆けつける中、本田の姿は練習場になかった。
    背番号「10」不在のチームは、ウォーミングアップ、ボール回し、ハンドボールと順調にメニューを消化し、
    最後はグラウンド半面を使った11対11のミニゲームも行われた。その主力組にはイタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ステファン・エルシャラウィらが顔を並べていた。

    ミランの広報担当は「本田は22日に合流して、コンディションを上げるためにハードなトレーニングを積んできた。
    トレーナーが本田を休ませたい、と言ってきたのでこういう形になった」と説明し、負傷でないことを強調した。

    本田は3トップの右ウイングで先発したマンチェスター・C戦で前半運動量豊富に中央へと進出するなど活発な動きを見せた。
    だが、後半はガス欠。見せ場のないまま、後半39分に途中交代した。

    「いやー、きつかった。プレーにキレがある? 前半ぐらいまではね、まあ結構動けるかなと思いましたけど、後半一気に足が止まって……。まあこれからですね」
    本田は試合後、そう自らのスタミナ切れを告白していた。

    同じく22日からチーム練習に合流したバロテッリは、この日も2部練習をこなし、2時間の午後練習後にはピッチに横一列に並んだサポーター一人ひとりにサインをし、
    最後にはトレーニングシャツもプレゼントするなど元気な様子を見せていた。

    しかし、その姿とは対照的に、トレーナーがストップをかけるほど本田は疲労蓄積の様子だ。
    広報によると、宿舎のジムで調整と、マッサージに終わったという。

    ギネス杯2試合では昨年と同じ右のアタッカーで出番を迎えたが、チャンスを演出することができていない。
    8月3日(現地時間2日)のギネス杯3戦目のリバプール戦までに体調は上がるのか。そもそも出番はあるのか。
    定位置奪取に向け、何とかトップコンディションに仕上げたいところだ。

    occer Magazine ZONE web 7月31日(木)11時55分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140731-00010003-soccermzw-socc#!brK72d

    続きを読む

    no title

     バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、31日に来日した。

     ネイマールは、単独では初となる来日。羽田空港には約700人のファンが集まり、 世界的なスターを出迎えた。

     10時過ぎに姿を見せたネイマールは、集まったファンに次々とサインする ファンサービスを実施。ファンが殺到したことで、一時騒然とした。

     なお、滞在中には、寝具メーカーの東京西川とのサポート契約締結の 発表会見に出席する予定となっている。
    .
    SOCCER KING

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00216402-soccerk-socc
    ファンにサインをするネイマール
    no title

    ネイマールにサインを求めるファンが殺到した=羽田空港


    続きを読む


    jpeg


    2022年のサッカーW杯カタール大会で使用されるスタジアムの建設作業員は、
    時給0.76ドル(約78円)の低賃金で働かされていることが分かった。
    30日、英紙ガーディアンが報じた。

    収容人数4万人のアル・ワクラ・スタジアム建設に関わる100人の労働者の中には、1か月で最大30日間の労働を強いられながら、
    1日あたり4.9ポンド(約850円)しか支払われていない者もいたという。

    同紙は、外国人労働者のパスポートが建設会社側に取り上げられている点でも、労働規定に違反していると伝えている。

    2022年W杯を運営する最高委員会は、「超過勤務手当と時間を計算する必要がある。業者と話し合い、問題点を改善している」としている。

    賃金が1年以上未払いで、衛生管理の行き届いていない環境での生活を強いられている労働者もいるとされるが、
    30日の報道を受けた委員会側は、カタールを拠点とする中東の衛星テレビ局アルジャジーラに対し、
    「ガーディアン紙が提起した問題を積極的に検証している」と明かしており、「労働規定の違反についての疑惑を真摯(しんし)に受け止める」とした。
    委員会は、「W杯開催地に立候補したときから、労働環境を整えることに尽力し、社会発展の仲介役になろうとしてきた」と語っている。

    カタール大会のインフラ整備には約1340億ポンド(約23兆3000万円)が注ぎ込まれているが、
    アジア各国をはじめとする国々からの外国人労働者に対する人権侵害も取り沙汰されていた。

    カタール側は、建設作業員が搾取されているという疑惑を一蹴し、対策を講じていると発表してきた。
    5月には、議論を呼んでいた「スポンサーシップ制度(身元保証人制度)」を廃止することを発表し、
    雇用者が外国人労働者を意のままに操ることができる従来の仕組みを変えようとしている。

    AFP=時事 7月31日(木)9時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000007-jij_afp-socc

    続きを読む

    E382A2E382AEE383BCE383ACE79BA3E79DA3
    日本代表のハビエル・アギレ新監督(55)が、初陣となる9月5日のウルグアイ戦(札幌ド)、
    同9日のベネズエラ戦(日産ス)のキリンチャレンジ杯2試合に向けたメンバー発表会見を8月28日に予定していることが30日、分かった。
    メキシコ・メディアには戦術面に言及し、5バックを導入する考えを明言。メンバー構成が一気に変わる可能性も出てきた。

    Xデーが定まった。日本協会関係者によると、アギレ・ジャパン初のメンバー発表を8月28日に予定していることが判明。
    同月10日過ぎに来日予定のアギレ監督はJリーグ2節と天皇杯を視察し、23人前後のメンバーを決定する。

    構成は大きく変化する可能性が出てきた。アギレ監督がメキシコのサイト「メディオ・ティエンポ」で、戦術面に初めて言及。
    「メキシコ人と日本人は体格が似ている。5人のディフェンスラインで守ってボールを奪い、そして攻める。
    そういうサッカーをやるアイデアがある」と5バックの導入構想を明かしたのだ。

    4-2-3-1布陣での攻撃サッカーを掲げていたザック・ジャパンからの大変革となる。
    初陣こそ前任者の流れを引き継ぐ可能性もあるが、塩谷(広島)、槙野(浦和)、鈴木大(柏)ら所属クラブで3バックをこなすDF陣や、
    MF細貝(ヘルタ)ら守備力のあるボランチが台頭する可能性は高い。

    ブラジルW杯では5バックを導入したメキシコ、オランダ、アルゼンチン、チリ、コスタリカの全5カ国が16強に進出した。
    堅守速攻をベースに攻撃的な左右ウイングを置くことで、守備を安定させながら縦へのスピードを加えられる結果重視の戦術だ。

    アギレ監督は「日本のサッカーはスピードと技術に優れるが、したたかさに欠ける。ラテンのずる賢さを伝えたい」と意図を説明した。
    「コンフェデレーションズ杯(2018年ロシアW杯のプレ大会)の出場権を取るためにも優勝しなければならない」と、
    来年1月のアジア杯制覇を最初の公約に掲げた新監督。すでに映像で日本選手の分析を進めており、まずは「8・28」の顔ぶれが注目される。

    サンケイスポーツ 7月31日(木)5時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000501-sanspo-socc

    続きを読む

    no title


     【ボゴタ=是永桂一】コロンビア訪問中の安倍晋三首相は29日昼(日本時間30日未明)、
    サントス大統領との首脳会談後の共同記者発表で「次のサッカーのワールドカップ(W杯)では決勝戦で、
    ぜひぶつかりたい」と述べ、ブラジル大会1次リーグで日本代表が敗れたコロンビアへの雪辱を誓った。

     両国代表の対戦を午前5時からテレビ観戦したという首相は「コロンビアは決勝リーグ進出が決まっていたので、
    少し力を抜くかもしれないと思ったが、全力を尽くすプレーに感服した」と笑いを誘った。

     サントス大統領も「決勝戦になるかもしれないが、ぜひまた対戦したい」と応じた。

    続きを読む

    201302060002-spnavi_2013020600003_view


    スペインリーグのバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(27)に“刑務所”行きの可能性が高まっている。
    欧州発の報道によると、スペインの裁判所は28日、脱税容疑がかけられているメッシの捜査継続を検察当局に命じたという。

     メッシと父のホルヘ氏は2007年から09年までの肖像権収入を、ペーパーカンパニーを経由して400万ユーロ(約5億5000万円)
    を脱税した疑いで昨年、税務当局から告発された。すぐに修正申告し、500万ユーロ(約6億9000万円)を支払った上で、昨年9月に
    は裁判所に出廷。

     メッシは「弁護士や財産管理人に任せている」と脱税を否定し、資金の流れについて把握していないと主張した。

     そこで検察側は審理対象を父のホルヘ氏に絞り込み、裁判所にメッシの起訴見送りを要求。しかし裁判所は、脱税に関する契約書
    に本人のサインがあるため「架空会社の設立などを認知していた可能性がある」として棄却した。今後の捜査の行方次第では、メッシ
    自身が収監されるケースもありそうだ。

     スペイン各紙は、今回の脱税事件でメッシが有罪になれば、禁錮6年が科せられるとも報じた。また英紙「サン」は脱税額の6倍とな
    る2400万ユーロ(約33億円)を支払えば、収監を免れると伝えている。捜査と裁判の行方に注目だ。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ