1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 16:56:11.93 ID:???*.net

1468185_w2

『得点力アップのためのヒント』と題した論文を発表した、東京経済大学サッカー部の監督を務める富岡義志雄教授の見解から決定力不足を解消するにはどうすれば良いのか、そのヒントを探ります。(『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.38』より一部転載)

■ ジュニア世代から得意なものを指導者が一緒に探してあげる!

 2011年2月に東京経済大学のサッカー部の監督を務める富岡義志雄教授が『得点力アップのためのヒント』という論文を発表した。「なぜ、この論文を作成したのか」を問うと、次のように答えてくれた。
「シュートチャンスがあるのに、日本人選手は打ちません。ボールを蹴ってもふかしてしまうことが多い。そこには理由があり、何を改善すればいいのかとさまざまな書物に目を通しました。
今後、ゴールを決めるためのスキルアップのヒントになればいいなと、研究ノートとしてまとめました」

さらに興味深い見解も語ってくれた。
「プレーはすべて100%でやればいいわけではありません。人間が力を最も発揮できるのは70~80%の力でプレーしたとき。そのときに力を出し切る確実性が増すのです。つまり、シュートも100%で蹴ろうとすると失敗する可能性が発生します」
 よく肩の力を抜いてプレーすると、うまくいくと耳にする。何事もそうかもしれないが、気合が入りすぎても、逆に緊張しすぎても普段通りのプレーができない。教授はこうアドバイスをしてくれた。

「シュートで言えば、得意なコースやシュートパターンを作っておくことも大事です。その理由は自信と余裕にあります。
たとえば、最近引退したデル・ピエロ選手が得意とした左斜め45度エリア、通称デルピエロゾーンもそうです。このエリアでシュートを打ったら絶対に入るという自信が余裕を生み、ゴールにつながる。
すると経験が上積みされるから、より自信が深まります」

 ゴールを決める感覚を養うには、ジュニア世代から得意なコースやシュートパターンを身につけるのも1つの手段である。それがあればチームもそれにハマるようにプレーでき、攻撃の指針になる。
すると、必然的に得点力アップにも関係してくる。

■ 海外の選手のシュートは『腰で蹴る』

 シュートに限らず、プレーの上達には子ども自身が気づき、自ら練習にこだわりをもって取り組むことが必要不可欠である。
だから、指導者は選手に寄り添い、自信を持っているシュートやそのパターンを一緒になって見つけるのが役目だ。それが得点力を上げるのに有効な近道の1つだろう。

 富岡教授もサッカー部の監督だが、指導者として選手に与えられるものは理論やデータなどの知識に基づいたヒントだという。
「とある本に、こんなことが書かれていました。ストイコビッチが名古屋グランパスエイトで日本人選手に対し『なぜパスをするたびに毎回止まってしまうのか。
それでは相手にパスが読まれてしまうだけでなく、次の動き出しも遅れ、試合の流れが止まってしまう』と指摘したことがあると」

 これは日本人選手のキックが海外の選手と異なることを意味する。日本人はキックの際、一連の動作で立ち足に重心をかけ続けているから次の動作が遅れる。重心を蹴り足と同じように前方へと移動させたら次の動作へスムーズに移行できる。

 論文には、日本人選手と海外の選手のインステップシュートのフォームを比較した表が記されている。そのなかには、おもしろい違いもある。
『蹴り足の軌道』では、日本人はボールが上方に上がりやすく、海外の選手は低い弾道で飛ぶ特徴があるとか。ほかにも、『腰の動き』では、日本人選手は動かさず、海外の選手は捻るため、イメージとしては腰で蹴る感覚だとか。

 このように文字に起こされるとより強く認識し、プレー中でも客観性をもてる。そして、これに関連したデータがある。
 それは、2002年と2006年のワールドカップで得点となったシュートコースのデータである。ポイントは『高さ』だ。肩から上、腰から肩、腰より下で調べると、両大会とも70%以上、腰より下の低い弾道でネットをゆらしている。

 元ブラジル代表のジーコが「シュートはゴールにパスをするように打つのが基本」だとアドバイスをしていたことは有名だ。それと同様、データからもわかる通り、低い弾道の方がGKも防ぎにくいようだ。
 この前に、インステップシュートのフォームの違いに触れたが、『低い弾道』のシュートが蹴れる海外の選手が確率高くゴールを奪えているのはデータにも表れている。







2: casillas ★@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 16:56:23.59 ID:???*.net
■ 指導者は裏付けある知識を持ち個々に合ったアドバイスを送る

 もう1つ興味深いポイントがある。それは『GKとの駆け引き』だ。教授はこれを『シュート戦術』といい、サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人選手を実例に挙げた。
 同選手は7月末にJで12年連続2ケタ得点を記録。プロサッカー選手の中では身長も低く、スピードがあるわけではない。
その中でも第一線で得点を奪い続けられているのは、シュート戦術が優れている証だという。
GKとDFとの駆け引きでフリーになるスキル、一瞬のスキを見つける能力、GKの体勢を見抜いて重心や動き出しのタイミングを外す洞察力など日本人FWが参考にできる点は多い。

 ここで富岡教授が指摘したのはジュニア世代の指導者によるオーバーコーチングだ。
「東京経済大学のサッカー部で指導をはじめて30年以上経ちます。今の選手たちはパスをつなぎ、周囲と連動してサッカーをします。ボールテクニックにも優れ、いい判断もできています。
しかし、それは自分たちが主導権を握っている場合に限ります。対戦相手が優位に立っている場合、状況を打開したり、試合の流れを変えたりすることができないことに問題を抱えています。
きっとジュニア世代から『なぜ?』を問いかけられず、指導者にある程度の答えを示されていたのが原因だと思います」

 確かに日本人の指導者はキックを教えるときも足首を固定してつま先まで伸ばすなど『型』にはめすぎている。子どもたち一人一人によって体型や体の柔軟性などが違うのに…。教授はこう続けてくれた。

「たとえば、毎回の練習で15分ほどの時間を子どもたちに与えてはいかがでしょうか。練習メニューを考えさせ、自分たちですべて取り組ませるのです。
そうすれば必然的に『なぜ』そのメニューを考案し、練習したのかを考えざるを得ません。継続すれば、試合の中で起こる『公式外』の状況を個々で打開できるようになるはずです」

■ サッカーと同様データも進化している。指導者も選手も変化すべき!

 富岡教授が強調するのはサッカーが進化するのと同様、データも変化するので選手も自らをアップデートする必要があるということだ。
世界レベルの選手たちはキックもインパクトの瞬間に当たるポイントを変えたり、縦回転や横回転を使い分けたり、シュートモーションに入っているのに止めることができる。
当然、キックの理論は教えているだろうが、その後は選手に任せ、実践の中であらゆる局面を経験させて自らで学ばせている。最後に、富岡教授がドイツのある指導者の話を聞かせてくれた。

「最近は指導もフリーズが一般化されました。どの監督も選手がミスをするとプレーを止め、そこでアドバイスを送ります。
しかし、ドイツ人指導者のバイスバイラーはミスしてもプレーを止めなかったといいます。
シュートを決めたときなど成功したときに止めて、うまくいった理由を解説し褒めたと聞きます。きっと成功イメージを選手たちに植えつけたかったのでしょう」

 以前、脳神経科学・応用健康科学を専門に研究している篠原菊紀先生を取材した際、こんな話をうかがったことがある。
「脳に膨大なプレーデータを蓄積し、それを適切なタイミングで瞬時に引き出すときに重要なことは『感情』の度合いです」

 つまり、ゴールを決めるという点では、子どもがシュートに成功し、うれしい度合いが強いほど、次に同じような場面になったときにプレーデータから引き出せる。
だから、指導者は裏付けのあるアドバイスを送ると共に、より成功イメージを強くもたせるために『褒める』ことも重要なのだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151023-00010012-footballc-socc

3: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 16:57:55.97 ID:GE9hixZR0.net
急にボールが来ても大丈夫かどうか。

4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:00:16.63 ID:8AcwqDi70.net
クリロナ見りゃ分かるだろ
ポジショニングだよ

5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:00:32.46 ID:ei2VTEaq0.net
エゴ出してゴール乞食に専念して監督のお気に入りになって自分にボール集めて味方にパス出させるようにする

6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:01:09.61 ID:4AqIbi8W0.net
人は記憶型と思考型に大別できる

早い話が・・・
・力を抜く
・腰を入れる
・無心

昔から言われてることだね

7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:01:30.89 ID:F3pcm4pJ0.net
ここぞという時に謎ポテンシャルを発揮するジルー師匠を見習え!

8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:01:41.78 ID:0QTU58wV0.net
元ブラジル代表のジーコが「シュートはゴールにパスをするように打つのが基本」

誰かさんはほんとにGKにパスするように正面のとりやすいシュートばっかなんだよなw

11: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:02:37.59 ID:xQeEF7kn0.net
GBK対策な

16: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:04:15.33 ID:5TrQsv+n0.net
嗅覚、貪欲さ、エゴ、ポジショニング

日本人に無いもの全部

18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:05:07.81 ID:Vmy7tkj2O.net
ストライカーにとって一番大切なのは変態性だろ
爽やかパイパン青年みたいなFWは観ていてワクワクしない
とにかく人のやらないことをこだわりを持ってやり通す
変態ストライカーが現れなければ日本は強くならんわ

19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:05:29.54 ID:70tw5ekr0.net
度胸があるかないかだろ
一瞬のひらめきと反射神経はもちろん必要
性格が悪ければなお良し

23: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:07:02.92 ID:Uyw0RKC/0.net
一番重要なのはDFやGKの戦術的な動き方を理解してるかどうか
理解して逆を取れる選手とたまたま逆を取れる選手だと時間的な差や回数的な差が出る
それがスペース的な余裕や精神的な余裕にも繋がるから結果に差が出る

26: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:09:01.90 ID:5TrQsv+n0.net
>>23
そんなの関係ないぞ
スアレスは自伝で
「監督に戦術とか聞いていても試合中はそんなもの考えてない 本能で動いてる」と
発言してる







33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:14:23.67 ID:sjIFo0TM0.net
>>26
ヘボな選手だといちいち考えてやらなきゃならん事を
スアレスレベルの選手だと無意識でやれるってだけの話だろ

61: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:44:23.48 ID:4JSSOieh0.net
>>33
これだな
本当に何も考えていないのではなく、無意識で理解してるからこそ点を決められる

64: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:47:49.46 ID:A1EEBtJH0.net
>>61
子どもの頃から培ってきたからこその無意識だな
特に南米系の選手の感覚的な部分は次元が凄い

42: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:22:47.82 ID:Uyw0RKC/0.net
>>26
自分達の戦術じゃなくて相手の戦術の穴
日本代表が相手の穴じゃなくて自分達のサッカーに拘ってる頃スアレスは野生の勘で相手の穴を的確に突いてるから得点を量産出来るんだと思う
別に野生じゃなくても良いけどそこが大事

例えばGKとCBは連動して守るからCBの股を抜いた同サイドのシュートは威力が低くても入りやすい
これはGKがニアをCBに任せてファーを守りやすいポジや重心で用意してるから
こう言う感じの戦術的な穴を突く技を得点を量産出来る選手はとにかく沢山持ってる

24: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:08:09.58 ID:wUkcE08O0.net
協調性 以心伝心性 日本サッカーとお前らが臭い臭い野球かよ全体主義かよと全否定してきたもの

25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:08:41.72 ID:MT31xiJm0.net
元々シュートなんて7本打って1本入れば良い方。
レバンドフスキはなんかおかしい。

29: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:11:14.86 ID:JIoYwIxM0.net
日本のプレイヤーのシュートは枠にほとんど飛ばないイメージだが
海外はどうなの、さすがに日本よりは飛ぶよね?

38: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:20:32.87 ID:MT31xiJm0.net
>>29
メッシやレバンドフスキのような超一流はミドルが6割程度枠に飛ぶ。
その他のトップリーグのシュート上手い選手で4割程度。

他の選手はミドル打っても枠に行くのは2割程度。
日本のフォワードとあんま変わらない。

日本人だと宇佐美と大久保と甲府の阿部のミドルが4割程度枠に行くけど他は2割以下。

30: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:11:37.30 ID:mDM3OimI0.net
俺はサッカーファンでもないしただの素人だが、見る限り、

ゴールを高率に決めるのに必要なのは意外性だ。
海外では創造的とか言ってるようだが。

広い方が空いてるのに狭い方を通して打ったり、
立ちふさがった相手でキーパーからブラインド化しているの逆利用したり。

日本人のを見てると、
ちょっとでも余計にフリーになって、
ちょっとでもいい位置から打とうと必死になるが、
そんなチャンスはよほど弱い相手でなければ作れない。
もし作れて打っても全部読まれる。

兎に角意外性が無い。

34: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:15:20.77 ID:PG8yW2Fb0.net
>>30
とにかくシュートモーションがでかいやつはゴールできない

41: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:21:53.76 ID:+dFtXNFR0.net
>>30
結構当たってるよ
日本人のなんでも型にはめたがる気質がそうさせてる
お手本通りなんだよね良くも悪くも

36: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:15:48.30 ID:2/oMIulFO.net
日本にはストライカーの嗅覚が有る選手は沢山居るがセンスを兼ね備えてる奴が居ない

37: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:20:07.13 ID:dEhYworzO.net
本田や岡崎より
香川や代表の一部は両足のボールコントロール技術が高い
でも香川や多くの代表選手のシュートは
アジア予選でも本気モードの相手だと入らない
本田を控えにしてどんなに速く華麗な連係をしても入れられない

57: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:41:32.79 ID:QUZN+8Gg0.net
>>37
決定率の低い本田を例えに出すとか釣り針デカすぎ

71: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:51:44.30 ID:dEhYworzO.net
>>57
 ゴール
一一一一一=決定率
シュート

って意味ないだろ
本田は技術と運動量と理屈なき1試合に対してのゴール率が高いんだよ
そんな選手をミランでも代表でもサイドに追いやって・・・勿体ない

44: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:23:13.56 ID:Q7dUCm9M0.net
ポジションが違う

49: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:27:30.62 ID:QlQTeO0I0.net
FKとかリフティングとか止まって蹴るのは日本人ほんとうまいよ
でもサッカーって走りながらやるもんだからw

って誰だか外国人選手が言ってた

70: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:51:30.73 ID:A1EEBtJH0.net
>>49
ボールの扱いは上手いけどサッカーはヘタクソってよく言うよね

54: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:36:11.10 ID:adpIuzzy0.net
ゴールシュートする奴しない奴
それが違いだ

55: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:37:55.28 ID:ofRFdNIv0.net
確かにシュートをふかす事が多いのは日本の育成問題だと思う
疲れてきたりトップスピードになればなる程ふかしちゃうのは体重の乗せ方や蹴りかたに問題がある
走り込まない制止した状態でのパスやシュート等の基礎練が染み付いてるのかな

65: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:48:40.79 ID:3TO8AgVJ0.net
シュートまでもっていけない言い訳にシュートうたないなんていってる
日本人はうてうていってるけど、ほとんどの場合はうてないんだよ。
スピードやボディバランスが足りない。
しっかりシュートうてる態勢にもっていくのに時間もスペースも必要になる。
昔の香川みたいなアジリティや宇佐美みたいな振りの速さがあればいいけど

67: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:50:13.69 ID:Uyw0RKC/0.net
日本人がシュートをダフるのはゴールが入るセオリーを持ってないもしくは少ないせいで毎回強いシュートをキーパーが居ない場所に正確に蹴ろうとするからだと思う
針の穴を通す精度で強いボールを蹴ろうとすればそりゃ外国人もダフる
キーパーやDFの逆を取る為のセオリーを多くのエリアで持ってるかどうかの方が実際は大事だと思う

69: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 17:51:29.73 ID:AIMtpRBO0.net
シャビのパス出しとかビルトもほとんど勘や反射に近いらしい
でも、それまでに蓄積されてる膨大な局面から直感的に判断してるみたい

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1445586971/0-