「ここはアメリカだ」判定に苛立つメッシに主審が驚きの発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00741411-gekisaka-socc
 26日に行われたコパ・アメリカ準々決勝で0-0からのPK戦の末、コロンビア代表に競り勝ったアルゼンチン代表。からくも4強入りを決めたが、この試合でFWリオネル・メッシとロベルト・ガルシア主審がかわした会話が話題になっている。

 計8枚のイエローカードが飛び交った一戦。後半アディショナルタイムにはメッシも警告を受けたが、スペイン紙『マルカ』によると、メッシは試合中、コロンビアの選手のラフプレーに苛立ちを募らせ、なかなかファウルを取らないメキシコ人主審に問いただしたのだという。

「何回か質問したが、彼の答えは『ここはアメリカだ』というものだった」。普段、欧州でプレーするメッシらに対し、欧州と南米あるいは中米では判定基準が違うと言わんばかりだった。

 同紙によると、FWセルヒオ・アグエロも同様の発言をしており、「僕には理解できないね。南米には別のサッカーがあるようだ。主審は『ここはアメリカだ』と言ってきた。僕らもここで生まれ、昔はここでプレーしていたのに」と疑問を投げかけていた。

ゲキサカ 6月28日(日)18時24分配信

■オススメ記事

【悲報】宮市、練習試合で活躍も早くもアキレス腱に問題で別メニュー・・

【悲報】ネイマール抜きのブラジル弱すぎる…パラグアイに敗れベスト8で散る

なでしこ、オーストラリアに勝利!岩渕の土壇場決勝ゴールでオーストラリアを1-0で下し2大会連続で4強進出!

中国が分析、なでしこジャパンが強くなった理由…育成システムの構築、なでしこLのチーム数が6→32、多くの国内大会、部活

【画像まとめ】武藤嘉紀を送り出すFC東京の味スタがバルサのカンプノウぐらい凄くて感動!!!

【動画】宇佐美初ハットトリック!!わずか10分足らずで凄まじいショータイムを魅せる!

フッキの豪快シュートがGKの体を吹っ飛ばす!まるで“キャプ翼”のリアルタイガーショットWWW

【画像】往年の名選手の超オシャレ壁紙を手に入れろ!イケメン内田や本田、香川など!


サカラボ記事一覧はコチラから!