2014-06-04-23-06-06
ポルトガルサッカー連盟(FPF)は3日、FWクリスティアーノ・ロナウドが左足を負傷しているとして診断結果を発表した。

先月29日には「筋肉痛」と発表され、31日に行われたギリシャとの国際親善試合を欠場していたC・ロナウド。今回は代表合流以来初めて負傷という表現が用いられた形だ。

FPFはC・ロナウドの状態に関して、「左足太ももの筋肉損傷および左足膝蓋腱の腱炎」と発表。3日はピッチ上で個人メニューでの調整を行ったとのことだ。

ポルトガル代表はブラジル・ワールドカップ(W杯)に向けた準備として6日にメキシコ、10日にアイルランドとの対戦を予定しており、16日に大会初戦のドイツ戦を迎える。エースの回復経過が気になるところだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8901457/