463850231_mi

10番の文字が・・・、しかしこれもあえてかもしれない。
ワールドカップで叩かれる、彼の反骨心は今最高潮のはず・・・。


1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/05/30(金) 18:32:54.76 ID:???0.net
イタリアのスポーツサイト「sportcafe24.com」が、2013-14シーズンにおけるセリエAの
ベスト・プレーヤーとワーストプレーヤーをポジション別に発表。
同リーグで活躍する本田圭佑、長友佑都もランキングに名を連ねており、話題になっている。
まず、ミッドフィルダー(MF)のベストプレーヤーに選ばれたのは、30試合で7ゴール、3アシストで、
バロンドールにも輝いた経験を持つACミランのカカ。彼と同い年でパルマ所属のアントニオ・カッサーノも32試合で12ゴール、
7アシストの活躍ぶりが評価された。トリノFCのオマル・エル・カドゥーリも30試合で6ゴール、
6アシストでランクインしている。特にまだ23歳のカドゥーリは、これからもっと伸びるだろう。
そして、SSCナポリのマレク・ハムシークや、インテルのリカルド・アルバレスと共にワーストMFに選ばれてしまったのが、
今年ACミラン入団を果たした本田圭佑。「鳴り物入りでミラン入りしたものの、満足な戦績とはいえない。
フィリッポ・インザーギ新監督のもとで本領発揮となるか?」と紹介されているが、
名門チームの10番にかかる期待は大きい。
■ベストMF
1. カカ (ミラン) 8
2. アントニオ・カッサーノ (パルマ) 7.5
3. オマル・エル・カドゥーリ (トリノ) 7
■ワーストMF
1. 本田圭佑 (ミラン) 4
2. マレク・ハムシーク (ナポリ) 4.5
3. リカルド・アルバレス (インテル) 5
いっぽう、左サイドバック(DF)部門でインテル所属の長友佑都が最優秀プレーヤーに選出。
プレーだけでなく性格もお墨付きで、さらに「まだ若いからいくらでも伸びしろがある」とかなり高く評価されている。
そのほか、ユベントスのクワドォー・アサモアやジェノアCFCのルカ・アントネッリがランクインしている。
なお、ワーストDFには共にACミランのケヴィン・コンスタンやマッティア・デ・シリオ、
ウディネーゼのガブリエウ・シウバという結果だった。
■ベストDF(左サイド)
1. 長友佑都 (ミラン) 8
2. クワドォー・アサモア (ユベントス) 7.5
3. ルカ・アントネッリ (ジェノア) 7
http://news.livedoor.com/article/detail/8886479/

275: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/05/30(金) 19:32:02.64 ID:s1LrQWN00.net
長友はシンプルに左で出せないことが多いから左右できる便利屋としてはビッグクラブにふさわしいとは思うが、
絶対的なレギュラーとしては物足りない選手。 
本田は機能すれば絶対的になれるかもしれない。劣化ジダンみたいな影響力はある。