サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    1: Egg ★@^^. 2017/08/15(火) 13:49:47.37 ID:CAP_USER9
    レスターとの開幕戦をスタンド観戦、オフを利用してパリへと渡る
     
    アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍交渉のため極秘裏にパリ入りしていたことが分かった。ドイツテレビ局「RTL」が報じている。

    2018年6月でアーセナルとの契約が満了するサンチェスは、移籍を熱望していると報じられていた。コンフェデレーションズカップ後にはチーム練習への合流に難色を示すような写真を投稿し、
    「ウイルス性疾患にかかった」との理由で7月29日のベンフィカ戦を欠場するなど、物議を醸している。

    さらに、レスターとの開幕戦をスタンド観戦したサンチェスはオフを利用してパリ入り。
    記事では、バルセロナから移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)でブラジル代表FWネイマールを引き抜いたフランスの強豪への移籍を実現させようとしていると記している。

    アーセン・ベンゲル監督はサンチェスの残留を明言し、マンチェスター・シティやチェルシーからのオファーを拒否する姿勢を示していた。
    しかし、優勝争いをする国内ライバルクラブでなければ、エースの退団を無理に止めない可能性もあるようだ。

    ネイマールをフットボール史上最高額で引き抜いたPSGはウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアら前線にタレントが揃い、
    モナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペと合意とも一部では報じられている。果たして、アーセナルのエースもその強力な陣容に加わるのだろうか。

    8/15(火) 13:40配信 フットボールZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00010007-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★^/08/15(火) 13:09:14.32 ID:CAP_USER9
    U-15年代のチームに昇格 23選手から8人が落ちる狭き門を潜り抜ける
     
    レアル・マドリードの下部組織インファンティールA(U-14)で昨季プレーしていた中井卓大くんが、
    世界中の逸材がひしめく狭き門を突破し、新シーズンはU-15年代のカデーテBに昇格することが分かった。

    将来の日本サッカー界を牽引すると期待される天才少年が、トップチームへの階段をまた一段上った。
    リーガ・エスパニョーラ関係者によると、現在13歳で中学2年生の年代となる中井くんは、
    レアル下部組織でも圧倒的なテクニックを誇っており、コーチ陣からも高い評価を得ているようだ。

    そして逸材ひしめくインファンティールAの23選手から、
    8人が足切りになるシビアな選考を勝ち抜き、カデーテBに昇格することが決まったという。

    “ピピ”の愛称で知られる中井くんは、バルセロナ下部組織出身のFC東京U-18FW久保建英とともに、世界的にも注目を集める存在となっている。
    スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「クリスティアーノ・ロナウドよりも重要」と圧倒的なポテンシャルを評価。

    11歳からレアルの一員になった中井くんは、
    昨季リーガとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成した世界最強軍団の下で、順調なキャリアを歩んでいる。

    8/15(火) 12:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00010005-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/08/13(日) 20:00:04.076 ID:eg1vREn+0

    CsX7sELUMAIC8Yw


    周りに同じような奴が居ないからつまらん

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/08/14(月) 15:07:23.46 ID:Dk3j2opFp
    no title



    予想してなかったんやろなあ

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/08/14(月) 21:19:45.27 ID:CAP_USER9
    DHCj-UqVYAAMEfT


    ドイツメディア『ビルト』がマインツのFW武藤嘉紀について特集記事を展開している。

    武藤は12日に行われたドイツカップのリューネベルク戦で2ゴールを決め、3-1の勝利に貢献した。その活躍を受け、ゲームキャプテンを務めたシュテファン・ベルは「ムトウはゴール前でまさにゴールマシーンだね。エリア内ではキラーだよ」と賛辞を贈った。

    リューネブルク戦での活躍について、武藤は「3ゴールにすべて関与できたことはうれしく思っています」とコメント。

    間もなく開幕を迎えるリーグ戦については「新シーズンの目標はまず、ケガをしないこと。そして、2つ目の目標は(13-14、14-15シーズンにマインツでプレーした)岡崎慎司さんよりもゴールを決めること」と語っている。

    現在、レスターでプレーする岡崎はマインツ時代の13-14シーズンにリーグ戦15ゴール、14-15シーズンに12ゴールを決めており、3シーズンで合計10ゴールだったシュトゥットガルト時代から大きな飛躍を遂げた。

    また、同メディアは岡崎がマインツ時代の2シーズンで、出場した5502分で27ゴールを記録したと紹介。一方、武藤は過去2年間の2515分で12ゴールを記録しており、出場時間に対してゴールの割合は、実はそれほど岡崎と武藤の間に差がなく「マインツとしては効果があった」と分析している。

    マインツは19日にブンデスリーガ開幕戦で、ハノーファーと対戦する。果たして武藤は開幕スタメンを勝ち取ることができるのか。そして、ロシア・ワールドカップを前にシーズンを通してゴールを量産できるのか、活躍が期待されるところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000018-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^2017/08/12(土) 20:39:25.42 ID:CAP_USER9


    thumb_9317_news_main

    ジェリー・ミナがすでにFCバルセロナとの契約に合意したとコロンビアの複数メディアで報道されている。報道によれば、パルメイラスとバルサはすでに移籍合意に至っているということである。

    なお、移籍は事実のようだがその時期についてはまだ明確な情報が分かっておらず、3つの可能性が浮上している。1つ目は今夏の移籍、2つ目は今冬か来シーズンの移籍、3つ目はロシア・ワールドカップ後の移籍である。

    最終的な判断は9日にミナが負った怪我の状況によるだろう。同選手は10日に第五中足骨の手術を行っており、復帰までの期間は5週間から3カ月とされている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00010013-sportes-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^^ 2017/08/14(月) 21:53:45.01 ID:CAP_USER9

    00387-600x598


     12日から14日行われたプレミアリーグの開幕戦が終了した。イギリスメディア『BBC』が、開幕戦で印象に残った選手をベストイレブン方式で紹介している。

    【動画】今季のJリーグは「ロングシュート」がすごい! ここまでの超ゴールまとめ

     かつてない競争力を持ったプレミア17-18シーズン。今後の行方を占う上で重要となってくる開幕戦では、昨シーズンの王者チェルシーが、バーンリーにホームで敗戦する波乱の幕開けとなった。かつてマンチェスター・Uやトッテナムでプレーし、現在『BBC』で解説者も務めるガレス・クルックス氏が開幕戦のベストイレブンを発表している。

     GKに選ばれたのは、ハダースフィールドのデンマーク代表GKヨナス・レッスル。クリスタル・パレスとの開幕戦で3-0の勝利に貢献した28歳のGKは、ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケのシュートを止めるなど、力強さを見せた。

     ディフェンスラインにはビッグクラブの選手たちが並ぶ。マンチェスター・Cに移籍したイングランド代表DFカイル・ウォーカーは、ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームで快適にプレー。昨シーズンから引き続き好調を維持しているベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトも、ニューカッスルとのアウェイ戦で活躍した。2年目に挑むジョゼ・モウリーニョ監督の元で、完璧なスタートダッシュを決めたのはイングランド代表DFフィル・ジョーンズ。マンチェスター・Uの完封勝利に貢献した。チェルシーを下したバーンリーから、アイルランド代表DFスティーヴン・ウォードが選出されている。クルックス氏も大絶賛した。

     中盤の3人にはビックネームが並ぶ。古巣復帰を果たしたイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、開幕戦で決勝点をマーク。ファンと監督の期待に早速応えてみせた。チェルシーはセルビア代表MFネマニャ・マティッチを放出したことを嘆いている。世界でもトップ10に入るボランチだと同氏は賞賛。トッテナムの若き“王様”、イングランド代表MFデレ・アリはチームの心臓としてニューカッスル守備陣を苦しめ続け、1ゴールも記録した。

     続いてはFW陣。リヴァプール戦で先制点を挙げたイタリア代表FWステファノ・オカカ。今シーズンはステップアップの予感が漂う。ベルギー代表FWロメル・ルカクは高額な移籍金に見合う活躍を披露。いきなり2ゴールを奪い、チームに勢いをつけている。ベナン代表FWスティーブ・モウニーが2ゴール。ハダースフィールドの残留に向けて、彼のゴールが必要不可欠だ。

     クルックス氏が選んだベストイレブンは以下の通り。

    ▼GK
    ヨナス・レッスル(ハダースフィールド/デンマーク)

    ▼DF
    カイル・ウォーカー(マンチェスター・C/イングランド)
    トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/ベルギー)
    フィル・ジョーンズ(マンチェスター・U/イングランド)
    スティーヴン・ウォード(バーンリー/アイルランド)

    ▼MF
    ウェイン・ルーニー(エヴァートン/イングランド)
    ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・U/セルビア)
    デレ・アリ(トッテナム/イングランド)

    ▼FW
    ステファノ・オカカ(ワトフォード/イタリア)
    ロメル・ルカク(マンチェスター・U/ベルギー)
    スティーブ・モウニー(ハダースフィールド/ベナン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00626550-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ^^ 2017/08/14(月) 21:23:15.72 ID:CAP_USER9

    GettyImages-617664610-800x600


    【AFP=時事】中国スーパーリーグ(1部)、広州恒大(Guangzhou)に所属するブラジル代表MFパウリーニョ(Jose Paulo Bezerra Maciel Junior 'Paulinho')が、スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)に移籍することが濃厚になったという報道について、上海上港(Shanghai SIPG)のアンドレ・ビラス・ボアス(Andre Villas-Boas)監督は、スーパーリーグのレベルが高いことを証明していると語った。

     29歳のパウリーニョについては、現在までバルセロナは沈黙を守り続けているが、移籍金4000万ユーロ(約52億円)でバルセロナに加入するとされており、早ければ14日にも新戦力としてお披露目される可能性があると伝えられている。

     バルセロナは先日、ブラジル代表のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)が契約解除金2億2200万ユーロ(約288億円)を支払ってフランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)へ移籍しており、パウリーニョ加入が決まればネイマール退団後の補強第1号となる。

     パウリーニョとビラス・ボアス監督は、2013年にイングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)でともに過ごした。ビラス・ボアス監督は元教え子のスペイン移籍について、「中国サッカーにとって良いニュースだ」とコメントした。

    「パウリーニョはここで素晴らしいプレーを続け、世界最高峰のクラブへの移籍を勝ち取った。それはつまり、ビッグクラブがわれわれのリーグに注目しているという意味だと思う。選手や中国の質の高さの表れだ」

     パウリーニョはトッテナムに所属した2年間で輝きを放つことができず、広州へ移籍した。それでもその後はチームの中心としてプレーし、2015年にはAFCチャンピオンズリーグ(AFC Champions League 2015)制覇とリーグ優勝の2冠を達成。昨季もリーグ優勝に貢献した。

     パウリーニョはまた、チッチ(Adenor Leonardo Bacchi aka Tite)監督が就任したブラジル代表にも復帰し、復調したチームの中でレギュラーの座をつかむと、今年3月に行われたウルグアイとのW杯南米予選ではハットトリックの活躍でチームに4-1の勝利をもたらした。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000035-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: ranran roo ★^^©2ch.net (★ 990e-xs2P) 2017/08/14(月) 23:31:40.54 ID:CAP_USER9

    no title



    8/14(月) 23:19配信
    スポニチアネックス

     レアル・マドリード(スペイン)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が14日、スペイン協会から5試合の出場停止処分を受けた。

     ロナウドは13日に行われたスペインスーパー杯第1戦バルセロナ戦で、警告2枚を受けて退場。レッドカードが提示された直後に主審を右手で小突いた。スペイン協会の規律委員会は、この行為が4試合の出場停止処分に当たると判断。退場処分による次の1試合と合わせて5試合の出場停止処分となった。

     クラブは既に2度目の警告についてスペイン協会に取り消しを求めており、5試合の出場停止処分についても提訴するとみられる。5試合の処分が確定した場合、ロナウドは16日のスペインスーパー杯第2戦のほか、リーグ開幕4試合に出場できなくなる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000144-spnannex-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^^ 2017/08/14(月) 21:21:13.25 ID:CAP_USER9
    DSC_0106


    ただの偶然かもしれないが、ネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)でデビューを飾ったのと同じ日、FCバルセロナはカンプ・ノウでクラシコを戦っている。
    PSGの新たなスターとなったネイマールは輝きを放ち、優れたパフォーマンスと自らゴールを決め勝利を手にしている一方で、バルサはスペイン・スーパーカップの1stレグを1-3で落としている。

    【選手名鑑】ジェラール・ピケ(Gerard Pique Bernabeu)

    偶然かそうでないかは置いておき、明らかなのはバルサはマドリー相手にネイマールの存在の大きさを実感している。彼の抜けた穴を埋めるのは非常に難しい。
    バルベルデはデウロフェウを最初に試し、のちにデニス・スアレスを試している。しかし、ネイマールとの差は大きく、デンベレ獲得に大金を投じる必要がありそうだ。

    公式戦をスタートしたばかりのバルサだが、悲惨な敗戦を喫しており、補強が急務である。ネイマールが退団する前から補強は必要だったが、今はその時以上に全てのポジションにおいて必要になっている。DF、MF、FWの全てにおいてそれが必要だとマドリー戦で露呈している。今のチームでは強いチーム相手に戦うことはできない。

    現在のバルサはスペイン国王杯のタイトルしか獲得できなかった昨シーズンのチームよりもひどい状態である。昨シーズンのチームより劣るようでは、昨シーズンよりも優れた結果を手にすることは不可能である。“D10S(神)”と称されるメッシでも非常に難しいタスクである。コウチーニョ、デンベレ、とにかく必要な選手は全員獲得しなければならない。さもなければ悲劇となることは間違いないだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00010008-sportes-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ