サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    CTnRVzHUsAALGL2
    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/03/21(火) 16:19:08.40 ID:CAP_USER9

    2608404597_f18ecd59d1_z

     
    マンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)が、
    米MLSシカゴ・ファイヤーへの移籍が完了したと、21日付の米シカゴ・トリビューン電子版が報じた。

    【写真】ドイツ代表の選手たちに胴上げされるシュバインシュタイガー

     15年夏にバイエルン・ミュンヘンから加入したシュバインシュタイガーは今季、
    モウリーニョ監督の下、リーグ戦では出場機会を得られず。
    FA杯2試合、リーグ杯1試合、欧州リーグ1試合の計4試合の出場にとどまっている。
    ベンチ入りですらできない現状が続いている同選手は移籍について
    「自分のキャリアを一貫して、常にポジティブなインパクトを得られる機会や、
    偉大なことを達成に向けて、手助けできる機会を探してきた。今回のシカゴ・ファイヤーへの移籍も同様です。
    ロドリゲスGMや、パウノビッチ監督との話し合いで、私はクラブのビジョンや哲学を確信している。
    私は彼らのプロジェクトを助けたいと思っています」と話したという。契約は1年契約。
    来週にビザの申請とメディカルチェックを行うと報じた。

     また、ロドリゲスGMはシュバインシュタイガーの獲得について
    「ありとあらゆるすべてのレベルで勝利してきた選手を獲得した。
    それに我々の価値観と一致している選手をね」と歓迎した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01795610-nksports-socc

    続きを読む

    1: 以下でVIPがお送りします 2017/03/20(月) 19:05:12.012 ID:/1KgIFn1d

    no title


     
    これは圧倒的に野球

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/03/16(木) 11:29:33.39 ID:4pu68SfTp
    1409793866


    シティで無事cl16で敗退した模様

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★2017/03/21(火) 16:30:33.25 ID:CAP_USER9

     850562_herol
    UAEサッカー協会は19日、MFアメル・アブドゥルラフマンが膝の負傷で代表チームを離脱し、
    23日にホームで開催される日本戦を欠場すると発表した。
    A・アブドゥルラフマンは昨年9月1日に埼玉スタジアムで行われた前回対戦(2-1)で、ボランチとして先発フル出場。
    敵地での白星スタートに貢献していた。

     また、UAE『ザ・ナショナル』によると、前回対戦で日本から2ゴールを奪い、
    逆転勝利を導いていた主将FWアハメド・ハリルも怪我で出場が微妙な状況。
    23日の日本戦でプレーできるか当日までに判断すると報じられている。
    すでに負傷離脱したというMFマジェド・ ハッサンも含め、厳しい台所事情を強いられているようだ。

     UAEはグループBの第5節終了時点で、2位の日本を勝ち点差1で追う4位。
    日本は20日に主将MF長谷部誠の途中離脱を発表しており、
    両国とも手負いの状態で23日の大一番を迎えることになった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01637998-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/03/21(火) 16:55:55.17 ID:CAP_USER9
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的にプレミアリーグのクラブでプレーすることを希望しているようだ。
    イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。

     ネイマールは昨年10月、バルセロナとの契約を2021年6月30日まで延長した。
    当面は同クラブでのプレーを続けると見られているが、
    将来的にはプレミアリーグのクラブへ移籍する可能性があるかもしれない。

     同紙によると、ネイマールはイギリス紙『ザ・サン』に対して
    「プレミアリーグは自分を驚かせてくれる大会だ。
    プレースタイルも好きだし、いつか自分を試してみたいと思っているんだよ」とコメント。
    プレミアリーグのクラブでプレーする願望があることを明かした。

    「マンチェスター・Uやチェルシー、アーセナル、リヴァプールといったクラブを称賛しているんだ。
    これらのチームは常に戦っているね」

     将来、イングランドでプレーするネイマールの姿を見ることはあるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00565175-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/03/21(火) 12:46:06.17 ID:CAP_USER9

    Cq0yJc9UsAAkzwr

     
    ゲキサカ 3/21(火) 4:08配信

    議論呼んだ代表選出に持論…本田「いずれは外れる。でもこの時点では本望ではない」

    その選考自体が注目を集めたFW本田圭佑(Kaoru WATANABE/GEKISAKA)

     言葉の端々にプライドをのぞかせた。所属クラブで出場機会に恵まれず、その選出自体が議論を呼んだ日本代表FW本田圭佑(ミラン)は「いいんじゃないですか。みんながそれほど盛り上がって。いずれは(代表から)外れるし、いずれはサッカーを辞めるし、いずれは死ぬわけですから。でも、この時点でそうなるのは本望ではない。自分の努力次第で切り開く。そのスタイルは変わらない」と言い切った。

     不安がないわけではない。17年に入って公式戦に出場したのは1月25日に行われたコッパ・イタリア準々決勝ユベントス戦のみ。それも後半アディショナルタイムからの出場だった。「コンディションは悪くない。試合勘のところだけ」。それは本人も自覚している。

    「10cmでボールを失ったり、ボールを取れたり、10cmでゴールになったり、失点したりする。その10cmを感覚というのだと思うし、緊張感であったり、ガチでやってくる相手というのは練習ではいない」

     実際にピッチに立ってみなければ分からないというのが偽らざる本音だろう。しかし、それでもハリルホジッチ監督は「試合に出ていなくても、今の代表は本田を必要としている。20試合、我々は一緒に戦ってきたが、常に彼の存在はそこにあった。我々のトップスコアラーでもある」と、その経験値に期待して招集に踏み切った。

    「得点に関しては2次予選と今とでは相手も違う」。昨年9月1日のUAE戦(1-2)でW杯予選7戦連発弾を記録した本田だが、最終予選でのゴールはこの1点のみ。その後は国際Aマッチ5試合連続無得点に終わっており、昨年11月15日のサウジアラビア戦(2-1)は先発からも外れた。

     経験という意味では「精神的なものではいくらでも役に立つと自覚している」と話す一方、「ピッチ上で貢献したい気持ちはサッカー選手として当然ある。自分が出たら点を取る気持ちでやる」と、プレーでチームを勝利に導く決意も口にする。

     ホーム初戦で敗れたUAEとのリベンジマッチは、勝てば2位以内をキープし、サウジアラビアが引き分け以下で首位に立つが、負ければW杯出場圏外となる4位転落の可能性もある。最終予選の行方を占う大一番へ、「勝たないといけないし、負けられない。勝ちしかないとは言わないけど、負けは(許され)ない。その緊張感は今が一番だと思う」と位置づけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01637974-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/03/21(火) 02:32:51.69 ID:zUGZ/tGxa

    CRNeTjsVAAA9nzE


     
    海外組の武藤、小林がマスコミ通じて不満を表明

    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/03/20(月) 19:13:51.33 ID:CAP_USER9
    ミランに所属するイタリア代表のGKジャンルイジ・ドンナルンマが19日、
    イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じ、ミラン残留を希望していることを改めて強調した。

    18歳の天才GKにはこれまで、ユヴェントスのほかマンチェスター・シティやバルセロナなど
    各国の強豪クラブが獲得に興味を示していると報じられてきた。

    ドンナルンマとミランの契約は2018年6月末に満了を迎える。
    当初はプロ契約が解禁となるドンナルンマの18歳の誕生日(2月25日)を目安に、契約の更新を行うはずだった。

    ところがミランの譲渡をめぐって、新オーナーとなるシノ・ヨーロッパ・スポーツ(SES)から
    シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長の家族が運営するフィニンヴェストへの契約金の支払いが遅れている。
    このため12月に予定されていた手続き完了が現在も実現しておらず、
    ミランは選手の契約更新へ踏み切ることができないままだ。

    契約更新となれば、高額な移籍金を設定し、他クラブからのオファーをけん制することができるものの、
    現在はドンナルンマ本人のミランへの忠誠心のみが流出を阻む最後の砦となっている。

    移籍が噂されているユヴェントスとの一戦(2-1でユヴェントスが勝利)では、
    ユニフォームのミランロゴにキスをして、ユヴェントスのサポーターの前でミラン愛をアピールしていた。

    19日には、イタリア代表合宿の行われているフィレンツェでインタビューを受けた。

    「僕はミラニスタだから残りたいと思っている。
    だけど、契約更新については僕の代理人(ミーノ・ライオラ)が担当することになっている」

    改めてミラン残留を希望していることを明かしたものの、契約更新についての詳しい発言は避けた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000015-goal-socc

    続きを読む

    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ