サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    1: Egg ★^^©2ch.net 2017/08/19(土) 21:01:44.67 ID:CAP_USER9
    ■川崎フロンターレ 2-1 北海道コンサドーレ札幌 [等々力陸上競技場]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081909/live/live/#live

    [川]中村憲剛(12分)
    [川]小林悠(74分)
    [札]ヘイス(80分)


    ■アルビレックス新潟 1-2 ベガルタ仙台 [デンカビッグスワンスタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081910/live/live/#live

    [新]ドウグラス・タンキ(23分)
    [仙]石原直樹(82分)
    [仙]三田啓貴(86分)


    ■ガンバ大阪 0-1 柏レイソル [市立吹田サッカースタジアム]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081911/live/#live

    [柏]伊東純也(68分)


    ■サンフレッチェ広島 1-0 ヴァンフォーレ甲府 [エディオンスタジアム広島]
    https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081912/live/#live

    [広]柴崎晃誠(71分)


    ■サガン鳥栖 3-0 大宮アルディージャ [ベストアメニティスタジアム]https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/081913/live/#live

    [鳥]ビクトル・イバルボ(44分)
    [鳥]ビクトル・イバルボ(60分)
    鳥]原川力(74分)


    ◆順位表
    http://www.jleague.jp/sp/standings/j2

    ◆エルゴラ
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    ◆DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ◆DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d

    【サッカー】<J1第23節>鹿島が清水を下して首位堅持!金崎夢生がハリル御前でダメ押し弾!C大阪、“10人”磐田と痛いドロー©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503142625/

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^2017/08/19(土) 18:11:13.97 ID:VDezNtuJ0
    no title


    これはサッカー部

    続きを読む

    4: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/08/19(土) 13:37:46.77 ID:6X8aJbYn0

    351507_heroa


    160億なら売ってやれよ、本人が可哀想だわ。試合出場拒否って当然だわ。 
    今後これが基準になり本人がビッグクラブにいけなくなるじゃん
    続きを読む

    1: 数の子 ★@ 2017/08/19(土) 12:22:53.66 ID:CAP_USER9
    8/19(土) 6:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629461-soccerk-socc

     ユヴェントスは18日、パリ・サンジェルマン(PSG)からフランス代表MFブレーズ・マテュイディを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

     マテュイディは2020年6月30日までの3年契約を締結。移籍金は2000万ユーロ(約26億円)で、試合出場数次第でさらに1050万ユーロ(約13億円)が追加されるという。背番号は「14」に決まっている。

     一時は発表先送りと報じられていたが、無事に加入が決まった。同選手は16日にメディカルチェックを受け、17日には正式発表されると見られていた。だが、17日の内に発表がなかったため、フランス紙『ル・パリジャン』は「ボーナスの支払いに関して、両クラブの主張が食い違っているため、契約が成立していない」と報じていた。

     現在30歳のマテュイディは、トロワとサンテティエンヌを経て2011年からパリ・サンジェルマンでプレー。昨シーズンはリーグ・アンで34試合出場4ゴールを記録した。今シーズンは公式戦3試合ともに途中出場だった。フランス代表では2010年9月にデビューを飾り、2014 FIFAワールドカップ ブラジルやユーロ2016にも出場している。

     ユヴェントスは19日に行われるセリエA開幕戦で、カリアリをホームに迎える。

    続きを読む

    883: 名無しに人種はない@実況OK・^^ (ワッチョイ fe6f-xMhe [153.224.40.123]) 2017/08/18(金) 11:59:54.36 ID:fwvjG6oX0
    https://www.youtube.com/watch?v=ReNkDiyV2Cw



    もうダメやな ジャックは
    続きを読む

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/08/19(土) 07:09:02.08 ID:CAP_USER9
    「サッカーはただクソ真面目にやってもダメ。ずる賢くないと。ジャッジを味方につけてしたたかに。それも人生だから(中略)サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係の縮図なの」

     こんな持論をテレビで披露したのが、7月15日の浦和レッズ対ボルシア・ドルトムント戦で初のサッカー解説に挑戦した歌手の小柳ルミ子(65)だ。

    ◆ ◆ ◆

     かつては大澄賢也とのドロ沼離婚劇などで世間を騒がせた小柳だが、実は02年日韓W杯で巻き起こったベッカムフィーバーを機にサッカーにのめり込み、今や筋金入りのサッカーマニアに“転身”。年間2150試合以上をテレビ観戦、それを記録したサッカーノートは膨大な数に上るという。

    「サッカー好きを公言するタレントは数多くいますが、彼らにとっての鬼門が外国人選手の名前。その点、小柳さんは完璧で、解説ではドルトムントのギリシャ人DF・パパスタソプーロスの名前も滑らかに発音していて、こんな地味な選手まで把握しているんだと感心しましたね」(スポーツ紙記者)

     知識だけではなく試合の分析も玄人はだしだった、と指摘するのはサッカーライターの栗原正夫氏だ。

    「『槙野(智章)の守備が軽い』と再三指摘していて、その通り浦和は槙野のミスから連続失点。さらに、『(ドルトムントのFW)シュールレが決めそうなのよねえ』との言葉通り、決勝点を挙げたのはシュールレでした。

    ゴールシーンで『(浦和のGK)西川は倒れたらダメ。シュールレはニア(へのシュート)が得意なんだから』と語ったのには、唸らされました。サッカー記者でも年間観る試合は2~300程度。2000試合以上観戦と聞いて初めはウソだろうと思いましたが、本当かも、と思わせるだけの含蓄がありましたね」

     小柳のブログを覗くと歌手やテレビ出演についての記述は僅かで、ほとんどがサッカー記事で埋め尽くされている。“本業・サッカー観戦”となっている自負からか、テレビ解説ではこんな発言まで飛び出した。

    「悪いけど、さんまさんと比較しないで欲しいくらい(サッカーの試合を)見ています」

    つづく

    文春オンライン8/19(土) 7:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170819-00003795-bunshun-ent

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/08/19(土) 06:41:18.52 ID:CAP_USER9

    XE3Y87XJtRjfE-Xm


    【スコア】
    バイエルン 3-1 レヴァークーゼン

    【得点者】
    1-0 9分 ニクラス・ズーレ(バイエルン)
    2-0 19分 コランタン・トリソ(バイエルン)
    3-0 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(PK)(バイエルン)
    3-1 65分 アドミル・メーメディ(レヴァークーゼン)

    ブンデスリーガ公式日本語
    http://www.bundesliga.com/jp/news/バイエルンが今季も盤石のスタート.jsp


    ブンデスリーガが18日に開幕し、バイエルンとレヴァークーゼンが対戦した。

     2017-18シーズンのブンデスリーガが開幕した。金曜日開催となった開幕戦は、5連覇王者のバイエルンが昨シーズン12位のレヴァークーゼンをホームに迎えての一戦。キックオフ直前にはバルセロナ市で起きたテロ事件の犠牲者に捧げる黙祷が行われた。

     バイエルンは主将のGKマヌエル・ノイアー、DFジェローム・ボアテング、MFチアゴら主力選手と、新加入MFハメス・ロドリゲスも負傷で欠いたが、この日は新戦力が躍動した。

     開始9分、元ホッフェンハイムのコンビによって新シーズン第1号が生まれる。左サイドでFKを獲得したバイエルンは、セバスティアン・ルディがペナルティエリア内にボールを送ると、ファーのニクラス・ズーレが頭で合わせてゴール左隅に沈めた。

     19分には、またも新加入選手がゴールを決める。右CKのセカンドボールを拾ったアルトゥーロ・ビダルが浮き球パスを送り返すと、ゴール前右に残っていたコランタン・トリソが頭でゴール右隅に押し込み、バイエルンが追加点を挙げた。

     さらにバイエルンは23分、パス交換からエリア内右のトリソが右足シュートを放つが、これは相手GKの体に当たってわずかにコースが変わり、左ポストに弾き返された。試合が進むに連れて雨が強まる中、両チームとも決定的なチャンスを作ることができず、前半はバイエルンの2点リードで折り返す。

     後半に入ってバイエルンは51分、ロベルト・レヴァンドフスキがエリア内で倒されると、一度は流されたものの、ビデオ判定によってPKを獲得。今シーズン導入されたビデオ判定が開幕戦でさっそく活用された。53分、レヴァンドフスキが自らPKキッカーを務め、ゴール右隅に決めて追加点を挙げた。

     3点ビハインドとなったレヴァークーゼンは65分に反撃が実る。左サイドからパスを繋ぐと、中央のユリアン・ブラントからの横パスを、エリア内右に走り込んだアドミル・メーメディがダイレクトで右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

     だが、レヴァークーゼンの反撃は続かず、試合はこのままタイムアップ。ホームのバイエルンが3-1で開幕戦を制し、シーズン白星スタートを飾った。

     バイエルンは次節、26日に敵地でブレーメンと対戦。レヴァークーゼンは同日にホッフェンハイムをホームに迎える

    8/19(土) 5:41配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629499-soccerk-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170819-00629499-soccerk-000-5-view.jpg

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^^2017/08/18(金) 21:53:42.71 ID:CAP_USER9

    DA3QE0GUMAADpNd

    バルセロナは完全に混沌とした状況に陥ってしまった。キックオフの前には、セカンドレグでの劇的な逆転劇やサンティアゴ・ベルナベウで記憶に残る試合をしてくれるという希望的観測に近い話題もあったが、それらは楽観的以外の何物でもなかった。ピッチの上では、チームが最も恐れていたことが現実となったのみだ。

    アンドレス・イニエスタがケガにより欠場し、そしてネイマールはもはやバルサにいない状況。とりわけこの試合のような重要な一戦においては、過去10年間で最も“平凡な”先発メンバーがフィールドには送り込まれた。バルサの監督、エルネスト・バルベルデは試合前の会見にて、レアル・マドリーには劣っていないと主張していたが、彼がチームシートに書き込んだメンバーはそうではなかった。

    わずか数週間ですでに3度目のクラシコを迎えたバルベルデは、マイアミで行われたプレシーズン最初のクラシコでは倒した相手なのにと、困惑しているかもしれない。

    その試合ではネイマールはまだバルサのユニフォームを着ていたのだが、彼の移籍がクラブを動揺させた。そして移籍市場が閉まるまで2週間を切った段階で、まだ彼の穴を埋める選手を獲得できないでいる。

    ■バルセロナに再び暗黒期が?

    バルセロナの黄金時代が終わりを迎えたことは間違いない。少しずつ衰退し、上がることは決してなかった。ここ数年、上手くいかないことが起きてもリオネル・メッシがその亀裂を埋めるような活躍を見せてきたが、今やその亀裂はもはやぽっかりと空いた穴となり、水曜日の試合ではメッシでさえ隠すことができないものとなっていた。

    カンプ・ノウでのファーストレグでは、ルイス・スアレスのダイブで得たラッキーなペナルティーキックをメッシが決め同点に追いついたが、最終的には1-3で試合を落とした。そして迎えたベルナベウでの試合ではマルコ・アセンシオが初戦のダメ押し弾に続き、素晴らしい先制点を決め2試合合計4?1と突き放している。

    前半終了直前にカリム・ベンゼマが決めた追加点も、何の驚きもないものであった。前半の45分間でバルセロナが放ったシュートはわずか1本で、これは2017年に入ってから最も少ないものだった。その結果と同様にチームの出来も非常に悪いものであったことは言うまでもない。

    これまで全くテストをしていない3-5-2のフォーメーションに加えて、不評のアンドレ・ゴメスとハビエル・マスチェラーノを起用し、守備の不安定さを露呈することとなってしまった先発メンバーを起用した責任をバルベルデは重く受け止める必要がある。スペイン、そしてヨーロッパ王者とのアウェーでの試合は何かを試すための場所ではなく、その新しいフォーメーションに驚いたのは相手チームよりもむしろ自分たちであった。

    深夜ながら真夏の暑さが残った後半のキックオフからバルサは幾分復調し、メッシのシュートがゴールバーを叩くシーンもあった。メッシは常に最もインスピレーションを発揮する存在であったが、彼以外の選手はクラブのプライドのためだけに戦っているようである。一方のマドリーは今週末のリーガ開幕を見据えており、彼らは優勝候補の最右翼としてシーズンを歩み出すだろう。

    ■次代を担うスターの不在

    スアレスも衰えを感じさせ、イニエスタは今シーズンが彼の最後のシーズンとなるとも言われており、ネイマールこそがクラブの未来を背負う存在となると期待されていた。しかしそれも過去のものとなり、いまやカタルーニャのクラブはスターのクオリティを備えた選手はほとんどいない。パウリーニョの獲得はブラウグラナにとっては有益なものとなるかもしれないが、マルコ・ヴェッラッティがやってくることを待ち望んでいたサポーターにとっては、パウリーニョ程度で興奮することはない。全体的に見て、今のバルサは、ペップ・グアルディオラが指揮を執りチームに変革をもたらす前のシーズンであり、メッシがまだ若手のホープであった2007-08シーズン以来最低のチームのように思える。

    今ではメッシも30歳になった。今夏彼はバルセロナとの契約延長に合意。しかし彼はその決断が正しかったのかどうか疑問に思っているかもしれず、もし彼がほんの2~3歳若かったら、彼の放出条項2億5000万ユーロ(約320億円)はバルサにとって大きな懸念となっていたことであろう。

    ほとんどの試合はこのレアル・マドリーとのアウェー戦よりは簡単なものとなるだろうが、バルサはそのベルナベウの地で6-2や4-0の勝利、直近では3-2の勝利を収めることで世界最強の名声を築き上げてきたはずだ。今ではメッシのみが凡庸なチームにおいて突出した存在であり、レアルはバルサよりも遥か先を進んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000025-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^^ 2017/08/18(金) 21:56:00.33 ID:CAP_USER9
    最近発表されたあるデータが発端となり、一部で大きな話題を呼んでいるニュースがある。それは「Jリーグに枠内決定率100%男が存在していた」という話だ。

    話題の渦中にいるのは、大宮アルディージャに所属する江坂任。MF登録ながら、今季は序盤からFWで起用され、ここまで8ゴールを記録。日本代表入りも噂されるアタッカーである。

    特に5月以降は「数少ないチャンスをモノにする決定力」が際立ち、上述の「枠内決定率100%」を達成。「6本の枠内シュートを全てゴールに結び付ける」という離れ業をやってのけた。

    元々はチャンスメイカー色が強い選手であったが、チーム事情からのコンバートで思わぬ開花を見せる25歳。

    ディフェンスラインの裏への抜け出し、ドリブルからの持ち込み、クロスに合わせてのヘディングなど、ストライカー顔負けの豊富な得点パターンも持っており、今後もその知名度を上げていきそうな選手だ。

    http://qoly.jp/2017/08/18/omiya-ardija-ataru-esaka

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★^^2017/08/18(金) 22:23:18.01 ID:CAP_USER9

    columnsv2_16463

    イタリア・セリエAは現地時間19日(以下現地時間)に2017-18シーズンが開幕し、昨季王者ユヴェントスはカリアリと対戦する。この一戦を前に、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が今季の展望を語った。

     セリエA7連覇を狙うユーヴェだが、13日に行なわれたイタリア・スーパーカップでは、2対3で黒星。新シーズンの幕開けを告げる大会で、ラツィオにタイトルを譲った。

     アッレグリ監督はラツィオ戦を受けて、「リーグ戦では、あのようなプレーは絶対にしてはならない。この敗北は、我々を現実に引き戻した。まだ完全なコンディションでない選手もいて、簡単にはいかないだろう。しかし、土曜(19日)からは違うユーヴェを見せる」と気合いを入れた。

     同監督はまた「2年前はラツィオをスーパーカップで倒して優勝したが、セリエAでは好スタートを切れなかった。今年は、その逆になることを願っている」と話した。

     ユーヴェの好敵手になると目されているのが大補強で話題を呼んでいるミランだ。中国系コンソーシアムへの売却が完了したミランは今夏、2億ユーロ(約257億円)を超える額を投じ、DFレオナルド・ボヌッチを始め、積極的に選手を補強した。最低でもチャンピオンズリーグ(以下CL)出場が叶う4位以内に入ることが求められるが、新たなチームが早くから機能すれば、セリエA優勝も夢ではない。

     ユーヴェから加入したボヌッチは、伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙に対し、「ユーヴェは変わらず優勝候補だろう。ナポリも優勝に向けて大きなチャンスがある。今の僕らはこの2チームの後ろにいるが、僕らは自分たちの限界を決めるべきではない」とコメント。「この2チームに続く、ミラン、インテル、ローマは対等だ」とも述べ、意欲を示している。

     そのボヌッチが優勝候補の一角に挙げたナポリは、過去5シーズンで4度、トップ3に名を連ねている。昨季は、ディエゴ・マラドーナ氏の持つクラブ最多得点記録更新まであと3得点に迫る活躍を見せたマレク・ハムシクを中心に、過去最高の勝ち点を手にしたものの、首位ユヴェントスとは5差の3位に終わった。

     ナポリはここまで特に大きな補強をしたわけではないが、ドリース・メルテンスとロレンツォ・インシーニェが新契約に合意するなど、主力の残留が大きな成功と言える。

     昨季30得点以上を挙げたメルテンスは、16日に行なわれたニース(フランス)とのCL予選プレーオフ・ファーストレグでも1ゴールを挙げ、2得点に絡んだ。同選手は「僕はここに残った。なぜなら、このチームはとても美しいサッカーをするし、そうすることで僕たちはたくさんの喜びを感じるからだ」と話している。(STATS-AP)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000013-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ