サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ


    得点は終盤のPKのみ。日本の守備力に苦戦

    アジア大会で16年ぶりとなった日韓戦は、韓国が制した。

    後半40分過ぎまで両者一歩も引かぬ熱戦が繰り広げられたが、試合終了間際に得たPKで韓国が先制。
    それがそのまま決勝点となり、詰め掛けた4万3000人を超える大観衆は韓国の勝利に酔いしれた。

    これでアジア大会における日韓戦の通算戦績は、韓国の6勝1敗。日本にとっては嫌なジンクスが続く結果となっている。

     ただ、韓国メディアは日韓戦の勝利を手放しでは喜んでいないようだ。

    『MKスポーツ』は「金狙うイ・グァンジョン号の前に日本はいなかった」と見出しの威勢こそいいものの
    、「一枚格下と思われていた日本は、想像以上に強かった。守備もしっかりとしていた。(韓国は)FKやCKなどのチャンスを何度も掴んだが、
    決定機を作ることはきなかった」と日本の守備力を評価。

    「むしろ鈴木武蔵、中島翔哉、矢島慎也らによる日本のカウンターに苦戦した」とも伝えている。

    『XPORTS NEWS』も「結局は勝った韓国、AG日韓戦の勝率は85%」という記事で、
    「快勝を望んだが、後半41分に決めたチャン・ヒョンスのPKでかろうじて勝利しただけだった。
    韓国は21歳以下のメンバーで臨んだ日本からなかなかゴールを奪えなかった」と振り返っている。

    28年ぶりアジア大会制覇へ楽観視出来ず

    韓国の決定力不足を指摘するメディアは少なくなく、『Moneytoday』も「この日の試合でも慢性的な決定力不足が露呈した。
    韓国はシュート数で11-3と日本をリードするなど、主導的なプレーを披露したものの、試合終盤の相手のファールによるPKからの1ゴールに満足しなければならなかった」と嘆いた。

    『wowsports』も韓国に厳しい評価を下している。

    「相手のスピーディーなプレスにどのように対応するか。つまり“脱プレス”が韓日戦に臨む韓国の最も大きな宿題だった。
    しかし、もどかしい試合内容は、香港戦と大きく変わらなかった。無謀なクロスが乱発されることはなかったが、何度も得たセットプレーのチャンスを生かせなかった」。

    「“21歳以下”の日本にてんてこ舞いになったイ・グァンジョン号、残念だった韓日戦」との記事を掲載したのは『NEWS1』だ。

    「最も大きな問題点は、単調な攻撃パターンだ。5試合で10ゴールを記録しているが、サイドからのクロスという単純な攻撃に依存している」、
    「韓国代表が28年ぶりにアジアのトップとなるためには、攻撃陣の奮発とセットプレーの正確性を上げる必要がある」などと忠告している。

    韓国メディアの試合後の厳しい論調からは、「もっと圧倒してほしかった」という本音が見え隠れしているようだ。

    日韓戦の試合内容を見る限り、28年ぶりのアジア大会制覇に向けて、少しも楽観視できそうにない韓国。
    1986年のソウル・アジア大会以降、準決勝の舞台では一度も勝利できていないという嫌なデータもある。本当の試練はこれからと言えそうだ。

    9月30日(火)11時2分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140930-00010005-footballc-socc

    続きを読む

    2014-05-23-09-49-39


    2014年09月30日 16時00分
     アジア大会サッカー男子準々決勝(28日)、U―21日本代表は韓国に0―1で敗れて2連覇を逃した。
    2年後のリオデジャネイロ五輪出場を期待されるチームだが、アジアのライバルの前に実力不足を露呈。
    今後、チーム強化の見直しを迫られるのは必至で、五輪代表の“先輩”で昨季J1得点王のFW大久保嘉人(32=川崎)も厳しいジャッジを下した。

     失点はPKによる1点だったとはいえ、シュート数は3対11。開催国Vを狙う韓国が大会規定通りのU―23代表、
    しかもオーバーエージ(OA)選手を起用してきたとはいえ、日本は手も足も出ず。一方的に攻め込まれ、自分たちの攻撃は形にならなかった。

     1点を争う展開にもかかわらず、後半終了間際にペナルティーエリア内で主将のMF大島僚太(21=川崎)が不用意なファウルでPKを献上。
    試合の流れを読む力や危機察知能力の薄さばかりが目立った。責任を痛感した大島は「もっと実力を上げなければならない」と落胆した。

     2年後のリオ五輪を目指すチームにとってはショックが残る内容。大会前は“飛び級”でハビエル・アギーレ監督(55)
    率いるA代表への招集を期待する声があったが、それどころではない結果で終わった。

     五輪代表の先輩の目も辛辣だ。2004年アテネ五輪に出場し、その後はA代表として10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会とW杯2大会に出場した大久保は
    「全然(試合が)面白くないから、もう見てない。見る必要もないでしょ」と大会期間中にもかかわらず“無視”。
    「この中から上(A代表)に行けるヤツもほとんどいないんじゃないの」と辛口コメントを並べた。

     ここまで厳しい言い方をするのは大久保なりの理由がある。過去、五輪世代で活躍しながら、その後は表舞台から消えていった選手を数多く見てきたからだ。
    「(五輪代表に選出されても)いなくなっている選手は多いでしょ。単にうまくなかったのもいるし、周りがチヤホヤして調子に乗ってダメになったのもいる。
    俺らの世代でもそうだった」と“身分不相応”な取り上げられ方をされることの弊害を強調している。

     その中で大久保が“消えた選手”とはならずに輝いてきたのは「自分に自信があったから」と言い切る。
    大久保とともにアテネ五輪に出場したのはDF田中マルクス闘莉王(33=名古屋)やMF阿部勇樹(33=浦和)、
    MF今野泰幸(31=G大阪)といった個性が強い面々。当時オランダの名門フェイエノールトで活躍していた
    MF小野伸二(35=札幌)も最後OA枠で加わった。自信を持ち、自己主張なしでは生き残れなかった。

     だが、今回のアジア大会に出場したチームは、関係者から「練習中の声が少ないし、ガツガツしていない。国を背負って試合をする気持ちが伝わってこない」
    と戦う姿勢を疑問視されていた。1次リーグ・イラク戦で完敗した後に危機感を見せた選手も少数。「自信」と「過信」をはき違えたU―21代表に大久保が厳しい見方をするのも無理はない。

     今後は選手選考や戦術の見直しはもちろん、手倉森誠監督(46)のマネジメント力も問われる。来年3月に始まる五輪アジア1次予選まで、残された時間は少ない。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/317406/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 11:54:44.66 ID:???0.net
    30日に行われるチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2戦、
    対CSKAモスクワ戦に臨むため、28日に現地入りしているバイエルンを悲劇が襲った。29日、ドイツ紙『ビルト』など複数メディアが伝えている。

    同紙が掲載した写真には、毛布にくるまりながら路上に立っているジョゼップ・グアルディオラ監督以下、
    オランダ代表FWアリエン・ロッベン、スイス代表MFジェルダン・シャキリなどが写っていた。

    チームが宿泊していたリッツ・カールトンで火災報知機のサイレンが鳴ったことが原因だという。

    この件についてバイエルンも「火災アラーム!でも火事じゃなかった!」とクラブの公式ツイッターを通じて即座にニュースを出したが、
    同ホテルのPRマネージャーであるマキシム・マルセンコフ氏は「あれは爆破予告だった。我々のコールセンターに22時20分頃、1本の電話があったんだ」と取材中の『ビルト』に説明。

    実際に22時50分頃には警察も捜査を始めたが、不審物は見つからなかったとのことで、事の発端から1時間半後、バイエルンの面々はホテルの部屋に戻っていったという。

    なお、前日会見に出席したドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、自身が突然ベッドから引きずりおろされてしまったこの事件について、
    「学校に通っていた時のことを少し思い出したね」と、冗談交じりに答えた。

    9月30日(火)10時9分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00237339-soccerk-socc

    写真
    no title

    no title

    続きを読む

    no title



    欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第2節(10月1日=日本時間2日)にアンデルレヒト(ベルギー)と敵地で対戦する
    ドルトムント(ドイツ)のFW香川真司(25)が、決意の“ニューボディー”で復活を狙っている。

    27日のドイツリーグ第5節のシャルケ戦で後半12分から途中出場した香川は、積極的に攻撃に絡むもゴールは奪えずチームは1―2と敗戦。
    再デビュー戦となった13日のフライブルク戦で1得点を挙げた以降は、思うような活躍ができていない。16日のCLアーセナル戦もケガの影響で出番がなかった。

    だが、香川は新たな取り組みでコンディションを上げてきている。香川と親交のあるJクラブ関係者は「真司は少し体を絞ってスピードとキレを出そうとしている。
    それに今までは偏食がなかなか直らなかったけど、食事のバランスを考えたり自分なりに体質改善にも取り組むようになってきたみたいだよ」。

    香川はマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に在籍した昨季、当時のデービッド・モイズ監督(51)がフィジカルの強さを重視したこともあり、
    筋力アップを図った。その結果マッチョ化には成功したものの、持ち味だった裏に抜け出す一瞬のスピードや細かいテクニックが鈍り、
    ゴール前の決定力を欠いた。そこで今季開幕前から減量を開始。6月のW杯時から2~3キロ落ちたことで、本来の鋭い動きが戻ってきた。

    食生活も改めた。これまでは栄養士の指導は受けつつも、オフなどはついつい好物ばかり口にしていたが、
    現在は自主的に栄養学を勉強。苦手な野菜も積極的に摂取するなど、食事のバランスに注意を払いながら日々過ごしているという。

    本来の姿を取り戻しつつある香川。CLの舞台で真の実力を見せつけられるか。

    9月30日(火)11時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00000024-tospoweb-socc

    続きを読む

    no title



    シネマトゥデイ 9月30日(火)8時0分配信
    内田篤人選手、上半身で肉体美を披露!自身の結婚についても…

     ドイツ・ブンデスリーガのFCシャルケ04に所属し、日本屈指のSBとしてサッカー日本代表にも選出されている内田篤人選手が、
    10月1日発売の女性誌「anan」で上半身ヌードの撮影に挑戦し、アスリートならではの美しい筋肉を披露していることがわかった。

     同誌では「人生を動かす5つの勇気」という特集が組まれ、内田選手はインタビュー企画「僕のターニングポイント。」に登場。
    ワールドカップも終わり、新たな気持ちでリスタートする意気込みやこれまでのターニングポイントなどについて語っている。
    その中ではよく人生の岐路と称される結婚についても触れており、まだ独身の内田選手だが「結婚も大きな選択だと思うけど、
    そこは悩まず、直感で決めます」と男らしい一言を述べている。さらに代表への本音、プライベートについても赤裸々に告白。
    内田選手の「今」に迫る内容になっているようだ。

     そして今回内田選手が挑んだ上半身ヌードには、一度、全てをリセットしてリスタートするという意味が込められているとのこと。
    慣れない撮影で、照れる姿も見せていたというが、そのまなざしからは彼が持つ真っすぐな志を感じることができる。

     また、11月7日発売の「anan特別編集 2015年内田篤人カレンダー[Naked]」(マガジンハウス刊)で使用するショットも同時進行で撮影。
    カレンダーでは、両面リバーシブル仕様でSIDE-A〈Dressed〉でスーツ姿やオフの顔、SIDE-B〈Undressed〉で美しい体を見せているほか、バレンタインや高校時代の思い出などのミニインタビューが収録されている。(編集部・井本早紀)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140930-00000005-flix-ent

    内田篤人選手 - 10月1日発売「anan」1924号(マガジンハウス)より
    no title

    http://img.cinematoday.jp/res/GA/2014/0930_01/v1411979901/main-560x600.jpg

    続きを読む




    ミランのバルバラ・ベルルスコーニCEOが、イタリアサッカー界に苦言を呈している。

    イタリア『Rai』の番組に出演したバルバラCEOは、イタリアという国とサッカー界が改革を望まずに対立ばかりしていると指摘した。
    イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

    「イタリアサッカーで特に問題なのは、ケンカっ早いことよ。ヨーロッパや世界でイタリアサッカーを推し進めていくことを考えなければいけないのに、
    今はケンカしたり、対立することに時間をかけすぎている」

    「EURO2000で負けたとき、すごくがっかりしたわ。統治やルール、人、スタジアム、下部組織、収支と、代表チームだけではなく、
    すべてのクラブで変えることができたはずなのにね。我々の問題は少し、改革を望まないイタリアという国全体に起きている問題の一部だと思う」

    また、バルバラCEOは本拠地サン・シーロが不十分であり、新たなスタジアムが必要との見解を示している。

    「サン・シーロは素晴らしいスタジアムで、ミランとインテルの歴史があるけど、今ではもう足りない。
    スタジアムには、試合日だけではなく、1週間毎日オープンできるような施設やサービスが必要なのよ。
    でも、政府や自治体の財政支援など、今のイタリアには困難が多すぎるわ」

    9月29日(月)16時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000020-goal-socc

    続きを読む

    4c1f7d46-195a-49d0-b628-192f70ef8a8e
    続きを読む

    043-e1411366920320
     来年3月23日に開幕予定のリオデジャネイロ五輪1次予選(東南アジア予定)で、手倉森ジャパンがドイツ1部ドルトムントのMF丸岡満(18)の招集に向けて動いていることが29日、判明した。
    日本協会が今秋にもブンデスリーガを直接視察。同予選が国際Aマッチデーに行われるため、スイス1部ヤングボーイズのFW久保裕也(20)とともに呼べる可能性が高くなった。
    前日28日に仁川アジア大会準々決勝で韓国に敗れたU-21(21歳以下)日本代表はこの日、帰国した。

     韓国戦完敗から一夜明け、手倉森ジャパンが用意する次の一手が明らかになった。日本協会スタッフによると、丸岡ら海外組の視察を予定しているのは10~11月。
    国際Aマッチデーの前後を活用し、アギーレ監督をはじめとするA代表スタッフが渡欧して各国リーグを見て回る計画がある。その中で手倉森監督も現地へ飛び、直接視察する計画が協会内で浮上している。

     お目当ては、ドルトムントのU-23チームに登録されているMF丸岡だ。今年1月にC大阪から1年半の期限付きで移籍した18歳。
    先月23日の開幕戦(対レーバークーゼン)に「飛び級」で初のベンチ入りを果たすと、10日前の今月20日にはマインツ戦でリーグ戦デビュー。後半34分から出場し、日本人最年少のブンデス初出場記録をつくった。

     「香川2世」とも称される柔らかなボールタッチ、ドリブルが武器。球際に強く運動量も豊富なスタイルは、まさに韓国戦で足りなかったものだ。
    15歳の時から世代別代表を経験しており日本協会も一定の情報は持っているが、ドルトムントのクロップ監督が「我々の希望の光」とまで絶賛する近況を確かめたい。
    そこで現地までスタッフを派遣する。11月1日にはBミュンヘンとの大一番もある。

     海外組を呼びやすい環境も整った。五輪予選はAマッチではなく招集に拘束力もないが、今回の1次予選と国際Aマッチデー期間が重なったため、
    欧州のクラブから選手の供出を受けやすくなった。リーグ期間中だった前回のロンドン五輪予選と違って日本の要望が通る可能性も高く、
    ヤングボーイズFW久保の招集も濃厚。フライブルクU-19の188センチFW木下康介(19)も候補に入ってくる。

     手倉森監督は韓国戦後「世代を広げた選考に着手したい」と話していた。U-19代表に専念しているC大阪FW南野と思われたが、
    本命はC大阪U-18で南野の1年後輩の丸岡だった。仁川アジア大会ではFW鈴木が5戦5発でチーム得点王。
    MF中島も2得点と一定の成果を示したが、リオでメダルの大目標を考えれば競争は不可欠。海外からも招集に踏み切る構えだ。
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20140930-1375023.html

    続きを読む

    続きを読む

    458634_heroa
    4人のアタッカー起用の解決策

    ACミランのフィリッポ・インザーギ監督は、28日の1-1の引き分けに終わったチェゼーナ戦で本格導入した4-2-3-1と、
    今季のベーシックと明言する4-3-3を併用していく方針を明かした。

    試合後の監督会見でこう語った。

    「リーグ戦5試合の時点で、新しいシステムでしかも、4人のアタッカーを同時起用する方法は楽ではなかった。
    新たなシステムでも戦えたし、4-3-3システムでも試合に勝っていた。いいサッカーをした」

    前節エンポリ戦の試合途中から、昨季のクラレンス・セードルフ監督が基本システムとしていた4-2-3-1を導入した。この日は、試合開始からこの布陣だった。

    1トップにチェルシーから期限付き移籍で加入したFWフェルナンド・トーレスを置き、本田は昨季同様に右攻撃的MF。
    トップ下には元フランス代表MFジェレミー・メネズが入り、左MFには移籍市場閉幕直前にアタランタから獲得したジャコモ・ボナベントゥーラが入った。

    メディアからは「攻撃的な4人を起用するとバランスを欠くのでは?」と質問が飛ぶと、指揮官はそれに応えた。
    「チームにバランスを見つけることも大事だが、魅力のあるサッカーをしたい。そうすればサポーターも喜んでくれる。

    チームにはFWが7人もいるので、FWのうち4人を起用できるのは、選手を生かすためにも得策だと思う。
    4-3-3でもたくさんゴールを決めて、最高の攻撃ができている。この道を続けよう。まだ向上しなければならないが、それは7月10日からわかっていることだ」

    選手のコンディションや負傷者、対戦相手の特長に応じ、戦術を使い分ける方針のようだ。
    故障明けのイタリア代表FWステファン・エルシャラウィというスピードスターが完全復活間近な状況だ。

    好調を意地する本田、メネズ、新加入のトーレスら前線のタレントを活用するには4-2-3-1システムが現時点では得策だと考えている。

    本田は、いずれのシステムでも右サイドに固定され、今季公式戦5試合で3得点2アシストと結果を積み上げる。
    本田らタレントの能力を最大限に引き出す“スーペル・ミステル”の采配にも注目したい。

    9月29日(月)20時9分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140929-00010007-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ