サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    no title



    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/22(日) 14:49:52.33 ID:???0.net
    ご乱心だけじゃない――。サッカーW杯ブラジル大会で1次リーグC組の日本は10人のギリシャを崩せず、
    スコアレスドローで決勝T進出には奇跡が必要になった。アルベルト・ザッケローニ監督(61)
    の不可解な采配に批判が集中しているが、低迷の原因はそれだけではなかった。
    舞台裏を探ると、チーム内で指揮官に対する不満が充満していたことが判明した。

    ボール支配率は68%と圧倒的に攻め込みながらも、1人少ないギリシャからゴールを奪うことはできなかった。
    痛恨の勝ち点「1」で、決勝トーナメント進出は極めて厳しくなった。
    FW香川真司(25=マンチェスター・ユナイテッド)のベンチスタート、
    DF吉田麻也(25=サウサンプトン)を前線に上げたパワープレー、交代枠を使い切らず…。
    評論家の解説を待つまでもなく、ザックの“迷采配”を挙げればきりがないが、
    それ以上に深刻なのが試合前からイレブンの心がザックから離れてしまっていたことだろう。
    ある代表選手は「監督がちゃんと話を聞いて、考えを伝えるのは一部の選手だけですから…」とチームの内情を明かした。
    要するにザックは、お気に入り選手であるFW本田圭佑(28=ACミラン)やDF長友佑都(27=インテル)
    ら限られた選手としか意見交換をしてこなかったというのだ。指揮官はチーム編成にあたり、
    エース本田のパフォーマンスを生かすことを最優先。本田の意向はメンバー選考や起用法にも強く反映された。
    本田も期待に応えるためチームをけん引し、結果を出し続けた。すると指揮官は本田への依存度をさらに強め、
    結果的に他のイレブンを軽視するようになった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/8963735/

    続きを読む

    ac16d002

    カシージャス・・・、4年前の天国から地獄ですね。
    でも天国を味わえただけでも、良かったかと。
    スペイン史上最高のGKは貴方だと思います。


    続きを読む

    BqXD3w0CUAAuIbL
    続きを読む

    afada1e95cda78203c9599ef9a977ffb-o
    ※ドイツ戦の美女サポーター


    今大会ブラジルWカップは面白い試合が多すぎますね。
    昨夜はアルゼンチン、ドイツと強豪国の試合が連続でありましたがどちらも見所満載のすごい試合でした。


    とくにアルゼンチンはメッシの最後のゴール、興奮しましたね!
    正直眠くなっていたのですが一気にあのゴールで目が覚めました。


    そのあとのドイツ戦も凄い試合、ロイスが怪我してちょっとテンションが下がっていたのですが
    ゲッツェ、ミュラー、エジル、そしてクローぜという攻撃陣は強力ですね。
    また安定して守備は毎回いいです。
    ドイツの圧倒的展開を予想していたのですがガーナもよかったです。
    アユーやギャンといった選手たちはトップクラスであるとことを示していました。


    ボスニアはジェコをもっと見たかっただけに残念です。


    どの試合も見所満載です!


    たた私個人の期待しているアルゼンチンは少し心配です。
    攻撃が空回りしている感が否めないです、ちょっとメッシ頼みすぎのような。。
    このままだと強豪と当るとあっさり負けそうで心配ですが・・・、メッシがマラドーナのような
    活躍で進んでくれることを期待したいですw
    続きを読む

    honda_nagatomo-500x333


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/22(日) 09:37:25.78 ID:???0.net
    014.6.22 05:03
    長友、現状打破へ本田と話し合い「まだ終わってない」

    回復トレーニングに臨む長友=ブラジル・サンパウロ州イトゥ(撮影・山田喜貴)

     サッカー・日本代表合宿(20日、ブラジル・イトゥ)W杯優勝、信頼するザッケローニ監督への思いは
    揺るがない。DF長友は、高い目標を掲げてきたこれまでへの質問に即答した。

     「まだ終わってないんでね。可能性ももちろんまだある。それを信じてやるだけです、今は」

     2試合で勝ち点1。理想とはかけ離れた結果だが、わずかでも可能性があるならあきらめない。W杯に
    入って采配にブレが目立つ指揮官についても「(不信感は)全くないです」と言い切った。

     ギリシャ戦後はFW本田すら、さすがに落ち込んだ様子だったという。それでも試合後、引いた相手を
    崩しきれない現状について「何が理由なんだろうって探し求めてました」などと前向きに話し合ったという。

     「人間、みんなそう。後がないほど、前に行くしかなくなる。あきらめたら可能性は間違いなくゼロに
    なる。そこは信じて戦うだけ」。ギリシャ戦での走行距離11・166キロ、全力疾走51度、最高時速
    30・71キロはいずれもトップ。頼りの左サイドバックにブレはない。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140622/jpn14062205030005-n1.html

    続きを読む

    no title


    日本代表、疲れがたまっているのでしょうか。
    移動距離も相当ですね、ホテルは快適そうですが・・。
    コロンビア戦勝てばまだ奇跡は残されているのでなんとしても勝利を掴んでほしいです。
    このままだとコンフェデのときとあまり変わってない、最後のサムライ魂を見せてくれほしい。
     




    続きを読む

    163457hp2

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2014/06/22(日) 09:02:06.12 ID:???0.net
     ギリシャ戦から一夜明け、肌寒いベースキャンプ地・イトゥの練習場。本田は芝の上をゆっくりと歩き、黙々とランニングした。
    その表情は硬く、まるで自問自答するように真剣そのものだった。

     徳俵に足がかかった、絶体絶命の危機。だが、困難や障壁、逆境はむしろ「圭佑にとっては大好物」とは盟友の長友。
    本田の人生は、いつも挫折と隣り合わせの戦いだった。

       ◇  ◇  

     「俺は負けてへん」

     G大阪ジュニアユース時代。周囲の仲間たちがあきれるほど、本田はずっと、ずっとそう言い続けていたという。関西全域のエリート
    候補生が集う名門下部組織にあって、本田のレベルは群を抜いて低かった。同期生の與(あたえ)貴行さん(28)は本田の第一印象を
    鮮明に覚えている。そして、こう本田に話しかけたという。

     「お前、誰なん?」「何で入ったん?」

     体は小さく、足は遅い。技術はあるけど、1対1の練習ではほとんど勝てなかった。スピード、スタミナ不足は顕著で、トレーニングに
    ついていけないことさえ多く、「『えっ、中学校からサッカーを始めたんですか?』っていうくらい、実力もスピードも何もなかった」(與さん)。

     だが、サッカーに立ち向かう情熱だけは飛び抜けていた。練習場には誰よりも早く来て、帰るのは決まって最後だった。黙々と左足の
    キックを繰り返していた。3年間、試合に出ることもできなかったのに、腐るどころか燃え盛り、1日に一度は必ず「将来はサッカーで
    飯を食う」「プロになって海外で活躍する」などと自信満々に公言していた。誰もが一目置く存在だった。




     「ヤス、1対1の相手してや」。同期でG大阪ジュニアのコーチ、松岡康暢さん(28)は本田の求めに応じて、毎日のように居残り練習に
    付き合った。本田は負けるたびに、「そんなん上(プロ)に行ったら通用せえへんぞ」と言い放ち、次の日には「昨日は負けてへん。
    お前に勝つ方法を考えてきてん」と、断っても何度でも挑んできた。

     負けず嫌いはサッカーだけにとどまらない。50メートル走、柔道、相撲、腕相撲-。練習の合間や練習後に本田はチームメートに
    好んで勝負事を仕掛けた。

     走っては全戦全敗。それでも、本田は「次やったら、絶対に負けへん」。身長差が15センチ以上もあった体格のいい同僚に柔道で
    本気で挑み、投げ飛ばされた。一度負けても、本田は「負けてへん」。負け続けても決して認めず、「もうラスト。これで負けたら、
    俺も負けを認める」と言って臨んだ勝負に敗れると、本田は畳の間に大の字になって号泣した。

     強烈な負けず嫌いの一方で、本田はただ強がるだけではなかった。自らの課題を見据え、「俺もやってみたいから、そのやり方を
    教えてくれ」と相手を選ばず言っていた。常に、目の前の障壁を克服しようとする前向きな姿勢がそこにはあった。

     ユースへの昇格を逃すと、本田は「(当時ジュニアユース監督だった)島田さんは、最後まで俺の良さを分からんかったな」と言い放ち、
    言葉にできぬ悔しさを心に抱えたまま星稜高へ進学した。

     松岡さんはG大阪のトップチームに昇格後、2012年末に現役を引退した。「僕はケガもあって逃げてしまった。最後は自分を
    信じられなかった。だけど、本田は逃げなかった。逃げない。どんな状況になっても、自分自身を最後まで信じられる本田圭佑は
    本当にすごいと思う」

     1次リーグ第3戦のコロンビア戦。可能性は限りなく低くなったが、本田は諦めていない。それどころか…。信じ続けた者にだけ、
    望んだ未来が待っている。 

    ソース(中日スポーツ) http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2014062202000164.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ