サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    BsN_7j6CMAAf_Lq
    続きを読む

    BsN_7j6CMAAf_Lq
    続きを読む

    433860_heroa

    岡ちゃん予想「皆がドイツ、俺メッシ」


    「ブラジルW杯・決勝、ドイツ-アルゼンチン」(13日、リオデジャネイロ)


    決戦のキックオフ(日本時間14日午前4時)まで6時間と迫った13日午後10時過ぎ。
    元日本代表監督の岡田武史氏と、元日本代表MFで解説者の福西崇史氏が現地の
    マラカナン・スタジアムから、NHKのスポーツ情報番組「サンデースポーツ」に生出演。
    ドイツとアルゼンチンのどちらが優勝するか直前予想した。

    下馬評では準決勝で地元ブラジルを7‐1の大差で退けたドイツが有利という声が多いが、
    岡田氏は「みんながドイツ、ドイツと言うと、俺はアルゼンチンと言いたくなる」と、反骨精神を吐露。
    その理由を「やはりメッシ。(準決勝のオランダ戦でも)惜しいゴールを外した。入っていれば
    PK戦にはなっていなかった」と、アルゼンチンのエースFWの卓越した能力を挙げた。

    一方の福西氏は大会前にブラジルを優勝候補に挙げていただけに、そのブラジルに
    圧勝したことで、「やはり総合力でドイツが上」と淡々と分析。ドイツのメッシ対策としては、
    マンマークではなく、メッシの動きに応じて人数をかけていく戦略などを予想した。

    これを聞いた岡田氏は、少し語気を強め「それでもメッシ。メッシが崩し、メッシが決める」
    とメッシの名前を連呼して応援予想。2人とも「アルゼンチンが先制点を取った方が面白い」
    と、好ゲームを期待した。


    【デイリースポーツ】=http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/07/13/0007141946.shtml

    続きを読む

    no title

    2005年に日本サッカー協会(JFA)は『JFA2005年宣言』を発表していて、2050年までにW杯を日本で開催し、
    なおかつ優勝するという目標を掲げている。そのためには、どうすればいいか?
    数年前、JFA名誉会長の川淵氏を取材したときに具体策を聞いたことがある。以下、そのときの回答である。

    「欧州の5大リーグ(イングランド、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス)でレギュラーを務める選手が
    20名以上になったときに、W杯のベスト4や優勝が見えてくる」

    そこで、今大会のベスト4に入ったチームの所属クラブを調べてみた。
    5大リーグでプレイする選手の内訳は、ブラジル16名、ドイツ23名、オランダ8名、アルゼンチン16名となっている。
    オランダの場合、5大リーグの次に来てもいいほどレベルが高い自国(エール・ディビジ)でプレイする選手を加えると、18名になる。

    ベスト8では、コロンビア13名(+1)、コスタリカ2名(+1)、フランス22名、ベルギー17名となる。
    +の部分はオランダでプレイする選手数であり、旋風を巻き起こしたコスタリカを除いてやはり5大リーグでプレイする選手が圧倒的に多い。

    これらの国々と互角に戦おうと思えば、まずは普段から同じ土俵で戦っている必要があると理解できる。
    捕捉すると、いずれの国も5大リーグでプレイしている自国選手はもっと多い。

    ブラジルをみると、バイエルンのラフィーニャやA・マドリードのミランダ、フェリペ・ルイスなどが予備登録メンバーとなっている。
    5大リーグでプレイするハイレベルな選手たちのなかから、より優れた選手が代表に招集されているのだ。

    今大会を戦った日本代表をみると、11名が5大リーグでプレイしている。決して、悪くない数字だといえる。
    ただ、グループリーグで戦ったコートジボワールは13名、ギリシャも11名で同程度か日本以上だった。
    さらには、レギュラーを務める選手という詳細条件をつけると、日本の数字は少し減る。

    香川、本田、吉田はレギュラーではない。5大リーグで20名以上がレギュラーとして活躍していて、そのなかからさらにより優れた選手を代表に招集する。
    こうした状況になったときに、W杯のベスト4や優勝が見えてくるという考えは、ひとつのモノサシになる。

    さらに、ベスト4に入った国々と2013-14シーズンのCLとの関係も調べてみた。抽出したのはグループリーグ、
    本戦に出場したクラブに在籍する選手で、ブラジル14名、ドイツ18名、オランダ8名、アルゼンチン10名となっている。
    オランダは本戦前の最後のプレイオフに出場した選手も合わせると、PSVのデパイとワイナルドゥム、フェネルバフチェのカイトが加わって11名となる。

    また、ベスト8ではフランスとベルギーが13名、コロンビアは4名、コスタリカは2名となっている。
    ラウンド16でアルゼンチンと接戦を演じたスイスは、8名が出場している。

    W杯でベスト4以上の成績を目指すなら、10名前後がCL本戦に出場するクラブに在籍していたいところだ。
    いや、在籍するだけでなく、レギュラーを務めていたいところだ。

    >>2以降につづく

    7月13日(日)13時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00010000-theworld-socc&p=1

    続きを読む

    2014-07-11-09-39-14



    本田ミラン、インザギ流「管理」で再生へ
    日刊スポーツ 7月13日 21時40分配信

     日本代表FW本田圭佑(28)が所属するACミランが“インザギ法則”で生まれ変わる。
    13日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙が報じた。

     新監督のフィリッポ・インザギ監督(40)のもと始動したが、スケジュール管理が徹底されている。
    午前7時45分に起床。午前9時から練習。午後5時30分から午後練習。
    選手は練習の45分前に更衣室に入らなければならない。
    また、監督は練習前にチームと話す時間をもうけている。
    コンセプトは、「ACミランのDNA」「勝利へのメンタリティー」「自分たちのプレースタイル作り」など。

     インザギ監督は時間厳守を徹底しており、1分たりとも遅刻は許さないという。
    さらに、食事中と更衣室での携帯は使用禁止だ。

     また、テニスのウィンブルドン選手権男子シングルスで3年ぶり2度目の優勝を果たした
    ノバク・ジョコビッチ(27)と同じスタイルで、おやつには、フルーツを食べる。

     選手たちは、インザギのやり方を気に入っているようだという。
    若い選手は、インザギをミスターと呼んでいる。
    昔からよく知るGKクリスティアン・アビアティ(37)、DFダニエレ・ボネラ(33)、
    FWジャンパオロ・パッツィーニ(29)、MFリカルド・モントリーボ(29)らは愛称“ピッポ”と呼んでいる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000112-nksports-socc

    続きを読む

    gerarg-500x656
    続きを読む

    433860_heroa


    W杯ブラジル大会決勝、ドイツ対アルゼンチンが13日16時(日本時間14日4時)からリオデジャネイロで行われる。

    W杯ブラジル大会決勝は、アルゼンチンが勝ちます! 日刊スポーツのサッカー外電担当記者がデータや戦術を徹底検証したところ、衝撃の新事実が判明。
    “アルゼンチンが優勝できる5つの理由”を見つけだしました。ちまたではドイツ優位といわれていますが、日刊スポーツはアルゼンチンを推します。

    (1)試合間隔が短いチームが優勝している! 
    日程面なら準決勝から間隔があいた方が有利。アルゼンチンは中3日、ドイツは中4日。
    しかし、10年南アフリカ大会は準決勝から中3日のスペインが、同4日のオランダを下している。

    過去、準決勝が同日に行われなかった大会は7回。
    試合間隔が短い方が6勝1分け(1PK戦負け)と圧倒している。30年のウルグアイは準決勝から中2日で優勝。
    66年イングランド、90年西ドイツ、98年フランス、02年ブラジルは相手より1日短い中3日で勝っている。

    (2)アルゼンチン守備陣は今大会NO・1! 
    タレント豊富な攻撃陣に比べ、不安視されていた守備だが、ここまで3失点で決勝トーナメント以降3試合は無失点。
    インターセプト87回、シュートブロック19回、クリア191回の合計297回は、出場32カ国で1位の数字。
    ドイツは、同42回、21回、182回の計245回で6位。レーウ監督も「アルゼンチンは守備が非常にいいのが強みだ」と警戒している。
    5得点3アシストのFWミュラーを、マスケラーノが抑えれば十分に勝機はある。

    (3)los cuatro fantasticos ファンタスティック4の輝き! 
    右太もも痛のディマリアが練習復帰。決勝ではメッシ、アグエロ、イグアイン、ディマリアの4人がそろい踏みする見込み。
    昨季リーグ戦での4人の得点数は、メッシ28点+アグエロ17点+イグアイン17点+ディマリア4点の合計66点。
    ドイツが、ミュラー13点+クローゼ7点+エジル5点+クロース2点の合計27点。

    (4)ショックをブラジルに! 
    アルゼンチンとブラジルは永遠のライバル。決勝は「マラカナンの悲劇」(50年決勝)と同じ場所。
    アルゼンチンが優勝すれば、準決勝でドイツに大敗した「ミネイランの惨劇」で落ち込むブラジルに、さらなる打撃を与えるため、モチベーションは高い。

    (5)やっぱり南米開催! 
    南米、北中米でのW杯開催は過去7度。全て南米勢が優勝した。「欧州勢は南米で勝てない」というジンクスは強い。
    以上、5つの理由からアルゼンチンが優勝します!【荻島弘一、千葉修宏、保坂恭子】

    http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/p-sc-tp0-20140713-1333600.html

    続きを読む

    543e79e9
    続きを読む

    178893_heroa

    「ブラジルW杯・決勝、ドイツ-アルゼンチン」(13日、リオデジャネイロ)

    サッカーW杯ブラジル大会決勝を前に、ペレ氏、マラドーナ氏という歴代最高選手の2巨頭が
    ドイツ、アルゼンチンの2チームそれぞれに入れこんだ発言をしている。13日のスペイン紙マルカが報じた。

    元ブラジル代表のペレ氏は前評判の高いドイツを支持。
    「ドイツはアルゼンチンよりずっと良い。ただ試合では何が起こるか分からない。
    ブラジルに起こったことがその証で、誰もその理由を説明することができない」とコメントした。

    一方の元アルゼンチン代表マラドーナ氏は一般論としてのドイツ有利の見方を認めたうえで
    「本命は決して勝たない」と持論を展開。
    続いてアルゼンチン代表FWメッシを諭すようなメッセージを送った。
    「ぶち壊せ!日曜日はお前の試合になる。日曜日、お前はチームのボスとなり2点を取り、
    俺たちはマラカナで優勝カップを手にする。それは忘れることのできない歴史的なことになる」。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000061-dal-socc

    続きを読む

    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ