サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 12:51:21.26 ID:???0.net
    アルゼンチンに4失点敗戦のドイツ、指揮官「ディマリアがいてもW杯決勝は勝っていた」

    ドイツは現地時間3日(以下現地時間)、アルゼンチンと国際親善試合を行ない2対4で敗れた。
    ヨアヒム・レーヴ監督は、この結果でアルゼンチンがW杯のリベンジを果たせたとは言えないと語っている。

    延長戦の末、ドイツが1対0で勝利し世界王者に輝いた2014年W杯決勝から、
    わずか52日での再戦となったドイツとアルゼンチン。
    前回対戦から両チームともに大幅なメンバー変更を行なったこの試合で、
    ドイツは序盤からペースを握れず、失点を重ねた。

    ドイツは、いずれもMFアンヘル・ディマリアのお膳立てから、FWセルヒオ・アグエロ、
    FWエリック・ラメラ、DFフェデリコ・フェルナンデスに立て続けにネットを揺らされると、
    ディマリア自身にもゴールを許し、50分までに4失点。その後MFアンドレ・シュルレと
    MFマリオ・ゲッツェのゴールで2点を返したものの、2対4で敗れている。

    レーヴ監督は試合後「これがリベンジになるはずがない。これで決勝の日に時計の針を戻せるわけではない」
    と述べた。また、負傷によりW杯決勝は欠場していたが、この試合で1ゴール3アシストと
    大車輪の活躍を見せたディマリアについて「もしディマリアが7月13日にプレーしていたとしても、
    それでも我々が勝っていただろう」と、自身の見解を示している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000012-ism-socc

    続きを読む


    断言しよう 今季、香川は爆発する

    練習で笑顔を見せるドルトムントの香川(左)
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2014/gazo/G20140904008870340.html
    Photo By 共同

     元阪神タイガースの八木裕さん、亀山つとむさんが絶句したのを覚えている。

     「こら、すごいわ」

     お二人を驚嘆させたのは、ドルトムントの本拠地、ベストファーレンのゴール裏だった。
    そこだけで2万7000人を収容すると言われている巨大なスタンドは、確かに、甲子園の
    アルプスでさえかすんでしまうほどの迫力がある。

     もう8年前になるこの時、お二人のアテンドをしていた学生は、いまドイツでスポニチの
    通信員をしているが、その彼によると、ブンデスリーガの選手たちが最もプレーしたいと願う
    場所が、このベストファーレンなのだという。

     そこに、香川真司が帰って来た。

     甲子園をも凌駕(りょうが)する迫力を持つベストファーレンは、阪神ファンにも負けない
    ぐらい熱狂的なファンに支えられていることでも知られている。そんなチームのファンが、
    香川の復帰に歓喜している。2季前、欧州CL決勝の際も、こちらが日本人と見るや「カガ~ワ」と
    声をかけられたものだが、その人気は一向に衰えていなかったようだ。

     冷静に考えてみると、これはなかなかあることではない。ファンから愛されるためには、まず
    結果を出さなければならない。出した上で、ファンと同様、自分にとってもこのチームが大切
    だというアピールをしていかなければならない。だが、そこまでしてもなお、チームを去れば
    すぐに忘れ去られてしまうのが、助っ人外国人の宿命だと言っていい。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/2014/kiji/K20140904008870480.html

    >>2につづく

    続きを読む

    Bq4Ob1qCAAETkCj
    続きを読む

    eto

    キリンチャレンジカップ(5日のウルグアイ戦=札幌、9日のベネズエラ戦=横浜)に向けた日本代表合宿(札幌)。
    2日目の昨2日に欧州組7人が合流し、その中にザッケローニ前監督時代に攻撃の中心選手・トップ下を務めて
    「王様」を自任していたミラン所属MF本田圭佑(28)の姿もあった。しかし、アギーレ新監督体制になってから、本田の立ち位置は大きく変わった。

    午後4時に練習スタート。ボール回しで汗を流した後に攻守に分かれて4対4、5対5などをこなし、続いて2人組が離れた位置に立ち、
    中間地点にカット役の選手を置いてパス交換の練習が始まった。その時、アギーレ監督がプレーしていない選手に身ぶり手ぶりで声を掛け始めた。
    本田のそばにも近寄ったが、二言三言話し掛けただけですぐに立ち去っていった。

    アギーレのモットーは「若手、ベテラン、元代表、初招集、欧州組、国内組で区別しない。全員がゼロからのスタートに立っている」である。

    南ア、ブラジルW杯の絶対的エースだった本田を「その他大勢」として扱うのか? それとも特別扱いのままなのか? 
    チームメートも「どうするつもりなのだろう?」と興味津々だった。

    「合流初日早々、本田を特別扱いしないというアギーレの意図が伝わってきた」と現地で取材中の森雅史氏がこう言う。

    「練習終盤に右サイドに6人、左サイドに6人が分かれてゴール前にクロスを放り込むメニューがあり、
    本田は右サイドの6人のひとりとしてFW岡崎、DF酒井宏、MF柴崎、初招集のMF森岡、DF松原とクロスを上げ続けた。

    岡田、ザック監督時代はトップ下をガンとして譲らず、移籍したミランでサイドを命じられてもトップ下に入ろうとしていた本田が、アギーレの指示に素直に従っていた。
    練習後も、王様然とした雰囲気はなかった。これまでは、取材エリアを無言で通り過ぎることが多かったが、この日はコメント? いいですよ! とフレンドリーに対応。
    本田自身、置かれている立場を自覚しているという風情でした」

     まずは、一兵卒からやり直しということだ。

    日刊ゲンダイ 9月3日(水)14時39分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000025-nkgendai-socc

    続きを読む

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000055-sph-socc
     サッカー日本代表のMF長谷部誠(30)=フランクフルト=が4日、同代表から離脱した。長谷部は1日に始動した
    アギーレ・ジャパンの合宿では別メニュー調整を続けていたが、3日にフルメニューを消化したが、練習後に古傷の左膝の痛みが悪化した。

     「先週末のゲーム(ヴォルフスブルク戦)から痛みがあった。こっちで練習をしてしっかり試合ができない状態だと判断した」とコメント。
    3日の夕食後に、ハビエル・アギーレ監督(55)と話し合い、チームを離れることを決断した。

     5日に新体制での初陣を迎える代表チームを離れることに関しては、「チームに申し訳ない。
    個人的にも新しい代表の初戦に出られないのは悔しい」と語った。4日中に羽田経由の航空機でドイツに戻り、
    回復に努める。日本サッカー協会によると追加招集の予定は4日午前の段階でないという。

    続きを読む

    2014-09-04-09-14-11
    ◆国際親善試合 日本―ウルグアイ(5日・札幌ドーム)

     3日に来日したウルグアイ代表が札幌市内で約1時間半にわたり初練習を行った。
    オスカル・タバレス監督(67)は20日前に背骨の手術を行い、治療に専念するために来日しなかった。

    コーチのセレソ・オテロ氏(56)が監督代行として指揮を執ることになる。
    広報によると「監督はW杯後に契約を延長した際に手術の予定が入っていた。
    決して日本を見下していたわけではない」と説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000333-sph-socc

    続きを読む

    75c05829-s
    続きを読む







    http://www.kicker.de/news/fussball/nationalelf/startseite/fussball-nationalteams-freundschaftsspiele/2014/4/2390226/livematch_deutschland_argentinien.html
    先発メンバー表
    http://up3.viploader.net/football/src/vlfootball006827.jpg

    W杯決勝のリベンジ大成功!!メッシ不在のアルゼンチンがドイツに4発大勝
    ゲキサカ 9月4日(木)5時41分配信

    [9.3 国際親善試合 ドイツ2-4アルゼンチン]
     ドイツ代表対アルゼンチン代表の国際親善試合が3日に
    ドイツ・デュッセルドルフで行われた。マラカナンの決戦から1か月半。
    ブラジルW杯決勝の再戦は、アルゼンチンが4-2でドイツを下し、
    リベンジに成功した。
    (詳細な記事は下記リンク先で)

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00138839-gekisaka-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ